国立大学職員日記
メインコンテンツ
国立大学職員日記:記事一覧




■はじめに
 給与体系や採用関係を調べていくと、あちらこちらで「公務員の高学歴化」という言葉を目にします。これは実際に職場で働く上でも実感するものですが、しかしいざその詳細を調べたデータを探そうとしてもなかなか見つけることができません。公務員全般についてすらこの有様であり、ましてや国家公務員や国立大学事務職員に限定したデータは小耳にはさむことすらありません。
 そんな訳で、本当に公務員・国家公務員・国立大学事務職員は「高学歴化」をしているのか、前々から興味があり、コツコツと資料収集と内容整理をしてきました。実際に集めたデータは2009年現在で国立大学事務職員である人間のものですが、法人化する前、つまり国立大学事務職員が国家公務員であった時代のデータも多く含み、なおかつ、国家公務員と地方公務員のデータにはある程度の類似性があるだろうとのかなりいい加減な予想の下、今回のエントリーでは題名には「国立大学事務職員」ではなく「公務員」という単語を使わせてもらいました。「そんないい加減な…」と思うかも知れませんが、収集したサンプル数は大体2000人分くらいあるので、大数の法則に則って公務員全体の類似値と呼べるものくらいは出来上がったのではないかと自負しております。
 なお、今回のエントリーは題名にあるとおりデータが中心となります。説明文やら感想文は短いですが、このエントリーを書くに当たって事前調査にかなりの時間を費やしたことを勘案くださり、決して手抜きなエントリーとお思いにならぬよう、よろしくお取り計らい下さい。

※今回のエントリーは使用する画像サイズの関係上、モニターの解像度を「1280pix×960pix」に設定していないとレイアウトが崩れると思います。

■年齢別最終学歴調査
 「公務員の高学歴化」を調べるのであれば、本来なら「年齢別」ではなくて「採用年月日別」を横軸に据えるべきなのかも知れません。しかしそうなるとあまりにデータ整理が煩雑となってしまうため、今回使用した全てのデータは「年齢」を基準としています。この点に関し、「高学歴化の編纂」という観点からはデータの正確性が薄れるかもしれませんが、過去の日本の採用形態が新卒か、あるいは就職浪人をしても1年か2年くらいであったと思うので、年齢別の最小単位に3年という幅を持たせることで、この点に対応したつもりです。


<データ1:年齢別最終学歴別実数 ~歪(いびつ)な人口ピラミッド~ >

 まずはパーセンテージなどの調整をしていない、限りなく「生」に近い状態の年齢別最終学歴のグラフです。学歴に目が行く前に、年齢構成の歪さにまず目が行ってしまいます。現在定年退職を迎えているあたりの「団塊の世代」がいかに職員の中で大きな割合を占めているかが分かります。「団塊の世代」より下においては、「団塊ジュニア」と呼ばれる世代の存在も確認できます。「団塊の世代」全員定年退職した後も、この「団塊ジュニア世代」の山がある限り、年齢構成が横一直線にはなりませんが、それでも「団塊世代」の定年により、公務員の年齢構成の歪みがかなり解消されるのではないでしょうか。「23~25」歳の世代がかなり少ない点にも目が行きますが、これは院卒が含まれ得なかったり、公務員になる前に民間で働いている人がいたり、受験浪人・留年・就職浪人を一度もしたことがない人間しかこの枠に入れないという事情があるからでしょう。数年後にはこの世代の人数も恐らく他の世代並みに増えていると思います。
 次に学歴に注目して見ましょう。個人的に意外だったのはかなり年配の世代にも大学卒業者が多くいることです。もちろんこれは「実際の人数」なので、母体集団(この場合はその世代の合計人数)の数が多ければ「割合的に」少なくともその数は多くなるのですが、高学歴化と言っていても、実は組織の中で定年退職世代と若手世代の大学卒業者の人数が同じくらいというのは驚きました。


