総天然色・魔人スドォの円盤-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

お勧めの6.1ch・7.1chのブルーレイソフト

2012-02-26 | BDソフト
皆さん、こんばんわ~
私は7.5帖の部屋に、7.1chのホームシアターを構築しています。



↑“ONKYO TX-SA608”のAVアンプを使用。
(ブルーレイソフトのロスレスの音声ならば、かなり良い音を鳴らします♪)

だけど...7.5帖の部屋に7.1chのスピーカーを設置するのは、
実は、あんまりお勧めではありません。
小さな部屋に数多くのスピーカーを設置すると音のバランスが悪くなってしまうんです。
(7帖だと5.1chぐらいが妥当なのかな?)

と思っていたんですが...

そうなんです!
今迄の5.1ch音声収録のブルーレイソフトと比べ、6.1ch・7.1chの音声は凄いです!


私は映画のブルーレイソフトのマルチchを使用した、サラウンド感と言いましょうか?
“音の移動感”
●後ろから声が聞こえたり...
●爆走する車が部屋の中を通り過ぎたり...
●部屋中を飛び交う銃弾とか?
●部屋中に降り注ぐ雨の音
●天井をブチ破ろうとするモンスターの足音
●部屋中を揺さぶる爆発の轟音!
...など等

まるで、その映画の中にいるかのような?
USJのアトラクションを体験しているみたいな“音の疑似体験”が非常に大好きです♪
6.1ch・7.1chは、この“音の移動感”が半端ではありません!
(より、たくさんの音が色んな方向から聞こえてきます...その差は歴然!)
注意:そうでないソフトもあります。



...と言う訳で今夜は、私のお勧め6.1ch・7.1chの音声のブルーレイソフトを紹介しましょう。


『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー 』
英語:7.1chDTSーHD MA

●VFX映像を駆使したアクション(バトル)シーンが多く、
その映像に負けず劣らず派手な音で迫力が素晴らしい。
音の移動感も面白く、音が部屋中を走り回ります。
(5.1と7.1chの音を聞き比べると、明らかに5.1chでは聞こえなかった音が聞こえて来ます。)
7.1chを体験するには、打って付けの1本では?



『トロン:レガシー』
英語&日本語:7.1chDTSーHD MA

いや~このソフトも音響を楽しむには打って付けだと思います♪
コンピューター内部世界の残響感のある音質が、異空間の広がりを感じさせられます。
聞こえてくる地響きたる重低音が、轟音の如く部屋中を振動させる。
(近所迷惑たっらありゃ~しない(汗))
聴き所はもちろん、コンピュータ内の命を懸けたゲームバトル...
息を尽かさず疾風する、バイク(ライトサイクル)レースの移動音は迫力&スリル満点♪



『SUPER 8/スーパーエイト 』
英語:7.1chドルビーTureHD

この作品自身の評価は、結構悪いんですけど~
音響システムの環境があると、また評価が変わってくると思います。
まず、初めの列車事故のシーンが凄まじい~!!
列車の爆発音・低音をドドーン!っと響かせ、列車の巨大破損物が部屋中をブチ飛んでいく!

凄まじいのは列車の事故シーンだけではありませぬ~!
モンスター(エイリアン)の登場シーンが、
コレまた、かなり凝った音響効果になっています。

姿をなかなか見せないモンスター...
音だけが部屋の右から左から攻撃してきます。
護送バスの襲撃シーンも、かなりヤバイ!
部屋の天井が落ちてくるのかと思いました~(汗)
なかなか音の聴きどころの多いソフトではないでしょうか?



『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 』
英語:7.1chドルビーTureHD

音の質・サラウンド感・移動間・量(聴きどころの多さ)、コレほどのソフトは聴いたことがありません。
前から後ろから銃弾が飛び交い、右から左からオートボット達がぶつかり合う。
部屋中を揺るがす爆発の轟音、上からは破壊されたビルの瓦礫が落ちてくる。
もう、まさに部屋が戦場にいるみたいです。

夜の22時をまわったら、近所迷惑なので絶対に視聴できません!
音響システムがあるのと、ないとでは、完全に別の作品になってしまいます。
音響効果・最強ソフトと言っても過言ではないでしょうか?
(画質&音質目当てで購入して、絶対に損はしない1本です♪絶対に買い!)



『スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX』
「エピソード1~6」
英語:6.1chDTSーHD MA

いや~すいません、私、本当は吹き替え派なので
通して観たのは6.1chDTSーHD MAではないのよネ~ ←おい!
でも、所々の見せ場のシーンは6.1chで視聴しました。

はい、かなり素晴らしい音響効果です。
私が好きなのは『エピソード6』の森の中を“スピーダーバイク”で疾風するシーンの音響効果です。
DVDの頃も良かったのですが、いや~素晴らしい!
部屋の後方から前方の遥か向こうへと疾風していく...その後のギューン...無音になる間が好きなんです♪



『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11)』
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(EVANGELION:2.22)』
日本語:6.1chDTS-HD MA

アニメだからと言って軽く見てはいけません、
そんじゃそこらの洋画よりも凝った音響効果になっています。

この作品の独特の音響効果が、ネルフの指令室での部屋中の色んな方向から聞こえてくる
オペさん達のセリフの数々...
本当にたくさんのスタッフに囲まれているかの錯覚に陥ります。



まだ、視聴していませんが、色々と7.1chのブルーレイソフトが発売されてきています。
   
↑『ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー』『マイティ・ソー』 『キャプテン・アメリカ』 『アリス・イン・ワンダーランド』など等...
(注意:6.1ch・7.1chであっても、5.1chと大して変わらない音質のソフトも多々あります。)


6.1ch・7.1chのブルーレイソフトが増えつつあります。
6.1ch・7.1chのスピーカーシステムは、決して無駄ではありません。
スピーカーが1つ2つ増えるだけで、音のサランド感は確実に違いが出てきます。
(まだ、吹き替え共...6.1ch・7.1chサラウンドと言うのは、少ないのが難ですが...)


私、思うんだけどネ~
音の“移動感”って、映画館では あんまり感じることがないんですが...
あれって、劇場が悪いんでしょうか?
(よく行く映画館は“マイカル・シネマ”なんですけどネ~)
コメント (4)

ここ1ヶ月のブルーレイソフト購入タイトル。

2012-02-19 | BDソフト購入記録
皆さん、こんばんわ~
ここ数ヶ月、結構ブルーレイソフトを購入しています。

この1ヶ月で購入したブルーレイソフトは以下↓の通りです。

↑2本新作(『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 3Dスーパーセット 』¥4,227 、
『【初回限定生産】ファイナル・デッドブリッジ 3D & 2D ブルーレイセット 』¥ 4,223 )と
廉価版4本(『愛しのローズマリー』『ミミック』『プリンス・オブ・ペルシャ』各¥1,500、
『デッドコースター』¥ 2,156 )。

それと中古で...

↑『ヤッターマン』¥1,980、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』¥1,980、『A.I.』¥980。
(今頃ですが...状態の良い『ヤッターマン』のソフトが格安で購入できたのが嬉しいです♪)


実は、ここ最近....廉価版の購入も多いですが、中古での購入が増えています。
(メジャーなタイトルのブルーレイソフトが色々と手に入り易くなっているのよネ~) ←コレって、普及しているってことでは?

↑ここ最近で購入した中古のブルーレイソフト。
大体、¥2,500~¥980ぐらいと、お手軽な値段で購入できちゃいます。
(かなりの本数がショップに並んでいて、豊富なタイトル揃いのなっているのが嬉しい限り♪)

とは言っても、私は明石に住んでいるんですが...
東は三ノ宮~西は姫路まで、広い範囲の10店舗ぐらいの中古ショップ....
(古本市場、ヤマダ電機、お宝市場、ソフマップ、GEOなど)
日頃から、かなりの頻度で小まめにチェックしに通っているのが、日課になっています。
(よく考えれば、車のガソリン代だけで、かなりの出費になっているのでは?)


