サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 08275「大日本人」★★★☆☆☆☆☆☆☆

2008年02月17日 | 座布団シネマ:た行

ダウンタウンの松本人志が、企画・初監督・主演を務めて撮り上げた長編映画。映画配給会社の松竹とタッグを組み、映画製作に乗り出した吉本興業の第1作目でもある本作は、松本自身の考える“ヒーロー像”を描いた異色作。脚本は松本の盟友で人気放送作家の高須光聖との共同執筆。出演は竹内力、UA、神木隆之介、後輩芸人でもある板尾創路。あくまでテレビの延長線上と位置づけ、面白さを追求するコンセプトで撮られた松本ワールドに注目。[もっと詳しく]

コメディの解体を目指し、残念なことに見事に空中分解した作品だが・・・。

「大日本人」は、カンヌ映画祭の監督週間部門の正式招待作品となった。
ヴェネツィア国際映画祭でも話題を呼んだビートたけしの「監督・ばんざい!」とあわせての招待で、日本の「大物」コメディアンふたりの監督作品ということで、松本人志の「思惑」をも超えたところで、話題を呼んだ。
事前に作品内容をほとんどリリースしなかったことも、注目を浴びたひとつの要因であった。



発表後は、この作品に対して、さまざまな評価が渦巻いている。
多くの雑誌で特集も組まれた。テレビで監督松本人志として、コメントも求められた。
「映画芸術」誌では、2007年のワースト映画1に選ばれた。あの絶対本命の「蒼き狼」を押さえての一位だから、これはこれでインパクトはある。
また、報知新聞のラジー賞を真似た「蛇いちご賞」では、ワースト監督賞を受賞した。
こんなことは、芸人人志としては、洒落で受け取ればいいことだし、監督人志としては、先輩である北野武が言っていることだが「映画は撮り続けることだよ、5本は撮らないとわかってこないし、評価できない」といったようなコメントで、擁護されるかもしれない。



「大日本人」は、テレビの延長線上での「仲間内芸」としてみれば、映画に対する冒涜のような作品である、と大上段に振りかぶって、非難もできるかもしれない。
もともと、国際映画祭に対して、日本人論のパロディであるようなこの作品を、あえて日本に対する「既成イメージ」を打破するために提出したとすれば、それはそれで戦略的な作品であるということも出来る。
けれど、本当のところ、松本人志は構想5年とも言っているが、この作品の製作に何を意図したのかだけが、僕にとっては興味の対象であった。

松本人志扮する大佐藤大(だいさとう・まさる)へのドキュメンタリー風の密着インタヴューレポートの形式で、物語は始まる。
この作品についての前知識がない観客(僕もそうだが)は、「大日本人」といわれているであろう、この大佐藤という人物の謎を、インタヴューの進展にしたがって、解き明かしていくようになる。
どうやら、大佐藤というこの冴えない男は、なにか国の防衛にかかわる出動要請がくるのを、待機していることが分かる。
しかし、その生活は侘しいものであり、妻にも逃げられているようだ。
インタヴュアーは不躾で、ずけずけと生活に入り込んでくるが、大佐藤はぼやきながらも、拒絶することが出来ない。
なんということもないローカルな駅前商店街をぶらつき、食堂に入り、公園にたむろする。
収入は一定あるようだが、どこから支払われているのかはわからない。
周囲の人たちからも、尊敬ではなく、どこかで迷惑な存在、チャカされる存在として見られているようだ。
中盤にさしかかり、防衛庁のようなところから出動命令があって、大佐藤は待ってましたとばかり某所に駆けつけ、儀式めいた御祓いのあと巨大な電気エネルギーのようなものを注入され巨人化し、「獣」とよばれるものたちと対決することになる。



ここまでの入り方は、なかなか興味深いものがある。
松本人志は「ヒーローの表と裏」を描きたかったと語っているが、「大佐藤=大日本人」と「獣」との対決は、「古事記」の伝承になぞらえてもいいが、神話時代の神々が、まつろわぬ者たちを、征伐し平定していく様を、隠喩しているとみなすことも出来る。
ここでは、滅ぼされたものたちを鎮魂する日本の歴史過程を想起してもいいし、桃太郎伝説などが象徴している列島の「鬼」の存在を引き寄せてもいい。
大佐藤は6代目に当たるのだが、「大日本人」は先祖の代では、民衆に畏怖されたり喝采を得たりしていたようである。
「相撲取り」がある種の異人的な神性をもった恭しい存在であったように、あるいは「山人」が平地の民から見れば、畏れの対象であるかのような「遠野物語」の民話の共同幻想のように・・・。
もうそのような畏怖の対象は、いまでは各地の祭りに記号のようにしてしか存在しない。
天皇が人間宣言したように、神々は地上に降りて、権威は消滅し、マスコミや大衆の笑いと蔑みの対象ともなっている。
「大佐藤=大日本人」は、いわば「大」という概念が、滑稽を象徴するようになっていることの、パロディのようにも機能している。



