「新・晴れた日 篠山紀信」 東京都写真美術館

東京都写真美術館
「新・晴れた日 篠山紀信」
2020/5/18~8/15



東京都写真美術館で開催中の「新・晴れた日 篠山紀信」を見てきました。

1940年に東京に生まれた写真家の篠山紀信は、多くの雑誌の表紙やグラビアを手掛けただけでなく、建物や都市などを撮影しては旺盛に活動してきました。

その篠山の意外にも初めての大規模な回顧展が「新・晴れた日」で、1960年代の初期の「天井桟敷一座」などから2011年の「ATOKATA」、それに近作の「快楽の館」まで全116点の写真が展示されていました。

まず3階の第1部では1960年代の「日米安保条約反対デモ」や「誕生」、そして1975年の「家」などが並んでいて、篠山がキャリアを築き、時代を切り取るべく写真を撮り続けていたことを目の当たりにできました。

そのうちの「誕生」は、篠山が銀座のニコンサロンで初個展を開いた際に展示された写真で、いずれも鹿児島の徳之島を舞台とした自然と女性のヌードを写していました。燦々と降り注ぐ太陽の光の元、自然と人間の造形美が表現されていて、プリミティブな魅力をたたえていました。



第1部で最も多くの作品を占めていたのが、1974年5月から半年間連載された写真を元にした「晴れた日」のシリーズでした。これは「アサヒグラフ」誌において世の中で話題となった出来事を写した作品で、ジャンルも美術、スポーツ、政治、人々の生活から気象などと多岐にわたっていました。

そしてこの「晴れた日」こそ今回の回顧展のタイトルに由来した作品で、篠山は被写体に向き合う際、常にエネルギーに満ちていつも晴れているとして、「新・晴れた日」と名付けました。またあらゆる事象をカメラに収めていった「晴れた日」そのものが、篠山の写真家としての活動を象徴しているといえるかもしれません。



続く2階の第2部ではバブル景気にわいた東京を写した「TOKYO NUDE」をはじめ、東日本大震災の被災地を写真集としてまとめた「ATOKATA」、さらには2017年の「LOVE DOLL」などが展示されていました。

「TOKYO NUDE」の「表参道 結晶のいろ」は、1990年当時、表参道の裏に建てられながら、一度も使われることなく取り壊されたビルを舞台として、魔境のような内部空間の中、モデルらが闖入したかように配されていました。シュールと呼べる光景ではないでしょうか。

この他ではヌードモデルを都市や室内空間にて写した「20XX TOKYO」や「快楽の館」も、篠山ならではの官能性を発露した作品だったかもしれません。ヌードモデルが踊って歌う姿を写した「快楽の館」の制作の現場となったのは、ちょうど今年1月に品川での活動を終えて、展示施設を伊香保に集約した旧・原美術館でした。



おおよそ一人の写真家の手による作品とは思えないほど多種多様な写真を追っていると、1960年代から現代に至る日本の社会のドキュメンタリーを見ているような気にさせられました。また1970年代のパリのシリーズや、「晴れた日」から廃屋を捉えた写真など、静けさに包まれた街角や建物を写した作品に思いがけないほど惹かれました。ともすれば篠山の意外な一面を伺えるような展覧会といえるかもしれません。


篠山自身が解説を記した冊子や、会場外のロビーにて公開されたインタビュー映像も面白かったのではないでしょうか。キャリア初期の苦労話や各シリーズの制作背景などを知ることができました。


東京都写真美術館は緊急事態宣言を受け、5月31日まで臨時休館していましたが、6月1日に再開館しました。

当日でもチケットを購入できますが、オンラインでの日時指定予約が推奨されています。8月15日まで開催されています。

「新・晴れた日 篠山紀信」 東京都写真美術館@topmuseum
会期:2020年5月18日(火)~8月15日(日)
休館:月曜日。但し月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館。
時間:10:00~18:00
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1200円、大学生950円、中学・高校生・65歳以上600円。
 *第1部もしくは第2部のみ:一般700円、学生560円、中高生・65歳以上350円
場所:目黒区三田 1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通:JR線恵比寿駅東口より徒歩約7分。東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩約10分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「SPORTS GRAPHIC スポーツ・グラフィック」 ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ギンザ・グラフィック・ギャラリー
「SPORTS GRAPHIC スポーツ・グラフィック」 
2021/6/8~7/7



ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催中の「SPORTS GRAPHIC スポーツ・グラフィック」を見てきました。

スポーツイベントやブランド、さらには広告などを目的に作られたスポーツ・グラフィックは、時にアスリートらの躍動感や美しさを表現しては、多くの人々の心を捉えてきました。


「東京2020公式アートポスター/パラリンピアン」 AD:GOO CHOKI PAR

そうしたスポーツ・グラフィックに着目したのが今回の展覧会で、日本の1970年以降のスポーツに関するポスターやイラストレーションなど120点が展示されていました。


「SPORTS GRAPHIC スポーツ・グラフィック」 1階展示室風景

さて多くのポスターが並ぶ中、まず目に飛び込んでくるのが水色の大きな卓球台でした。ただ一方のコートのみが丸くなっていて、はじめは一体どのような目的で作られたのか分かりませんでした。そしてこれは障がいの内容によって一般的に長方形の卓球台も異なったかたちとして見えるという、パラ卓球選手の視点を再現するために作られたパラ卓球台でした。


「パラ卓球台 コートが丸い卓球台(八木モデル)」 提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

「八木モデル」と呼ばれる卓球台は、パラ卓球の八木克勝選手が両手を伸ばせないため、卓球台が大きな円のように見えることに基づいたもので、日本肢体不自由者卓球協会によって制作されました。これまでに同協会ではパラ卓球の選手にリサーチを行い、コートの丸い卓球台や左に伸びた卓球台などを作っていて、パラ卓球の魅力を伝えるイベントにて公開してきました。


「SPORTS GRAPHIC スポーツ・グラフィック』 地下展示室風景 *手前は福田繁雄「ノータイム」1987年

一方で下の展示室へ降りると、今度はグラフィックデザイナーの福田繁雄による「ノータイム」などが並んでいて、スポーツ選手をユニークに造形化した様子を見ることができました。


「フジテレビ国際スポーツフェア'85」 AD:葛西薫 *左のパネルが榎本バソン了壱が「鉄球で太陽射抜け怪力伝」と詠んだ俳句。

このほかにも俳人の榎本バソン了壱が「地球という競技場あり筋肉祭」や「バット折る剛球必打センター前」などのスポーツの世界観を詠んだ俳句も展示されていて、思いの外にバリエーションのある内容となっていました。ポスター以外にも見どころの多い展示ではないでしょうか。


「パシフィックリーグ&セントラルリーグ60周年」 AD:服部一成

とはいえ、「長野冬季オリンピック」や「東京マラソン2009」、それに「パシフィックリーグ&セントラルリーグ60周年」といったスポーツのポスターも充実していて、いずれも見入るものがありました。


「アジア太平洋博覧会福岡’89」 AD:浅葉克巳

そのうち「東日本縦断駅伝’90」や「アジア太平洋博覧会福岡’89」などはスポーツのダイナミックな動きを見事に表現していたのではないでしょうか。


第46回、第41回「世界卓球選手権大会」 AD:浅葉克巳

雪舟の絵画をモチーフとした「長野冬季オリンピック」の開会式や、風神雷神を大胆に描いた「世界卓球選手権大会」といった美術を引用したポスターも目を引きました。



会場の随所に置かれていたブリキの卓球のおもちゃにも目が止まりました。これらは今回の展覧会の監修を務めた浅葉氏が、過去に中国にて見つけたものと同じおもちゃで、実際に触れて遊ぶこともできました。


「SPORTS GRAPHIC スポーツ・グラフィック』 地下展示室風景

パラ卓球台はラケットを手にして体験することが可能です。利用方法などは会場受付にてお尋ねください。(混雑時は不可)


予約は不要です。7月7日まで開催されています。

「SPORTS GRAPHIC スポーツ・グラフィック」 ギンザ・グラフィック・ギャラリー
会期:2021年6月8日(火)~7月7日(水)
休廊:日曜・祝日。
時間:11:00~19:00
料金:無料
住所:中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
交通:東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅から徒歩5分。JR線有楽町駅、新橋駅から徒歩10分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在」 東京都現代美術館