<データ2:年齢別最終学歴割合 ~奢れる大卒者もそのうち久しからず?~ >


 このグラフは「世代ごとにおける最終学歴の割合」を示しています。一般に「公務員の高学歴化」を示すグラフとも言えるでしょう。高校卒業者の減少と大学卒業者の増加をはっきりと示しています。2009年度現在においては国立大学事務職員の採用条件に「大学卒業程度の学力保持者」が挙げられているので、数年後には「若い世代における」高校卒業者の割合は完全にゼロになるでしょう。しかし、高校卒業者であっても民間企業経験などを経て採用にいたる職員さんなどもいるとは思うので、組織全体の中にあっては、今後も一定数の高校卒業者が存在するのではないかなと思っています。大学卒業者の割合は完全に右肩上がり(グラフ的には左肩あがりですが)で、もっとも若い世代ではほぼ100%に近い数値となっています。ここで注目しなければならないのは、大学院卒業者の増加傾向です。今でこそまだその数と割合も少ないですが、増加傾向、つまり係線の傾きに注目すると、大学院卒業者の割合は大学卒業者の割合と同じ角度を持っているのです(一見するとグラフの左端でガクッと割合が落ちていますが、これは就業開始年齢の起因するものです。今回の調査では修士修了者も博士修了者も大学院卒業者として扱っているので、大学院卒業者の割合は大体27~30歳あたりから始まると思ってください)。
 個人的には今後、学歴構成のあり方は高校卒業者がほぼ0%となり、変わりに大学卒業者が大半を占めるようになった数年後に、大学院卒業者の増加に伴い、大学卒業者の割合が減っていくと予想します。ちなみにこれは国立大学事務職員の場合のみです。国家公務委員全体で考えると国家公務員採用試験Ⅲ種が存在するので、高校卒業者は一定の割合を保ち、残りのパイを徐々に大学院卒業者が取るようになるという構図になるのではないかと思っています。


<データ3:相対的学歴指数 ~実は高学歴化していない公務員~>
 データ2で見る限り明らかに高学歴化している公務員ですが、ここで一つ注意しなくてはならない点があります。まずは下のグラフをご覧下さい。

 これは大学進学率と、データ2の各年代における大学卒業者の割合を並べたグラフです。大学進学率の方がサンプル数が多いので緩やかな曲線を描きますが、明らかにこの二つは相関関係を持っています。それを端的に示したのが下のグラフです。

 これはデータ2の大学卒業者割合を大学進学率で割って100を掛けた数字です。公務員における大学卒業者数がその年代の大学進学率と完全に一致するなら数字は100の値で横一直線になります。別の言い方をするなら、もし公務員の最終学歴をその年代の人口における最終学歴に完全に反映させるなら、値は100で平均させなければなりません。グラフでの値が100を超えているということは、公務員になる人間がその年代の内の高学歴なグループから多く採用されていることを示しています。俗な言い方をすれば高学歴な方が公務員になりやすいということを、さらに詳しく言えば「大学卒業者の公務員へのなりやすさ」を示す値が上のグラフです。
 これらを踏まえた上で上のグラフを見ます。すると確かに大学進学率を上回る勢いで公務員における大学卒業者割合が増えていることがわかります(もし大学進学率と公務員における大学卒業者割合が比例するばあい、このグラフは横一直線になるはずです)が、その勢いはわずかに右肩上がりである程度のものであることが見て取れます(団塊世代より一つ上の世代における大卒偏重の傾向も目を見張るものがありますが、それは今回は割愛します)。要するに、確かに公務員は高学歴化してきましたが、社会全体も高学歴化しているため、「その当時毎の感覚として」は公務員は実はそんなに高学歴化していないのではないか、というのが自分の推論です。言い方を変えれば、公務員になるのはいつの世代でもその世代の内の学力が上位数十%の人間であり、公務員になる人間の「知能指数」が上がっているという訳ではないという意味において、公務員は高学歴化していないのではないか、ということです。
 このあたりは社会学とかを専攻していないので結構ツッコミどころが満載な推論かもしれませんし、「そもそも高学歴とはなんぞ」という問題提起が必要になりそうなのでこのあたりで切ります。まぁとにかく、データを調べている内にふと大学進学率との関係が気になったので調べてグラフにしてみたら結構面白いものになった、という程度のことと捉えてください。


<データ4:学校歴の高偏差値化>
 さて、ここまで進んできてかなり初歩的な指摘ですが、「学歴」と「学校歴」は違います。このあたりに関しては過去に書いた「学歴、学校歴についてを参照して欲しいのですが、要約すると「大卒」と「高卒」が「学歴」の違いで、「東大」と「どっかそこらへんの大学」の違いが「学校歴」の違いです。今回のエントリーにおける「学歴」は全て上記における「学歴」を示しています。だから前章でも「高学歴化はしているけど公務員になる人の頭が良くなった訳じゃないんじゃない?」と言っている訳です。そんな推論をたった数行先で吹き飛ばすのもなんですが、実は今回は学校歴に関してもおまけ程度に調査をしてみました。まずは下のグラフをご覧下さい。