そして、「獣」との戦いとして、「跳ルノ獣」(竹内力)、「締ルノ獣」(海原はるか)、「童ノ獣」(神木隆之介)、「匂ウノ獣」(板尾創路)などが登場して、円谷プロを彷彿とさせる怪獣シリーズやウルトラマンシリーズのパロディのようなシーンが続く。
笑うに笑えない、哀愁漂う「大佐藤VS獣」との戦いは、もはやテレビ的視聴率も取れなくなっている。
出陣前の儀式にしても、緊張感のないかたちだけのようなものに堕していく。
そんなとき、たぶん外国から来たであろう「赤い獣」が登場し、圧倒的な強さで「大佐藤」を痛めつけていく・・・。

前半のドキュメンタリータッチから、この「獣」との対決シーンは明らかに転調している。
CGとVFXまっさかりの欧米映画に、日本の伝統的な特撮技法を見せ付けたかったのか?
あるいは「ひょうきん族」以来の、日本のコメディの様式ともなっている「かぶりもの芸」を披露したかったのか?
妻との関係や、女の子しかいない跡取り問題や、先代(父親)の介護問題や・・・そうした冴えないけれど普遍的な日常問題を抱える大佐藤と、彼の変身後との対比を際立たせたかったのか?



本当は、松本人志は、もう、コメディなんて、コメディの解体以外に成立しないんだ、といいたいのではないかと思ってみたくなる。
喜劇王チャップリンは、喜劇という形式を借りて、たぶんそれまでのあらゆるコメディの枠組みを超えて、普遍芸術の感動にまで昇華している。
その亜流を望んでもしょうがないし、イギリス風の風刺コメディや、ハリウッドのお馬鹿コメディや、ウディアレン風の自意識(自虐)コメディや、もちろん邦画における毒の薄いコント風のコメディを、松本人志が真似てもしょうがない。
そうした時に、北野武の場合は映画の表現世界ではある種「お笑い」を封印したのとは異なり、松本人志はとりあえず、パロディをパロディ化し、そこにまたひとりでボケとツッコミをいれるかのような解体手法を、取り入れようとしたのではないだろうか。



こうした松本人志の試みは、この作品では、ほとんど成功しているとは思えない。
エンドロールに流されるくだらない「楽屋落ち」も、その「照れ隠し」のようなものではないか、と思えてくるほどだ。
けれども、たとえ、ワースト1と評価されようが、僕の評価が★みっつであったとしても、それはこの作品に関してだけのものである。
いまのところ、日本で「コメディの解体」ともいうべき領域に、まともに取り組んでいる映画作家は松本人志以外には、見当たらない。
とすれば、松本人志は、風当たりがどんなに強かろうが、めげずにもう少しは映画という表現手段にチャレンジしていくべきだと、僕は思う。


 

 


コメント   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« 38日目「山本武夫展ー美人画... | トップ | mini review 08276「ボルベ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