東京都現代美術館
「マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在」
2021/3/20~6/22



東京都現代美術館で開催中の「マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在」を見てきました。

1968年にオランダに生まれ、現在はベルギーにスタジオを構えるアーティスト、マーク・マンダースは、美術館といった建物に彫刻などを配し、全体として人の像を構築するという「建物としての自画像」をテーマに作品を制作してきました。

そのマーク・マンダースの国内の美術館としては初めての個展が「マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在」で、会場内には主にブロンズによる人物や動物、ないし建物などを断片的に象った作品が展示されていました。


「マインド・スタディ」2010〜2011年

それにしてもこれほど特異でミステリアスでかつ、かつて見たことのないような風景を立ち上がらせるアーティストもほかになかなか存在しないかもしれません。


「マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在」会場風景

まず会場では展示室を区切らず、大小33点のオブジェが配置されていて、全体として1つのインスタレーションが展開されていました。


「4つの黄色い縦のコンポジション」2017〜2019年

そして足を進めると、薄い半透明のビニールで囲まれた通路とも部屋とも呼べるようなスペースが現れて、その中に巨大な彫刻である「4つの黄色い縦のコンポジション」や「乾いた土の頭部」などが展示されていました。


「椅子の上の乾いた像」2011〜2015年 東京都現代美術館

これらはマーク・サンダースのいわゆるスタジオとして考案されたフロアで、中央の通路上のスペースだけでなく、裏側からもビニール越しに滲み現れる作品を見ることができました。


「乾いた土の頭部」2015〜2016

ともかく一連の彫刻を目にして感じるのは、痛みや苦しみを抱えながらも、瞑想するようかのように内省的な人物の存在でした。またポロポロと朽ち果てていくような彫刻は古代の遺物のようで、しばらく通路を歩いていると、さも遺跡の中を彷徨っているような錯覚に囚われました。


「黄色い縦のコンポジション」2019〜2020年

さらに作家が立ち去った「不在」の痕跡のみが残されていて、時間も限りなく静止しているように感じられました。また一部が欠落した作品など、完成と未完成との関係も曖昧で、そこに見る側としての想像力が入り込む余地が残されているように思えました。


「舞台のアンドロイド(88%に縮小)」2002〜2014年

マーク・マンダースは「建物としての自画像」の構想に際し、自身と同じ名前の架空の芸術家を設定し、その自画像を建物の枠組みの中に築くとしています。


「リビングルームの光景」2008〜2016年

そこにはアーティスト個人の自意識が反映されているとともに、来場者を迎え入れて対話することで、新たな世界が生み出されていくのかもしれません。マーク・マンダースが頭の中にて精緻に組み上げた思考のパズルの欠片が、展示室内に作品として体現しているようにも見えました。


「記録された課題」1992〜1993年

「建物としての自画像は時間がすべて凍結しています。私の作品、私にとってすべての作品は同じ瞬間に存在します。」 マーク・マンダース(展覧会ハンドアウトより)



東京都現代美術館は緊急事態宣言を受け臨時休館していましたが、6月1日より完全予約制のうえ展示が再開されました。チケットはオンラインにて事前に来館する日付を指定する必要があります。


間も無く会期末です。6月は最終日まで休館日がありません。


「4つの黄色い縦のコンポジション」2017〜2019年 (拡大)

彫刻としての圧倒的量感も大きな魅力といえるかもしれません。ひび割れた粘土のようなブロンズの迫力は並大抵ではありませんでした。


「狐/鼠/ベルト」1992〜1993年

一部の撮影が可能でした。6月22日まで開催されています。

「マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在」 東京都現代美術館@MOT_art_museum
会期:2021年3月20日(土・祝)~6月22日(火)*会期延長
休館:月曜日。但し6月は最終日まで休館日なし。
時間:10:00~18:00
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1500円、大学・専門学校生・65歳以上1000円、中高生500円、小学生以下無料。
 *6月は完全予約制(日にち指定)
 *MOTコレクションも観覧可。
住所:江東区三好4-1-1
交通:東京メトロ半蔵門線清澄白河駅B2出口より徒歩9分。都営地下鉄大江戸線清澄白河駅A3出口より徒歩13分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所」  武蔵野美術大学美術館

