「エミール・ガレ 自然の蒐集」 ポーラ美術館

ポーラ美術館
「エミール・ガレ 自然の蒐集」 
3/17~7/16



ポーラ美術館で開催中の「エミール・ガレ 自然の蒐集」のプレスプレビューに参加して来ました。

19世紀末、アール・ヌーヴォーの工芸家として活動したエミール・ガレは、自然界に存在する様々な形を見据え、植物や昆虫、それに海の生き物などをモチーフに取り込んで作品を制作しました。

そのガレの自然への着眼点と、創造の源泉と言うべき森と海に着目したのが、「エミール・ガレ 自然の蒐集」展で、ポーラ美術館、および北澤美術館ほか、国内のガレ・コレクションが130点ほど展示されていました。


エミール・ガレ「女神文香水瓶」 1884年 ポーラ美術館 ほか

冒頭は初期作品でした。1846年、フランス北東部のナンシーで、陶磁器やガラス器を扱う製造販売業の家に生まれたガレは、30歳の頃に父から経営を受け継ぎ、1877年にガレ商会の事業主となりました。若い頃からガラス製造や装飾に関する技術を身につけていたゆえか、翌年のパリ万博で銅メダルを受賞するに至りました。


エミール・ガレ「蓋付コンポート」 1870年代 ポーラ美術館 ほか

初期から中期の技法で重要なのは、透明色のガラスを素地としたエナメル彩で、研究熱心なガレは化学実験を繰り返し、あらゆる色彩や透明度の顔料を開発しては、多様な作品を作り出しました。


「エミール・ガレ 自然の蒐集」展示室風景

ガレがジャポニスムに接したのは比較的早く、1867年のパリ万博のことでした。ここで父の代理として半年間パリに滞在したガレは、日本から出品された多くの文物を見る機会に恵まれました。そして先の銅メダルを受賞した万博では、北斎漫画の図柄を写した「鯉文花器」を出品しました。自らが開発して特許を得た、「月光色ガラス」を効果的に生かしました。


エミール・ガレ「ユリ文花器」 1895〜1897年 ポーラ美術館 ほか

またジャポニスムの素材として人気を集めていたキク関しても興味を寄せ、ナンシーへ農商務省の技師として留学していた日本人の高島北海とも交流を深めました。「キクの国についてお伺いしたいことがございます。」との言葉を残しているそうです。またこの頃、ガレは日本から植物をオランダへ持ち帰ったシーボルトの苗床を仕入れました。ヨーロッパの広域で日本植物のブームがおきていました。


エミール・ガレ「ヘチマ文脚付花器」 1884〜1889年 ポーラ美術館

ガレが当初から作品へ積極的に取り込んでいたのが、植物と昆虫のモチーフでした。そもそもガレは植物学に詳しく、植物の作品においても、おおむね種を同定出来るほどに、細かに彫り出しました。一方で昆虫ややや異なり、カマキリやトンボなどを写実的に表したと思えば、キメラに近いような複数の昆虫を組み合わせることもありました。


エミール・ガレ「コバン草文水差」 1905年 飛騨高山美術館 ほか

ナンシーは16世紀以来、植物園が創設され、19世紀には園芸業が盛んになるなど、植物に関わりの深い街でもありました。ガレも少年時代から植物採集に没頭し、のちにガレ家が自邸を構えると、敷地内に庭園を築いては、世界各地の植物、おおよそ2500種を集めました。その庭園は工房内の敷地にも築かれ、作品のモチーフとして利用しました。また単に写すだけでなく、例えば花が咲いては散りゆく姿など、生態の変化にも着目し、自然のはかなさや生命の循環も表現しました。


エミール・ガレ 花瓶「大麦」 1900年頃 北澤美術館 ほか

1900年のパリ万博でグランプリを受賞したガレは、次第に詩的とも呼べうる表現で、象徴性の高い作品を作るようになりました。植物や生物の生態のみならず、光や大気、1日や四季の変化までを取り込みました。


