ホクトマンのアドブログ

アドベンチャープログラムを愛するすべての人と、そうでもないすべての人へ。世界中の人がファシリテーターになればイイのに。

長く雑念を

2020-07-11 | 雑念
自分の雑念

何気ない思いを書き留めておくことって
その瞬間は無駄に思える。

でも10年後に読み返したら
言葉の一つ一つが愛おしく感じる。

ワークショップなどの体験を通して学びの場を提供するお仕事をしている。

すると即興的な「自然な言葉」や「場の空気」を大切にするようになる。

それもとても愛おしく大切だと思う。

でも流されてしまう事も多い。

学びはその場だけのものではなく
長く心に響いて主体的に変化していくことが大切だと思う。

そのためではないが、
文章で残しておくことはそのことを体現する事に等しい。

学びについて書くのもいいが、
どんな人間がこの時代に生きた証として
雑念でいい。

インスタやTwitterでも
Facebookでも何でも構わない。

長く自己表現し続ける事って大切だなぁと


コメント

何にハマってる?

2020-07-10 | 雑念
誰かのために書いているブログじゃないので、ご期待に添えないかもしれない。

ただ本当に今、思いついたものをそのまま書いている。

だから僕の脳みそに浮かんだもの

そんな自己表現の場は良くも悪くも影響力がある。

たまに凹む事もあるし
応援メッセージに救われる事もある。

もし辛い人生を歩んでいて
もう疲れてギブアップしそうなら
誰かに見てもらえる自己表現をオススメする。

現実逃避も出来るし
傷も癒える

更に何故か吐き気がするほど辛い時の自己表現は誰かの心に刺さる。

僕はこのブログと最近はグラフィティ

文章と絵

自己表現は本当に人間に必要な活動

学生時代の図工や美術は本当に必要な科目なのだと今になって思う。

文章を書くなら国語も必要だが
テストなどの評価で嫌いだった自分としては、自己表現としての国語を知りたかった。

のちに知ることになるのだから良かったのかもしれないが

選択肢として教えて欲しかった。

僕の国語嫌いは点数が取れなかったからという単純な理由だった。

そんなつまらない理由でサン・テグジュペリやスティーブン・キング、村上春樹を知らずに今も生きていたら寂しい。

未だに活字は苦手だが
Audibleでユヴァル・ノア・ハラリにハマっている。

みんなは最近何にハマっているのだろう?
コメント

学校嫌いな

2020-07-09 | 雑念
学校嫌いな僕が理想の学校を考えたら

主体的で創造性豊かなコミュニティを作りたいなぁ。

「勉強しなさい」は死語になる

AIが発展するなら
「もっと知りたい」が芽生えるまで
ジャングルジムで遊べばいい。

お腹が空いたら
料理を極めたい人が給食メニューを開発できる仕組みを作ればいい。

おもちゃを開発したいなら
漫画を描きたいなら
車を作りたいなら
虫を追っかけたいなら
電車の運転手になりたいなら
先生になりたいなら

自分で見つけて調べればいい。

何で短期間に強制的に学ばせて
嫌々着席して
嫌な宿題をしないといけないのだろう?

多分それを始めているフリースクールはたくさん出てきているのだろうが

大多数の学校は戦後間もないスタイルのまま勉強させられている人が多いのではないだろうか?

僕が学校のことを知らなすぎるのだろうか。

でも当たり前を知らないから
本質的な話ができると思う。

今必要な教育の話しましょうや
コメント

ナウシカ鑑賞後

2020-07-08 | 雑念
ナウシカ

内容ももちろん知っているし
ジブリの中でもトップクラスに大好きで
Blu-rayを持っていて
台詞や物真似もかなり出来る程

でも映画館で観ると更に感動が大きい。

何が違うのか?
細かい風の音や蟲達の羽音や警戒音が近い。

そしてユパ様がカッコいい(それはBlu-rayも一緒)

改めて映画版はクシャナとその部隊が情けなく描かれていること

漫画版のクシャナが好きなので残念だが映画版の宿命なのかもしれない。

とにかく大満足。
コロナの影響でリバイバル映画のニーズがある事が分かったと思うから

もう一度かつての名作達を映画館で観られるようになってほしい。


コメント

ナウシカ

2020-07-07 | 雑念
急に『風の谷のナウシカ』を映画館で観たくなった。

テレビでは何度も観た。
ビデオで録画して更に

そして今はBlu-rayで購入していつでも観られる。

それでも映画館で観たい。
そう思える作品

そう。ナウシカに会いにいこう!

神戸に行きます。
コメント