総天然色・魔人スドォの円盤-3D

BDソフトを中心に画像・イラストを交えて、
映画をオモシロ可笑しく雑談するブログです♪
【3DBDソフト推進ブログ】

3D映画ファンは...3D映像依存症?

2018-11-05 | 雑談
もはや、衰退の一途をたどる3D映画事情...
国内から3D版が発売されないタイトルも1つ2つと増え始め、
私自身も海外盤の3Dソフトに、3D映像のクオリティを求めるようになってしまいました。
このような情勢の中、一般な映画ファンからこのブログを見ると 「なに、しつこく3D映画に固執しているんだよ~」 と思いでしょうが、
私らコアな3D映画ファンは単なる趣味の領域で3Dブルーレイソフトを集めているのではあらず、
実は、3D映像なしでは生きていけない体質(3D映像依存症)になっているのではないのかと思うのです。

↑ 分かりやすく言えば、「辞められない、止まらない...カッパえびせん」 なのです。 ←古い?

我々の言う良質な3D映像とは、視差(立体感)は強烈で、
耳の三半規管(平衡感覚)を狂わすような、背景がグリグリ~回り込む移動感覚のある3D映像を指します。
尚且つ、派手な蛍光色の光がビュンビュン飛び出してくるような刺激的な映像も大好物です。
私が3D映像評価の記事にて、「脳内の視覚領域を刺激する」 という表現は何も言葉遊びの大袈裟に言っているのではなく、
本当に目の覚めるような高揚感みたいな感覚を体感しているのです。
分かりやすく言えば脳内トリップ状態、刺激的な映像で脳内から麻薬的脳内ホルモンが大量に分泌されているのでありましょう。
(アドレナリン?...ドーパミン?みたいな~?)
この脳内トリップ状態で映画を視聴していると、尋常ではない没入感・高揚感で映画を楽しむことができるのです。
3D映画には “3D映像の規制” があるのですが、この規制は目を悪くしない為だけのものではなく、この依存症を防ぐ為にもあるのだと思われます。

これには個人差があります、同じ3D映画のタイトルを観て何も感じない人も多いでしょう。
この症状は恐らく、映像を主体で映画を観ている人に多くみられる症状ではないでしょうか。
ストーリー中心・音質中心で映画を楽しんでいる人では得られ難い効果なのかも知れません。


■私が3D映画にハマってしまった経路を考えてみました...
映画館で 『アバター』 で弩ハマり → 『塔の上のラプンツェル』 で美しい想い出として記憶される → 
『マダガスカル3』 のトリップ映像を何度もリピート視聴し、3D依存症になったと思われます。
(この 『マダガスカル3』 がヤバいんだよネ~。 )

 ↑ 『マダガスカル3』 のサーカスの3D映像はヤバイ!
(このサーカスの映像は3D映画史に残る名シーン。その演出はまさに脳内トリップ映像!ああ~刺激が強すぎる~~(^_^;))


■自分が3D依存症として3D映画にハマるか?お試しあれタイトルは以下の通り...↓
『アバター』 『塔の上のラプンツェル』 『マダガスカル3』 『アントマン』 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 『マイティ・ソー バトルロイヤル』。
意外とこの3D映画タイトルを観ることもなく、3D映画批判をしている映画ファンも多い。
逆にこの6つのタイトルの3D映像を全部観てしまったのならば?3D映像依存症にハマってしまう可能性があるので注意が必要となるのです。



3D映像は蜜の味...
言っていることがヤバくなりましたが、如何でありましょう?
このブログに遊びに来られているコアな常連さん方ならば、少なからず理解できる話ではないでしょうか?
我々は刺激的な3D映像によって脳内から分泌される麻薬ホルモンの快楽に囚われているのかも知れません。
そうでなければ3D映像を観る為に、うん十万出してプロジェクターを買ったり、3D(VR)映像を体感する為にPSVRを買ったりしませんよ~。
...なんて、長々と話をしましたが、そんなことを思っているのは私だけぇ~...なのかも知れません。
ああ~クオリティの高い3D映像が観たい~~(^_^;)
コメント (17)

ホクトの想い出...