「エミール・ガレ 自然の蒐集」展示室風景

また同じく晩年、特に亡くなるまでの5年間の間、ガレは海の生き物にも興味を覚え、いくつかの作品を制作しました。それに関しては「今トピ」の下記の記事でまとめました。改めてお目通し下されば幸いです。


初期から晩年へかけて、スタイルを変えながら、生き物だけでなく、時に四季の移ろいをなどを表現したガレは、まさに自然を見据え、蒐集していた芸術家と呼べるのかもしれません。


「エミール・ガレ 自然の蒐集」展示室風景

ほかにも工芸とコレクションの絵画と参照する展示をはじめ、版画、昆虫や鉱物標本との比較もあり、ガレの作品世界を様々な角度から知ることも出来ました。意外にもポーラ美術館としては、開館以来初となるガレの展覧会でもあります。


「エミール・ガレ 自然の蒐集」展示室風景

写真はプレスプレビュー時に撮影しましたが、一般会期中においても、撮影禁止作品を除くと、原則的に撮影が可能です。


7月16日まで開催されています。

「エミール・ガレ 自然の蒐集」 ポーラ美術館@polamuseumofart
会期:3月17日(土)~7月16日(月・祝)
休館:会期中無休。
時間:9:00~17:00 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1800(1500)円、65歳以上1600(1500)円、大学・高校生1300(1100)円、中学・小学生700(500)円。
 *( )内は15名以上の団体料金。
 *小学・中学生は土曜日無料。
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
交通:箱根登山鉄道強羅駅より観光施設めぐりバス「湿生花園」行きに乗車、「ポーラ美術館」下車すぐ。有料駐車場(1日500円)あり。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「蓮沼執太: ~ ing」 資生堂ギャラリー

資生堂ギャラリー
「蓮沼執太: ~ ing」
4/6~6/3



資生堂ギャラリーで開催中の「蓮沼執太: ~ ing」を見てきました。

1983年に東京で生まれた音楽家の蓮沼俊太は、蓮沼執太フィルを結成してコンサートを行いながら、映画、演劇、ダンスのほか、個展形式で展覧会を開くなど、幅広く活動してきました。

蓮沼にとって、「展覧会とは、空間の中で聴覚と視覚の接点を見つけていく行為」(公式サイトより)であるそうです。それでは一体、どのような展覧会を作り上げたのでしょうか。


「Thing~Being」 2018年 楽器金属材、ミラーシート、アルミ板

鏡面の空間が広がっていました。四方の壁は全てミラーシートで覆われ、床面には無数の真鍮色の金属と思しき部品が散乱していました。遠目では分からないかもしれませんが、近くに寄ると、楽器の一部のような素材も見えました。実のところ、楽器の製造過程で出た金属材でした。


「Thing~Being」 2018年 楽器金属材、ミラーシート、アルミ板

その金属材の上を歩くことが出来ました。すると靴と金属材が触れ、ジャラジャラ、あるいはカラカラといった金属音が鳴り出しました。そしてさらに人が加わると、別の箇所でも音が鳴り、さもハーモニーを築くかのようにして響き合いました。あくまでも楽器の一部に過ぎない金属材が、まるで楽器のように音を奏でていたと言えるかもしれません。これを蓮沼は「人の存在が音化する」作品と呼びました。


「Thing~Being」 2018年 楽器金属材、ミラーシート、アルミ板

床には断片的に光が揺らめいていて、戸外の風景が一面に映されていることが分かりました。また金属音のほかに、天井付近のスピーカーから、やはり同じく屋外らしき環境音が流れていることに気づきました。消防車かパトカーのサイレンらしき音も聞こえました。


「Ginza Vibration」 2018年 映像、環境音

これは銀座の風景、ないし音で、蓮沼は、資生堂銀座ビルの屋上ガーデンにマイクとカメラを設置し、リアルタイムの映像と音を、地下のギャラリー空間へと落とし込みました。耳を澄ますと、常に変化する銀座の街の様子が、体感出来るかもしれません。


