総天然色・魔人スドォの円盤-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

『ウォーキング・デッド Blu-ray BOX 』 ブルーレイソフト画質評価&雑談

2012-08-31 | BD画質評価
BD『ウォーキング・デッド Blu-ray BOX』 
●画像は実際の映像をキャプしたものです。モニターによって違いがありますので、あくまでも参考程度に見て下さい。
『ウォーキング・デッド シーズン2 Blu-ray BOX-1、2 』 ブルーレイソフト画質評価&雑談 ←クリック!



購入したのに、記事にするのをすっかり忘れていました。 ←おい!
“ゾンビ好き”も納得の、本格ゾンビ海外ドラマであります。

↑Amaで新品¥9,162 で発売日に購入致しました。
BOXケースに3本のブルーレイケースが入っています。

↑各ケースに本編ディスクが各1枚ずつ収納されています。

【ディスク1】第1話:悪夢の幕開け(目覚めの朝) 第2話:生き残る為の方法 +特典映像106分
【ディスク2】第3話:命を懸ける価値 第4話:弱肉強食
【ディスク3】第5話:救いを求めて 第6話:残された希望
第1話は約67分の長尺バージョンを収録しているそうですが...
北米のソフトに比べて、残酷シーン削除ヴァージョンだそうです...(汗)



画質は...
映像はMPEG-4 AVC...残念ながら高画質ではありません。
別に購入した同海外ドラマ『HEROES/ヒーローズ』の画質が思いのほか綺麗だったので期待していたのですが、
残念ながら、あんまり画質は綺麗ではありません。
全体的にグレインがざわめき、粒子が荒く精細さがありません。ノイズも多く、色褪せたような発色で地味な映像になってます。
CGで処理されたシーンは目を惹く高画質な映像もあるんですが、DVDの画質では?と思えてしまう映像もしばしば...(涙)
(もちろん、言うまでもなく、DVDの映像よりも奇麗なんですけどネ~)


   
   
    ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)


“ゾンビ”ドラマとしては、かなりレベルが高いです!
その辺の安物B級ゾンビ映画と比べても全く見劣るすることもなく、それ以上にかなり丁寧に作られた作品です。
原作がアメコミだそうで?
その為に映像的にも“絵”になるシーンが多く、ビジュアル的にも派手で楽しめます。


   
   
    ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)  


音質は... 
私は吹き替え:2.0chリニアPCMで視聴...もちろん地味です。
一応、英語:DTS-HDマスターオーディオ5.1ch でも見せ場のシーンだけ視聴して見ました。
音質は全然違います、銃の音は響き、ゾンビの唸り声にも不気味さが増します。
ただ、BGMも殆どかからず、根本的に地味な音つくりの作品なので、音響システムの効果はあんまり楽しめませんでした。



私は“ゾンビ”が大好きです♪
もちろん、この作品も大好きです♪ 出来の悪いゾンビ映画の多い中、なかなかの良作!
でもネ~、私的には日本のアニメ『学園黙示録HIGH SCHOOL OF THE DEAD』の方が派手で楽しめました。
(連続“ゾンビ”ドラマとして...)
アニメの方が“ゾンビ心”のツボを上手く突いていたと思います...あたっ!
(そう思うのは、私だけぇ~?)

惜しむのはこのBOXが残酷シーンがカットされているヴァージョンだと言うことです。
(ホラーファンには残念なつくりです...(涙) 本当のゾンビマニアの人は、このBOXを買わないでしょう。)

それと現在、『シーズン2』がレンタル開始されていますが...
何故!『シーズン2』のブルーレイソフトが
国内から発売されていないのか?

ブルーレイで『シーズン2』も見ようと思っているので、まだ見ていません...メーカーさん、早く発売して下さいよ~!待ってま~す♪
(うん?パッケージに“シーズ1”と記されていない?ヒョットして初めから出さないつもりだったのか...?(汗))


●この記事のキャプチャー画像には、BDソフトのプロテクトを解除するようなソフトは一切使用していません。
BDソフトの映像をフツーにキャプしているんですが...本来は出来ないものなのかな?  ←クリック!
コメント

『セルビアン・フィルム 完全版』 ブルーレイソフト画質評価&雑談

2012-08-30 | BD画質評価
須磨浦公園BD『セルビアン・フィルム 完全版』 

『セルビアン・フィルム 完全版』のレビュー ←クリック!
●画像は実際の映像をキャプしたものです。モニターによって違いがありますので、あくまでも参考程度に見て下さい。


(実際のサイズのSAMPLE画像をクリック!するには注意しましょう。)
この作品はレンタルされていません...なので購入しなければ視聴できないんです。
まあ、初めから視聴したら売却しても良い気持ちで購入したんですがネ~、怖いもの見たさに...
うっ...
決して出来が悪い訳ではないんですが、1回観れば十分な作品だと思います。
だけども~、この画質評価を記事にする為に、2~3回観る羽目に...(汗)


画質は...
映像はMPEG-4 AVC...ホラー映画にしては割と良い画質です。
輪部がハッキリとはしていませんが曇った感じではなく、それなりの精細さが感じられるサッパリとした画質です。
色の発色は薄く、少し暖色を抜いたような色彩になっており、スリラーなこの作品にはお似合いの映像になっています。
暗い映像が多く、見通しが良い訳ではありませんが、スッキリとした見やすい映像になっており好感が持てます。
グレインがざわつくシーンも多々ありますが、作風を考えてみるとブルーレイの恩恵を得た良い映像ではないでしょうか?


