GSゲルマニウム原人の退屈な日々

見わたせば、気になることばかりなり・・

ブルースセッションでもどう?

こんなタイプ?

2013年02月28日 09時57分11秒 | 徒然なるままに
もうちょっとダサい感じの♪

ホットウイスキーとか飲むグラスでね…そう、リアルタイムで普通に喫茶店に「ホットコーラ」があって、それを飲んだ経験をした人って50代以上かな?

で、逆にもっと上はまた居なくなっちゃうみたいな…50~60歳限定な?

私が初めてホットコーラを飲んだのは、高校1年から2年になる春休み。

初めて当時はやっていた「ミニ周遊券」をかって「ディスカバー・ジャパン」な旅をするブーム♪で、友達の…ココが微妙なんだけれど、実はそれほどの仲良しでも無かった「高一のクラスメイト渡辺君」と鈍行の夜汽車に乗って、新潟か糸魚川かどこか経由で明け方に金沢駅に着くという旅行をしたのだ。


コレがそのとき渡辺君が撮ってくれたたぶん16歳の俺♪

そこから能登半島を一周して、帰りは飛騨高山によってからのたぶん名古屋とか当たりを経由しての東京帰還…だったと思う。

たぶん彼と行くことになった理由は、彼も写真が好きだったことと今で言う「撮り鉄」の一種だったんじゃ無いかと思うけれど、時刻表とかも読めたから交通手段は彼に任せれば楽できるな…っていうような所からの同行二人旅だったんじゃないかと思う。

で、3月の能登も高山も寒くって♪喫茶店に入って暖を取ると言う事になってそこのメニューにあったのが「ホットコーラ」

今でもそうだけれどあまり喫茶店に入らないタイプなので「ホットコーラ」に出くわしたのはそのときが初めて!

ほぼ気の抜けたコーラ風味のすごく甘い飲み物…レモンは入っていたか記憶はイマイチだけれど、良く昔さ喫茶店で紅茶を頼むと香水の瓶みたいな鶴首のガラス瓶に入った安いブランデーがついてきたでしょ?それが添えてあった。

いやぁ~コレは温まるよ!で、その旅行中は喫茶店に入るたびにメニューにあればホットコーラを頼んでいた。

東京でも置いてある店は結構あったな…でも、二十歳くらいになる頃にはどこにも見かけることはほぼ無くなった。

まぁ喫茶店になれてきた私は「純喫茶」から「JAZZ喫茶」や「コーヒー専門店」に行く様になったって事もあるかもしれないけれど、何十年もたってから「ホットコーラの思い出」を話すと多くの人が知らないケースが多かった。

きっとほんの一瞬だけメニューに取り上げられただけなんだろうなぁ…でも私にとって40年ほど前の寒い旅の思い出なんだよねぇ。

渡辺君…元気かなぁ。
コメント (4)

ローテーション?

2013年02月27日 09時27分49秒 | 徒然なるままに
雨降りローテーションが水曜に重なっているニィ…

まぁ運の良いことに夕方・夜は雨も上がっていることが多いので助かっているけれど、楽器を担いで出勤してセッションに来てくださる方には躊躇させる雨ではあるわけで。

店に置いてる「ご自由に使ってください」のギターには私のかつて使っていた楽器もあるわけだけれど。今は…2台か?

一見バディ・ガイモデル風のストラトはフェンダーメヒコのパワーストラト、もともとはクラプトンさんも使っていたノイズレスタイプのピックアップが乗っていて、さらにリアピックアップの単独オンオフができるミニスイッチもついていた。

いまは普通の安いストラトに着いているピックアップに交換して、スイッチも取っ払ってしまってしごくノーマルなストラトになっている。

もう一つは安いギターを作らせたら、まぁそつなく作るバッカスさんのムスタングとサイクロンのあいのこみたいなギター♪これは、ある日セッション会場にキャンディーアップルレッドのギターがやけに大集合した日があって♪急に自分も欲しくなって買ってしまったものの、やっぱ1万円のギターをレギュラーで使う気分には成れずに一回使ってそのまま店に寄付してきた物。

フレットのサイドの処理が悪くて、しばらく弾いていると指の腹に細かい傷が大量に発生するという、お風呂に入って指がふやけてビックリするギターだったけれど、先々週くらいにのこぎりの目立てやすりで軽く処理したので以前ほどの危険性は無くなったと思う。

ま、使うのがおおむね「セッッションキング氏」なのでそのうち感想を聞いてみなくては♪

場合によってはもう一つ、このスタイルのギターにはまって衝動買いしたきれいな水色の東海のギターもあるので、チェンジしても良いかなぁとも思ってたりもする。

さて

今夜もきっと大勢のブルースマンが来てくれることでしょう!