「Tree with Background Music」 2018年 木、スピーカー

もう1室は、観葉植物と段ボールの展開で、中央に大きな植物が置かれ、背後にはスピーカーが設置されていました。また積まれた段ボール箱からは、カラカラとした乾いたパーカッションの音が響いてきました。さらにスピーカーより大きな音が発せられると、植物は僅かに揺れているようにも見えました。やはりここでも音を可視化する試みを行っていました。


「We are Cardboard Boxes」 2018年

段ボールから聞こえる音は、蓮沼が同じく段ボールを使って演奏した音でした。通常、音を発さないダンボールから聞こえるのも、意外性があるのかもしれません。

はじめに会場へ入った際、無数の部品が広がる光景に、やや戸惑いを覚えましたが、しばらくすると夢中で金属材をを足で打ち鳴らし、場内に轟く銀座の環境音に耳を立てている自分に気がつきました。主役は音として差し支えありません。



入口の説明文も音波で表現されていました。音と空間、それに鑑賞者との関係に着目した、異色の展覧会と言えるのではないでしょうか。


6月3日まで開催されています。

「蓮沼執太: ~ ing」 資生堂ギャラリー@ShiseidoGallery
会期:4月6日(金)~6月3日(日)
休廊:月曜日。
料金:無料
時間:11:00~19:00(平日)、11:00~18:00(日・祝)
住所:中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
交通:東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅A2出口から徒歩4分。東京メトロ銀座線新橋駅3番出口から徒歩4分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識」 根津美術館

根津美術館
「特別展 光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識」 
4/14~5/13



根津美術館で開催中の「特別展 光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識」を見てきました。

江戸時代半ば、尾形光琳(1658〜1716)と弟の乾山(1663〜1743)は、時に協同し、また個々に制作に取り組んでは、日本美術史上にも輝く様々な名品を生み出しました。

その光琳と乾山の業績を辿るのが、「光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識」で、館内には、両者の作品が約60件ほど展示されていました。(一部に展示替えあり。)


国宝「燕子花図屏風」(左隻) 尾形光琳筆 江戸時代・18世紀 根津美術館

いきなり目に飛び込んできたのが、尾形光琳の名作、「燕子花図屏風」でした。言わずと知れた国宝で、琳派を代表する作品として人気を集めています。同館でも、毎年、カキツバタの咲く時期に合わせて公開しています。

まばゆい金地の右と左に広がるのが、カキツバタの花群で、群青と緑青を用い、図像的に配していました。右はほぼ正面から見据え、上へと花が向いているのに対し、左隻はやや上方から見下ろす形になっているのか、花群が下へ沈みこむようにも見えました。これまでにも何度か目にした作品ではありますが、その美しさに改めて見惚れました。

光琳では「夏草図屏風」も見どころで、晩春から夏にかけての30種類の草花を描いていました。先の「燕子花図屏風」が意匠的であるのに対し、この「夏草図屏風」は写実的で、芥子の葉の葉脈やギザギザとした形までも丹念に描きこんでいました。実際、公家の近衛家熙の表した植物写生図に近く、渡辺始興のサポートがあったとも指摘されています。


重要文化財「太公望図屏風」 尾形光琳筆 江戸時代・18世紀 京都国立博物館

「太公望図屏風」にも目を引かれました。中央に頰杖をつく太公望がいて、釣具こそ見えないものの、水辺で釣りをする姿を表していました。水や衣文のほか、背後に迫る懸崖の曲線の描写が特徴的で、崖の線は太公望のヘソのあたりに収斂していました。構図に光琳の個性が現れているかもしれません。


「鵜舟図」 尾形光琳筆 江戸時代・18世紀 静嘉堂文庫美術館

「鵜舟図」も魅惑的ではないでしょうか。謡曲の鵜飼に取材して描いた淡彩画で、川の上で小舟に乗り、鵜飼をする翁の姿を、宗達風の軽妙な筆で表していました。ちょうど鵜は魚をのみ、首を突き出す瞬間を捉えていて、その方向を翁も見やっていました。光琳は水墨の名手でもあります。臨場感のある一枚ではないでしょうか。

