GSゲルマニウム原人の退屈な日々

見わたせば、気になることばかりなり・・

ブルースセッションでもどう?

八の倍数

2012年03月31日 10時49分52秒 | 携帯から書くよ
なかなかの重篤なので♪

さすがに水分補給は大切、かといって養命酒はだめだろ!

ま、スポーツドリンクで土日を乗り切る!
コメント (2)

ふへぇ…

2012年03月30日 09時49分29秒 | 徒然なるままに
久々にやられた感のある一週間であった。

月曜はもう倦怠感の固まりで熱はないけれど、だるくて食欲がない…人生で食欲が無くなるという経験はさほど無いので精神的に落ち込む。もちろん、日常的に大食漢ではないし3食以外のおやつなども「のど飴」以外は食べることもないからきちんと朝昼晩と空腹が来てくれないとパニくる。

そんな流れで月曜は早退して、火曜も有給休暇をとったので「倦怠感」はほぼ回復して自分としては一番責任のある「水曜セッション」の仕切はいつも通り何の問題もなく終えることは出来た。

ただ、その帰りに喉に違和感…ピリッとね。

で、木曜は完全に風邪の症状…疲れていたところに免疫力が下がって風邪をひいてしまったと言うことだろう。目のまわりがボ~っとして節々が痛く「花粉」の可能性も大なのでまずは鼻炎の薬を飲む。

事実、水曜の夜から木曜の朝にかけてはひどい鼻づまりで、完全に花粉の症状だったから。

でも、鼻づまりは解消したものの夕方からゾクゾクブルブル…色々あってとにかく車のヒーターをガンガン入れながら帰宅。

速効で熱を測ると37.4度まぁ微熱ではないけれど高熱でもないとはいうものの、平熱が36度以下なのでそれなりにきつい。

喉の痛みも結構あったので炎症に強い系のパブロンAXを帰宅後すぐ飲むと、喉の痛みと熱は良い感じで下がり出す。

とりあえず今日は年度末で、今日で退職の人もいるので会社に来てパブロンで乗り切る予定だ。

週の頭と決定的に違うのは「食欲がある」ということ、つまり普通の風邪引き状態に戻ったのでまずは飯さえ食えれば何とか成ると気持ちも前向きなるのが通常の私。

ただね…ひとつ悩みが。

今週、食べている量も少ないとは言え…まだウンコ出てない!!

お腹の中でひからびて来ちゃうとウンコ始末に悪いんだけどなぁ…水分補給しなくちゃダメかな。
コメント (1)

個人的に楽しんじゃった

2012年03月29日 08時53分02秒 | 水曜ブルースセッション
261回目の錦糸町Pappy's「水曜ブルースジャムセッション」(通称WBJ)

イエローソウルライン…総武線、東京の東部の錦糸町(でも結構中央より)都内勤務の善男善女が千葉方面に帰宅途中に手ぶらで参加できるブルースセッション♪

もちろん、方向が違ってもわざわざ足を伸ばして来てくださる老若男女♪

名古屋京都など他県からの参加者も多数!

毎回15名以上の参加者で、爆音有りジャジーなサウンド有り、トリッキーなプレイ有り…もう千差万別。

特に方向性を持たせていない「立ち飲み屋」感覚のセッションと自負しております。

昨夜は、諸般の事情で同じ釜の飯を食い、楽しい社員旅行を共にした仲間と年度内最後のセットを個人的趣味で組ませてもらったりしちゃいました。

セッションホストとして、ごくたまにやる「わがまま」お許しを♪

まぁ、それが実にすばらしい演奏内容な上に超楽しかったのです。

セッションなんて、楽しくてナンボ!笑顔があってナンボ!

しかめ面しい「何年のどこのサウンド」なんてことぁ考えず、バッキングは慎重に、ソロときは「俺が!俺が!」の精神で楽しめば良いんです。

ステージ上で「クラプトン」と「ロバジョン」と「マディ」が火の粉を散らす♪

そんな、夢のような時間こそセッションの楽しみ!

