「日本のパッケージ 縄文と弥生のデザイン遺伝子–複雑とシンプル」 印刷博物館

印刷博物館
「日本のパッケージ 縄文と弥生のデザイン遺伝子–複雑とシンプル」
2021/8/7~10/3



印刷博物館で開催中の「日本のパッケージ 縄文と弥生のデザイン遺伝子–複雑とシンプル」を見てきました。

日々の暮らしに必要な食べ物や飲み物、それに日用品のパッケージには、商品の魅力を伝えるためにさまざまなデザインが施されてきました。



そうした日本のパッケージデザインを縄文と弥生の土器のデザインに着目して紹介するのが「日本のパッケージ 縄文と弥生のデザイン遺伝子–複雑とシンプル」で、会場には大手メーカーの商品を中心に約140点のパッケージが展示されていました。



まず重要なのは縄文と弥生のデザインの性質で、前者を立体的、生命力、デコラティブ、呪術的、複雑、それに後者を平面的、理性的、ミニマル、機能的、シンプルと定義づけていました。



そこから日本のパッケージデザインの特徴として、美(うつくしい)、象(シンボル)、欲(シズル)、愛(かわいい)、用(つかう)の5つのテーマを掲げていて、それぞれに縄文と弥生的な性質を当てはめてパッケージを分類していました。いわば縄文と弥生が展示の縦軸とすれば、5つのテーマは横軸に相当するといえるかもしれません。



まず美のテーマでは三和種類のいいちこや資生堂のオードパルファムといったガラス瓶を展示していて、いいちこをシンプルでかつ計算されたバランスであるから弥生、そしてオードパルファムをデコラティブであり生命力のある模様が描かれていることから縄文と位置付けていました。



また欲、つまり人間の本能や欲望に訴えるデザインでは、まるちゃんの赤いきつねを縄文的、明治のおいしい牛乳を弥生としていました。うどん屋の暖簾のような筆文字に縄文的な躍動感が見出されるのかもしれません。



2つのパッケージともスーパーなどで見かけないことはないほどに定番的な商品ですが、これらを縄文と弥生の観点から見るという発想そのものからして目新しいのではないでしょうか。



さらに機能性や実用性を伴うデザインである用のテーマでは、カップヌードルを縄文、キッコーマンの卓上醤油瓶を弥生として紹介していました。確かにカップヌードルのデコラティブな飾り文字は、縄文土器の縄目を連想させるかもしれません。

会場では「縄文・弥生のどちらが好きでしたか?」と題し、気に入った方にシールで投票できるコーナーが設置されていて、私が見た段階では明らかに縄文が人気を集めていました。



また入口では以前、目黒区美術館にて公開され話題を集めた、日本の伝統パッケージの展示も行われていました。



何が縄文で弥生的であるのかについては議論があるかもしれませんが、ごく一般的な日用品のパッケージの見方に変化をもたらす展覧会と言えるかもしれません。



今までパッケージに縄文や弥生的な要素を意識したことがなかっただけに、展示品自体は見慣れたものでありながら、まれな鑑賞体験を得ることができました。


オンラインでの日時指定制が導入されました。事前にWEBから入場のための整理券を予約する必要があります。



観覧は無料です。(常設展は有料)10月3日まで開催されています。

「日本のパッケージ 縄文と弥生のデザイン遺伝子–複雑とシンプル」 印刷博物館@PrintingMuseumT
会期:2021年8月7日(土) ~10月3日(日)
休館:月曜日。但し9月20日は開館。9月21日(火)。
時間:10:00~18:00
料金:無料。*印刷博物館常設展に入場する際は入場料が必要。
住所:文京区水道1-3-3 トッパン小石川本社ビル
交通:東京メトロ有楽町線江戸川橋駅4番出口より徒歩約8分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」 東京都写真美術館

東京都写真美術館
「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」
2020/8/24~10/31



日本とオーストラリアの計8名の現代写真家を紹介する展覧会が、東京都写真美術館にて開催されています。

それが「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」で、日本からは石内都、片山真理、畠山直哉、横溝静、そしてオーストラリアからはマレイ・クラーク、ポリクセニ・パパペトロウ、ローズマリー・ラング、ヴァル・ウェンズが出展していました。