2018-10-18 | 雑談
今からちょうど9年ほど前に、犬の映画 『マーリー おバカな犬が教えてくれたこと』 を観て亡くなった犬:ガウの記事を書きましたが、
今回、また犬の映画 『僕のワンダフル・ライフ』 を観て、去年死んだ:ホクトのことを記事にしようと思います。
ガウの想い出... ←クリック!

2006年
1月

11年飼っていたゴールデンレトリバーのガウが亡くなり、その次の年の初まりに2代目の犬を飼うことになりました。

↑ 名前はホクト。前に飼っていた元気満々のガウとは違い、来たときはブルブル~震えておりました。
2月

↑ 少し大きくなりました。
君は初めてボールをあげたとき、手でボールを取ろうとし、指が使えないことに戸惑っていましたよネ~。
5分ぐらいしてから、すぐにクチで咥えることを覚えましたが、
なんか、変わった犬だなぁ~と思ったことを覚えています。
4月

↑ 公園でお散歩するホクト。
かなり臆病な犬で、扉から出るのにブルブル~。
玄関から出るのにブルブル~...この頃には元気に走り回るようになりました。
想い出としては、鏡で自分の姿を見ていると知恵がついたのか?
自分の姿が私たちと違うのにショックを受けていたことを覚えています...あら?この子は前の子とは少し違う?
2009年
3月


↑ かなり大きくなりました。
臆病な犬だと思いましたが、この頃には沈着冷静。私等の言うことに耳を貸し、私等の言葉は全部理解している頭の賢い子になりました。
ワンワンと吠えずに、クルクル~とかキュンキュンとかホェアホエア~とか言葉を喋っているかのように私たちと喋ります。
実はここまでの間、世帯住宅の家に住んでおり、あんまりホクトとは行動を共にしていないんですよネ~。
...ホクトは下の世帯に住んでいる、親父が大好きです。
2011年
3月


↑ 2世帯住宅を売り飛ばし、違う家に引っ越してきました。
引っ越しの日に車に荷物を積み込み過ぎ、君の乗る場所が狭く乗るのを嫌がりましたが、
私が言葉で説得すると渋々車に乗り込んだことを覚えています...この犬、説得が通じるんだぁ~。
引っ越ししてからは住居が一緒なので、私と距離が近づきました。
そして5月ごろ、私が心霊スポットに遊びに行き、その夜の何かに怯えて2階まで上がって来たことを覚えています。
あの夜、玄関の扉の前まで何かが来ていたんですよネ~...2日続きました、おお~怖わぁ~~(^_^;)
11月

↑ 雨の日のお散歩はレインコートを着用。
目の周りが白髪で白くなってきました。
老けるの早くな~い~?(^_^;)
2012年
8月


↑ 近所の池の土手で散歩するのが大好きなホクト。
ゴルフボールをたくさん見付けましたよネ~。
2014年
4月


ホクト、玄関前で...お尻の肛門がかゆいのでクルクル回る~(^_^;)
すっかり年を取ってしまいました、この辺りから走ることをしなくなりましたネ~。
2017年
1月


↑ 親父が去年の年末から入院しました。
母親は足が悪いので、私が朝晩散歩することに...
ホクトも完全に老犬...目の周りが黒ずんでしまっています。
この頃、ホクトとのお別れが近づいていることは知る由もありません。
2月

↑ 2月ぐらいから耳が内耳炎となり調子を悪くするのですが、薬のお蔭で元気に...
写真はありませんが、このあと薬のお蔭で目も良くなり、毛並みもツヤツヤに。
好きなバナナもたくさん食べて、身体も大きくなりなんか若返った感じになりました...元気満々♪
4月
仕事をしていると携帯に電話が...
親父が入院していたので、親父に何かと思ったのですが、電話はホクトが死んだと言う報告でした。
...突然死です。
この日、昼寝をしていたホクトが突然悲鳴を上げて、そのあと1時間ほどで亡くなったそうです。
2018年4月13日死亡...