 このグラフでは「高学歴」の指標として、学部の学力偏差値を平均すると大体その値が60以上となる大学を「高学歴大学」として任意にピックアップしました(旧帝7大学と有名私立大学、その他いくつかの総合大学と捉えてください)。そして最終学歴が大学卒業である者の内、その「出身大学」が「高学歴大学」である者の割合を示したのが上のグラフです。
 結論から言って凄まじく分かりやすい感じに公務員は「高学校歴化」しています。学歴偏差値の高い大学を卒業したことを「頭の良さ」の基準にするなら、公務員はもの凄い勢いで頭が良くなっている訳です。
 もちろんここでもデータ3の時のような注意点が必要となります。つまり、「このグラフが右肩上がりであるのは、単に自分が選んだ大学の入試定員数が増加しているだけではないのか」という点です。この点に関してはデータ収集がやっかいというか面倒くさかったのでやっていないのですが、それでもこのグラフの勢いで東大やそれに連なるいわゆる「有名大学」が入試定員を増やしたという話は聞きません。ので、この点を考慮しても、公務員の出身大学は高偏差値化していると言えそうです。
 「公務員になるためには良い大学に入るのが近道だ」なんて高度経済成長期の日本のようです。感覚的には「学歴に囚われないで職員を採用する」のが最近の風潮だと思っていたのに、データを調べるとまるっきり違う結果が出てしまいました。サンプルの取り方に偏りがあった可能性はありますが、ここまでハッキリと出るとは思いませんでした。


■おわりに
 結論として、国立大学事務職員をサンプルとして推測される国家公務員並びに公務員全般の「学歴」は、本来の意味での「学歴」と通俗的な意味での「学歴(つまり学校歴)」ともに「高学歴化」している、と言えそうです(データ3が示すような注意点はありますが)。
 ただ気をつけてもらいたいのが、今回のエントリーで調べたデータの統計的な正確性と信憑性、あるいは信頼性です。はっきりいって今回のエントリーで出したグラフなんぞは人事院が示す資料の100分の1も信頼できないものとお考えください。収集したデータを意図的に加工した訳ではありませんが、とある国立大学事務職員が一人で、それも手作業で集めたデータの信憑性なぞは朝のテレビの占い程度のものだと思います。
 特にこれから国立大学事務職員や公務員を目指す方々にとって、今回のエントリーの内容はいたずらに不安をあおる内容となってしまったかも知れない点、エントリを書き終えた現在、やや反省しております。公務員になれるのは良い大学に通う人間のみではありませんし、高校卒業の資格しかないからといって公務員になれない訳ではありません。その点お気をつけの上、今回のエントリーは多くの資料の内の一つであることをご留意ください。

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )


« 人事交流と出... 期末・勤勉手... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2009-06-03 23:24:05
こんにちは。
毎回楽しく拝見いたしております。
九州地区の国立大学職員の者です。

ここでぼやきを・・・ご時世でボーナス減が確定です。
いただけるだけよしとしますか。

今回の内容とは場違いの質問になると思うのですが、ご存知でしたら教えていただきたいです。

先日、大学の技術職員の方と国立大学附属図書館の司書さんと宴席を共にする機会がありまして、ふと気になったのですが、事務職員と技術職員と司書の給料は同等なのでしょうか?それとも、後二者は専門性があるいわゆる「専門職」なので事務方より遙かに高給なのでしょうか?