まず目を引くのが、入口正面に展示されたローズマリー・ラングの風景の作品で、木立などの自然がぶれを伴った独特の動きをもって写し出されていました。まるで映画のワンシーンを見ているような印象も与えられるかもしれません。

4つの先住民族の血を引く写真家、マレイ・クラークの作品も興味深いのではないでしょうか。砂浜で3名の人物を写した「ロング・ジャーニー・ホーム2」のモデルは作家の家族で、いずれも伝統的なポッサムの毛皮のマントを身につけていました。クラークは自らの文化的な遺産に向き合いつつ、その知識の再生に焦点を当てた活動を行なっていて、同作においても伝統的な風習の記憶を蘇らせるべく写真にて表現しました。

自身の娘や友人を仮装させた写真を手がけるポリクセニ・パパペトロウは、動物の被り物をした人物が森の中に立つ「来訪者(世界のはざまで)」を出展していて、夢の中で見るようなファンタジックな世界を築き上げていました。ミステリアスで演劇的な要素も感じられるかもしれません。


日本の作家で目立っていたのは、自らの制限のある身体をモチーフにした片山真理の写真でした。9歳の時に先天性脛骨欠損症のために両足を切断した片山は、手縫いのオブジェと義足に囲まれた写真などを撮り続けていて、2020年には初の写真集「GIFT」にて第45回木村伊兵衛写真賞を受賞しました。赤く発疹した足に金色のラメが光る「in the water #008」も官能性をたたえた作品ではなかったでしょうか。

この他、故郷の陸前高田を撮り続けている畠山直哉や、広島平和記念資料館に寄贈された被爆者の遺品を撮影する石内都の作品も見応えがありました。



なお同館では過去にも「オーストラリア現代作家 デスティニー・ディーコン」展(2006年)などを開催し、オーストラリアの写真表現を紹介していて、今回の展覧会は実に15年ぶりになるそうです。

10月31日まで開催されています。

「リバーシブルな未来 日本・オーストラリアの現代写真」 東京都写真美術館@topmuseum
会期:2020年8月24日(火)~10月31日(日)
休館:月曜日。但し8/30と9/20は開館し、9/21は休館。
時間:10:00~18:00
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般700円、大学生560円、中学・高校生・65歳以上350円。
場所:目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通:JR線恵比寿駅東口より徒歩約7分。東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩約10分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる」 東京都美術館

東京都美術館
「Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる」
2021/7/22~10/9



国籍や表現の手段こそ異なりながらも、それぞれが自らを取り巻く障壁を取り除け、生きるために制作を続けた5名の作り手(表現者)を紹介する展覧会が、東京都美術館にて開かれています。

それが「Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる」で、日本の東勝吉と増山たづ子、リトアニア出身のジョナス・メカス、チェコスロバキアのスビニェク・セカル、さらにはイタリアに生まれ、後年に日本へ移ったシルヴィア・ミニオ=パルウエルロ・保田の作品が展示されていました。


ジョナス・メカス 展示風景

まずリトアニアのジョナス・メカスが手掛けたのは、家族や友人たちを映した「日記映画」と呼ばれる作品で、会場では映像と撮影したフィルムをプリントした「静止した映画フィルム」が並んでいました。



メカスは反ナチス運動により強制収容所に収監されると、戦後はニューヨークへと亡命し、職を点々とするなど貧しい生活を送りました。



そうした中、借金をして「ボレックス」というゼンマイ仕掛けの映画用カメラを購入すると、身の回りの日常の光景を撮りはじめました。メカスの映画にはシナリオも俳優も登場せず、ただ日頃の暮らしのみが捉えられていて、そこには手振れや不自然な光の明滅なども有り体に記録されました。


スビニェク・セカル「十字架」 制作年不詳 個人蔵

メカスと同じく、反ナチス運動に加わっていたのが、チェコスロバキアのスビニェク・セカルでした。収容所から解放されたセカルは戦後、装丁などを仕事としつつ彫刻を制作していて、60歳を過ぎてからは箱状の作品を作るようになりました。