コレも1つの映画の趣味の一環になっているので...
映画の視聴・ブルーレイソフトの収集・ホームシアターの構築・映画のブログ記事の更新など等~
なかなか幅広く楽しめる趣味だなぁ~と思っています。

いや~映画ってイイ~なぁ~♪
うまうま...♪
コメント (10)

金曜ロードショー『アバター』は、BDの画質とは雲泥の差

2012-02-18 | BDソフト
皆さん、こんばんわ~
昨夜...金曜ロードショーで映画『アバター』を放送していました。
(地上派初だそうです。)


私は『アバター』は、映画館で3D版&レンタルでDVDを視聴...
そのしてブルーレイ版『エクステンデッド・エディション』を視聴(所持)しています。
...で、今回地デジ放送を視聴したのですが、
映像が芳しくありませぬ~!!(汗)

 
すいません、今回は比べる画像は用意していませんが、
中途半端に映像が綺麗...
でも、ブルーレイでの映像を比べてみると雲泥の差を感じてしまいます~(汗)

地デジの画質では、全く立体感を感じられない平面的な映像になってしまっていて、
風景&人物の被写体がノッペリ~1枚絵に見えると言いましょうか?
風景にしても、全く奥行きを感じられない“絵”になってしまっているんですよネ~

これでは...
『アバター』のCGって、ショボイなぁ~
そう感じてしまうではありませんか!


ブルーレイの映像を100点としてみると...
地デジの映像は60点、DVDでの映像は30点と言ったところでしょうか?
(決して、金曜ロードショーの映像が汚い訳ではありません、コレが地デジの画質です。)

『アバター』の映像(CG)の凄まじさを味わうには、
ブルーレイを視聴しましょう♪


いや~、あの『アバター』の映像の素晴らしさは尋常ではありませんよ!
悪く言えば、『アバター』って、ストーリーよりも映像が素晴らしい作品でありましょう? ←おい!
『アバター』の尋常ではない映像で、視覚中枢をガンガンに刺激して作品を堪能する...
それが『アバター』の正しき視聴の形ではないでしょうか?
(そう思うのは私だけぇ~?)
コメント

『ファイナル・デッドブリッジ3D』

2012-02-12 | ホラー映画を熱く語る
私の大好きなホラー映画の、シリーズ第5弾です。


『ファイナル・デッドブリッジ3D』


【ストーリー】
橋の崩落事故を予見したサムは危険を知らせ、間一髪で8人が事故から生き残った。
しかし事故犠牲者の葬儀に現れた謎の男から「死は決してだまされない」と告げられ、
8人は次々と予測不能なトラップに襲われる。
死の恐怖に怯えるサムらの前に再び現れた男は、
「他人に死を贈る」ことで死の運命から逃れられると言うが……。

この作品は、映画館・ブルーレイで鑑賞しました。


“死の運命”からは逃れられない...
気が付けば?本シリーズも第5作目と意外と人気&根気が続いた、ノンストップ・アトラクションホラー!
(簡単に言えばスプラッター・ホラー映画。)

シリーズが重なる毎に、派手さを増す冒頭の大惨事...

1作目『ファイナル・デスティネーション』
(航空事故。)

2作目『デッドコースター』
(ハイウェイ事故。)

3作目『ファイナル・デッドコースター』
(ジェットコースター事故)

4作目『ファイナル・デッドサーキット3D』
(レースサーキット事故)


今回の5作目の大惨事は、大橋の崩落事故です。
この橋崩落シーンが、かなり凄まじい~!!

CG炸裂の派手な、VFX映像になっています!
もはや、スプラッター映画のレベルの映像ではないですよ~
ホラー映画で、ココまで大掛かりな見せ場を用意するのも、このシリーズならではのものではないのでしょうか?

↑映画館の3D映像で この映像を見ると、奥行き=橋げたから海までの高さをリアルに実感でき
派手なVFX映像が相まって、かなり迫力ある恐怖の映像が体験できました!
(ここの3D映像は、かなり凄いのよ~!!)


この大惨事を予知夢で回避し、8人が生き残るのだが...
“死の運命”は変えられず、1人、また1人と生存者たちが壮絶な死を迎えていく。
このパターンは良い意味で相変わらずです♪

↑「あ、死ぬ?死ぬ?死ぬ~~~~?って、死なないのかよ!....と思いきや、死んだぁ~~~!!」
みたいな?
(そして、苦笑いしちゃう感じ?)
この“死の連鎖”の一連は、従来のファンを決して裏切らない仕上がりになっています。

↑今回は、ちょっと“痛い”系が多いですネ~
それと、自分の“死”の順番のときに、代わりの者を殺すと“死”をい免れると言う
新しい要素もあるんですが、
う~~ん、あんまり上手く演出されていないかな~?