   
   
    ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)


言うほどグロいシーンは少ないんですが、
ブログではお見せできない過激な映像が多いです...(汗)

主人公が何をしたのか?記憶を思い起こす映像は、セピア調にしたり画質を変えることにより差別化を図っています。
その為、シーンによって荒い映像も多々あります。
なお【完全版】ではありますが、当然モザイクが掛かっています。


   
   
    ←実際のサイズのSAMPLE画像(クリック!)


音質は...
セルビア語リニアPCM5.1chで視聴。
あんまり大音量で視聴できる作品ではないので、要所要所の見せ場のシーンを音量を上げてチェック致しました~(笑)
音のつくりは大雑把っぽいですが、聞きどころはやけに耳に残るシュールなBGM。
全部のスピーカーから鳴り響く、不安を仰ぐような単調なBGMが部屋全体を包み込み、繰り返す繰り返し流れるので
まるで洗脳されるかのように感じる...でも、この包囲感は悪くない。



まあ、なんですなぁ~
こう言うZ級の “見るのを躊躇する” スリラー&ホラー映画って、画質悪いってイメージがあるけど?
ブルーレイの意外と高画質な映像が違和感を感じつつ、なんか斬新に感じてしまいました。
この作品って、DVDの荒い映像で見るのと、BDの割と上品な映像で見るのとでは、やっぱり~作品のイメージが変わってくると思います。
(吹き替えが入っていたら、なお良かったのだが...)
ちなみに何回も言いますが、ホラーや過激な映画に耐性がない人は見てはいけません!
(子供が見ると間違いなくトラウマになっちゃいますよ~(汗))


PS.
ちなみに、このBD『セルビアン・フィルム 完全版』...
近所の古本市場で¥1,500で買取して頂きました~♪
(中古で¥3,480 -250ポイントで購入したから、¥1,730で視聴したことになるんだよネ~?)←これって安いのか?高いのか?
コメント

一般人は観てはいけない! 『セルビアン・フィルム 完全版』

2012-08-29 | ホラー映画を熱く語る
『セルビアン・フィルム 完全版』


【ストーリー】
ミロシュは元、有名ポルノ男優のスター。しかし現在は引退し、美人妻と幼い息子を愛する平凡な家庭人になっていた。
そんな彼の元に、昔なじみの女優から俳優の仕事の誘いが入る。
外国市場向けの大掛かりなポルノ映画であり、かなりのギャラが貰えるという。
具体的な内容の話も聞かず、ミロスは高額な報酬に釣られ契約書にサインしてしまう。
これが、悪夢と狂気の世界への入り口であった・・・。

この作品はブルーレイで鑑賞しました。


フフフ...魔が差したと言いますか...
怖いもの見たさに、遂に買っちゃいましたよ~禁断のBDソフトを...!?
(この作品、DVDさえもレンタルされていません。)

↑遠くの古本市場で¥3,480で購入。
『セルビアン・フィルム 完全版』 ブルーレイ画質評価&雑談 ←クリック!


衝撃と戦慄のハードゴア・スリラー!!世界中の映画祭が狂乱し、騒然となった!話題の作品です。
モラルを逸した、エロ・グロ・スプラッター...狂気の変●映画だそうです。 ←おい!



ちなみに私は、ホラー映画が大好きです♪
最近、めっきり見る機会が減ってしまいましたが、80年代は貪るようにスプラッター映画を見ていました。
ジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』で、この映画の世界に入ったと言っても過言ではありません。

んで、なんかエ○ビデオ見るみたいに?人目をはばかんで鑑賞致した訳なんですが... ←おい!
吹き替えは入っていないんですが、ホラー映画にしてはBDソフトとしての画質もそれなり奇麗だし、話のつくりも丁寧です。

主人公は大金目当てで怪しいポルノ映画の男優として主演するんですが、薬を飲まされ?途中から記憶がありません。
気が付けば血塗れでベットに倒れ込んでいました。
空白の時間に何があったのか...?

次第に色んな出来事を思い出していく、元ポルノ男優の主人公...
「あれ?俺はここで...あっ!そう言えば確か...ええっ~~!!!!(汗)」みたいな?
彼がしたことは、モラルを逸した驚愕の行為であった!?