スビニェク・セカル「球体と日本の矢のある箱」 1989〜92年 個人蔵

それはあたかも監獄を連想させるような形をしていて、セカルの収容所での死にまつわる記憶を思わせました。


シルヴィア・ミニオ=パルウエルロ・保田「花の咲く野」 1960年代 神奈川県立近代美術館

このセカルの彫刻とともに展示されたのは、敬虔なクリスチャンでもあったシルヴィア・ミニオ=パルウエルロ・保田の作品でした。


シルヴィア・ミニオ=パルウエルロ・保田「シエナの聖カタリナ像とその生涯の浮彫り」(部分) 1980〜84年 聖カタリナ大学

ローマで美術を学んだ彼女は、パリで日本人の青年と結婚した後、日本へ拠点を移すと育児に専念し、表立った制作をすることはありませんでした。よって完成したものは、教会から依頼されたブロンズ像や油彩画などの僅かな作品に限られました。


シルヴィア・ミニオ=パルウエルロ・保田「樹下に遊ぶ幼児イエスと聖母(シートNo.73)」 1970年代 神奈川県立近代美術館

しかし家族が寝静まった夜半、まな板や広告のチラシといった身近な素材を用い、レリーフやコラージュを制作していて、亡くなった後に夫が整理して今に残されました。それらの作品にはキリスト教の主題が目立っていて、信仰と制作を等しく捉えた彼女の生き様がにじみ出ているようにも思えました。


増山たづ子 展示風景

展示室を埋め尽くさんとばかりに連なる写真も印象に深いのではないでしょうか。これらは自らの故郷であり、ダム建設のために水没が決まった村を捉えた増山たづ子の写真で、村の記憶の全てを残すべく、人々から祭りや自然の風景までを撮影しました。



60歳を過ぎてから撮影をはじめた増山は、88歳にて亡くなるまで実に10万カット、600冊ものアルバムが残しました。



増山は第二次世界大戦に従軍して、おそらく戦死した夫がもし帰還した時に、故郷が水没していたというのはあまりにも忍びないと考え、撮影を思い立ったとしています。その膨大なる写真を目にすると、増山の故郷、そして夫への愛までが感じられるかのようでした。


東勝吉「湯布院 馬車 六所様から」 1999年 由布院アートストック

83歳を過ぎてから絵筆をとり、故郷をはじめとした自然の風景を描き続けた東勝吉の絵画にも胸を打たれました。


東勝吉「由布院の春」 1998年 由布院アートストック

大分県の日田にて林業を営んでいた東は、78歳にて老人ホームに入所すると、園長から水彩絵の具を贈られたことを契機に、由布岳などの風景を描くようになりました。それまでの東には美術を嗜む習慣はなく、全てが独学でもありました。


東勝吉「高千穂の二上山」 1995年 由布院アートストック

雄大な自然や桜や紅葉を色彩鮮やかに描いた風景画には、東が長く自然とともに暮らした経験が垣間見えるとともに、いわば自然賛歌というべきメッセージが込められているようにも思えました。また水彩でありながら、千切り絵のような味わいがあるのも魅力的かもしれません。

5名とも表現の方法や境遇もさまざまではありますが、作ることを通して、生きることへの強い意志が感じられるのではないでしょうか。必ずしも世によく知られた芸術家ではなく、私自身もはじめて接する作品ばかりでしたが、想像以上に心を惹かれるものを感じました。


ちょうど今日、9月18日からはじまった「ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」のチケット(半券可)を提示すると割引で入場できます。



10月9日まで開催されています。おすすめしたいと思います。

「Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる」 東京都美術館@tobikan_jp
会期:2021年7月22日(木・祝)~10月9日(土)
時間:9:00~17:00
 *入館は閉館の30分前まで。
休館:月曜日、9月21日(火)。ただし9月20日(月・祝)は開室。
料金:一般800円、65歳以上500円。学生以下無料。
 *特別展「イサム・ノグチ 発見の道」、及び「ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」のチケット(半券可)にて300円引。
 *10月1日(金)は「都民の日」により無料
住所:台東区上野公園8-36
交通:JR線上野駅公園口より徒歩7分。東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅7番出口より徒歩10分。京成線上野駅より徒歩10分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ルール?展」 21_21 DESIGN SIGHT

21_21 DESIGN SIGHT
「ルール?展」
2021/7/2〜11/28



法律や交通インフラ、公的サービスをはじめ、契約や合意、家族や個人の習慣などのルールを、デザインによってかたちづけようとする展覧会が、21_21 DESIGN SIGHTにて開催されています。