光琳と乾山の合作も見逃せません。中でも興味深いのが、乾山作、光琳画の「銹絵寒山拾得図角皿」で、ちょうど巻物を広げる寒山を光琳、箒を持つ拾得を乾山に見立てて描いていました。ほかに「銹絵竹図角皿」や「銹絵楼閣山水図四方火入」も充実していて、後者は雪舟風の山水表現を見ることが出来ました。おそらく光琳が、江戸にいた頃に写したのではないかと考えられています。

続くのは乾山の書画でした。江戸に降った乾山は、作陶よりもむしろ絵画の制作に勤しんでいて、素人性を帯びた作品と、一方で光琳風を思わせる作品を残しました。兄、光琳が装飾的な色彩画と、水墨の双方に才能を発揮したのと同様に、乾山も二面性とも受け取れる画業を展開していました。


「兼好法師図」 尾形乾山筆 江戸時代・18世紀 梅澤記念館

「兼好法師図」も素朴な作品で、もはやヘタウマとも呼べるようなざっくりとした筆使いにて、庵の中で座る兼好法師の様子を捉えていました。和歌は隠棲したつもりの場所が憂き世であることを詠んでいて、乾山の江戸生活に対する思いが反映されていると言われています。

「定家詠十二ヶ月和歌花鳥図」は、かつて角皿にも用いた和歌画題を着彩に表した作品で、9月ではすすきと鶉を描いていました。会場には2月、8月、9月の3幅が展示されていましたが、元々は12枚セットの画帳であったそうです。

一転して華やかなのが、「桜に春草図」と「紅葉に菊流水図」でした。ともに春と秋の草花などを描いた作品で、桜はピンク色、紅葉は朱色に染まっていました。必ずしも対幅ではありませんが、春と秋のセットの作品だと考えられています。

ラストは乾山の焼きものでした。作風は多様で、一括りには出来ませんが、「絵」をキーワードにした角皿や色絵、さらに蓋物や土器皿の優品が集まっていました。


「色絵定家詠十二ヶ月和歌花鳥図角皿」(のうちの一月) 尾形乾山作 江戸時代・元禄15(1702)年 MOA美術館

「色絵定家詠十二ヶ月和歌花鳥図角皿」は、12枚の角皿に花木と鳥、それに藤原定家の詠んだ和歌を表した作品で、表が絵、裏に和歌が描かれていました。角皿に文学性を盛り込んだ乾山ならではの様式で、実際にもヒット商品と化したそうです。


「銹絵染付金彩絵替土器皿」(5枚のうち) 尾形乾山作 江戸時代・18世紀 根津美術館

「銹絵染付金彩絵替土器皿」は、梅や帆掛け船、すすきや流水の菱などを5枚に描いたもので、手で成形した円い皿の中で、叙情的とも呼べる風景が広がっていました。また「色絵竜田川向付」は、流水に紅葉をかたどった10枚の連作で、金や紅、緑などの色を用いては、実に雅やかな世界を築き上げていました。


重要文化財「武蔵野隅田川図乱箱」 尾形乾山作 江戸時代・寛保3(1743)年 大和文華館

さらに「武蔵野隅田川図乱箱」も見逃せません。木の箱の見込みに蛇籠と波、それに千鳥を描き、側面や裏面にすすきをあしらっていました。光琳的なデザインと乾山風の素朴な筆を同時に見られる作品で、時に乾山81歳、最晩年に制作されました。

展示は、1階の展示室1と2、さらに2階の展示室5へと続いていきます。また同館のコレクションだけでなく、MOA美術館、東京国立博物館、サントリー美術館のほか、MIHO MUSEUM、大和文華館、湯木美術館など関西の美術館からも作品がやって来ていました。必ずしも広いスペースではありませんが、これほどまでに光琳と乾山の作品を一度に見る機会など、なかなかありません。まさに琳派ファンには嬉しい展覧会でした。