ぜひ、東京の錦糸町…ラブホ街の飲み屋ビル7階の錦糸町Pappy's

毎週水曜日の19時オープン20時スタートのブルースセッションに、とにかく一度でイイから遊びに来てみたください♪

正直     スゲェヨ
コメント (2)

どうなる

2012年03月28日 09時31分44秒 | 徒然なるままに
いまやファミレスのおもちゃ販売コーナーでラブド~ルが販売されるご時世ですよ。

しかも、480円に消費税で504円…や!安いじゃぁないか

ふぅ…まだ頭が完全復活していないな、歩きすぎの筋肉疲労は問題なしでやっぱり蓄積された疲労と飲み過ぎ?それプラス花粉と若干の風邪っていうとこだね。

今日もなんとなく首筋が硬いのと目のまわりがジンジンしている感じ…これは丸一日ディスプレイにかじりついているための眼精疲労が出て居るんだな。基本はバファリンで対応できるんだけれど、今朝花粉症の鼻炎の薬を飲んじゃったので午後までバファリンは我慢。

しかし、消費税

国民としては状況は分かっているから「上げるな」と言うひとは少ないと思うね、たださ自分たちの選挙での得票のことだけを考えて「時期じゃない」とか「上げるべきではない」とか言っている小沢な人たち。

正直、あんたら不愉快!

とはいうものの

まずね、消費税上げて国民に負担をお願いするならその前に「やること有るでしょ?」って全国民が思っているよ。

思っていないのはあんたら「議員」だけ、いや、議員も思っちゃ居るんだろうけれどそれこそ小沢の人じゃないけれど仮に議員の定数を2/3にしたとして落選は免れたいよね~、だからこそ「時期じゃない」っていう選挙活動をしたりするわけだ。

歳費だってそうだよな、自分たちの給料や「自由に使える便利なお金」を減らす相談なんかするわけ無い…泥棒に防犯を頼むようなものだ。

議員を見張る機関て言うのはないのか?むかしの大目付みたいな。

ま、いいからさ…解散しろ♪
コメント

少し休めと

2012年03月27日 00時02分32秒 | 携帯から書くよ
今年になってろくに休暇もとらずに昼は仕事、夜は遊びとちょいとやり過ぎたからかな〓〓

累積疲労がピークに達したらしい〓

食欲がなく昼飯を抜くなんてあり得ないのにまったく食べたくない〓

これはまずいと早退&明日は今年初有給休暇をとることにしました〓

晩御飯はウコンとしょうがのお粥〓

さ、メールの送信予約をして11時…寝ます〓
コメント (2)

さすがにまいった…

2012年03月26日 09時12分47秒 | 徒然なるままに
先週の春分の日に地元の不動産屋まわり…もちろん自分のではなく知人が転居先を探すというので土地勘のある私が同行、そして12000歩・約10キロ。

22日の木曜は錦糸町でKei'sの常連さんの定年ライブで深夜帰宅、土曜日はPBBの今年3回目のライブで、コレがひたすら全開で駆け抜けるような曲ばかりで(まぁ自分で選んだんだけれど)ステージ上で足をばたばたさせながらの汗まみれ演奏♪

そして昨日の日曜も不動産屋まわりで、まぁ時間的にはお茶をはさみながら7時間で20000歩・約15キロ。

はじめて自宅から勤務先までの距離を踏破したわけだ…いやぁさすがにコレはきつい♪

歩くことだけを目的にしたら3~4時間コースかな…万が一の時でも15キロは歩いて帰れるって言うことを確認できたって言うわけだ。

そして、今夜も錦糸町Kei'sで23時くらいまでアコギ三昧…水曜はWBJで、木曜にはまたサークルKeiの村長のお誕生日なので錦糸町。

さすがに次の週末は予定を組んでいないので爆睡するか?

なんか一発で疲れの取れる魔法の薬はないかね…有るよ(*^_^*)でもヤバイヨ~♪しかもその後逆に死ぬほどだるくなるらしいよ。(ダメじゃん!!)

牛乳使ったココアが良いんだって♪

う~ん、そんな物飲んだこと無いね、最近は。

会社の喫茶部に連絡して作ってもらうか♪

さ!!本年度ラスト週!遊びと仕事で頑張りまっしょい♪
コメント

今日も

2012年03月25日 13時24分03秒 | 携帯から書くよ
ガストなう!
コメント

テレビ番組の大嫌いなもの

2012年03月24日 10時56分01秒 | 携帯から書くよ
ドッキリ番組と物まね番組
コメント

長年の疑問は疑問のママ(^^;)