皆さんはあるでしょうか?
会社や友人とお酒を飲みに行って、深酔いし過ぎて...
次の日、ちゃんと家のベッドで寝ているんだけど、どうも帰って来るまでの記憶が定かではない...?
職場に行くと、周りのみんなが「昨夜は大変だったネ~」 と言われ、
「えっ?俺は一体、何をやったんだ~!?」 みたいな?(汗)...そういう恐怖があります。
(私はお酒飲まない人間なので、ないんですがネ~。でも、飲み過ぎて家になかなか帰れなかったことはあります~(汗))


子供は絶対に見てはいけません!
(女性の方も不快に感じるでしょう。て言うか、一般の人はダメでしょう?この作品は...)

拷問スプラッター『ホステル』を性的虐待の方向へ表現したお話です。
思い尽くす限りモラルに反した行為を見せているんですが...思っていたよりも、そんなにエロくありませんでした。
スプラッター描写的には、明らかに『ホステル』よりも弱いので、そっち方向に期待していると肩透かしを喰らいます。

まあ、これが実際のスナッフ作品だとすると正気を疑う話になっているのだが...
私は、あくまでもつくり話じゃん?てな感じで冷めた目で見てしまいました。
(リアル感がない訳ではないんだケド~)
根本的に私は外人さんの女性の裸には興味がないので、これが日本の知っている女優さんやアイドル達が演じていたら?
なんか変なエロ心が...いや...よりリアルさを感じたのかも知れません。

この作品を見て、そういう気があるのかも?と小なり心配していましたが...
ぶっちゃけ~これ見て、変なコーフンはしないでしょう? 自分はノーマルだと確認しました。(笑)
(でも、この作品を見ようとすること自身がヤバイのかも知れない?)


決して評価の悪い作品ではありません。しかし、鑑賞後...
この作品を所持してるのが嫌になります。
(レンタルしていないから、購入しなければ見れないんだけどネ~)
ちなみに私は、この後ブルーレイソフトの画質評価の記事をカキコした後、中古ショップにこのソフトを売りに行くでしょう。
怖いもの見たさで興味を惹いてしまう...そう言う作品だと思います。
コメント (2)

『プロメテウス』吹き替え“剛力彩芽”不評!止まらず...

2012-08-27 | 映画を吟味する・・・
え~皆さん、こんばんわ~
大分前に記事にした話なんですが...『プロメテウス』吹き替えに“剛力彩芽”...またしても~(汗) ←クリック!
その後も、この記事のアクセスは多く、同意見のコメントも頂き、
かなり大勢の人が"『プロメテウス』吹き替えに対して、不満を抱いているのが伺えます。


最近、本当に多いですよネ~?有名タレントの映画吹き替えの起用...

↑『プロメテウス』の“剛力彩芽”。

↑『TIMEタイム』の“篠田麻里子”。

↑『アベンジャーズ』の“米倉涼子” “竹中直人” “宮迫博之”。
等など...

“剛力彩芽”の吹き替えは、酷いらしいですネ~?
私は『TIMEタイム』と『アベンジャーズ』は視聴。
『アベンジャーズ』は、まだ我慢できるのだが...
“篠田麻里子”は好きなのだが、彼女の吹き替えは聞けたもんではありませんでした~(汗)


何でこんな状態になってしまったのであろう?
映配給会社は、元のオリジナルのクオリティを著しく下げることに罪の意識を感じないんでしょうか?
ヒョットするとこれは?邦画推進派からの洋画に対する策略なのかも知れない?(笑) 

私は正直、『プロメテウス』事態に魅力を失せてしまったのだが...
それでは、やり切れない前向きなファンの方もいるのでしょう?
私は声を大にして言いたい...
このままでは日本の洋画はダメになってしまいますよ~!!


私ね~、『TIMEタイム』の吹き替えを見たって言ったでしょ...?
あのヒロインの実際に演じているハリウッド女優さん、あんな学園祭の演劇みたいな喋り方しているんですか~?
もう、私の中で、あの女優さんが、そういう人なんだと認識してしまいました。
「ぷっぷぅ~(笑)この女優さん、演技ヘタだね~」みたいな?
(本当にヘタだったら、“麻里子さま”の吹き替えは有りだと思います♪)

これって将来的に...
ハリウッドから、日本配給会社を訴えられる!
みたいなことにならないんですかネ~

それぐらいの罪は犯しているかと思われます。
欧米の人は分からないんですかネ~?誰か英語ができる人、教えてやって下さい。
「あなた方の制作した作品が、
吹き替えで三文芝居の駄作につくり変えられていますよ~」って...