展覧会を鑑賞したのちは、美術館裏に広がる庭園を散策しました。



私が出向いた際は、弘仁亭前のカキツバタはまだ咲いていませんでした。とはいえ、藤の花が開き、園内の木々の新緑も鮮やかでした。



ともかく緑が深く、いつもながらに都心とは思えません。


なお4月17日の段階で、例年より1週間ほど早く、カキツバタが開花したそうです。つぼみも膨らんでいて、もう間もなく見頃を迎えると思われます。



会期早々であったにも関わらず、館内はかなり盛況でした。中盤以降、GWにかけては混み合うかもしれません。



会期最終週の5月8日(火)から13日(日)は、連日19時まで開館します。



5月13日まで開催されています。おすすめします

「特別展 光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識」 根津美術館@nezumuseum
会期:4月14日(土)~5月13日(日)
休館:月曜日。但し4月30日(月)は開館。
時間:10:00~17:00。
 *5月8日(火)~13日(日)は19時まで開館。
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1300円、学生1000円、中学生以下無料。
 *20名以上の団体は200円引。
住所:港区南青山6-5-1
交通:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅A5出口より徒歩8分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ガレの海の世界について「いまトピ」に寄稿しました

「gooいまトピ」に、エミール・ガレの海をモチーフにした作品について寄稿しました。



森の中で巡る?エミール・ガレの驚異の海の世界とは!?
https://ima.goo.ne.jp/column/article/5777.html


アール・ヌーヴォーの工芸家として活躍したエミール・ガレは、博物学的な知識を持ち合わせていたことから、主に植物や昆虫を作品に取り込んだことで知られています。しかし晩年の5年間、集中して海の生き物を取り上げていたことがありました。



「エミール・ガレ 自然の蒐集」(ポーラ美術館)
会期:3月17日(土)~7月16日(月・祝)
http://www.polamuseum.or.jp

それを紹介するのが、ポーラ美術館の「エミール・ガレ 自然の蒐集」展で、国内のガレ・コレクションが、約130点ほど公開されていました。



展覧会自体は、ガレの陸と海の生き物の両面について追っていますが、「いまトピ」では海に着目して、いかにガレが作品を作り上げたのかについて書きました。実際のところ、作品自体も陸の生き物に比べて少なく、必ずしも見る機会が多いとは言えないかもしれません。



また「いまトピ」でも触れましたが、ポーラ美術館では、下田海中水族館と提携して、ガレの海の生き物に関する様々なキャンペーンを展開しています。

「19世紀の芸術家 エミール・ガレ が愛した海」(下田海中水族館)
会期:3月17日(土)~7月16日(月)
https://shimoda-aquarium.com

「エミール・ガレ 自然の蒐集」展の全体の感想については、改めてブログ上でまとめたいと思いますが、「いまトピ」に寄稿したコラムについてもお目通しくだされば嬉しいです。


なお「いまトピ」のアート関連の記事も続々公開されています。是非ご覧下さい。

金曜土曜の夜は国立美術館・博物館に行こう! (在華坊さん)
https://ima.goo.ne.jp/column/article/5774.html

”大天使ミカエル”が舞い降りた、フランスの聖地に行ってみた!! (Aiさん)
https://ima.goo.ne.jp/column/article/5764.html

春だ!丸の内のアートな夜更かし散歩に出かけよう! (明菜さん)
https://ima.goo.ne.jp/column/article/5756.html

旅に出よう!建築好き(と喫茶店好き)のための金沢編(KINさん)
https://ima.goo.ne.jp/column/article/5695.html

日本美術の聖地・五浦へ(yamasanさん)
https://ima.goo.ne.jp/column/article/5715.html

印象派の画家たちから届いた、フレッシュマンに贈る10の言葉(Takさん)
https://ima.goo.ne.jp/column/article/5755.html


「エミール・ガレ 自然の蒐集」 ポーラ美術館@polamuseumofart
会期:3月17日(土)~7月16日(月・祝)
休館:会期中無休。
時間:9:00~17:00 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1800(1500)円、65歳以上1600(1500)円、大学・高校生1300(1100)円、中学・小学生700(500)円。
 *( )内は15名以上の団体料金。
 *小学・中学生は土曜日無料。
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
交通:箱根登山鉄道強羅駅より観光施設めぐりバス「湿生花園」行きに乗車、「ポーラ美術館」下車すぐ。有料駐車場(1日500円)あり。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「こいのぼりなう!」 国立新美術館