2012年03月23日 09時28分18秒 | 徒然なるままに
うちの実家では子どもの頃から花札は普通にあった。

もちろん、コイコイとかそう言ったのはやっていなかったけれど、一番簡単?な「ばかっぱな」を子どもの頃はよく家族でやっていたよ。

で、どの柄が何月とか教わるんだけど、まぁコイコイとかと違って「ばか」の場合それほど数字代わりになる月は必要なかったけれど、まぁいろいろ教えてくれたわけだ。

まぁ概ね…一月が松に鶴だったりするのは納得いくよね、本当は松の木に鶴は来ないしそもそも鶴が木にとまることはないし、あれは昔の日本人が「鶴」と「コウノトリ」をごっちゃにしていたからなので、松にコウノトリが縁起が良いと♪

で…10月まではさほど違和感がないんだな。


問題は11月だよ!

あ、その前に12月の「桐」って言うのもイマイチ意味が分からない、たぶん桐の花は5月ゴロ?それでも、こういったばくちの道具で最後のカードが「切り札」=「桐の札」って語呂合わせかな?くらいの感じは分かるんだ。

さてと

11月だよ!柳って…柳にぃ~ツゥバメはぁ~あなたと私ぃ~♪胸ぇの振り子が…なんて歌っているバヤイじゃない!

11月と柳と雨ってイメージがあわないくない?

やっぱ初夏って言うか青々とした柳だよね、しかも雨の中傘を差してカエルを眺めている小野道風…こりゃぁイミフだべさ。

でね、少なくとも分かったのはこの小野さんになったのは何故か明治以降なんだと、それ以前の11月は番傘をさして雨の中を走っているお侍♪

歌舞伎好きならこのスタイルで「おお!!」と思いつくのは「斧定九郎」

あの忠臣蔵のなかで一番スタイリッシュなピカレスクヒーロー!定チャンですよ♪
まぁこのスタイルになったのは落語好きならこれまたの名作落語「中村仲蔵」の演出、また、本当は「斧」=「大野」で大石内蔵助の一応反対派家老大野九郎兵衛の息子なんだけどさ。

で、何故そうなったのか分からないけれど「斧」が「小野」になって「東風」に成っちゃった見たいなんだなぁ。

まぁ仮にそうだとしても元ネタ「斧定九郎」が山崎街道で登場する段は旧暦6月…たしかに柳と定九郎はぴったり合うけれど…何故11月!!!!

で、謎はマッタク解けないわけだ(^^;)

ちなみに…柳の所に書いてある謎の鳥…あたしゃ極楽鳥かと思っていたよ派手だから♪あれも、どうやら柳にツバメらしい…ツバメに見えないよな♪
コメント

これでいいのか

2012年03月22日 09時20分06秒 | 徒然なるままに
日本の役所は民間に仕事を発注する時、基本的に「入札」なわけだ。

その仕事をするに十分な実力を持った企業が、この仕事なら諸々計算をしてこの金額でなら出来ると自信を持って「入札」をする。

当然、そう考えている企業は複数有るのが当たり前なので、同じ条件下でよりやすい所へ発注する…当然のことだ。

それが、大事な国民の税金を使う役所というものだ、間違いない。



実際のその仕事に関わる現場の職員(役所側)にとってそれが最良なんだろうかね?

最低足きり金額はあるからかつてのような「0円」で落札なんて言うのはなくなっているけれど、まったく初めての会社が毎年入れ替わり立ち替わり初心者レベルから再スタートという極端な例も結構あるわけで。

前任の企業から1週間ほどの引き継ぎで、一回も庁内で勤務したこともない人間がハナッから始めなくては行けない…なんて非効率なんだろう。

確かに日本国は「単年度予算」で、その年の予算はその年で使い切る、次年度はまた新たに予算を組む…毎年やっていることだから誰でも知っているけれど、実際の現場サイドでの業務としたらある程度慣れた作業を続けてもらった方が、効率も能率も当然上がるというものだ。

たとえば!

入札業務は落札した企業は「3年間」責任を持って作業に当たらなくては行けない、金額は落札時の金額で据え置き、諸般の事情で1年経過後その作業が不要とみなされた場合は3年間の期間中であっても打ち切り解約が出来る。

せめて、これくらいの条件にしてもらったら企業側はもちろん、役所の担当職員もずっと安心して仕事が進められると思うんだなぁ。

ま…負け犬の遠吠えだけどさ…
コメント (4)