それが「ルール?展」で、法律家の水野祐、コグニティブデザイナーの菅俊一、キュレーターの田中みゆきの3名がディレクターを担い、インスタレーションをはじめとした多様な作品が展示されていました。

いわばルールを学び、あり方を問い直すべく、観客とともに考える参加型の作品が多いのも特徴といえるかもしれません。

そのうち特に目立っていたのが、ダニエル・ヴェッツェル(リミニ・プロトコル)+田中みゆき+小林恵吾(K2LAB)×植村遥+萩原俊矢×N Sketch Inc.による『あなたでなければ、誰が?』で、最大14名が当時に体験できる10分間の映像を用いたインスタレーションでした。


ダニエル・ヴェッツェル(リミニ・プロトコル)+田中みゆき+小林恵吾(NoRA) × 植村 遥 萩原俊矢 × N sketch Inc. 「あなたでなければ、誰が?」(2021年)

ここでは民主主義、人新世、経済、超越、平等の5つのテーマから、「常に正しいことをしてきた?」や「安心して意見を言える場所がある?」などの質問が投げかけられていて、観客は床の「はい」と「いいえ」を選んで答えることができました。そして回答は集計し、データ化される上、過去の回答と比べられていて、他者や集団との違いなどを確認することができました。


一般社団法人コード・フォー・ジャパン「のびしろ、おもしろっ。シビックテック」

一般社団法人コード・フォー・ジャパンの「のびしろ、おもしろっ。シビックテック」もタブレットやなどにアイデアを入力し、ルールの決定プロセスに参加できる作品で、「インターネットを使うためのルールはあるべき?」や「履歴書にテンプレートは必要?」などのテーマが設定されていました。ぞれぞれのテーマは投票期間が決まっていて、集計後に結果が展示されるように作られていました。


展示室内にて自由に使える箱

展示室内に置かれた木の箱も持ち運びが可能で、「建物の外に持ち出さない」や「次に使う人がいない場合は元の場所に戻す」などの一定のルールの元であれば、来場者が自由に使うことができました。


「会場ルール変更履歴」

また会場では「会場ルール変更履歴」として、来場者の行動によって新たに付け加えられたルールが明示されていて、理由までも細かに記されていました。そのほとんどが手を触れないや会話を控えるなど、何かを禁止、あるいは規制するルールであるのも興味深いかもしれません。


葛宇路「葛宇路」 *標識のレプリカ 

私が一連の展示で特に面白く感じたのは、中国のアーティスト、葛宇路(グゥ・ユルー)の作品でした。中国語で道を意味する「路」の名を持つ葛は、北京市内の無名の道路に自身の名を記した標識を設置しました。


葛宇路「葛宇路」(2017年) 

すると地図サービスに登録されたり、宅配などで利用され、違反切符に取り入れられるなど数年間も放置されました。結果的に当局によって撤去されましたが、命名や所有といったルールのあり方に一石を投じる試みともいえるのではないでしょうか。


丹羽良徳「自分の所有物を街で購入する」2011年

この他では丹羽良徳の「自分の所有物を街で購入する」や遠藤麻衣の「アイ・アム・ノット・フェミニスト!」なども、経済や売買、それに婚姻制度といったシステムに再考を促す作品だったかもしれません。


石川将也+nomena+中路景暁「四角が行く」

ルールの扱う範囲は多岐に渡る上、各作家の取り組みも多様で、想像以上にバリエーションに豊かな展示という印象を受けました。


「群れを生むルール」 企画構成:菅俊一、平瀬謙太朗、木村優作

8月14日から事前予約制が導入されました。現在、会期も中盤を迎え、土日を中心に予約が埋まる傾向にあります。実際、私も平日の夕方に見てきましたが、場内は特に若い方を中心にして賑わっていました。お出かけの際は予約サイトで空き状況をご確認ください。


11月28日まで開催されています。

「ルール?展」 21_21 DESIGN SIGHT@2121DESIGNSIGHT
会期:2021年7月2日(金)〜11月28日(日)
休館:火曜日。但し11月23日は開館。
時間:11:00~17:00(平日)、11:00〜18:00(土日祝)
 *入場は閉場の30分前まで。
料金:一般1200円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料。
住所:港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
交通:都営地下鉄大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅、及び東京メトロ千代田線乃木坂駅より徒歩5分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「加藤翼 縄張りと島」 東京オペラシティアートギャラリー