次の日、市の動物の焼き場に連れていきました。
これがホクトとの最後の別れです。近所の池の土手に咲いていたタンポポの花を添えて置きました。
この辺りで同時に親父の容態が悪くなり、3週間ほどして親父も後を追いました。
ホクトの突然死は先に逝き、親父のお出迎えをしたのでありましょう。

この後、親父が亡くなって四十九日の間、色んなスピリチュアルなことがありまして、
亡くなった親父にホクトは近くにいるのか?と聞くと、「そばに居る」 との兆候(サイン)がありました。
色んな不思議なことが続きましたが(私が親父に色んな合図を出したから...)、四十九日を境にピタリとなにも起きなくなりました。
ホクトは大好きだった親父と旅立っしまったんですネ~。

これがホクトの一生です。
(もちろん、他にもたくさんの想い出がありますよ~。)
...ホクトは幸せでしたか?
当然ながら、私は幸せでありましたよ。
アッチでは親父が居るから寂しくはないでしょう...血は繋がっていませんが、兄貴のガウとも仲よくしろよ~。。。
コメント (2)

Amaから 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 がまだ発送されない...

2018-09-06 | 雑談
Amaに注文していた『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD MovieNEX』 が、まだ発送されない...
もう、毎度のことで嫌になるのだが、注文した映画のソフトが2日ほど遅れるのが当たり前のように続いております。
予約開始されたその朝に注文したのに~~(汗)


私はAmaのプライム会員なのだが、携帯決済しているので届くのが遅れるのは納得済み。
コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いをご利用の場合、発売日/発売日前日お届けを利用できないのである。

今回、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD MovieNEX』 を注文にあたって、
同時に、『アベンジャーズ 4K UHD 』 と 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 4K UHD』 を注文したのだが、
なぜか、『アベンジャーズ 4K UHD 』 1点だけ先に届きました。 ←なんでやねん!
これは、私が注文の際に間違えて、この1点だけコンビニ受け取りではなく、自宅への配送をしてしまった為である。
う~~ん...この辺りにAmaの発送の遅れの原因があるのかも知れない。

今回の場合、携帯決済・同時に2点梱包・コンビニ受け取り...この3点が重なると、発売日から2~3日届くのが遅れる状態になるのか?
それにしても、TSUAYAに行くと昨日からレンタル開始している。
古本市場に行けば、新品のソフトが発売されている。
う~~ん...予約開始日にポチり、高いお金を出して発売日から2~3日遅れるのは、幾らなんでも遅すぎるんではないんかい~?(汗)
(予定の発送日が平気で変わるので、まだ本当に明日届くのかも分からない...昨日からず~っと、「まもなく発送されます」状態です。)

追伸:夕方の16:07に発送メールが来ました、明日到着予定です。


ちなみに...

↑ ¥4,000ほど高くつきました~(^_^;)
(『アベンジャーズ 4K UHD 』のパッケージに挟まっているジャケ絵、紙がコピー用紙を印刷したような素材でメチャメチャチープなのよ~。)
コメント (2)

3D映像評価の記事について...

2018-09-04 | 雑談
このブログにて、3D映像評価 の記事を書かして頂いております。
国内において、3D映画のブルーレイソフトの映像評価の記事を書いているブログは他には御座いません。
(3D映画の記事を書かれておられるブログは1つ存在しております。)
なので、このブログの売りになっており、このブログの存在理由になっているのだと思っております。
国内で唯一の3Dブルーレイソフトの映像評価のブログなので、それが目的で訪れて頂いている方も多くおられると思っております。


↑ 3D映画への興味を惹くために、見た目の画像のインパクトで客引きをする手法の記事の書き方です。 ←おい!
この記事にて、1人でも多くの人に3D映画への興味を持って頂けたのならば嬉しい限りです。



...んで、ココからが本題です。
最近、どうもビミョーな3D映像のクオリティの作品が続いていたでしょう?
『ブラックパンサー』 あたりから、 『リメンバー・ミー』 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 ぐらいまで。
決して悪くはないのだけども、何とも記事に書きにくい3D映像が続きました。
ぶちゃけ~、私の今迄の3D映像の評価を観て、評価の内容に首を傾げた人も多くいるでありましょう?
書いている私自身、首を傾げて記事を書いていたりするのです。

