スカイザバスハウスで横尾忠則の個展が開催中です

ビジュアルアートから絵画、さらに文筆活動などと幅広く活動する横尾忠則の個展が、東京・谷中のSCAI THE BATHHOUSE(スカイザバスハウス)にて開かれています。



その「B29と原郷-幼年期からウォーホールまで」について、pen-onlineのアートニュースに書きました。

魂を鷲づかみされる、横尾忠則の個展『B29と原郷-幼年期からウォーホールまで』。
https://www.pen-online.jp/news/art/scai-tadanoriyokoo/1


今回の個展は、60セットの作品を含む、16点の絵画が出展されていて、一部の旧作を除くと、主に2015年以降に書かれた近新作にて構成されていました。



冒頭の横尾の自画像にも目を引かれましたが、とりわけ作品の中に頻繁に登場するのが、米軍に関したモチーフで、横尾の幼少期の戦争の体験を、「自然に画の中に入り込んできた」(解説より)として描いたとしています。



またウォーホルやターザンなどの著名人も多く登場し、これまでの横尾の体験を、言わば絵画で回顧するかのように展開していました。

私が横尾の作品を初めて見知ったのは、今から17年も前、2002年に東京都現代美術館で開かれた「横尾忠則 森羅万象」展でのことでした。40年以上キャリアを積んでいた横尾の活動の全貌を紹介するもので、作品数は約400点にも及び、当時として過去最大のスケールでの回顧展でした。

実のところ、現代美術を見始めた頃の私にとって、横尾の名もあまり知らないままに出かけた展覧会でしたが、ともかく作品世界のスケールに圧倒され、美術の熱気のようなものを強く感じたことを記憶しています。今回の記事にも「魂を鷲づかみ」と書きましたが、横尾の作品には、見る側を作品へダイレクトに引き寄せるような強い吸引力があるのではないでしょうか。



スカイザバスハウスの個展に接して、改めて私に現代美術の魅力を教えてくれた、2002年の展覧会のことを思い出しました。


会場内の撮影も出来ました。7月6日まで開催されています。

「横尾忠則『B29と原郷-幼年期からウォーホールまで』」 SCAI THE BATHHOUSE@scai_bathhouse
会期:2019年5月31日(金)〜7月6日(土)
休廊:日・月・祝。
時間:12:00~18:00
料金:無料
住所:台東区谷中6-1-23 柏湯跡
交通:JR線・京成線日暮里駅南口より徒歩6分。東京メトロ千代田線根津駅より徒歩7分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」 国立新美術館

国立新美術館
「特別公開『吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵』」
2019/4/17~2021/5/10



国立新美術館で公開中の「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」を見てきました。

2011年に第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展で発表され、2015年に京都の将軍塚青龍殿の大舞台でも披露された「ガラスの茶室 - 光庵」が、今年4月、東京の国立新美術館へやって来ました。



ガラスの茶室があるのは、美術館の展示室ではなく、正面入口横の屋外で、ちょうど建物と向かいあうように設置されていました。美術館を背にして立つと、まるで茶室がガラスのファサードへ溶け込んで見えるような錯覚に陥るかもしません。



白い円盤の上に置かれた茶室全体を覆う屋根はありません。私が出向いたのは、晴天時の日中でしたが、雲の合間から溢れる光を受けて、水面のようなきらめきを生み出していました。朝昼晩の時間、さらには晴や雨の天候によっても、表情を変えていくのではないでしょうか。



茶室の周囲には、パリのオルセー美術館にもコレクションされたガラスのベンチ、「Water Block」もあわせて展示されていました。

吉岡は「日本文化が生み出された根源を問う。」ために、「自然と一体となり、光そのものを感じる」ガラスの茶室を制作したとしています。また「エネルギーを知覚化する日本の自然観は、茶道の精神にも受け継がれている」(解説より)とも語りました。残念ながら中へ入ることは叶いませんが、ガラスに囲まれた茶室から外を見やると、また新たな光を得ることが出来るのかもしれません。