残業がほぼない二者がうらやましく思う今日この頃です。
 
 
 
Unknown (管理人)
2009-06-04 22:38:18
>>Unknownさん

当ブログをご閲覧いただきありがとうございます。

ご質問の件ですが、少なくとも技術職員も司書の方も一般職の俸給表・本給表が適用されますので、給与体系の次元では違いはないかと思います。違いが出るとしたら昇任やらポストの関係でしょうが、自分の大学では特に技術職員や司書の職員さんが普通の事務職員より目立って高給であるという話は聞きません。仮に事務職より少し高いと言っても、教育職や医療職の職員さんとは比べ物にならないでしょう(国立大学では普通の事務職員は5~6年働いてやっと大学病院の新任看護師1年目の基本給と並びます)。

若干の差はあるかも知れませんが、同じ俸給表・本給表が適用される者同士、仲良くやっていくのが良いかと思います。
 
 
 
Unknown (aruto)
2009-06-04 22:56:53
管理人さんのデータ収集能力にはいつも頭が下がります。

ただ、ちょっと気になったのですが、もしかしたら院卒の方が増えている時期は、就職氷河期に該当するのではないでしょうか?
当時、就職できなかったら院に行く、という人が多かったと言いますから、もしかしたらその影響も多少なりともあるのではないかなぁ、と思います。

また高校歴化についてですが、人事の友人に話を聞くと、これからの大学経営の難しさ・醍醐味、研究機関としての役割の認識をどの程度持っているかを聞くとき、やはり高校歴者の方が、深く認識していることが多く、言いづらいのですが偏差値の低めの大学の方はそういった認識が甘いことが多いとのことです。

これは、大学の力に直結している可能性もあるかもしれないと友人は言っていました。大学が「ただの教育機関」や「就職の為の準備期間」となってしまった大学では、在学中、学生が「研究」に触れることが少なくなり、「研究の場」としての大学の認識が甘くなるようだ、とのことです。

ですが、「変人を大事にする」自分の大学は、お世辞にも偏差値が高いとはいえない大学出身者ばかりです^^
中には、大学卒業後ニート→フリーター→バックパッカー→大道芸人という凄まじい変わり者も居たりしますが、そういった方々の意見はとても警抜なものが多く、大学改革に大きな寄与をしています。
高校歴化するだけでなく、これからの大学に求められるもの、また求められる内容が変遷することを考えれば、様々な視点や経歴を持った方を積極的に採用してほしいなぁ、と思います。

ただ、最低条件として「空気を読む人」であって欲しいとは思いますが・・・。
 
 
 
図書館職員 (通りすがり)
2009-06-22 12:37:40
図書館職員は少なくても法人化前までは「特殊な技能を持った職種」として一般の事務より優遇されていました。
一定年齢以上の方なら同じ年齢で給与を比較すれば間違いなく図書館職員の方が給料が上のはずです。
図書館職員は係員からいきなり係長になるのはその名残です。

管理人さんの処にも図書館職員が数名いらっしゃると思いますので比較して見て下さい。
 
 
 
院卒者の意見 (myu)
2009-06-23 21:38:45
非常に興味深い記事でした。

私は、大学院博士課程を中退し、国立大学の技術職員になりました。

ちなみに同世代の技術職員は、ほとんど大学院卒です。
理系の場合、大学院への進学率が高まっているので、当然の結果のように思います。

社会全体として高学歴化しているのではないでしょうか?
昔の高卒と今の大卒が同じくらいのレベル?

私自身としては、大学院で学ぶことは有益だと考えています。
研究室で培った、
仮説を立て→実験して証明し→論文にまとめたり学会で発表する
という能力が、職場においても役立っています。

しかし、大学組織においては非常に疎外感を感じています。
技術職員のことをきちんと評価してくれる事務系の上司がいないのが原因だと思います。

そんな私は、今まで研究してきた経験を活かし、
もっと広い意味での研究支援の仕事、大学における研究戦略的な仕事をしたいと考えています。
こういう仕事ができる日がやってくるのかどうか…。
 
 
 
Unknown (管理人)
2009-06-26 21:38:19
>>myuさん

大学時代に理系学部にいた友人に聞いた話ですが、理系では今や修士まで終了してやっと人並みと見なされるそうですね。しかし自分のような文型学部出身者には「研究職になるわけでもないのに何で大学院に行ったの?」と考える人が結構たくさんいます。大学内においては技術系には技術系の「畑」みたいなものがあるのでしょうが、最終的な「人事権」を握るのはやはり文型学部出身者が多いので、理系の大学院出身に対する風当たりはまだまだ強い方なのではないでしょうか。

