ホクトマンのアドブログ

アドベンチャープログラムを愛するすべての人と、そうでもないすべての人へ。世界中の人がファシリテーターになればイイのに。

「多崎つくる」について再び

2013-04-25 | 雑念
2回目の「多崎つくる」を完読

ネタバレすっから!
これから読む人は読んでからこのブログに帰ってきて!

なんだろう。この癖になる様な世界観は?村上春樹氏の作品は読んだ事が無いので、この他は。
この作品のレビューをチラチラ見ると沢山のオマージュが隠れているらしいが、それは全く見つけ出せないわけで。

でも、一言で


「オモロイ」


で。

でも理解できない場所は沢山あって、その一つに「ラスト何故に沙羅に会いに行くシーンを描かないのか?」がある。

どうなったのかは「想像でお楽しみください」がやっぱりいいのかなぁー。ラストをハッピーエンドにすると野暮になるのか?
逆につくるが沙羅に会わないというのも変だし。

んんーっ!

何か切ないけど哀しいラストが魅力なの?

続編でもいいから野暮でもいいから続きを出版してくれぃ!


はっ!?

これか?
3年ぶりの書き下ろしに熱狂する理由は。一週間で一気に100万部だもんね。

実際、わても次回作を楽しみにして、おま!すでに!

実に小説をリピート(2回以上読む)したのは夏目漱石の「こころ」くらいだからね。

あと謎の部分その2は、灰田くんの失踪の謎なんだよね。よく意味がわからなかったんだよなぁー。灰田くんはLPとオーラの話を残して煙の様に消えちゃって惜しい!

あの「トークン」を次々に渡していって、一回つくるも手にするのかと。その体験を一度描写するのかとも。

そのジャズピアニストの袋の謎もあるし、6本指の謎も。

あーぁあ!

ツインピークスみたいだぜ!
ネットを探せば裏テーマや謎も解説してるんだろうけど、あえて見ねえ!
モヤモヤしてやる!

でもシロは何であんな事言ったんだろうね?つくるの事!変だよね。
自分がそんな事言われたら理解不能!

はっ!(;゜0゜)

この感想、いや感想と呼べるもんじゃねぇこの文面を読み返すと何と浅はかな文章なんだ!

コレではハルキストにブログ炎上させられちまう!まぁこんな湿気てるブログは炎上しないとおもうけど。けけけ

我輩の高校時代もなかなか異常だったと思うけど、大人になってあの頃を思い返すとその異常性は良き思い出に・・・なってはいないね。

気持ち悪いもんね。あの頃の自分なんて。だから同窓会なんてトンデモない!みんなハゲでデブでババアなわけでしょ?

あかんでしょ?

そう考えると主人公つくるは自分の過去を探すのにも勇気がいるけど、当時から会っていないおっさん、おばさんに会う勇気もいるわけで。

とってもアドベンチャーなわけですね。



コメント

「多崎つくる」の件

2013-04-18 | 雑念
村上春樹 著「色彩を持たない多崎つくると、巡礼の年」

を読み終えた。

小説を読む事があまりないから、活字に汗をブルブルかきながら一生懸命ついていったという感じ。

しかしこの作者の作品は独創的だというイメージだったんだが、やっぱり独特!オープニングにはかなりヤられちまったんだけど。

ちなみにハルキストではないから!
ちなみに初版が売り切れ続出に乗せられて「読んでみたい」となったのは事実。
ちなみにたまたま立ち寄った本屋に並んでいたから衝動買いのように手に取ったのも事実。

正直、みじけぇー!

もう終わっちゃった!つぅーのが感想じゃ!もっと拡げられるぜ!

何故にこんなとこで終わった?
乗ってきてたトコだぜぇ!

頼むぜ!

文章表現の世界観にハマる人がいるのも頷けるのだ。

改めてまだ読んでない「1Q84」の文庫版を読み始めようかと。

いやもう一回「多崎つくる」を読み返すかな。
コメント

なななんと、大阪マラソンにエントリー?

2013-04-11 | 雑念
Twitterに前述しました。

私は大阪マラソン2013にエントリーしました。

いやいやいや、まだエントリーだけですよ。決まったわけじゃないんです。6月初旬に抽選結果が発表されるそうです。

でもエントリーしてしまったんです。

この決断と宣言を!