日本の洋画を救うには、この方法が妥当では?
コメント (30)

『0NE PIECE エピソードオブナミ 航海士の涙と仲間の絆』 を観ました

2012-08-25 | 映画(アニメ)を熱く語る
『ONE PIECE エピソードオブナミ 航海士の涙と仲間の絆』

【ストーリー】
海賊王を目指して航海を続ける少年、ルフィは海賊専門の泥棒・ナミと行動を共にするようになった。
数々の冒険を乗り越え、絆を深めるナミとルフィだったが、ある戦いの最中、ナミはルフィたちの船を奪って逃亡してしまう。
どうしてもナミに一味の航海士を引き受けてほしいルフィたちは、ナミの足取りを追う。
しかし、ナミが向かった先・ココヤシ村は、アーロンが率いる魚人海賊団が支配する島だった。
そして、ナミとアーロンたちの衝撃の関係が明らかになる...

この作品は地上波で鑑賞しました。


以前なら映画で見せるんだろうケド...既に『ストロングワールド』レベルの作品でなくては、映画公開出来なくなってしまった?
TVスペシャル用の、『ワンピース』過去エピソードのリメイク長編作品です。
今回は『ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー』みたいな時間軸に無理のあるキャラ設定ではなく、
原作通りのメンバー設定なので安心しました。 ←あの設定は無茶だよネ~?

もう、大分昔の話になりますが...
『ワンピ』のTV放送の“ナミ”のエピソードの際、後半のバトルシーンの作画の低さに怒り奮闘!
原作を潰された気持ちに襲われ、視聴するのをリタイヤする状態になってしまいました。
(TVアニメは、こう言うのがあるから嫌いなのよネ~(汗))
今回、作画を新たに作り直していると言う訳で、期待を込めて鑑賞したのですが...


いや~泣いた、泣いた...(照れ笑 ) ←泣くんかい!
私、映画やドラマでは殆ど泣いたことはないんですが...『ワンピ』ではよく泣かされるのよネ~(笑)
これは『ワンピ』が戦闘バトルが楽しいだけの話ではなく、ストーリーも魅力な作品だと言うことが分かると思います。
特に“ナミ”が仲間になるエピソードは“チョッパー”のエピソードに続いて好きな話なんですよ~♪

これだけの出来事があったなら...
“ナミ”が仲間になった際、絶対的な仲間への“信頼” “結束”が得ることになるだろうと深く思える話になっています。
(中盤から泣ける!泣ける...!)

↑このエピソードでは語られていませんが、実は悪の根源だと思える“アーロン”も人間を虐待する理由が深くあるのも、
尾田先生の、話のつくりの深イイ~ところなのよネ~♪ ←「魚人島編」で語られています。

もう、どうしようもない状況下で、絞り出した“ナミ”の「たすけて...」のセリフは何回見ても泣けます...(涙)

『ワンピ』見ない人にとって、「いい~大人がアニメ見て泣くのかよ!」と言われそうだが、
声を大にして言いたい!『ワンピ』って、泣けるよネ~?
(そう思えるのは私だけぇ~?...ではないと思います。)


ぶっちゃけ~、ラストのバトルが雑なところがあり、東宝アニメのTV放送では これが限度?みたいなのがありましたが...(汗)
(中半迄はレベル高いんだけどネ~♪TV放送の作画も、最低このレベルを維持して頂きたい。)
原作のダレるバトルシーンの短くしたのは正解だが、
ゾロ VS アーロンの「この男は今ここで殺しておかなくてはならない男だ...」は好きなシーンなので、カットされて少し残念かな?

ストーリー的には『ストロングワールド』よりも、遥かに良作な出来具合でありました。
よく本編時間1時間46分で纏めたと思います。BD-REに保存決定~♪
やはり『ストロングワールド』ほどの作画レベルを望むなら、今度の劇場映画『ONE PIECE FILM Z』しかありません。
(ストーリー的にも尾田先生が制作に関わらなければ、ダメなんでしょうネ~)



↑『ONE PIECE FILM Z』は見たいなぁ~♪
コメント (4)

映画『るろうに剣心』 を観てきました

2012-08-24 | 映画(邦)を熱く語る
『るろうに剣心』

【ストーリー】
幕末に“人斬り抜刀斎”として恐れられていた伝説の剣客・緋村剣心。
彼は明治という新しい時代の訪れとともに姿を消し、「不殺(ころさず)」の誓いをたて、流浪人として旅をしていた。
ある日、「神谷道場」の師範代を務める薫を助けたことから薫のもとで居候することになるが、
その頃、街では剣心のかつての呼び名・抜刀斎を名乗った人斬り事件が勃発していた…。

この作品は、映画館で鑑賞しました。


私は原作コミック『るろうに剣心』の大ファンです。アニメも“京都編”は見ておりました。
しか~し!最近流行の原作コミックの邦画の実写化!?(汗)
期待半分...不安半分で早速22日の先行レイトショーを観てきました。


“佐藤健”の剣心は...
まさしく“剣心”でありました!