「光の建築は、物質の概念から解き放たれ、詩的な光景を浮かび上がらせます。」 吉岡徳仁 *キャプションより

3年間にも渡る長期の公開です。いつしか国立新美術館を成す、言わば「景色」として馴染んでいくのではないでしょうか。


2021年5月10日まで公開されています。

「特別公開『吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵』」 国立新美術館@NACT_PR
会期:2019年4月17日(水)~2021年5月10日(月)
休館:火曜日。但し祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館。年末年始。
時間:美術館の開館時間に準じる
料金:無料
住所:港区六本木7-22-2
交通:東京メトロ千代田線乃木坂駅出口6より直結。都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩4分。東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩5分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「発酵から再発見する日本の旅」 渋谷ヒカリエ

渋谷ヒカリエ 8F d47 MUSEUM
「Fermentation Tourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅」
2019/4/26〜7/8



渋谷ヒカリエ 8F d47 MUSEUMで開催中の「Fermentation Tourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅」を見てきました。

古くから日本では、「土地の微生物の力を活かした」(解説より)発酵食品が数多く存在してきました。

そうした発酵に関した文化を紹介するのが、「Fermentation Tourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅」で、全国各地より集められた発酵食品が展示されていました。



中には毎日食べている方もおられるかもしれません。それが茨城を代表する納豆で、パッケージ入りの天狗納豆やそぼろ納豆などが展示されていました。元々、納豆の源流は東北にありましたが、1889年の水戸鉄道(常磐線の前身)の開通とともに、駅のホームで土産として販売し、一躍名産として注目されるようになりました。今も水戸土産の定番として知られています。



漬物も発酵の力がなくては保存食として成り得ません。中でも有名なのは奈良漬で、酒粕で漬け込んだニンジンやウリなどが木の桶に入れられていました。またここで面白いのは、桶を自由に開けて匂いを嗅げることで、特有の甘酸っぱい酒の匂いを実際に味わうことが出来ました。奈良漬の歴史は極めて古く、平城京の時代より朝廷に献上されていました。



伊豆諸島の新島のくさやも有名な発酵食品かもしれません。いわゆるくさや液にトビウオなどの青魚を浸し、屋外で干して作られたもので、何よりも強烈な匂いを特徴としていました。なおくさや液は、江戸時代、塩漬け液を使いまわしていたところ、「謎の発酵作用」(解説より)により誕生したとされていて、今でも秘伝の液として200年以上も受け継がれてきました。



そのくさやと並び、同じく伊豆諸島の特産である青酎も番外編として出展されていました。古くから青ヶ島のみで生産された焼酎で、近世に薩摩の商人が伝えた醸造法を、島独自の酵母で発酵させ、蒸留して作られました。かつては島内の人々のみで消費されていましたが、今では半ば幻の焼酎として全国でも人気を博しています。



私も好きな滋賀のフナのなれずしも登場していました。フナの塩漬けに、米を媒介とした乳酸発酵の酸味が加わったもので、一口で鼻へと抜けるような匂いと豊かな味わいは、それこそ焼酎などの酒の肴にも欠かせません。



つるんとした食感が好きな方も多いのではないでしょうか。それが神奈川の川崎大師のくずもちで、小麦粉に水をさらして乳酸発酵させ、デンプンを取り出しては餅に仕上げられました。川崎大師のほかには、亀戸天神や池上本門寺の土産としても有名かもしれません。



奄美大島のなりと呼ばれる麹も匂いが絶品でした。島に自生するソテツの身を、空気と水にさらし、毒の成分を抜いたのち、麹にしたもので、味噌に仕込んだりして食されるそうです。



このほかにも高知の碁石茶や群馬の焼きまんじゅう、山梨の甲州ワイン、さらには沖縄の豆腐ようなど、実に様々な発酵食品が紹介されていました。また発酵を支えた木桶や麹菌のサンプルなどもあり、発酵のメカニズムや普及のプロセスを分かりやすい形で知ることが出来ました。