東京オペラシティアートギャラリー
「加藤翼 縄張りと島」
2021/7/17~9/20



東京オペラシティアートギャラリーで開催中の「加藤翼 縄張りと島」を見てきました。

1984年生まれのアーティスト加藤翼は、複数の参加者による協働作業によるパフォーマンスで知られ、これまでにも国内外にて数々のプロジェクトを展開してきました。

その加藤の美術館として初の個展が「縄張りと島」で、過去に手掛けたプロジェクトを映像や写真、さらには構造体などで紹介していました。



冒頭からただならぬ会場の雰囲気に圧倒されるかもしれません。暗がりの展示室内にてまず姿を表すのが巨大でかつ傾いた木の構造物で、その前のモニターには「ISEYA Calling」が映されていました。


「ISEYA Calling」 2012年

これは2012年、吉祥寺の老舗焼き鳥店「いせや公園店」が改築のために解体された際、木材を井の頭公園へ運び、二階建ての店舗を復元しようとしたもので、映像には参加者が力を合わせて構造を組み上げる様子が捉えられていました。


「Superstring Secrets: Hong Kong」 2020年

箱型のスクリーンに映された「Superstring Secrets: Hong Kong」は、香港の人々に秘密を書いてもらうプロジェクトで、アーティストや哲学者、学生たちの協力の元、地下のトンネルにて行われました。そしてこのボックスからは秘密を書いた紙をによって作られたロープが伸びていて、半ば映像から飛び出してきたような姿を見せていました。また紙、つまり秘密はシュレッダーで細かく裁断されていました。


「The Lighthouses -11.3 PROJECT」 2011年

加藤の作品でよく知られるのは、東日本大震災後の福島県いわき市にて行われた「The Lighthouses -11.3 PROJECT」ではないでしょうか。ここでは津波で壊された家々の瓦礫により灯台の形に組み上げられた構造体を、500人の人々ともに引き起こしていて、家を失った家主より大量の木材の提供を受けて実現しました。当時の加藤は現地で瓦礫撤去のボランティアに参加していました。



このように現地の人々が集い、様々な知恵を出し合いながら、ロープと人力のみで巨大な構造体を倒したり、引き起こす「Pull and Raise」が加藤の代表的なシリーズで、福島ではこのプロジェクトが契機となり、震災からの復興を目指す祭事の開催へと発展しました。

こうした一連の大型の構造物が目立つ反面、一転して小さな素材を用いて作品を制作しているのも面白いかもしれません。


「Can You Hear Me?」 2015年

例えば「Can You Hear Me?」は携帯電話サイズの液晶画面を4つ並べた作品で、画面の中に映された人はひたすら手前へ向かって小石を投げていました。これはシアトル、ボストン、クアラルンプール、メキシコシティの路上にて同時多発的に行われたパフォーマンスで、集まったアーティストらは電話で話し合いながら姿の見えない相手に向かって石を投げました。


「第十八回オリンピック東京大会」 2021年

さらに代名詞といえる引き起こしをミニチュアで表現した作品も展示されていて、大小へと切り替わる様々なスケール感も魅力的に思えました。



会場には各プロジェクトに参加した人たちの「セーノ!セーノ!」や「go!go!」といった掛け声とともに、構造体を引き起こしたり倒す「ドッカン、バッタン」といった音が轟いていて、あたかも一緒にプロジェクトに加わっているような錯覚さえ与えられました。この一体感、ないしライブ感も加藤の作品の醍醐味なのかもしれません。



予約は不要です。撮影もできました。


9月20日まで開催されています。

「加藤翼 縄張りと島」 東京オペラシティアートギャラリー@TOC_ArtGallery
会期:2021年7月17日(土)~9月20日(木)
休館:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)。
時間:11:00~19:00 
 *入場は閉館30分前まで。
料金:一般1200(1000)円、大・高生800(600)円、中学生以下無料。
 *同時開催中の「収蔵品展071 夏の風景:寺田コレクションの日本画」と「project N 83 衣川明子」の入場料を含む。
 *( )内は各種割引料金。
住所:新宿区西新宿3-20-2
交通:京王新線初台駅東口直結徒歩5分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