上野の森美術館にて『長坂真護展』が開催されています

ガーナで捨てられた電子機器の廃棄物を用いて作品を制作し、その売上の一部をスラム撲滅に当てるなどして活動するアーティスト、長坂真護の展覧会が、上野の森美術館にて開かれています。



その『長坂真護展 Still A “BLACK” STAR Supported by なんぼや』について、WEBメディアのイロハニアートへ寄稿しました。

長坂真護の壮大なプロジェクトとは?上野の森美術館にて個展が開催中 | イロハニアート

まず冒頭では長坂がガーナへ向かう前、路上アーティストとして生活していた頃の作品が紹介されていて、学生時代に描いたスケッチから大量消費社会への疑問を表したという絵画などが展示されていました。

長坂がガーナへ赴いたのは2017年のことで、スラム街のアグボグブロシーにて大量の電子機器が燃やされ、多くの人々が極めて不衛生な状況に置かれていることに強い衝撃を受けました。そこではスラムの住民が外国から持ち込まれた廃品を燃やして金属を売り、わずかな日銭を稼ぎながら日々の生活を送っていました。



いわゆる「ガーナ」シリーズとは廃棄物を用いて作られた作品で、捨てられたパソコンのマウスやゲーム機のコントローラーなどをキャンバスに貼り付け、油彩を施して絵画として表現しました。

こうして作られた一連の絵画を売りながら、同地にガスマスクを届けたり、学校を設立するなどして活動していて、現地の人々の描いた絵をガーナ国外で販売し、売上の一部を本人に還元するプロジェクトなども手がけました。


現在、長坂はアグボグブロシーに近い場所へ文化施設を設立し、スラム街の失業者を雇用するためのリサイクル工場を築くなどしていて、農業事業も展開するなど活動の幅を広げてきました。

今回の展示では作品のオンライン販売も行われ、売上や入場料の一部が長坂の目指す工場建設や農地の取得等の支援にも充てられます。



廃棄物を用いた作品はもとより、長坂のアーティストから実業家へと展開するようなチャレンジングな取り組みそのものにも注目が集まるかもしれません。

11月6日まで開催されています。

『長坂真護展 Still A “BLACK” STAR Supported by なんぼや』@magoten2022) 上野の森美術館@UenoMoriMuseum
会期:2022年9月10日(土)~11月6日(日)
時間:10:00~17:00
 *入館は閉館の30分前まで。
休館:会期中無休
料金:一般1400円、高校・大学生・専門学校生1000円、小・中学生600円。
住所:台東区上野公園1-2
交通:JR線上野駅公園口より徒歩3分。東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅・京成線上野駅より徒歩5分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2022年10月に見たい展覧会【大蒔絵/川内倫子/junaida展』