会場内のショップの「発酵デパートメント」では、展示の発酵食品(一部を除く)を購入することも可能です。さらに隣接するd47食堂では、会期中リレー形式で発酵食品を用いた定食も発売されていました。発酵を見て、嗅いで、さらに食べて楽しめる展示と言えるかもしれません。



入場は無料です。7月8日まで開催されています。

「Fermentation Tourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅」 渋谷ヒカリエ 8F d47 MUSEUM@hikarie8
会期:2019年4月26日(金)〜7月8日(月)  
休館:会期中無休  
時間:11:00~20:00
 *最終入館は19:30まで。
料金:無料。
住所:渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階
交通:東急田園都市線、東京メトロ副都心線渋谷駅15番出口直結。東急東横線、JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線渋谷駅と2F連絡通路で直結。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」 東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリー
「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」 
2019/4/27〜6/16



東京ステーションギャラリーで開催中の「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」を見てきました。

1916年にフィンランドで生まれたルート・ブリュックは、アラビア製陶所で技術を習得すると、独自の成型技術を開発し、板から大型壁画までの陶の作品を旺盛に制作しました。

そのルート・ブリュックの作品が約200点ほど日本へやって来ました。鳥や果物、建物などの初期の陶板から、中期以降の抽象表現へと変化する作風も見どころで、具象に抽象を問わず、ブリュックの幅広い制作の軌跡を追うことが出来ました。

当初、ヘルシンキの美術工芸中央学校でグラフィックアートを学んだブリュックは、アラビア製陶所に入所すると、おとぎ話や人物、昆虫や草花などのモチーフを、まるで中世美術を思わせるような素朴なタッチで陶板に表現しました。


「結婚式」 1944年

花園の中を男女が仲睦まじく歩く「結婚式」に目を引かれました。中央には教会が建ち、上空には天使が舞っていて、右の下に白いウエディングドレスに身をまとった花嫁の姿を見ることが出来ました、その幻想的な光景は、シャガールの画風を思わせる面があるかもしれません。


「東方の三博士」 1944年

「東方の三博士」はテーブルの天板として作られたもので、三博士がキリストの誕生を祝い、ベツレヘムへ旅する物語の光景を、可愛らしく描いていました。ブリュックは元々、日用品に絵付けをしていましたが、次第に「額装された絵画」(解説より)のような陶板に行うようになりました。


右:「カレリアの家」 1952-1953年頃
左:「カレリアの鐘楼」 1952年頃

1950年代のはじめには、建物をモチーフとした作品を制作し、母の故郷だったカレリア地方の伝統的な木造建築などを表しました。またこの頃、かつての方形の陶板でなく、建物の形をそのまま象った作品を作り出しました。なおカレリアとは、フィンランド南東部からロシア北西部にかけて広がる一帯で、森と湖を象徴するフィンランドの原風景として知られています。


「最後の晩餐」 1950-1951年頃

「最後の晩餐」は、1951年のミラノ・トリエンナーレでグランプリを獲得した作品の1つで、イエスの処刑前夜、十二使徒とともにとった食事の光景を表していました。ブリュックの陶板はいずれも色彩豊かでありながら、古色を帯びた風合いを特徴としていて、掻き落としの技法などによるムラが、独特の豊かな質感を見せていました。


「お葬式」 1957-1958年

1950年代後半以降、ブリュックの作風は具象から抽象へと移りゆくようになりました。「お葬式」は、6人の黒い影が、花で彩られた棺を担ぐ様子を描いた作品で、ブリュックの父が亡くなった頃に制作されました。花の模様は具象ながらも、人物の影は個々を特定することが出来ず、いわば抽象化されていました。

出展中最大の「都市」も目立っていたかもしれません。縦150センチ、横180センチにも及ぶ立体の作品で、複数のタイルを並べ、さながら古代都市の遺跡の模型を示すように表していました。それぞれの立体は「煙突」や「サイコロ」などと名付けられた別の作品で、それらを積み木のように繋ぐべく、1つの都市を築き上げました。