あと、一つの考え方として、「技術系大学職員として必要な知識や経験を大学院という組織は学生に身につけさせているのか」あるいは「大学院生は技術系大学職員として必要な知識や経験を大学院にいる時分に身に着けているのか」という観点があるかと思います。大学職員としてはまだ数年の勤続年数しかありませんが、文型においてはこのあたりの疑問には否定的な考えを持っていると思います。要するに、「大学で身につけることと仕事上で必要になることは違うのだから、大学院なんぞいかずにとっとと就職して職場で仕事に必要な知識を身につけてくれ」という感じの雰囲気がある訳です(かならずしもそういう雰囲気が支配的という訳ではありませんが。その証拠に大学院出身者の採用割合はデータで示したとおりに増加傾向にあります)。大学院で身に着けたことが全く何の役にも立たない、ということはないでしょう。しかし、22歳の新卒学生がその後の5年間を「学生」(まぁ一部は教員みたいなものですが)として博士課程修了まで過ごすか、「職員」として業務をこなすかという仮定を持ち出した場合に、我々文型の人間は「博士の学位は、もしそれを終了するために費やされた5年間という少なくない時間を業務に当てることで習得できる業務上の知識や経験に比べて果たして本当に匹敵、あるいは凌駕するものなのか」という疑問を持たざるを得ない訳です。

文型においては理系に比べて、「大学で学ぶことと業務上で必要とされることは違う」という考えが強いので、「大学院に行かずにとっとと就職するのが正しい」という風潮があるのかもしれません。東大法学部出身者が大学院に進まずにとっとと国家Ⅰ種を受けてキャリアになるあたりに文型学部における就職観がよくあらわれていると思います。

理系に対して否定的なことを多く書きましたが、自分も就職時には「もう少し大学院で専門的な勉強がしたかったな」と思っていたクチなので、大学院出身者の方々には大学職員に多くいるような「文型」の「学部」出身者の期待を裏切るような、「大学院出身だったからこそこんなことができたんだ!」というような実績を多く生み出してほしいと思います。時間は掛かるでしょうが、一人一人が地道に頑張れば、いつか最終学歴がきちんと評価される日もくるかと思います。
 
 
 
Unknown (ソムソム)
2009-06-30 14:29:09
大学院に行こうが、大卒止まりだろうが、仕事の出来不出来は結局その人次第。プライドばっか高くて使えない院卒なんて腐るほどいるし、逆に滅茶苦茶素晴らしい院卒の方もいる。大卒だって同じようなもんだ。

院卒、大卒なんて関係なく、その人自身を評価するような組織になって欲しいすなぁ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2009-06-30 20:11:45
初めまして、来年の国立大職員採用試験を受験する予定の者ですが、申込用紙の勤務希望地で「どこでもよい」と「第一希望・第二希望」と分かれていると思うのですが、この選択が採用に影響されるということはあるのでしょうか?

「どこでもよい」を選択すると可能性が広がるとか、第一希望や第二希望が無いのは志望動機が薄いと思われマイナスになったりしますか?

私としては、第一希望は決まってまして、第二希望は特に決まってない状況です。
 
 
 
Unknown (管理人)
2009-06-30 21:39:00
>>Unknownさん

かなり極端に「この大学でしか働くつもりはありません!」などと書かない限り、このような設問一つで採用が左右されるようなことは無いかと思います。むしろ採用する側としてはこのような設問を設けることによって受験者に選択の余地を与えているつもりなのでその趣旨を汲んで、自分が希望することを素直に書くのがベストだと思います。

第一志望が決まっていて第二志望が決まっていないのであれば「A大学での勤務が第一志望ですが採用後にもし他の大学で働く機会があれば利用して見たいと思っています」くらいに表現すれば良いのではないでしょうか。民間と違って国立大学は大学間での異動も結構あるので、下手に第一志望であることだけをアピールするのはあまり得策ではないと思います。なんなら「正直どの大学を第一志望にしたら良いのか迷っています」でもかまわないかと。受験参考書に書いてあるような模範解答を丸写ししたような返答よりかはこう答える方がまだマシな気がします。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2009-07-01 21:01:09
ご回答ありがとうございます。
説明不足で分かり辛くてすいませんでした。
私の受験したい地区の1次試験申込用紙にある勤務希望地欄に、「どこでもよい」と「第一第二希望を記入」の二択になってる選択肢があるみたいで、「第一第二」を記入してしまうと採用地区が限定され、希望地の倍率が高かった場合に一次通過の可能性が減ってしまうのではないかと不安に思っていました。

こればっかりは、地区の採用担当者にしか分からない質問をしてしまってすいませんでした。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。