↑ 特にこの視聴環境の違いによる3D映像の評価数値表は、数値を決めるのが難しく、
3D映像は視聴環境の違いによって評価が大きく変わってくることを表しているのだけども、
これを導入したことにより、余計に記事を書く手間が大きくなりました。


もう、ぶっちゃけ~、ぶっちゃけ~が続いて悪いのですが、
ぶっちゃけ~、この数値はかなりテキトーで違う作品と見比べて、数値の基準も揃っているのか?いないのか?
なにせ、3D映像の情報が殆どないので、私個人の独断と偏見での数値となっております。
あんまり深く考えていると、こんな記事は書くことができないので、あくまでも1つの参考程度で見て欲しいのです。



【魔人スドォ】
ココでこのブログを見ている3D映画ファンの方に提案があるのです。
もし、私の3D映像評価の記事を見て、「私の評価は違う」 と思われた方は、コメントを頂きたいのです。
「お前違うだろう!ボケ~~!!」 というのは辞めて頂きたい。 
あくまでも、「私はこうですよ~」...てな感じで話して頂けたら嬉しいです。
それと、私の記事の文章よりも多い長文も控えて欲しいです。
(過去に恐るべき長文コメントを何通も送られ、私が対応できずやむ得ずコメント欄を閉鎖したことがあります。)

お願いして置きながら、色々と注文を付けてしまいましたが、
この3D映画の情報が殆どない中で、あなたの評価がネットの中の1つの貴重な情報となるのです。
私自身、3D映画の情報が欲しいのですよ~...そんな感じなので、よろしくお願い致します...ペコリン。
コメント

『聲の形』 を観てしまった...

2018-08-28 | 雑談
『レディ・プレイヤー1 』 の3D映像評価の記事を書かなくてはならない中、
テレビでやってた 『聲の形』 を観てしまいました。
(『こえの形』 って読むんだネ~...『せみの形』 って読んでいたよ~(^_^;))

あいや~...もう通しで3回観てしまったし、
仕事から帰宅後、割と遠い目の中古ショップまで車を走らせたが通常版のブルーレイソフトしか発見できず、
結局、Amaにて 初回限定版(新品)を¥6,745でポチってしまった。
Amaでも在庫切れで、9月8日ぐらいに届くらしい。
(アニメのソフトの豪華版って、UHDソフト並みに高いではないの~?(汗))

細かい話は、ブルーレイソフトが届いてから話そうと思いますが、
思ってた話とは良い意味で違っていて、障害者メインの話であらず...はたまた、恋愛ドラマでもあらず。
1回目、2回目、3回目と観るたびに、話の内容の奥深さにドンドン惹き込まれていく内容でありました。


3D映画ファンの方、申し訳ありません...寄り道しちゃって~。
でも、こんなの観ちゃったら、気がそっちに入ちゃいますよ~(^_^;)


コメント (4)

『レディ・プレイヤー1 』 の3D映像は凄い!

2018-08-26 | 雑談
去年の11月にブログを再稼働し、そこからず~~っと 【魔人ワールド】 のイラストは記事にしない方針だったのですが、
3D映画に興味のない人が目を惹くのに、このやり方も有りなのかなぁ~って思い記事に致しました。
(だって、3D映像に興味のない人は、3D映像評価の記事は目を通さないでありましょう?)



3D専用(推奨)といえば 『アバター』 『ゼロ・グラビティ』 の2本が存在するのですが、
この 『レディ・プレイヤー1 』 も、同じく3D推奨映画と言えましょう。
この作品を観た人はよくある精神世界に入るヴァーチャルリアルティの作品だと思うでしょうが、
あくまでもVRシステムを使って見えるゲーム画面の世界なのです。
100万ぐらいかけて装置をつくり、高性能コンピューターを使えば、映画の中の仮想世界を現在の技術でも十分につくることができるでありましょう。
 
↑ 既に私はPSVRにて、『バイオハザード7』 と 『Farpoint(ファーポイント)」』 のゲーム にて、その仮想世界を体験いたしました。
VRで見える映像は3Dという言葉では収まらず、まさにその世界に居るのです、自分の目の前にはテーブルがあり、テーブルの上にはお皿や食べ物があるのです。
その感覚はまさにリアルで、疾走する車のGや高所の恐怖、たばこの煙は本当に煙ったく感じるのです。
そのVRを扱った作品だからこそ、この作品は3Dで観なければなりません。
2Dでは感覚までは感じることはできません。

できるのならば...この作品はPSVRで観ましょう。
PSVRで、VRの映画を観る...なんて、贅沢な視聴方法なのでありましょう。
レースのシーンは車酔いするぞっ!(^_^;)

『レディ・プレイヤー1』 3D映像評価 ←クリック!
コメント (2)

2D変換の3D映画にも、3D撮影の技法は使われている?