今回のヒロインは、“ユマ・サーマン”似ではないですか~?

↑ヒロインが美女なのも、このシリーズのウリなんだけど~
ちょっと私の好みではありませんでした~
(でも、なかなかの美女です♪)


なんですな~、今回のオチ!
ここ最近のシリーズでは、ラストにもう1つの大きな見せ場の“大惨事”のシーンがあるんですが...
むむむ!マジで?...そう来ますかぁ~?なるほど!そうなる訳なんですネ~?
なかなか良いオチだと思います♪うんうん...

今回、主人公がイマイチ~“前兆”を察知する能力が低いと思いましたが、
そう言うの強弱があるのも、ニュータイプみたいで好感が持てます。
(だから、あのオチがあるみたいな~?そうでもないか?)


前作(4作目)は、シリーズで中では出来悪かったので...
そう言うので?今回は特に好感が持てました。
次回作も製作されることを、心より願っています♪
(やっぱ~このシリーズ、大好きだわ~♪)


PS.
自宅に3Dの鑑賞環境は、持っていないんですが...(汗)
今回、映画館で観た『3D』版が良かったので、ブルーレイソフトの『3D』限定版を購入。

↑限定版&3D普及困難?と言う理由で、将来『3D』版が入手困難になるのでは?
そう思い、購入に至りました。
(そう考えてるのは、私だけぇ~?)

コメント

DVD販売がピーク時の半分以下に、 BD販売は好調?(それはアニメだろう?)

2012-02-05 | BDソフト
皆さん、こんばんわ~
最近、殆どブルーレイソフトが中心の記事になっているんですが...

↓気が付けば、ブルーレイソフトの数も、ココまで増えて来ました。
コレって多いのか?少ないのか?

5年ぐらい前から集めていることを考えれば、全然多い数ではないでしょう。
私はネ~、もう観ないだろ言うと思うソフトは、直ぐに中古ショップに売っちゃうんですよ~(汗)
(60本ぐらいは売ってしまったでありましょう?)

それも、色々可笑しなことをしてるのよネ~
『エイリアン』全5作を収録したBOXを売却して、単品で1作、2作目を集めようとしたり~
売って→また買って、売って→また買う...みたいな~?
『クローバー・フィールド』なんか、同じ物を3回買い直しています。←アホ?
(廉価版までなっちゃうと売っても二束三文なので、多分...もう売りません。)


そうそう~
ここ最近、DVDのレンタルをしなくなってしまいました~
借りてくるのはブルーレイソフトばっかりです。
DVDしか出ていない作品だと、よほどの作品でない限りレンタルはしません。
作品自身を観るのを諦めちゃいます! ←おい!

コレってどうなでしょうネ~?
なんでも、DVDの販売数がここ数年で激減していると言うニュース、そのままの状態ではありませんか!?

↑DVD販売がピーク時の半分以下に、 高画質のBD販売は好調。
(BD販売は好調と言うのは、アニメだろう?)

アニメのブルーレイソフトの販売数は激増しているそうで?
と言うことは?

うんうん、まさしくその通りだと思います。

当たり前の話だと思うんですが...
タダで見ているテレビの地デジ放送よりも、
汚い映像を金出してまで見たくはない!

そう言うことだと思います。
(「私は画質など拘らない。」と言いながら、自分でお金を出す時には損得勘定が出るのでは?)


“ブルーレイソフトは、アニアの代物”
一般の方からすると、そう言うイメージがあるそうです。
このイメージを排除しない限り、映画がDVDのように一般化するのは難しいのでありましょう。
根本的に映画の趣味って?一部のマニアチックな代物なんですかネ~?



【質問】
一般的に、“映画好き”と“アニメ好き”は、どちらが多いんですかネ~?
“アニメ好き”って、=“オタク”みたいに扱われるけど~
ひょっとして、“映画好き”の方が少数派だったりするのかも~?(汗)
コメント (2)