10月は秋から冬のシーズンへ向けて多くの展覧会が開幕します。少し遅れましたが、今月に見たい展覧会をリストアップしてみました。



展覧会

・『あざみ野コンテンポラリーvol.13 CLOTH×OVER 糸と布 日常と生を綴る』 横浜市民ギャラリーあざみ野(10/8~10/30)
・『THE 新版画 版元・渡邊庄三郎の挑戦』 茅ヶ崎市美術館(9/10~11/6)
・『開館15周年 生誕120年 猪熊弦一郎展』 横須賀美術館(9/17~11/6)
・『国立新美術館所蔵資料に見る1970年代の美術― Do it! わたしの日常が美術になる』 国立新美術館(10/8~11/7)
・『美をつくし―大阪市立美術館コレクション』 サントリー美術館(9/14~11/13)
・『大蒔絵展―漆と金の千年物語』 三井記念美術館(10/1~11/13)
・『柳宗悦と朝鮮の工芸 陶磁器の美に導かれて』 日本民藝館(9/1~11/23)
・『北斎ブックワールド ―知られざる板本の世界―』 すみだ北斎美術館(9/21~11/27)
・『旅と想像/創造 いつかあなたの旅になる』 東京都庭園美術館(9/23~11/27)
・『SHUZO AZUCHI GULLIVER 「Breath Amorphous 消息の将来」』 BankART Station + BankART KAIKO(10/7~11/27)
・『アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで』 府中市美術館(9/23~12/4)
・『没後80年記念 竹内栖鳳』 山種美術館(10/6~12/4)
・『見るは触れる 日本の新進作家 vol.19』 東京都写真美術館(9/2~12/11)
・『加耶―古代東アジアを生きた、ある王国の歴史―』 国立歴史民俗博物館(10/4~12/11)
・『創立150年記念 国宝 東京国立博物館のすべて』 東京国立博物館(10/18~12/11)
・『静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念展Ⅰ響きあう名宝―曜変・琳派のかがやき―』 静嘉堂文庫美術館(10/1~12/18)
・『川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり』 東京オペラシティ アートギャラリー(10/8~12/18)
・『つながる琳派スピリット神坂雪佳』 パナソニック汐留美術館(10/29~12/18)
・『展覧会 岡本太郎』 東京都美術館(10/18~12/28)
・『ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク』 たばこと塩の博物館(9/10~12/25)
・『鉄道と美術の150年』 東京ステーションギャラリー(10/8~2023/1/9)
・『ポーラ美術館開館20周年記念展 ピカソ 青の時代を超えて』 ポーラ美術館(9/17~2023/1/15)
・『マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち』 DIC川村記念美術館(10/8~2023/1/15)
・『junaida展 IMAGINARIUM』 PLAY! MUSEUM(10/8~2023/1/15)
・『野口里佳 不思議な力』 東京都写真美術館(10/7~2023/1/22)
・『ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展』 国立西洋美術館(10/8~2023/1/22)
・『マン・レイと女性たち』 神奈川県立近代美術館 葉山館(10/22~2023/1/22)
・『ヴァロットン―黒と白 Félix Vallotton,noir et blanc』 三菱一号館美術館(10/29~2023/1/29)
・『月に吠えよ、萩原朔太郎展』 世田谷文学館(10/1~2023/2/5)

ギャラリー

・「李禹煥 物質の肌合い」SCAI THE BATHHOUSE(9/13~10/15)
・『クゥワイ・サムナンLove of the Land』小山登美夫ギャラリー六本木(10/1~10/29)
・『丸山直文個展「水を蹴る」』 シュウゴアーツ(9/24~11/5)
・『発酵と暮らし ―人も海も土も森も…すべてはつながっている―』 ギャラリー エー クワッド(9/16~11/10)
・『第八次椿会 このあたらしい世界 杉戸洋、中村竜治、Nerhol、ミヤギフトシ、宮永愛子、目[mé]』 資生堂ギャラリー(8/27~12/18)
・『高木由利子 写真展 カオスコスモス 壱 ― 氷結過程 ―』 GYRE GALLERY(10/7~11/28)
・「訪問者」クリスチャン・ヒダカ&タケシ・ムラタ展』メゾンエルメス8階フォーラム(10/21~2023/1/31)
・『How is Life?―地球と生きるためのデザイン』 TOTOギャラリー・間(10/21~2023/3/19)

まずは日本美術です。三井記念美術館にて『大蒔絵展―漆と金の千年物語』が開催されます。



『大蒔絵展―漆と金の千年物語』@三井記念美術館(10/1~11/13)

漆で文様などを描き、金粉や銀粉を蒔き付ける「蒔絵」は、古くから装飾の技法として使われ、手箱や硯箱といった多くの名品が今にまで伝わってきました。


その蒔絵の魅力を紹介するのが『『大蒔絵展―漆と金の千年物語』で、平安時代から現代の漆芸家に至る蒔絵の作品、約180件が公開されます。また展示はMOA美術館、三井記念美術館、徳川美術館の3館の共同で開かれるもので、三井記念美術館は2番目の会場となります。

蒔絵そのものは見る機会が多いものの、体系だって紹介する展覧会は少なく、蒔絵の魅力に触れられる絶好の機会となるかもしれません。

実に6年ぶりの美術館での個展です。東京オペラシティ アートギャラリーにて『川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり』が行われます。



『川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり』@東京オペラシティ アートギャラリー(10/8~12/18)