座布団シネマ:た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

32 トラックバック

大日本人 (Akira's VOICE)
感想にしにくい映画ですが,嫌いではありません。
松本人志の『シックス・センス』は鈍っていないか●大日本人 (Prism Viewpoints)
時代の先を行く笑いなど無い。 先を行ってると勘違いしている、マイナーな笑いがあるだけだ。 『大日本人』 松本人志、劇場版長編映画、...
大日本人・・・・・評価額1300円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ダウンタウンの松本人志、劇場用映画初監督作。 「ボラット」とはだいぶ趣が違うが、これもある種のフェイクドキュメンタリー。 突っ込みだ...
大日本人 (シネマ通知表)
2007年製作の日本映画。 カリスマお笑い芸人・松本人志の第1回監督作品。有事の際に政府の依頼を受けてピンチを救う男・大佐藤の戦いの日々をドキュメントタッチで描く。松本自身が企画、脚本、主演も務める上、竹内力、UA、神木隆之介ほか、共演陣も豪華。 <b>...
生涯一お笑い芸人宣言~『大日本人』 (真紅のthinkingdays)
 ダウンタウンの松本人志が満を持して完成させた初監督作品。日本を獣から救う ヒーロー「大日本人」こと大佐藤大(松本人志)を主人公に...
「大日本人」だよ (ももたろうサブライ)
監督 松本人志 思わせぶりなCMを見て、観ようかどうか迷っていたんですよ。結局、つまらんかったらもう松本人志を見限ってやる、ていう決意で観にいったんだよね。向うにしてみればどうでも良い話だろうけどね。物語は 先祖代々、日本を怪獣から守ってきたスーパーヒー...
大日本人 (ネタバレ映画館)
怪獣たちのふれあい。
「大日本人」 (NOHOHONブログ)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 今までの松本人志の延長線上にある作品で集大成的ではあるが、僕にとっては特に新しいものは見られなかった。あ、CGは良かった。 確かに映画としては今までにないものだけど、 ビジュアルバムであり働くおっさんであ...
映画「大日本人」 (FREE TIME)
映画「大日本人」を鑑賞してきました。
★「大日本人」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日鑑賞は、たけしと松本の芸人監督対決。 こちらは「川崎チネチッタ」で見た1本目。 カンヌ映画祭での評判は、 イマイチ良かったんだか、悪かったんだか、テレビのワイドショウ見ててもわからなかったね。
必要な時に大きくなるのがいいよね (CINECHANの映画感想)
165「大日本人」(日本)  平凡な男性、大佐藤。妻と娘とも別居し、一人暮らし。冴えない中年男性という風情だが、彼には一族から受け継いだ能力が備わっていた。高圧電流を浴びると巨大化し、大日本人となる。そして襲いかかる?獣(じゅう)?たちと戦い、日本を守る...
「大日本人」民間も国家も儲かれば何でも利用する様を描いた弱い小人間の狭い心 (オールマイティにコメンテート)
「大日本人」は松本人志初の監督作品として公開されるまで内容すら一切明かされなかった作品として注目の映画である。内容は劇場で観てほしいけれど、簡単に言うと松本人志の芸風を確り理解できない人が観てしまうと理解不能に陥ってしまう作品で理解しているとバカバカし...
『大日本人』 (Sweet* Days**)
監督:松本人志 脚本:松本人志、高須光聖 CAST:松本人志、UA 他 STORY:ひっそりと独りで暮らす大佐藤(松本人志)は、大日本人として、突如地上に現れる怪獣を防衛庁の依頼によって退治する事を生業としていた・・・前にも書いたように、幼い頃から毎日お笑いに...
大日本人(映画館) (ひるめし。)
『怪しくはないわけだよ。何を怪しがるんだ?』
大日本人 (映画鑑賞★日記・・・)
【2007/06/02】06/06鑑賞製作国:日本監督:松本人志企画:松本人志脚本:松本人志、高須光聖出演:松本人志、竹内力、UA、神木隆之介、海原はるか、板尾創路ひっそりと平凡に暮らす大佐藤は、6代目大日本人として防衛庁から不定期に依頼される仕事で生計を立てていた...
『大日本人』 (映画大陸)
 1月26日の朝日新聞に「松本人志、記者会見全文。」というタイトルでこの映画の全面広告が出ていました。新人監督の記者会見が新聞の全面広告として掲載される。こんなことって未だかつて無かったことではないでしょうか?少なくとも僕の記憶にはありません。  会見自...
[ 大日本人 ]孤高の芸人・松ちゃん2 (アロハ坊主の日がな一日)
[ 大日本人 ]を渋谷Q-AXで鑑賞。 公開前に、カンヌ国際映画祭に招待され、一気に注目が高まった本作[ 大日本人 ]。たしか内容も、ほとんどシークレットで上映へと。動員数や興行収入も、ハンパない状況にもかかわらず、作品についてはあまりいい評判をきかない。...
大日本人 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