武蔵野美術大学美術館
「オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所」
2021/4/5〜6/20



武蔵野美術大学美術館で開催中の「オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所」を見てきました。

これは戸谷成雄、舟越桂、伊藤誠、青木野枝、三沢厚彦、西尾康之、棚田康司、須田悦弘、小谷元彦、金氏徹平、長谷川さちといった11名の現代彫刻家の作品を公開する展示で、同大教授で彫刻家の三沢厚彦が監修を担当しました。



「オムニスカルプチャー」とは、彫刻の全方位性(=omni)を示す三沢による造語で、各アーティストの作品がアトリウムから展示室へと自在に行き交うように置かれていました。


手前:西尾康之「磔刑」 2021年

いずれの作品も新作を中心としているのが特徴で、大きさも素材もまちまちでありながら、時にあたかも互いの存在を確認するかのように響き合っていました。


戸谷成雄「横たわる男」 1971年

一部には戸谷成雄の「横たわる男」など旧作も展示されていて、新旧の作品を比べては作風の変遷を見ることができました。木材をチェーンソーで刻んだ作品で知られる戸谷の現在の制作からすれば、ともすると同じ彫刻家の作品とは気がつかないかもしれません。



西尾康之や小谷元彦らの大型の作品も目立っていて、天井高のあるアトリウムの空間を効果的に用いたことにも魅力を感じました。なお会場の構成は画家の杉戸洋が担いました。


青木野枝「Mesocyclone I」 2021年

鉄を素材にした彫刻を手がける青木野枝は2点の作品を出品していて、ちょうど天井付近のスロープ上にてまるで自生する生き物のように円を描いていました。


須田悦弘「クレマチス」 2021年

草花などを象った木彫で人気の須田悦弘は、キキョウやクレマチスなどの作品を会場に潜ませるように展示していて、雑草に至っては思わず通り過ぎてしまうほどにひっそりと佇んでいました。


棚田康司「2020年全裸の真理」 2021年

さらに舟越桂や棚田康司の樟を用いた彫像も見応えがあったのではないでしょうか。そもそもこれほど実力のある彫刻作家が一堂に会することからして、大変な貴重な展示と言えるかもしれません。



なお現在、同館では「オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所」と合わせて、「片山利弘——領域を越える造形の世界」、「膠を旅する——表現をつなぐ文化の源流」の3つの展示が同時に行われています。



いずれも充実していましたが、特に日本画の伝統的画材の膠に着目し、膠の歴史や社会的背景に踏み込んで資料を展示した「膠を旅する——表現をつなぐ文化の源流」が大変に見応えがありました。



特に魚膠を生活にとりこむアイヌなどの北方民族の文化を紹介した展示が興味深かったのではないでしょうか。


丸木位里・丸木俊「原爆の図 高張提灯」 1986年

この他では昨年に同館に収蔵され、修復後に初めて公開された丸木位里・丸木俊の「原爆の図 高張提灯」も大変な迫力がありました。



1つの画材を通して、多面的な文化の諸相を浮き彫りにした好企画と言えるかもしれません。彫刻展に加えてお見逃しなきようにお勧めします。



最後に入場に際しての情報です。同美術館では緊急事態宣言を受けて展示を学内(学生・教職員)へ限定的に開放してきましたが、6月5日より開館日時を変更して、一般(学外)にも再開されました。



但し一般の開館は土日のみに限定され、来館前日までに入館予約フォームにて予め来館日時を指定しておく必要があります。なお1回の予約で開催中の3つの展示を全て観覧できます。