2018-08-19 | 雑談
後付け3D(2D変換)の方が、クオリティの高い作品が多いこの事実! からの続きです。
え~と、記事の内容が大袈裟になってしまいましたが、
私が言いたいことは、3D撮影が本物で、2D変換が偽物だから...偽物3Dには気を付けろ!みたいな話は間違っていると言うことです。


ココからは違う議題に入ります。
今回もCGアニメの3D作品は省きます...あくまでも実写系の3D映画の話です。
最近の2D変換(後付け3D)作品には、
部分的に3D撮影(CGアニメの3D技法)が使われている!


え~今回の話は、全く確証がありません。あくまでも想像でのお話です...なので間違いの話もあるでしょう。
事実としてあることは、最近(と言っても5年以内)の2D変換の作品は、
CGのデータを用いることにより視差の書き分けを簡略化し、より正確でクオリティの高い3D映像をつくり出しているそうです。
言われてみれば?VFX(CG)部分だけ視差が強いってこと、多々ありますよネ~?


ココに面白い説があります...嘘か本当か分かりません。
2D変換では、
画面から飛び出てくる3D映像をつくるのが難しいらしい?

なるほど~、飛び出さない3D映画が多いのはこれが原因なのか?
そういえば、CGアニメの3D映画は良く飛び出してきます、実写で飛び出してくる3D映画が少ないことの辻褄が合うのです。
あながち、この説はデタラメという訳ではないようです。 ←ホンマ?

■私が思い当たる節がある3D映像のシーンを挙げてみました...

↑ 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 ...(2D変換の作品)
この画面いっぱいに飛び出しし来る巨大な宇宙船ドレッドノートのシーンは、CGのデーターからの3D映像ではなかろうか?
おそらく、多くのシーンにCGのデーターによる3D映像が盛り込まれていると思います。


↑ 『ジオストーム』 の宇宙ステーションの爆破シーン...(2D変換の作品)
木端微塵に爆発する微細な宇宙ステーションの破片の描写は、動きもあるのでとても2D変換ではつくり込みができない物量だ。
特典映像によると、この宇宙ステーションのCGモデリングは爆発の為に内部構造までつくり込まれているらしい。
おそらく、このCGデーターを3Dのつくり込みに使われたと予想される。


↑ 『パシフィック・リム』 の香港市街の攻防戦より...(2D変換の作品)
激しい雨が降り注ぐシーンなのだが、雨の一粒一粒が3Dとしてつくり込まれており、建ち並ぶ高層ビルとの奥行き感が半端ない。
このような微細で複雑な3D映像は、とても2D変換ではつくり込めないと思います。
この作品の多くのVFX映像が、CGデーターからつくり込まれていることは、あの巨大某掲示板でも話題となりました。

■これ等はあくまでも一例です、他にも色々と思い当たるような3D映像の名シーンがあるでしょう?


...考えてみると?この前に記事にした 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 の3D映像。
3Dの基本値は高いのに画面から飛び出してくることは全くあらず、地味目な3D映像でありました。
これは100%2D変換のつくりの3D映画だと思われます。

最近のマーベルの作品のクオリティの高さは、2D変換+半3D撮影 の手法の作品でありましょう。
(もちろん、100%2D変換でもクオリティの高い作品はつくれる・存在していると思います。)
逆に3D撮影の作品で、2D変換も使われているそうです。
私が3D映像評価の記事で、あんまり2D変換や3D撮影に拘らないのはこの為、
この2つの3D映像の手法に拘る意味があんまりあるとは思いません、あくまでも目安程度でいいと思います。