私もネ~『竜馬伝』の以蔵を見てる時に思ったんですよ~、彼(佐藤健)なら“剣心”をやれる!
いや~いるんですネ~、漫画の主人公ピッタリの俳優さんって...前から見ても、横から見ても、何処からみてもイメージ通りの剣心であります!
(「おろ~」まで真似なくてもイイ~じゃん?とは思ったんですがネ~(笑)) ←もちろん有りです♪これがなければ“剣心”ではない?

それと薫役の“武井咲”...
“剛力彩芽”は『プロメテウス』の吹き替えで嫌いになったが、同じく彼女もゴリ押しタレントらしい?
ちなみに私は誰?状態(汗)...この娘、初めて見るにゃ~? ←おい!

それが良かったのか?悪かったのか?
実は原作の薫って、おめかししたら美人だとは思うが?よく道場着を着てて汗臭い素朴な娘さんのイメージ。
や~“武井咲”さん、ピッタリじゃん?
もともとアニメでも薫の声優さん、棒読み口調だったので、彼女で大正解だったと思います。


ビックリしたのが左之助役の“青木崇高”。
顔が原作に似ていると言うのではないのだが、雰囲気と言うか?喧嘩がメチャメチャ好きそうなところとか?
気が付けば、知らない内に家に上がり込んでいるトコなど(笑)、何処をどう見ても左之助なのである。
コスチュームも原作そのまま!でも全然違和感がありません、フツーに話の中に馴染んでいます。
驚いたことに丈の長さ3Mある斬馬刀をブンブン振り回しているのである。
原作&アニメでもこの演出には違和感があったのだが、全く違和感のない映像に仕上がっています!


↑恵役の“蒼井優”も全然有りでした。
お風呂上りのシーンが以上に色っぽかったです♪
(これも『竜馬伝』からのイメージがあるのかな?)


刀による殺陣アクションの映像が素晴らしい!
この『るろうに剣心』は、邦画では珍しくアクション重視の映像に拘った作品に仕上がっています。
まあ原作コミックありけりのアクションなのだが、その殺陣の動きは素晴らしく...
日本独特のアクションが誕生したのではないのかな?
(忍者ではなく“侍(サムライ)”が、この動きをするのが斬新なんですよ~)
香港ならカンフーアクションとかあるでしょう?あの動きは素晴らしいですよネ~
それに負けてはおりません!

最近、ハリウッドでも刀の殺陣アクションの映画は良く見かけるのですが、レベルが違います!
これは映像の見せ方も上手いんだと思います。
剣心のアクションの動きが早過ぎて見えません!(笑)まさしく“飛天御剣流”です!
アニメとは、また違うその動きには、日本アクション映画の新しい可能性が垣間見れます。

↑“佐藤健”くん、刀の殺陣上手いですよ~。『竜馬伝』からも、いっぱい練習したんでしょうネ~




ぶちゃけ~作品としては標準レベルではあるが...
アクション邦画としてはレベルは高い!

これは原作自身の「観柳編」が“御庭番衆”を除けば、フツーな展開なので仕方がないのかも知れません。
“刃衛”をラストに持ってきたのはナイスな選択だと思います。
ラストのバトルシーンって、アニメを超えていません? あの“背車刀”の構えの殺陣を100%実写で再現できていたと思います。
“吉川晃司”の演技も切れ切れで、素晴らしいものがありました。

もちろん原作コミックと比べると、ツッコミどころはありますが...
原作を尊重する“愛”を感じられる作品です。
“江口洋介”の斉藤一のキャラがビミョーに違う?みたいなのも、あるにはあります。
(あのキャラの設定は実写ですると、無理があるかも知れない?)
おざなりになるのなら““御庭番”は出さなくて正解!だとは思います。
私的には“人斬り抜刀斎”の恐ろしさの表現がイマイチだった感はあるんですが...

まあ、そう言うのは置いといて、なんだろうなぁ~この感じは?
俳優さん達が演じる“剣心” “薫” “弥彦” “恵” “左之助”をもっと見ていたい?

アクションシーンも良かったのだが、↑こういう日常茶飯事なフツーなドラマをもっと見たいと言うか?
このレベルの映像で、TVドラマでやってくれないかな~、大河ドラマみたいに? ←そりゃ~無理っしょ~?
『るろうに剣心』として、非常に好感が持てました♪
続編をつくって下さい、もっと彼らの『るろうに剣心』を見てみたいです。
是非!是非!お願い致します~♪
コメント (2)

ソニーピクチャーズのBD廉価版は、“特典映像”が削除されています!

2012-08-23 | BDソフト
皆さん、こんばんわ~
ブルーレイソフトを購入している映画好きの皆さん、嫌なニュースが入ってきました。
なんと!
ソニーピクチャーズのBD廉価版は、“特典映像”が削除されています!