後期のタイルの作品は、初期の陶板と同じ作家の手によるとは思えないかもしれません。そのうちの1つが、小さな凹凸状のタイルピースを広げた「スイスタモ」で、オレンジ色の釉薬がが鮮やかなグラデーションを描いていました。ブリュックは1960年代後半以降、小さなタイルを用いてモザイクレリーフを制作していて、「黄金の深淵」においても、金色のピラミッド型のタイルを一面に連ねていました。


初期のゴシックなどを思わせる陶板はもちろん、後期の抽象的でかつデザイン的なモザイク壁画も、ともに魅力的ではないでしょうか。日本初の本格的な網羅的な回顧展だけに、国内でもブリュックの人気が高まる1つの契機となりそうです。


「庭の少女たち」 1942-45年 ほか

3階展示室のみ撮影が可能でした。(但し特別展示の「心のモザイク―ルート・ブリュック、旅のかけら」は不可。)2階は一切の撮影が出来ません。


左:「シチリアの教会」 1952-1953年
右:「聖体祭」 1953年

今回は平日の夕方以降に観覧したため、場内には余裕がありました。とはいえ、会期末を控え、土日を中心に混み合っているそうです。これからお出かけの際はご注意下さい。



6月16日まで開催されています。遅くなりましたが、おすすめします。なお東京展を終了すると、伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター(2019/9/7〜10/20)、岐阜県現代陶芸美術館(2020/4/25〜7/5)、久留米市美術館(2020/7/18〜9/6)へと巡回します。

「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」@rutbryk) 東京ステーションギャラリー
会期:2019年4月27日(土)〜6月16日(日)
休館:月曜日。但し4月29日、5月6日、6月10日は開館。5月7日(火)。
料金:一般1100(800)円、高校・大学生900(600)円、中学生以下無料。
 *( )内は20名以上の団体料金。
時間:10:00~18:00。
 *毎週金曜日は20時まで開館。
 *入館は閉館の30分前まで。
住所:千代田区丸の内1-9-1
交通:JR線東京駅丸の内北口改札前。(東京駅丸の内駅舎内)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「板橋区美×千葉市美 日本美術コレクション展―夢のCHITABASHI美術館!?」 千葉市美術館

千葉市美術館
「板橋区美×千葉市美 日本美術コレクション展―夢のCHITABASHI美術館!?」
2019/6/1~6/23



千葉市美術館で開催中の「板橋区美×千葉市美 日本美術コレクション展―夢のCHITABASHI美術館!?」を見てきました。

改修工事を終え、6月29日にリニューアルオープンを迎える板橋区立美術館には、これまで数多くの古美術コレクションが収蔵されてきました。

その板橋区立美術館と千葉市美術館の古美術コレクションを一堂に会したのが、通称「CHITABASHI(ちたばし)」展で、両美術館のコレクションや寄託作品など、全130点近くの作品が展示されていました。

さてともに日本美術のコレクションで定評のある両美術館ですが、何も漫然と作品を並べているわけではありません。とするのも、「江戸琳派とその周辺」や「幕末・明治の技巧派」、さらに「江戸の洋風画」などのテーマを設定し、体系だってコレクションを紹介していたからでした。



はじまりは江戸琳派で、酒井抱一を筆頭に、鈴木其一、池田弧村、田中抱二、鈴木守一から酒井道一ら、江戸から明治へと至った琳派に連なる絵師の作品が展示されていました。うち板橋区立美術館のマスコット的存在でもある「大文字屋市兵衛像」は、抱一の手による作品で、吉原の妓楼大文字屋の当主の姿を、どこかコミカルに表していました。何とも愉快そうで人懐っこい表情が印象的で、当時は「かぼちゃの元成」とも呼ばれていたそうです。