...如何でしょうか?
今回の記事は私自身書いていて確証がないのですが、だってデーター(情報)がないんだもの~(^_^;)
でも、完全に間違っているとは思っておりません... (完全に間違ってたりして~?(汗))
前ページからの続きになるのですが、2D変換の作品(ソフト)は偽物だから購入してはダメ!というのは絶対に違います。
その記事は3D映画のことを何も分かっていない初心者の話だと思ってくださいなぁ~。
より良い3D映画を目指して、3Dライフを楽しもうではありませんかぁ~♪
(まあ、CGアニメの作品は3D映像のクオリティが高い作品が多いと言うことだネ~(^_^;))
コメント (2)

後付け3D(2D変換)の方が、クオリティの高い作品が多いこの事実!

2018-08-18 | 雑談
ネットでよく目にするのだが、
未だに3D撮影された映画の方が、3D映像のクオリティが高いと勘違いされているこの事実!
この現状に3D映画の正しい情報は全く知られていないのだなぁ~と感じます。
後付け3D(2D変換)の方が、クオリティの高い作品が多い!
これは、あくまでも実写の2D変換でつくられている3D映画のことを言っているのですが、順を追って話していきましょう。
(【注意】 この話はあくまでも3Dブルーレイソフトの話です。映画館での視聴には当てはまりません。)


CGアニメは3D撮影とされていますが、CGのモデリングからの3Dつくりになっていてクオリティが高いのは事実なので今回の話から省きます。
(正確に言うと、CGモデリングのデーター上で仮想カメラの設定をするらしい。 ) ←なので、3D撮影に分類される。
問題となるのは実写系の3D撮影された作品のことです。
基本、3D映画は3D撮影されたものと、後付け3D(2D変換)のものがあります。
↓下の画像は国内で発売された、ほぼ全部の実写系3D撮影のタイトルです。
あくまでも私の好みではありますが、お勧めの作品は5本しかありません。

(『トランスフォーマー/最後の騎士王』と『X-MEN:アポカリプス』は最新の3D撮影方法で別格。 ←金と手間が掛かるので一般化されない。
『アバター』はほぼCGなので本来はCGアニメ枠。実質お勧めの作品は2本だけです。


↓ コチラは2D変換された、私がお勧めの3D作品です。

(【補足】 『アベンジャーズ』は後半の2D変換された部分を指しています。ちなみに 『グレートウォール』レベルの3D映像ならば他にも数多く存在する。)
如何でしょうか?
まあ、多少個人によるの評価の違いはあるでしょうが、
2D変換を差し置いて、3D撮影された作品を優先して集めた場合、それはもう地味で退屈な3D映像ライフとなるでしょう。
3D撮影された作品はその撮影に困難さの為に視差が弱い作品が多く、
基本CGのモデリングからの3D映像が入らなければリアル重視の退屈な映像となってしまうのです。
(遥か彼方の風景の奥行きなど、3D撮影では表現できません。)
一方、2D変換の優れた作品は後から幾らでも視差調整できるので視差が強いものが多く、遠方の風景の奥行きも深いのです。
映画と言うものはドキュメント映画ではありませんので、ある程度デフォルメされた視差の強弱が必要だと思うんだよネ~。
3D撮影された作品がCGアニメとゴッチャ(一緒)になっているせいもあるのだが、
3D映画が公開された当初、『タイタンの戦い』 や 『アリス・イン・ワンダーランド』 の2D変換があまりにも酷かったので、
そのイメージが付いてしまったのが一番の原因ではないでしょうか。
一応、我々3D映画マニアの間では...「3D撮影よりも、良質な2D変換作品!」
という ならわしがモットーなのであります。 ←ホンマ?
(まあ、2D変換の作品の数の方が圧倒的に多いので、その分ハズレも多いんだけどネ~(^_^;))


ココからは、また別の議題があります。
ここ最近のS級クオリティ及び、ハイクオリティの2D変換作品は、全部ではありませんがCG部分にCGのモデリングによる3Dつくりが行われています。
貴方が2D変換だと思われている作品は、実は2D変換+3D撮影になっているのです!
(これで、2D変換だと言われている作品の3D映像のクオリティが高い要因が分かるでしょう?)
この話は、また後日別ページにて記事に致します。
コメント (2)

プロジェクターのランプが切れた...