8月22日に発売されたソニーピクチャーズのBDソフト廉価版の『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 『ハンナ』 『バイオハザード』には、
特典映像がバッサリ~削除されているみたいです。

今迄、廉価版って...本編ディスク+特典ディスクの2枚組の正規版セルソフトから
→ 特典ディスクを省いた本編ディスクのみ1枚入りのパターンってのはあったんですが...

わざわざ本編ディスクから、“特典映像”だけを削除すると言うことはありませんでした。
それが今回発売の廉価版には“特典映像”は一切ありません!

いや~、わざわざ手間暇かけて、そこまでやりますかぁ~?(汗)

恐らく、これからソニピクのBDソフトは...
“特典映像”が欲しければ初回版を買え!!
(全然有りだと思います。考えてみたら?特典ディスクが付いていない...と一緒の意味な訳だしぃ~)



私的にはO.Kです!
格安セールのソフトを探したり?中古ショップを走り回るのが私の趣味です。
(本当に好きな作品は、発売したら直ぐに購入するんだけどネ~)
新しい買い物要素が増えて、逆に燃えてきましたよ~♪
(それは私が関西人だからなのか?)

取り敢えず『世界侵略:ロサンゼルス決戦』は初回版を買っているので特典映像は入っています。
『アンダーワールド 覚醒』も初回版を購入済、『バイオハザード』も所持しています。
(両方とも特典映像、ワンサカ~入っていますよ~♪)

これから気を付けなくていけないのは、
既に発売済みの『メン・イン・ブラック2』と、これから発売される『メン・イン・ブラック3』ぐらいかな?
私は好きな作品は“特典映像”は欲しい人なので...(最近)
格安セール&中古を今まで以上に上手く活用し購入していこうかと思います。
(ぶっちゃけ~お金出して初回版購入した方が早い?)


まだ、これから発売の廉価版全部が100%そうだとは限りませんが、恐らく新作の廉価版はそうなるでしょう?
みなさんも、特典映像の“有り”“なし”は、注意して下さいネ~
(ソニピクさん、これで売り上げあがればイイ~ですが...どうなんでしょう?BDソフト業界が活性化することを願っています。)
コメント (4)

『アベンジャーズ』の変なおじさん? 『マイティー・ソー』をもう1度視聴...

2012-08-19 | 映画(洋)を熱く語る
『マイティー・ソー』

【ストーリー】
神の国<アスガルド>で無敵の強さを誇る戦士ソー。
だがあまりの傲慢さゆえに神々の王である父の怒りに触れ、最強の武器“ムジョルニア”と全ての力を奪われて人間界へ追放されてしまう。
その人間界では、突然空から落ちてきたソーに天文学者のジェーンは振り回されっ放し。一方ソーは人の弱さや痛みに触れ、徐々に真の強さを学んでゆく。
だがその頃、邪神ロキの陰謀で神の国は危機に瀕していた!さらに恐るべき敵がソーに迫る!ソーは地球と神の国を守れるのか!?


この作品は、ブルーレイで鑑賞しました。



そう言えば私...このブログでこの作品のレビュー記事にしていませんでしたネ~(汗)
(もちろん視聴済です。)
映画『アベンジャーズ』を観てきました。
「日本人よ、これが映画だ。」...まさしく!そのキャッチフレーズを裏切らない出来だったと思います。
そんな中、今回の『アベンジャーズ』で前知識なしで鑑賞すると、ヒーロー達の中に違和感を感じるおっさんが1人混ざってると感じるのでは?(笑)
そう!(“ソー”だけに!)
それが欧米ではお馴染みらしい?アメコミヒーロー『マイティー・ソー』なんであります。
実はこのキャラ...、スピンオフの 『マイティー・ソー』を観てるのと、観てないとでは、かなり感じ方が変わってくるキャラなんですよ~


実は『マイティー・ソー』、意外と面白いです♪
もちろん『スパイダーマン』みたいなアメコミヒーローを期待して見ると、当然ガッカリするでありましょう。
だって、どう見ても見た目はバイキングのおっさんなのだから...

↑これが原作コミックの『マイティー・ソー』だそうです。
「うぉおおりゃあ~~~~~!ハンマーで頭を叩き割るぞぉ~~~!!」 ←おい!
アメリカ人のセンスの奇抜さに驚かされます。

↑これがハリウッドの映画製作会社の力に掛かれば、あらっ不思議?
なかなかカッコいい~ではありませんか?スンバラしぃ~~♪♪♪

↑北欧神話の話を多元宇宙論に法ってSF世界で表現しているのは、なかなか面白い設定です。
とは言え、日本人で北欧神話の神々の話に興味がある人は珍しく、本編中の半分を占めるアスガルドでの話は、あんまり面白くはありません。


面白いと思えるのは、地球に追放された“ソー”が田舎町で巻き起こす珍ドラマです。
神の力を奪われて、彼は人間になってしまうんですが...
彼って、性格が素直でメチャメチャ~いい~奴なんですよ~♪

アスガルドの王国では、かなり乱暴者だと思ったんですが、そんなことはありません。
特に神の力を得ることが出来ないと分かってからは、さすが国王の息子だからなのでしょうか?育ちが良いとしか言えません。
礼儀正しく、友人想い、女性には優しいながら決して下心がある訳ではありません...(いや、あったのかな?)
笑顔がカワイイ~、素直な優しい人柄の人物なんですよ~♪
(この辺は、“ソー”役の俳優さんのキャスティングが大成功だったのでありましょう。)
“ソー”の人柄の良さが、この作品の魅力になっている...そう思うのは私だけなのでしょうか?