正直、私は「走るの嫌い!」です。

小学校から高校まで短距離から長距離に至る全ての「走る」行為に嫌悪感を持っています。

だって遅いから!

最近はロンブー淳さんのランニング姿に笑いが生まれている様ですが、私は笑えません。

自分の走る姿は不細工なのか定かじゃないんですが、とにかく人前で「走る姿」なんぞ見せるものではないのです。

私はその青春時代をベースボールに捧げてきたのですが、打席に入り1塁ベースに走らなきゃいかんわけで、辛いベースボール時代を過ごしました。

内野ゴロを打って一生懸命走っているのに、信頼できるチームメートから「遅っ!」という声が聞こえた事もあります。

私の中でチームワークなどとは決別した瞬間でもあります。

短距離が遅くともまがいなりにもエースナンバーを背中に付けた私はスタミナのある投球を繰り広げていたわけで。

長距離、つまりスタミナはあるでしょ?ってことで冬のマラソン大会が行われる時期には名誉挽回とばかりに鼻息もフンフン盛り上がるんでしょう。

周りは「一緒に走ろうぜ!」とか「本気だしてもしゃーない」などやる気を見せないランナーたちがダラダラしてスタートラインに立っています。

しかし受験戦争の真っ只中、そして第2次ベビーブームの我々は競争となれば「勝ち」にこだわらない訳がないということで、スタートダッシュを決めてきます。

そんな「やる気なさ男」を演出していた奴らは裏切りや嘘は当たり前と言わんばかりにゼィゼィ本気を出すのです。

人間なんてこんなものです。

勝つことを求められて育てられた世代のガキどもは条件反射のように他人を押しのけて前のランナーを少しでも上回りたいのであります。

私はあんなにスタミナのある投球をするピッチャーとしてはあるまじき100番台の順位をたたき出し、野球部とサッカー部が陸上部に勝った負けたのワイワイやっているそばを無言で教室に戻るのであります。

そして大学に入ったら絶対に足を使うスポーツなぞ絶対にやらねぇ!

ということでそれ以来、人前で走ることを捨てたのであります。

その決意は固く、奥様にも子供の運動会では絶対に走らない!とダダをこねておるほどです。

ただ「走らなアカンねんで!」と一刀両断されて未来の苦痛に憂鬱になっているのです。

そんな呪われたランナーが何故にマラソンを?とお思いになられたと思います。

理由は単純です。

ダイエットです。

あぁ、太ってきたさ!
自分でも「ヤバい」というくらい!

お腹が出てくるのさ!
あぁ、ポッコリさ!

思い立ったように運動をしてみようと、歩いてみたりしたさ!

でもすぐに辞めたさ!

そう、飽き性の私は続かないのであります。

それがせめて半年、無理やりにでも運動を「しなければいけない」という状況を作るにはどうするのか?

それは「恥をかきたくない」という気持ちに頼るしかないのである。

大阪マラソン2013は6時間30分以内に42.195kmを駆け抜けなければいけないのです。

マラソンを走ったことのない私は想像できない6時間以上走らなければいけないなんて地獄じゃん!

でもエントリーしといて時間切れで完走出来ないなんて恥~ずかしいじゃん!

とも考えるんです。それを利用するんです。

それには流石の出不精の私でも計画的に怪我をしないようにコンディションを整えていくはずだと。自分を信じてチャレンジしてみようと。

それにはまず「エントリー」だと!

そう、第1関門は突破したわけです。

申し込むという行為そのものがチャレンジなのです。

だって走るの嫌いなんだもん。

かつて「富士山を登る」などと突然決定して、知識もなく集団でアタックした時を思い出したりします。

結局自分は登頂するも、仲間の何人かは途中までしかたどり着けずにモヤモヤした気持ちも覚えています。

リベンジしますか?と問われたら笑ってイヤイヤイヤっと尻込みしてしまいそうです。

誰も言ってきませんけど。

しかし今回は仲間もいません。
自分だけとの戦いです。
笑いではないのです。
一切楽しいとか、生き甲斐とかは何もないのです。

次の関門は日々の練習になるでしょう。まず今夜にもマラソンを想定した外出(ランニング)をしなければいけないわけです。

そして6月の抽選結果までは続けないといけないのです。

第3関門はその抽選となります。コレばかりは自分にはどうしようもありません。ここでハズレれば即座に辞めるんでしょうか?