鈴木其一では「芒野図屏風」が絶品でした。二曲一隻の銀地に墨でススキが広がる光景を描いて、線のみで表されているにも関わらず、画面に広がる月明かりとススキを揺らす風の存在を感じてなりません。また群青が殊更に眩しい「漁夫図」の精緻な描写も目立っていたのではないでしょうか。このほかに江戸琳派では抱一の弟子の池田弧邨の作品も目立っていた上、抱一の「鶯邨画譜」や其一ほかの「ももちどり」、それに中野其明の「尾形流百図」など、小品の画帳も充実していました。


岡本秋暉・羽田子雲「椿に孔雀図」江戸時代(19世紀) 摘水軒記念文化振興財団

幕末と明治の技巧派では、主に岡本秋暉、柴田是真、小原古邨の作品が集中して取り上げられていました。うち秋暉の「百花百鳥図」は、海堂や紫陽花、菊などの色とりどりの花々に囲まれる空間の中、50羽にも及ぶ鳥が飛んでいて、まるで鳥の楽園、ないし桃源郷を目の当たりにするかのようでした。

柴田是真では「花瓶梅図漆絵」が目を引きました。一見、木の板の上に漆で花瓶を描いたように見えますが、実は板の部分も全て紙で漆で描いていて、半ばトリックアートのような作品とも言えるかもしれません。なお本作のみ、ケースの中ではなく、展示室内で直に立てかけられて、まさに目と鼻の先で漆の質感を味わうことも出来ました。それにしても板の部分はまさに本物の木と見間違うようで、何度目にしてもおおよそ漆には思えません。

茅ヶ崎の展覧会で人気を博した小原古邨は14点ほど出展されていました。いずれの秋山武右衛門を版元とする滑稽堂の作品で、「五位鷺」や「花菖蒲に翡翠」などにおける水や花の繊細の色彩には透明感と瑞々しさがあり、まるで水彩を見ているかのようでした。

ラストは江戸の洋風画でした。ここでは小野田直武、司馬江漢、亜欧堂田善らの作品が並ぶ中、私が特に興味を覚えたのが、石川大浪、孟高の兄弟の洋風画家でした。兄の大浪は旗本の出身で、蘭書の挿絵などから、西洋の絵画を学んだそうです。西洋の天使を描いた、その名も「天使図」などに目を奪われました。


狩野典信「大黒図」 江戸時代(18世紀) 板橋区立美術館

さて間も無くリニューアルオープンする板橋区立美術館ですが、その概要などについて、同区の広報誌でも特集されています。



「広報いたばし◆魅力特集版」板橋区WEBサイト

最新の空調システムやLED照明が導入された上、外観、エントランス、展示室なども一新され、国宝や重要文化財も公開出来るようになりました。詳しくは上記リンク先のPDFファイルをご覧下さい。



一方で千葉市美術館についても、2020年1月より工事のために休館し、同年7月に拡張リニューアルオープンします。中央区役所が入居していた3〜5階部分へと美術館のスペースが拡がり、これまでの企画展示室だけでなく、常設展示室やアトリエ、図書室などが新たに整備されます。



会期中は無休です。23日間限定で、展示替えもありません。



「不便でごめん」などでお馴染みの板橋区立美術館の旗も出迎えてくれました。


6月23日まで開催されています。

「板橋区美×千葉市美 日本美術コレクション展―夢のCHITABASHI美術館!?」 千葉市美術館@ccma_jp
会期:2019年6月1日(土)~6月23日(日)
休館:会期中無休。
時間:10:00~18:00。金・土曜日は20時まで開館。
料金:一般200(160)円、大学生150(120)円、高校生以下無料。
 *( )内は20名以上の団体料金。
住所:千葉市中央区中央3-10-8
交通:千葉都市モノレールよしかわ公園駅下車徒歩5分。京成千葉中央駅東口より徒歩約10分。JR千葉駅東口より徒歩約15分。JR千葉駅東口よりC-bus(バスのりば16)にて「中央区役所・千葉市美術館前」下車。JR千葉駅東口より京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車徒歩2分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