実は、この『マイティー・ソー』、
地球でのバトルシーンは意外と少ない...

(もちろん、派手なVFX映像も見せ場は多々あります!)

十分にヒーローしているんですが、ストーリー的に地球でのバトルシーンは意外と少な目...
その分、『アベンジャーズ』での後半の大バトルシーンが、あんまり多い出番とは言えませんが~
思う存分大いに戦っているので、よりカッコいい~と感じました♪
(ぶっちゃけ~、かなり強いのよネ~♪)


このスピンオフの『マイティー・ソー』...アメコミヒーロー物として、面白いのか?と聞かれたら?
素直に面白い!とは言いにくいのかな?...うむむむ?
でも声を大にして言いたい、
『マイティー・ソー』は、大好きな作品です♪

↑(星の王子様が降ってきた?要素もあるので...案外、女性の方が見たら楽しめる話になっているのかも知れない?)

この作品を観ているのと、観ていないとでは?
やっぱり~『アベンジャーズ』の面白さの感じ方が変わってきます。
決して変なおじさんではありません!『マイティー・ソー』って、なんか好感が持てる、そんな作品なんですよ~♪
コメント (4)

『アベンジャーズ』祭り♪(笑) 新たにBDソフトを買い替えました...3Dソフトが安い!

2012-08-17 | BDソフト
ブルーレイケース皆さん、こんばんわ~
2日前、先行上映の『アベンジャーズ』を観てからテンション上がっちゃいまして、ブルーレイソフトを買い替えました。
↓コレです...


あれ?魔人スドォ...お前、『アベンジャーズ』メンバーの発売されているBDソフト全部持ってたんじゃ~ないの?

はい、持っていました。↑コレね~

いや~、実はですネ~
●廉価版『アイアンマン』(本編ディスク) → 『アイアンマン』(本編ディスク+特典ディスク)
お宝一番館(中古):¥1,480

●『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー  ブルーレイ+DVDセット』 → 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 3Dスーパーセット』
ヤマダ電機(新品):¥2,980 +10%ポイント

●『マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット 』 → 『マイティ・ソー 3Dスーパーセット 』
ヤマダ電機(新品):¥2,980 +10%ポイント
...に買い替えた訳です。



ヤマダ電機にて『キャプテン・アメリカ』 と 『マイティ・ソー 』の3Dソフトが
各¥2,980 +10%ポイントで半額セール中!
 

これは安い!!
本当は『アイアンマン』の特典ディスク入りの中古ソフトを探しに行ったんですが、
たまたま立ち寄ったヤマダ電機にて、
『キャプテン・アメリカ』と『マイティ・ソー』の3Dブルーレイソフトが¥2,980 +10%ポイントセールをやっていました。
メチャ!安すぅ~~♪これはお買い得でありましょう?
(3D版¥2,980、通常版は¥2,460だったけな? どちらも+10%ポイント付です。ヤマダ電機、全店でやっているんじゃないのかな? )

『アイアンマン』(2枚入り)は、昔に2度購入していたのだが、売って→買ってを繰り返し、
今回、廉価版を挟んでの3度目の購入です。
(トータル『アイアンマン』は4度購入しているのさ~) ←アホ?
特典ディスクの出来がなかなか良いので、やっぱり~欲しくなって買い直してしまいました。
(こういう勿体ない買い替えを繰り返すことを“アホ買い”と言います。)



ちなみに、古本市場にダブったソフト3本を売りに行ったら...
『キャプテン・アメリカ』¥1,500
『マイティ・ソー』¥1,000
『アイアンマン』¥200
...になりました。
(『アイアンマン』買い取り価格、 安すぅ~~!(汗))


↓これで3Dソフトが全部で9本になったのよ~♪


自宅のホームシアターで3Dソフトを観てみたい...(汗)
コメント (13)

『アベンジャーズ』 を観てきました!スンゲェ~~!!

