KSIの森

劇的に機能するパーシャルデンチャーをめざす歯科技工士の研修会グループKSI(奥森主幹)の情報掲示板です

合同支部勉強会 in 名古屋 開催

2017年10月31日 | 各種勉強会

10月29日(日)に名古屋にて合同支部勉強会が開催されました。

前日には懇親会も開催されましたので、まずはそちらから!

懇親会会場は先日、テレビ番組「マツコの知らない世界」で紹介されました、名古屋名物「手羽先」で有名なお店、「元祖手羽先唐揚げ 風来坊 」で開催しました。

「さー!手羽先食べるでぇ〜〜〜!!」

まずは全員で「かんぱ〜い!!」

「手羽先、めっちゃうまいわぁ〜〜〜!!」

 

遥々北海道から参加の足立専務、名古屋名物みそかつを「がぶり!!」

 

岡山の黒島さん、そして香川の大澤さんも遠方から駆けつけていただきました!!

 

宴も酣の中、月刊歯科技工にて連載されてきました、北海道リレー連載の最後を飾りました足立専務より、リレー連載メンバーを代表して、ご挨拶をいただきました。

リレー連載の成功と労いの意を込めて皆様、拍手喝采!!

 

 

そして翌日、台風が迫る中、合同支部勉強会当日を迎えます。

勉強会開催前に、奥森主幹を囲んでの昼食タイム。

こちらも名古屋名物「鰻ひつまぶし」。堪能していただきました!!

 


合同支部勉強会in名古屋スタートです!

今回はK.S.I.メンバーに加え、ゲストで名古屋在住の歯科医師の先生、歯科技工士の方々にご参加いただきました。


まずは小山会長よりご挨拶です。

 

会員発表のトップバッターは関東支部より、株式会社アシスト1の北田和寛先生です。

「デジタルの可能性と現状」という演題で、CAD/CAMで製作されたデンチャーの適合性などについて詳しく解説されました。

 

2番手は関西支部を代表して、奥森主幹の会社である有限会社デンタルプログレッシブにお勤めの西原徹先生です。

「 Thinking dental mechanic 」というお題で、プロビジョナルデンチャーから、ファイナルデンチャーへの工程を詳しく解説されました。どうすれば最良の補綴装置を患者に提供できるかを「常に考えながら技工をする」ことの重要性を熱く語られました。流石はデンタルプログレッシブのスタッフであると圧巻でした!


3番手は新潟県の株式会社シンワ歯研の平田素直先生です。

「パーシャルデンチャーデザイン」という演題で、以前、月刊歯科技工でのリレー連載で執筆されたケースをより詳しく解説されました。また、たいへん重要であるパーシャルデンチャーの基本概念から、術式の基本工程について詳しくお話しされました。平田先生のプレゼン能力は素晴らしかったです!!


会員発表の最後を飾るのは、名古屋在住の歯科医師、えびす歯科医院長である黒木豊先生です。

「自分で義歯を作る理由」というたいへん興味ある演題で、先生が長年経験を積まれた実績から、患者に最良な義歯治療にたどり着く経歴のお話しをされました。「オレ流!」咬合平面の解説や、治療用義歯の作り方など、先生がご苦労されながら数々の発見により、最良の義歯製作にたどり着くための道のりのお話しにはたいへん感動いたしました!!

 

続いてはK.S.I会長である小山邦宏先生の登場です!

今年の5,6月にQDTに連載され大好評でありましたました「サベイドクラウンのススメ」の内容をより詳しく解説いただきました。欠損補綴治療にあたり、補綴設計、マウスプレパレーション等の前処理からデンチャーテクニシャンが介入して行くことの重要性、そしてよりリジットなパーシャルデンチャーを製作するため、また、パーシャルデンチャーの目的を達成させるためにはサベイドクラウンが重要であるということを再認識させていただく内容でした。「流石小山会長!!」

 

フィナーレを飾るのはやはりこのお方、我らが奥森健史主幹のご登壇です!!

「欠損拡大を止めると言ったら止める!!〜歯列弓の保全とはこう言う事〜」というたいへん興味深い演題でご講演をしていただきました。欠損補綴治療の基本概念から、デンチャー製作におけるデジタル化の各論など、たいへん幅広い内容でご講演いただきました。特に動画スライドによるサベイドクラウンの最終セット手順の解説は圧巻で、参加者の方々は興味津々で聴かれておりました!!


ご講演後、奥森主幹より総評をいただき閉会となりました。

今回発表された皆様のご活躍に、たいへん喜ばしいご様子でした。


終了後は打ち上げ会ということで!またまた名古屋名物!!「台湾ラーメン」で有名な「味仙」というお店で奥森主幹を囲んで食事会を開催いたしました。

懇親会より名古屋名物を堪能していただきました奥森主幹、たいへんご満足のご様子で心より嬉しく思っております!!

 

 

台風の接近により開催が心配された中、無事に開催することができ、また、遠方より出席された皆様が無事にお帰りになられたことをお聞きし、幹事といたしまして安堵と共に、たいへん喜ばしく思っております。足場の悪い中、多くの方々にご出席していただきましたことを心より御礼申し上げます。

 

 

レポート 藤野

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5th Advanced Education(5回目) | トップ | KSIの誇り »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最高の例会でした (奥森です)
2017-11-01 03:01:50
藤野専務、早々のブログアップ有難うございます。
しかし、毎度ながら名古屋は、何を食べてもうまいですね。
今回のksi合同例会は、正直とても各、演者の渾身の臨床コンセプトの終結のようにも思えました。
凄かったです。
企画いただいた、藤野専務、米津理事には心より感謝です。充実の2日でした。有難うございました。

では・・・後日、奥森よりksiにとって重要なご報告がメンバーの皆様にございます。
KSIの“誇り”について私、奥森がブログアップいたします。ご期待ください
名古屋合同支部勉強会 (平田素直)
2017-11-01 13:09:04
藤野専務、お忙しい中ブログアップをありがとうございました。
藤野専務、米津理事、会場の手配や懇親会場の選定等、本当にありがとうございました。
名古屋は美味しいものがいっぱいですね!土日と堪能いたしました。
勉強会自体も、奥森先生、小山会長はじめ、演者の皆様のレクチャーは大変勉強になりました。
特に奥森先生の鉤歯の動揺が収まってきた動画は感動いたしました。
そして、今回の勉強会では藤野専務から学術のみならず、人に対する接し方をも学ぶことができました。この度もまたお心遣いいただきましたこと、心より感謝申し上げます。ksiは素晴らしいスタディグループですね。
合同勉強会 (足立俊哉)
2017-11-02 07:36:29
 藤野専務、お忙しい中ブログアップありがとうございます。
 懇親会からの2日間ありがとうございました。名古屋の美味しい料理に話も盛り上がり、二次会では名古屋の文化を知ることが出来ました。
 当日の勉強会では6名の方が登壇され、支部勉強会ならではの、普段話せないような興味深い裏話も多々あり大変勉強になりました。
 次回は岡山での新年会で皆様とお会いできる日を楽しみにしております。藤野専務、米津理事、お忙しい中準備ありがとうございました。
お疲れ様でした(^O^) (こやま)
2017-11-06 20:41:17
藤野専務、ブログUpありがとうございます。
懇親会の手配に勉強会会場の手配、米津理事と共にお二人に大変感謝しています。おかげさまで前夜祭、勉強会、懇親会とスムーズに事が進みました。
今回は名古屋の味を堪能しうれしかったです。来年の勉強会をKSIのメンバーに多く参加してもらい、開催出来たらと思いました。

コメントを投稿

各種勉強会」カテゴリの最新記事