その抽選に運良く突破しても第4の関門として参加費を振り込まねばなりません。

その地点で持ち金がそんなにあるのか?貯金をするという行為も当然出来ない私にはそれさえもチャレンジと言えるのです。

そして当然その頃には少しずつ練習の距離が増え、スピードも求められるでしょう。

そんなプレッシャーが第5の関門になるのです。

その後も大会当日までに様々な関門が立ちはだかっているのです。

その一つ一つを打ち破り、晴れて当日を迎えられることができるのでしょうか?

できる限りTwitterに現況を呟き、ブログにも書いていきたいと思います。

応援してください。

というかみんなで応募しましょう!

グループエントリーというのもあるらしいですが、自分との戦いを共に歩みませんか?

1人じゃくじけそうです(´・_・`)


兎にも角にも「ホクトマンのポッコリ解消マラソンチャレンジの旅2013」が始まったのであります。

別に徳光さんが涙のMCをしてくれるわけでもないし、そもそもTV中継もありません。

そんなこんなプロジェクトに賛同してくれる人はささやかに応援してくださいね。

ただし間違っても当日大阪マラソンの沿道に垂れ幕持って応援という形は是非辞めて欲しいです。


コメント

もしもの夢

2013-04-06 | 雑念
Twitterには既につぶやいたんですが、NHKの朝ドラ「あまちゃん」が面白い!というか期待感が大きい!というのが正直なところでした。

大好きな脚本家、宮藤官九郎さんの作品であるからです。

今まで朝ドラなんて観たいと思ったことはないんですが、今回ばかりはどうしても観たい!となりまして。

Webで動画を検索して1、2回の放送を拝見。

面白い!ってか、面白そう!

まだまだ話は始まったばかりだから、分からないんだけど。

主人公のアキ役の女優が何とも言えない不思議な魅力があって、気になるのと。

いわゆるオープニング曲がとてもイイです。歌詞は無いけどリズムがいい。
挿入曲の様なコミカルな感じ。

こんな事を言っている間に毎日やってる朝ドラってやつはドンドン進んで行くようです。

見逃したらもう追いつけないのかもしれまへん。

そんな忙しい朝の8:00にノンビリテレビを観る事はできネェもんで、どうやって全部を観られるのか?

やっぱ動画サイトで検索になるのね。

そうなってくるとテレビの話になるけど、最新のREGZAかな?1週間分の全チャンネルが観られるという機能。

それが気になってくるわけ!

なんせウチのテレビは電源を一度切ると電源が入らないという「?」な症状が出ているんで・・・。

新しいテレビが欲しいなぁー。

そんな新しもん好きの自分でもテレビ購入までは踏み切れず、さすがのアベノミクスは我が家には浸透して来ていません。

デフレで今はテレビが安いらしいけど、今から徐々に上がるのでしょうか?消費税が10%になったらますます買い控えるよね。

あー、宝くじでも当たらないかな?

あっ、そうそう。

ロト7買いましたか?
4/1から販売してまして金曜に抽選が行われます。

今回は買ってみましたよ。
第1回という何やら縁起もいいし。
しかし残念ながら3つの数字が当たったのが最高でしたよ。
ロト6だったら3つの数字が当たったら1000円もらえるんだけど、7つの数字を当てるロト7は1番低い当たりは3つの数字とラッキーナンバー1つに当たらないとダメらしい。

とにかく1等は3億円当たってました。

誰ーぇ?

この前は8億円当たったらすぐに銀行に入るのか?という話をしたところ。

鹿児島だったら東京に比べて時間がかかるんじゃねぇ?

って偏見の目で見てたら、「そりゃないで」と突っ込まれた。

でも結局答えは誰もわからないから未だに謎である。

夢を買うとはこういう事なのかな?

当たったらどうする?

「黙っとく」というのが今の気持ちなのだが、さてさて可能なのだろうか?

「すぐわかる」とまたまた突っ込まれたりして。

まずすぐ世界一周の旅に出発しますので!

ではまずヨーロッパに!

いってきまーす!(夢)
コメント