1972年生まれの写真家、川内倫子は、淡い光や色を特徴とした写真で知られ、一貫して身の回りの人々や植物などを撮り続けてきました。


その川内の10年の活動に焦点を当てたのが今回の展示で、新作シリーズの「M/E」を中心に、未発表作や過去のシリーズなどが公開されます。川内とディスカッションを重ねて組み立てられたという、建築家の中山英之が手がけた空間構成も見どころとなりそうです。

今月は東京都写真美術館にて『野口里佳 不思議な力』も開かれますが、あわせて見ておきたい展示といえるのではないでしょうか。

最後は画家で絵本作家のjunaidaの美術館での初個展です。PLAY! MUSEUMにて『junaida展 IMAGINARIUM』が開催されます。



『junaida展 IMAGINARIUM』@PLAY! MUSEUM(10/8~2023/1/15)

1978年生まれの画家、 junaida(ジュナイダ)は、近年出版した『Michi』や『怪物園』といった絵本でも話題を集めるなど幅広く活動してきました。

そのjunaidaの創作を紹介するのが『IMAGINARIUM』と題した個展で、絵本原画や描き下ろしの作品、約400点が公開されます。


junaidaは同ミュージアムの『どうぶつかいぎ展』にも作品を出展し、原作者のケストナーに物語に込めたメッセージをポスターに表現していましたが、今回は作家の活動の全体像を楽しめる展覧会となるかもしれません。

イロハニアートへも10月のおすすめの展覧会を寄稿しました。


【10月のおすすめ展覧会5選】鉄道と美術から国宝、神坂雪佳、ヴァロットンまで | イロハニアート

それでは今月もよろしくお願いいたします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『国立新美術館開館15周年記念 李禹煥』 国立新美術館

国立新美術館
『国立新美術館開館15周年記念 李禹煥』
2022/8/10~11/7



1960年代後半より制作をはじめた現代美術家の李禹煥は、自然や人工の素材を組み合わせて場を作り出す「もの派」と呼ばれる動向を牽引し、約60年にわたって活動を続けてきました。

その李禹煥の東京での初めての大規模な回顧展が『国立新美術館開館15周年記念 李禹煥』で、初期作から新作までの約60点の作品が公開されていました。

まず前半の立体で目立っていたのは、李の代表作として知られる「関係項」のシリーズで、石とガラスを組み合わせた『現象と知覚B 改題 関係項』や、石と鉄板をあわせた『関係項ーサイレンス』などが並んでいました。

また一面の床に鉄板を敷いた『関係項―棲処(B)』や、白い砂利の上にステンレスの板と石を置いた『関係項ー鏡の道』も展示されていて、いずれも作品空間へと立ち入ることもできました。


『関係項ーアーチ』 2014/2022年 作家蔵

高さ4メートルにも及ぶアーチ状の作品、『関係項ーアーチ』も目立っていたのではないでしょうか。ちょうど野外展示場の中央にはアーチ状に曲がったステンレスと2つの石が置かれ、その中央には直交するように長いステンレスの板がのびていました。


『関係項ーアーチ』 2014/2022年 作家蔵

そしてステンレス板の上を歩きながら、アーチを行き来することも可能で、移りゆく景色を楽しむこともできました。



この『関係項ーアーチ』を挟んで後半に続くのが、「点より」や「線より」、あるいは「風より」などと名付けられた平面のシリーズでした。

ここでは主に制作年代を辿るようにして展示されていて、初期の「線より」などから次第に余白が大きくなり、ストロークが短くなる「照応」、さらには1、2個の限定された点の描かれた「応答」といったシリーズへの作風の変遷を見ることができました。壁に直接描いた新作の「対話ーウォールペインティング」の光景も美しかったかもしれません。


『関係項ーエスカルゴ』 2018/2022年

李禹煥の回顧展として思い出すのは、2005年に横浜美術館にて開かれた『李禹煥 余白の芸術展』でした。

この時も今回と同様、李本人が展示のプランを練り、展示を組み立てていて、主に90年代以降の新作を含む絵画と彫刻、計36点の作品が公開されていました。

また展示室のカーペットを取り払い、コンクリート剥き出しの床へ「関係項」のシリーズなどを並べていて、どこか作品と空間とが対峙、あるいはせめぎ合っているような印象も受けました。