2012-08-16 | 映画(洋)を熱く語る
『アベンジャーズ』


【ストーリー】
シールドの基地に突然アスガルドを追放されたロキが現れ、無限のパワーを持つという四次元キューブを奪い去る。
世界滅亡の危機が迫る中、長官ニック・フューリーはヒーローたちを集め、“アベンジャーズ”を結成、ロキと戦う決断をする。

この作品は映画館で鑑賞しました。


↓『アイアンマン』 『アイアンマン2』 『インクレディブル・ハルク』 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 』 『マイティ・ソー』

全部、ブルーレイソフトを持っています。当然、全部大好きです!観ていて楽しいです♪
根本的に、“アメコミ・ヒーロー”の実写映画はメチャメチャ好きなのよ~

そういう私が、昨夜、先行上映の『アベンジャーズ』吹き替え・3D版を観てきたのですが...
結論から言いますと...
メチャメチャに...もうメチャメチャに激・面白かったです!

話の展開も『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 』と『マイティ・ソー』の完璧なる続きです。
2つの話が上手く1つに繋がっていて、なかなか面白いと思います。
今回、作品中では、各ヒーローの今迄の成り行きについて、全然語られていません!
この辺は潔い話のつくりだと思います。
ストーリー的には、ぶちゃけ~お子ちゃまが見ても理解できる簡単な内容なので、
今迄の全作品を見た人がニヤリ~とできる話の展開はファン心を擽り、私的にはなかなか心地よい気分になってしまいました♪


各ヒーローキャラの個性を生かしたストーリー展開が面白い♪
好感が持てたのが、変にややこしい~話にしておらず、あくまでもキャラクター1人1人の個性を生かしたドラマつくりになっています。
初め個性が強すぎで...(笑)
仲の悪かった やさくれ?ヒーロー達が、後半のクライマックスに1つになる展開は王道ながらち血沸き肉踊るものがあり、
中間、わざと話の派手さを抑えているのかな?
後半30分の怒涛の盛り上がり感は半端なく凄く、私的には尋常ではないコーフン状態!
かっこイイ~!彼らヒーロー達がメチャメチャにかっこイイ~のである!!

やっぱり~一番良いところを持っていくのは“アイアンマン”なのだが...
前に誰かが言っていたんだが、「アイアンマンと、その他の仲間達」にはなっていません。
少々“ホークアイ”のキャラが弱いですが、皆さん大変キャラが濃く(笑)、力の対比&能力も個性的で魅力のあるキャラ揃いになっています。
いや、マジで...“ホークアイ”以外のキャラはみんな好きだなぁ~♪

↑肉体的には普通の人間なのに、確かに強い“ブラック・ウィンドウ”。絵的にも彼女の存在は絶対に不可欠!メロリンキュ~♪
(吹き替え的には“米倉涼子”のブラック・ウィンドウがイマイチだったかな?あとは殆ど気になりませんでした。)


VFX映像は最高峰!

まさか『トランスフォーマー』シリーズに匹敵するVFX映像を目にするとは思ってもいませんでした。
想像して頂きたい、『トランスフォーマー/ダークサイドムーン』の街中・大戦争を、ロボット達ではなく
たった6人の人間サイズのヒーロー達が大バトルを繰り広げるのである。ちなみに彼らは軍隊並みに強い!
どうです?今迄見たことのない映像だと思うでしょう?


後半の3D映像が度肝を抜く!

これはネ~、座る席とか人によって3Dの飛び出し度が違ってくるので、一概には言えないんだけど...
私は3D映画では何時も前から4番目のど真ん中の指定席なんですが...←このポジションが一番迫力の3D映像を味わえます。

3D映像は素晴らしく良好、都会の高層ビルの間を駆け巡り疾風するこの感覚は初めてです。
話の中半、明らかに3Dの立体感を抑え気味にし、後半に派手な3D映像を持ってくると言う小難い演出。
(気が付いたら3D映像に慣れちゃった...と言うのを防いでいます。)
ラストの30分間、VFX映像と相まって、
ジェットコースターのような驚愕の映像体験を存分に味わえます。
スンゲェ~~~~~!!!!
(脳内からアドレナリンが大量に分泌されましたよ~(笑))


この映画は、映画館で視聴しましょう!
これ、あれでしょうネ~
自宅のモニターでDVDの映像で見た場合と、映画館の大スクリーンで3D映像で見たのとでは、評価が全然変わってくるでしょう?
(DVDレンタルで視聴した人が「言うほど面白くないじゃん!」みたいな~?)
それぐらい凄いVFX&3D映像でありました♪ガクガク...
(ブルーレイソフトが発売したら、3D版を購入しちゃる!3D視聴環境ないんだけどネ~) ←だから、なぜ買う?



キャッチフレーズの
「日本人よ、これが映画だ。」は伊達ではありません!

まさしく、お祭り映画です♪ 
もちろん、好き嫌いはあるでしょうが...派手なVFX映像を期待して見に行くと、100%期待に応えてくれるでしょう♪♪♪
ストーリーなんかカラッポじゃん?みたいなことを言う人は観に行ってはいけません!
アドレナリン全開で血沸き肉踊りましょう!だってこの映画は“お祭り”なんですから~
いや~ホント映画って楽しいよなぁ~♪うまうま。。。
コメント (6)