国立新美術館
「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」
4/11~5/28



国立新美術館で開催中の「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」を見てきました。

テキスタイルデザイナーの須藤玲子と、須藤の主宰する株式会社「布」のメンバーがデザインしたこいのぼりが、国立新美術館の広大な展示室を鮮やかに彩りました。



その数は全319点で、ご覧のように空中で群れをなすように連なっていました。手前から白、緑、黄色、そして奥へ向かって赤へとグラデーションを描いていて、近づくと抽象、具象を問わず、様々な模様で象られていることが分かりました。



そもそも須藤は、こいのぼりの着想を得たインスタレーションを、フランスの展示デザイナーのアドリアン・ガルデールと協同し、2008年にはワシントンD.C. のジョン・F・ケネディ舞台芸術センター、また2014年にはパリのギメ東洋美術館にて発表しました。素材やモチーフこそ日本から採りながらも、海外からの帰国展と呼べるかもしれません。



展示室は2階のEで、天井高は8メートル、面積も2000平方メートルもあり、同館で最も広いスペースとして知られています。



私としてシンパシーを感じるのは、赤のこいのぼりでした。いずれも宙に吊られていますが、高さはまちまちで、下の方のこいのぼりは目と鼻の先で見ることも出来ました。



天井付近には薄い白い布が張られていて、全体の照明はやや暗く、こいのぼりへ向けてスポットライトが当てられていました。ちょうど展示室の中央付近で、円を描くように群れるこいのぼりを見上げると、何やら水の中に潜っては、鯉が泳ぐ姿を眺めているような気持ちにさせられるかもしれません。



床面にはクッションもいくつも置かれていて、思い思いに座ったり、半分寝そべりながら、こいのぼりを観覧することも出来ました。



会場に足を踏み入れるまで気がつきませんでしたが、各所にスピーカが設置されていて、サウンドインスタレーションも展開されていました。音響、映像ユニットのsoftpadが提供していて、「六本木アートナイト2018」の開催される5月26日(土)には、スペシャル・プログラムも開催されます。(詳細は美術館サイトにて告知。)



ライゾマティクスの齋藤精一も光などの演出を担っていました。須藤との日本では初めてのコラボレーションでもあるそうです。



布地は、北は山形県、南は鹿児島県の奄美大島の職人らと作られていて、一つとして同じものはありません。サイズと形が同一ながらも、時に違うように見えるのは、テキスタイルの意匠のなせる業なのかもしれません。



須藤は1980年代にこいのぼりに出会い、自らのデザインしたプリントで作品を制作してきました。いわば40年越しに実現した、こいのぼりの一大インスタレーションと言えるのではないでしょうか。



企画展示室の奥の部屋にも注目です。一見、一つの空間での展開に思えるかもしれませんが、実は白い壁の向こうにもう一室あり、ワークシートの形式でこいのぼりが制作出来る体験コーナーが設けられています。



こいのぼりに使用された布地に触れられるコーナーもありました。私も実際に触れてみましたが、1枚1枚で、かなり質感が異なっていました。さらにモニターでは、須藤玲子と齋藤精一による布づくりの様子も公開されている上、美術館でのこいのぼりの設営風景もダイジェスト版にまとめられていました。おおよそ完成にまで10日間かかったようです。



モニター以外は撮影も可能です。SNSへ自由にアップ出来ます。


会場内はなかなか盛況でした。もう間もなくこいのぼりの季節を迎えます。GWあたりは多くの人で賑わうかもしれません。



入場は無料です。5月28日まで開催されています。

「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」 国立新美術館@NACT_PR
会期:4月11日(水)~5月28日(月)
休館:火曜日。但し5月1日(火)は開館。
時間:10:00~18:00
 *毎週金・土曜日は20時まで開館。
 *4月28日(土)~5月6日(日)は20時まで開館。
 *5月26日(土)は「六本木アートナイト2018」の開催により22時まで開館。
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:無料。
住所:港区六本木7-22-2
交通:東京メトロ千代田線乃木坂駅出口6より直結。都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩4分。東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩5分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