それに比べると今回の回顧展は、美術館のホワイトキューブを作品へとたくみに取り入れていて、作品と調和するような空間が築かれているように感じられました。



私の中での李禹煥体験は、主に横浜美術館と今回の国立新美術館、そして直島で訪ねた李禹煥美術館でしたが、それぞれの空間でまた異なった印象も与えられたかもしれません。



この回顧展は東京での会期を終えると、兵庫県立美術館(*)へと巡回しますが、どのように安藤建築の空間にどのように響くのかにも興味を覚えました。*会期:2022年12月13日(火)~2023年2月12日(日)

イロハニアートへも『国立新美術館開館15周年記念 李禹煥』について寄稿しました。

【東京では初めての開催!】李禹煥の大規模回顧展をより楽しむための見どころ紹介 | イロハニアート

11月7日まで開催されています。*屋外彫刻は会期中も撮影OK。

『国立新美術館開館15周年記念 李禹煥』 国立新美術館@NACT_PR
会期:2022年8月10日(水)~11月7日(月)
休館:火曜日。
時間:10:00~18:00
 *毎週金・土曜日は20:00まで
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1700円、大学生1200円。高校生800円。中学生以下無料。
 *団体券の発売は中止。
住所:港区六本木7-22-2
交通:東京メトロ千代田線乃木坂駅出口6より直結。都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩4分。東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩5分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『シャネルを紡ぐ手 アンヌ ドゥ ヴァンディエール展』 シャネル・ネクサス・ホール

シャネル・ネクサス・ホール
『シャネルを紡ぐ手 アンヌ ドゥ ヴァンディエール展』 
2022/8/31~10/2



シャネル・ネクサス・ホールで開催中の『シャネルを紡ぐ手 アンヌ ドゥ ヴァンディエール展』を見てきました。

1980年代よりジャーナリストとして活動をはじめた写真家のアンヌ ドゥ ヴァンディエールは、手をテーマとした「H/and」シリーズを発表すると、以来ポートレイトを取り続け、世界各地の美術館などで作品を発表してきました。

そのアンヌ ドゥ ヴァンディエールの活動を紹介するのが『シャネルを紡ぐ手』とで、会場にはアンヌの撮り下ろした大小さまざまなモノクロームの作品が展示されていました。

今回の個展に際してアンヌが取材したのは、パリにあるシャネルのオートクチュールのアトリエ、およびそのクリエイションを支えるメティエダールの13のアトリエで、いずれも職人の手にフォーカスとして撮影を行いました。



そのうちのマサロとは1894年創業の靴のアトリエで、シャネルのシューズを職人らがすべて手作業にて製作してきました。



絹織物のアトリエのドゥニ&フィスでは、リヨンの絹織物の伝統を守りつつ、革新的な技術を取り入れながら、さまざまなシルク生地を生産していて、アーカイブとして17500もの図案が保管されてきました。



一方で1829年創業のコスチュームジュエリーのアトリエであるデリュは、手作業を基本としながらも、3Dプリンターを用いた技術を取り入れていて、職人らが繊細な手仕事をする光景を目の当たりに出来ました。



また職人たちが自らの手について語るコメントも付いていて、例えば水の中で手を動かす必要性やケアが大切であることなど、仕事を行う上でのエピソードも伺い知れました。



こうした職人らの手仕事はほとんど公開されていなかったことからしても、貴重な写真といえるのではないでしょうか。まさにシャネルを支える職人らのモノづくりの真髄が臨場感をもって切り取られていました。



会期中は無休です。10月2日まで開催されています。

『シャネルを紡ぐ手 アンヌ ドゥ ヴァンディエール展』 シャネル・ネクサス・ホール
会期:2022年8月31日(水)~10月2日(日)
休廊:会期中無休。
料金:無料。
時間:11:00~19:00。 
 *最終入場は18:30まで。
住所:中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
交通:東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅A13出口より徒歩1分。東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅5番出口より徒歩1分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『新版画 進化系UKIYO-Eの美』 千葉市美術館

千葉市美術館
『新版画 進化系UKIYO-Eの美』
2022/9/14~11/3



千葉市美術館にて開催中の『新版画 進化系UKIYO-Eの美』を見てきました。

主に大正から昭和にかけて制作された新版画は、海外でも人気を集め、複数の版元が参入しては多くの作品が生み出されました。

その新版画の系譜をたどるのが『新版画 進化系UKIYO-Eの美』で、新版画の成立から発展期までの約190点に加え、明治末期に木版画を制作したヘレン・ハイドとバーサ・ラムの約50点の作品が展示されていました。