よって一般向けの会期の残りは6月19日と20日の土日の2日間です。完全予約制で当日の受付はありません。最新の予約状況などは同館のWEBサイトをご覧ください。


小谷元彦「Torch of Desire - 52nd Star」 2020年

6月20日まで開催されています。

「オムニスカルプチャーズ——彫刻となる場所」  武蔵野美術大学美術館@mau_m_l
会期:2021年4月5日(月)〜6月20日(日)
休館:火曜日。
時間:月・水・木・金曜(学内限定)12:00〜18:00、土・日曜(一般(学外)限定)①10:00〜12:00、②12:30〜14:30、③15:00〜17:00
料金:無料。
場所:東京都小平市小川町1-736
交通:西武国分寺線鷹の台駅下車徒歩約20分。JR線国分寺駅(バス停:国分寺駅北入口)より西武バスにて「武蔵野美術大学」下車。(所要約25分)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「はじめての森山大道。」 ほぼ日曜日

ほぼ日曜日(渋谷PARCO8階)
「はじめての森山大道。」
2021/5/14~6/25



渋谷PARCO8階のほぼ日曜日にて開催中の「はじめての森山大道。」を見てきました。



今回の森山展では「知らなかった人にこそ見てほしい」をテーマとしていて、会場にはスナップショット60点をはじめ150冊以上の写真集、あるいは手書き原稿や愛用のカメラなどが所狭しと展示されていました。



まず会場入口にて出迎えてくれるのが、森山の代表作として知られる「三沢の犬」の大きなパネル写真でした。これは1971年に「アサヒカメラ」の連載「何かへの旅」へ掲載された作品で、森山が青森県の三沢に泊まった朝、旅館より外に出た時に目にした犬を写したとされています。



そしてこの「三沢の犬」にクローズアップしたのが「なぜ、この写真が有名なのか。」としたセクションでした。ここでは作品の解説とともに、森山や批評家らの言葉、さらには立体化したフィギュアからいわゆるグッズのクッションまで並んでいて、「三沢の犬」の魅力を様々な角度から知ることができました。



森山の作品を語る上で欠かせない「アレ・ブレ・ボケ」に関した展示も見逃せませんでした。1960年代に森山は従来の写真表現へ一石を投じるべく、「アレ」た粒子の画面、「ブレ」た被写体、そしてピントの合わない「ボケ」た写真を発表しては賛否を巻き起こしました。



多くのプリント作品が並ぶ中、一際興味深かったのが、初期作品「にっぽん劇場写真帖」のポジフィルムの展示でした。



横に長いライトボックスの上には一枚一枚のフィルムがずらりと置かれていて、ルーペにて拡大して見ることもできました。なおこうしたスライドの形で展示するのははじめてのことだそうです。



60年の活動の軌跡を豊富な資料にて辿った「森山大道の写真集。」も充実していたのではないでしょうか。1960年代より近年に至る写真集が壁一面にずらりと並んでいて、閲覧することは叶わないものの、長きにわたる旺盛な写真家としての活動を目の当たりにできました。



雑誌「記録」は1972年から始まった私家版写真誌で、翌年の5号発行後に一時休刊となったものの、後に続編の打診があって2006年に復活しました。その後は一年に3冊から4冊のペースで発行され、現在まで続いてきました。2021年3月に発行された最新の「記録46号」に寄せた直筆原稿も貴重な資料かもしれません。



このように写真のみならず、手紙や雑誌の色校正紙などの資料展示が充実しているのも、今回の森山展の魅力ではないでしょうか。



ほぼ日曜日の手狭なスペースでしたが、予想以上に密度の濃い展示でした。



「単なる通行人として、街区を擦過しつつ自ら路上のセンターとなって撮影しつづける、それがぼくの写真のありようであり、唯一のカメラワークである」 森山大道 *会場内パネルより



観覧料は600円でしたが、ショップ及び渋谷PARCO4階のほぼ日カルチャんで利用可能な100円の買い物チケットがついています。ビームスとのコラボなどグッズも豊富に揃っていました。


予約は不要です。撮影もできました。

会期延長されました。6月25日まで開催されています。

「はじめての森山大道。」 ほぼ日曜日@hobo_nichiyobi
会期:2021年5月14日(金)~6月25日(金) *会期延長
休館:会期中無休
時間:11:00~20:00
料金:600円。小学生以下無料。
 *来場時に森山大道フィルム風しおりと100円分の買い物チケットをプレゼント。
住所:渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO8階
交通:JR線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線、東京メトロ銀座線・半蔵門線渋谷駅より徒歩5分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