松本ワールド炸裂ですダウンタウンの“松っちゃん”を期待して観に行かれた方はさぞやガッカリされたことでせう。いつも突っ込みを入れてくれる浜ちゃんが居ないとこうなるのか。。。一緒に観に行った旦那は 観終わった後、「めっちゃおもんないっ 時間無駄にした」と ...
「大日本人」 (the borderland )
10代の多感な時期に、欽ちゃん、ドリフ、ひょうきん族、どれとも違う笑いがあるということを知らしめてくれたダウンタウンは今でも好きです。最近、トーク番組しかやらないのが残念だったけど、まぁ40代になったから、昔のようなパワーはないのかなと半分諦めてたんん...
大日本人 (UkiUkiれいんぼーデイ)
              も、いっそのこと         松本秋子(←松ちゃんのオカン)を出したらよかったのにねぇ。 なんて言うたらいいのやら・・・。 いや、その~、かなり好意的に観たつもりなんですけど・・・。               「ど...
大日本人(6/2公開) (第八芸術鑑賞日記)
 6/15、Q-AXシネマにて鑑賞。5.5点。 日本でお笑い芸人としてほとんど特権的な地位にいる松本人志が、初めて映画を撮った……彼は以前から映画についての本を出したりしている……しかも日本には同じく「お笑い→映画」という経歴をたどった「北野武」という圧倒的な先...
大日本人 (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 113分 監督 松本人志 脚本 松本人志 、高須光聖 音楽 テイ・トウワ 出演 松本人志 、竹内力 、UA 、神木隆之介 、板尾創路 解説: ダウンタウンの松本人志が、企画・初監督・主演を務めて撮り上げた長編映画。...
大日本人 (5125年映画の旅)
謎の男・大佐藤は6代目「大日本人」。かつては国民からもてはやされていた大日本人も今では世間の風当たりも厳しく、市民から冷たい目で見られる有様だった。そんな大佐藤を題材にTVスタッフがドキュメンタリーを撮影する。 ダウンタウンの松本人志の初監督作。内...
「大日本人」映画館レビュー 敬愛なる松本人志へ。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕は松本人志が好きだ。
大日本人~感想 (どーか誰にも見つかりませんようにブログ)
これは...。どう感想を? 松本人志といえば、「天才」の系譜を汲むとまでされる人物。正直、全盛期は個人的には殆ど観ていなくて、「HEY!×3」等で見掛ける限り、イジリネタが気になったものでした。だから全盛期の高い評価に対して、私自身は「あんまり…」という印...
大日本人 (掃き溜め日記~てれびな日々~)
『大日本人』をDVDで見ました。松本人志初監督作品。ってことで当初から興味はあったものの、今更の視聴です。内容は、やっぱりものすごくマニアック正直最初はつまらなかったですあまりにも淡々としたOPで、松
大日本人 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
私「大日本人(だいにほんじん)、大人2枚」 窓口「大日本人(だいにっぽんじん)、大人2名さまですね」 言い直された。。_| ̄|○
『大日本人』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
感想スーパーヒーローの大日本人を密着した偽ドキュメンタリー映画。分かりやすく言えば『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』を足して2で割った感じとは、似ても似つかない感じでしたこの映画は、めちゃめちゃ酷評されていてどんくらい...
大日本人 86点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
愛国戦隊 これは紛れも無い"松本人志の映画"である。 即物的な笑いではなく、哀愁を前面に押し出し、そこから醸し出される不条理な悲喜劇を味わわさせられた『トカゲのおっさん』コントに似た方向性、あるいは『頭頭』や『ビジュアルバム』など、ダウンタウンから浜...
『大日本人』 (・*・ etoile ・*・)
'07.06.20 『大日本人』@東劇 記念すべきCinema☆100本目は尊敬する松ちゃんの初監督作品『大日本人』 ちょっと狙いました(笑) 基本的にネタバレは避けたいと思っているので感想を書くときにはいつも言葉選びなどが難しかったりするけど、この映画の場合は特に難し...
大日本人 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「大日本人」は、ダウンタウンの松本人志の監督デビュー作となったコメディ映画です。第2弾の「しんぼる」は、1カ月フリーパスの期間中だったこともあって映画館で鑑賞したのですが、これはず~っとスルーしちゃってたんですよね~。  なんかあんまり評判良...
大日本人 (銀幕大帝α)
07年/日本/113分/コメディ/劇場公開 監督:松本人志 企画:松本人志 脚本:松本人志 出演:松本人志、竹内力、UA、神木隆之介、海原はるか、板尾創路 <ストーリー> 有事の際に政府の依頼を受けてピンチを救う男・大佐藤の戦いの日々をドキュメントタッチで...