まずプロローグでは「新版画誕生の背景」と題し、新版画へと連なる木版画が紹介されていて、中でも当時の輸出向けとして人気を呼んだ小原古邨の作品に魅せられました。古邨は近年に茅ヶ崎市美術館や太田記念美術館にて展覧会が開かれるなど、愛好家からの注目を集めてきました。

新版画をおこしたのは版元の渡邉庄三郎で、従来の浮世絵の伝統的な摺りや彫りに、同時代の画家による下絵をあわせた新たな表現を目指しました。それに応えたのが橋口五葉や伊東深水といった画家で、五葉は『浴場の女』の一作で渡邉から離れるものの、のちも深水は多くの絵を描きました。


左:川瀬巴水『東京十二ヶ月 三十間堀の暮雪』 大正9年(1920) 右:川瀬巴水『東京十二ヶ月 谷中の夕映』 大正10年(1921)

一連の新版画の中でも特に名を馳せたのが、海外でも北斎、広重と並ぶ「3H」として高く評価された川瀬巴水でした。そして展示でも「旅みやげ第一集」や「旅みやげ第二集」といった風景画の名作が並んでいて、同じく渡邉とともに新版画を手がけた伊東深水の「新美人十二姿」や山村耕花の「梨園の華」の連作など一緒に楽しむことができました。


吉田博『光る海 瀬戸内海集』 大正15年(1926)

渡邉以外の版元の作品や私家版の作品も見どころといえるかもしれません。それらは時に渡邉版とは大きく作風を変えていて、一口に新版画といえども多様な作品があることが分かりました。また鳥居言人や伊藤孝之、三木翠山といった、必ずしもよく知られているとは言えない画家にも魅力的な作品が少なくありませんでした。


小早川清『近代時世粧ノ内六口紅』 昭和6年(1931)

私家版では橋口五葉や吉田博と並んで、当時のモダンガールと呼ばれる女性を描いた小早川清の作品も目立っていました。


小早川清『近代時世粧ノ内 一 ほろ酔ひ』 昭和5年(1930)

そのうちの女性風俗を描いた連作の「近代時世粧」の『ほろ酔い』では、肌をあらわにした女性がタバコを手にしながら、どこか艶っぽい眼差しで笑みを浮かべていました。かつての浮世絵も当時の風俗を生き生きと描き出しましたが、小早川の作品もまた鮮やかに「現代」を切り取ったといえるかもしれません。

イロハニアートへも展示の内容について寄稿しました。

新版画進化系UKIYO-Eの美展の見どころは?千葉市美術館で開催中! | イロハニアート

なお展示は昨年から東京、大阪、山口を巡回したもので、ここ千葉市美術館が最後の開催地となります。


ヘレン・ハイド『入浴』 明治38年(1905)

作品数は特集展示を含めると実に240点にも及んでいて、質量ともに圧倒的ともいえる内容でした。まさに新版画展の決定版と呼んで差し支えありません。

展示替えはありません。すべての作品が全会期中にて公開されます。


一部の作品の撮影が可能です。11月3日まで開催されています。おすすめします。

『新版画 進化系UKIYO-Eの美』 千葉市美術館@ccma_jp
会期:2022年9月14日(水)~11月3日(木・祝)
休館日:10月3日(月)*休室日:10月11日(火)。
時間:10:00~18:00。
 *入場受付は閉館の30分前まで
 *毎週金・土曜は20時まで開館。
料金:一般1200(960)円、大学生700(560)円、高校生以下無料。
 *( )内は前売り、市内在住の65歳以上の料金。
 *常設展示室「千葉市美術館コレクション選」も観覧可。
 *ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18時以降は共通チケットが半額
住所:千葉市中央区中央3-10-8
交通:千葉都市モノレールよしかわ公園駅下車徒歩5分。京成千葉中央駅東口より徒歩約10分。JR千葉駅東口より徒歩約15分。JR千葉駅東口より京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車徒歩2分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