2018-08-11 | 雑談
ランプのいや~エライこっちゃ~(汗)
明日から盆休み、3D映像の評価の記事を書くぞ~と意気込んでおりましたが、
たった今、プロジェクターのランプが切れちゃいましたよ~(^_^;)

思い返せば、エプソンのプロジェクターを購入したのは2015年の4月22日...3年ほどの使用期間です。
実際に何時間使用したか全くチェックしていませんでしたが、ランプの寿命ってこんな感じなのかな?
3Dダイナミック(一番明るい仕様)で視聴していたのが悪かったのか?
室温が30度のときに視聴してたのも悪いのかも知れない?
(私の部屋の窓エアコンでは、これぐらいしか冷えません。更にプロジェクターと同時に使用するとブレーカーが落ちる。 ←まだ同時に使ったことはない。)

しかしながら現在、真夏のBDソフト発売ラッシュの真っ只中、このランプ購入の出費は痛いのです。
あ~
私はプロジェクターのランプを交換するのは初めてなのですが、
このランプは純正の方が良いのかな?
純正でなければ安くで購入できるのですが...
●好き放題、ブルーレイソフトを購入を辞めて、純正ランプを買うべきか? (¥20,000いるべぇ~(^_^;))
●模造品ランプをかうか? (¥8000ほどで買えます。)
●はたまた、プロジェクターの100インチスクリーンの評価なしで、しばし3D映像の記事を書き続けるのか...?
●3D映像評価の記事抜きで、ブログ活動をするか?
どないしましょう~~~...(^_^;)


10月ぐらいならば、余裕をもってランプ買えるんだどネ~...先月、お金を使い過ぎちゃいましたよ~(^_^;)


追伸:
辛抱堪らず、ランプ注文致しました...純正ランプを。
純正ランプと5年保証を付けて、 ¥20,116 + ¥1,020 となりました、13日に到着予定。
ああ~盆休み、何も買えない~~(^_^;)
(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 の3D映像評価の記事は13日以降になります。)
コメント

ブログのタイトル名を変更致しました。

2018-08-03 | 雑談
実はチョイ前から、ブログのタイトル名を新たに変更しております。
思い返せば8~9年前?
ブログの開設当初は、『魔人スドォの匣』 と言うブログ名を何の考えもなしに付けて始まりました。
一応、ブルーレイソフトを中心に、活字ばっかりの文章タイプの記事ではなく、
画像やイラストタップリの見た目が派手な記事を目指していた思いは今も変わらず...
気が付けば、3Dブルーレイソフトが中心のブログになってしまいました。



ブログのタイトル名は、ビミョーには何回か変わっております...と言うか、追加されてるんだよネ~。
『魔人スドォの匣』 → 『総天然色・魔人スドォの匣』 → 『BD総天然色・魔人スドォの匣-3D』 みたいな感じに変わっていったと思います。
この8~9年間、ず~~っと考えていたのですが、『匣』 ってなんだよ~? 『匣』 って意味が分かんない! ←お前が考えたのだろう~?

...という訳で、ブルーレイソフトを中心に記事を書いてきたことはブレておりませんので、
もうそのまんま、ディスクを 『円盤』 と訳することで、『総天然色・魔人スドォの円盤-3D』 というタイトル名に変更致しました。
UHDソフトも円盤ですし、動画配信はまだ あくまでもレンタルの代わりであって、
まだしばらくは、我々映画の作品収集家にとって、大容量のデーター重視のディスクを所持すると言う形が続くでありましょう? ←ホンマ?
もし、ディスクが動画配信に取って代わられたのならば、『総天然色・魔人スドォの配信-3D』 と言う名に変えることに致しましょう。
(その頃には、3Dは存在していないかも?) ←縁起でもないことを言うんじゃ~ない!(^_^;)


【魔人スドォ】
このブログに遊びに来て頂いている皆さま、
これからも、懲りずに3D円盤の記事を中心にお話させて頂きますので、ヨロシクお願い致しますネ~...ペコリン。
コメント (11)