退職女のアメリカ便り

オーストラリアンシェパード、ジュンタのマミーのアメリカ、セントルイス生活

#994:杉田水脈さん、いいですね。

2018-03-09 22:02:35 | アメリカ便り
アメリカ差別はお休みにして、今日は誰かのブログに国会中継で質問中の杉田さんのyoutubeが紹介されていたので見ました。
一言、“イヤーこの人、いいですね”。
国会議員が本来すべきことをちゃんとやっている。
そして、その質問に答えられない、何とかかんとかの局長、室長、野田大臣。
お茶を濁す程度の答えしかできない。
この人たちって、エリートと呼ばれる人たちなんでしょうが、いったい何やってんだ。

杉田さんの質問で、先日バ韓国が世界的に発表した旧日本兵の慰安婦虐殺写真について質問していました。
これらの写真はアメリカで保存されていたもので、写真が保存されていた入れ物のラベルを調べたところ、韓国が発表した内容とは違うものだったそうです。
写真は捏造もいいところで、慰安婦どうのこうのではなく、中国人が殺された旧日本兵の持ち物(くつしたとか)を盗んでいたものとかで、あえて言えば、中国人の残虐性をしめしていたものが多かったそうです。
日本人も中国人、韓国人もみな同じに見える、他国者にとっては、韓国が“これは旧日本兵の残虐性だ”といえば、“はいそうですか”になる。
日本の政府高官がはっきり、このような捏造に対して世界に向けて、事実を表明しなければいけないのだけど、この高官たちは何やってんの?

個人単位ではないのです、日本国という国単位に対して、韓国はこのような冒涜をし続けているのです。
先日国連会議で、慰安婦問題は証拠不十分で却下されました。
それはそうでしょう、韓国が捏造じゃない正当な証拠を出すことができないのだから。
私個人としては、こんな慰安婦問題、南京大虐殺など、証拠がないことに今まで日本がどれだけ、時間とお金を無駄にしてきたか考えると腹が立ちます。
くだらない。

しかし、これも日本政府の身から出た錆びなのでは。
日本文化は“言わなくてもわかってもらえる”ですが、世界を相手にしては“言わなければわかってもらえないのです”。
それもはっきりです。
日本人得意のにたにた含み笑いをしながら、“No”を“No"と言えないのは“、世界を相手には“No"なのです。

しかしながら、杉田さんが言ってました、日本をおとしめるバ韓国にバックアップされた日本の団体が、世界的会議でこれまた日本をおとしめるような討論をするんだから。
そんな団体を許すどころか、日本人の税金から予算をくれてやる日本って滅びるんじゃない?!
心配。
政府高官ちゃんと仕事してくれよ。
そして英語能力を磨いてくれ。

ハブグレジュンタのマミー

コメント