毎週、バリエーション豊富さと〆の爆音で体の毒素を吹き飛ばしてもらっているWBJ!

今夜も良い写真が撮れるかな
コメント

ありゃありゃ大変…

2013年02月26日 09時14分57秒 | 徒然なるままに
3月以降のスケジュールが(^_^;)

忘れないように書いておこうっと…

3月9日(土) 義弟の新居に遊びに行く…新築したらしいからね

3月11日(月) K's Bar 

3月12日(火) サンタナ公演 武道館

3月14日(木) 文化座お芝居 池袋

3月16日(土) 瑞江のホットコロッケでPappy's blues bandライブ

3月17日(日) Pappy's オーナーデーライブ

3月25日(月) K's Bar

4月6日(土) After the Rainライブ…からの!終了次第長野県飯田市に移動!

4月7日(日) 長野県飯田市で桜祭りPUPPY WALKERライブ

4月8日(月) K's bar

4月22日(月) K's bar

5月11日(土) Pappy's blues bandライブ(しびれなまずと)

5月12日(日) Pappy's オーナーデーライブ

5月26日(日) After the Rainライブ(スキンフィッシュと)

この間に新潟行きが挟まりそう…大丈夫か?おれ♪
コメント (2)

川崎市大田区

2013年02月25日 00時47分14秒 | 徒然なるままに
我が家は多摩川(六郷川)を挟んで川崎球場や川崎大師と向かい合っているので、天気予報も東京より川崎の天気の方が身近な感じ。

東京23区の最南端…ブルース好きで言えばミシシッピのローリングフォークスwと言いたいけれど、ミシシッピ州の西側に流れているのがオールドマンリバーだから全然違ったりするのね~。

最南端はテキサス州とかになるのかなぁ…マイアミは半島で国境じゃないし。

そういうと、川崎はメキシコ~!

ま、くだらない戯れ言は良いとして♪

家のばーちゃんは月参りのように川崎大師の中にある不動堂に行っていた、まぁつきあうことも多かったからなんとなく亡くなった後も行くことが多いけれど、今年になってからは行っていなかったので今年初詣でw

何となく蒲田より川崎の方が好きなのは何でだろう…蒲田は京急・JR・東急と集まっていて華やいでいるけれど、地べたのサイズに余裕が無くって飽和状態。

川崎って…特にJR川崎の周りは案外余裕があってゆとりがあるんだよな、下品さとかヤバさとかは川崎の方が強いけれど、なんとなく大師があるってだけで門前町のゆるさがどこかにあるって言う感じだな。

蒲田は基本「工場の門前町」って感じで、若い頃は蒲田の力強さが魅力的だったけど、いい歳なってくると川崎の下品だけれどバックに「寺」がある緩さが良い感じに思えてくる。

まぁ昔から日常の蒲田、ちょっと出かける川崎って感じでミスタウンとか行くとワクワクしたもんね。

川崎には浅草的な印象が有るって言うことかな~。

とりあえず、ばーさんの代参をしたのですっきりした日曜だったのだ♪
コメント (2)

お雛様

2013年02月24日 10時13分00秒 | 携帯から書くよ
去年は喪中とか言って出さなかったf^_^;)
コメント

新山下

2013年02月23日 11時34分35秒 | 携帯から書くよ
ヘルメット買いにきてます
コメント

さすがの本職♪

2013年02月22日 10時17分49秒 | 徒然なるままに
娘の勤務先の養護老人ホームでボランティアライブをする。

基本、わたしは歌の人では無いし根っからのスネ夫型…子分体質で唯一PBBの時だけがんばって中心を張っているだけで、まぁそれとて実際はフロント分業制だからなんとかやれているというわけだ。

しかもお年寄りと子供が苦手なPWと言うのもあって♪こういった施設でのミニライブとかはかつてやったことが無い。

道具(ハード)に関するノウハウはあってもソフトが無い(^_^;)

なのでお年寄りの介護に関しては最強のプロで、そのうえメジャーデビューもしていた歌手の真由美ちゃんに「助けて!」とすがったわけだ♪

まぁ~お見事(≧∇≦)

初めての場所でおたがい「変な汗をかいたね~」と緊張しながら言いつつも、お年寄りの雰囲気を確認しながら一緒に歌える様に工夫したり、場合によっては手遊びもやってもイイくらいの対応で無事に20分2ステージの「お誕生日会ボランティアライブ」を終了できた。

昔、特養のシーツ替えとか夏祭りのボランティアはやって事があるけれど、地元でしかも娘の職場。

こりゃぁ下手こいたら町を歩けなくなるぞ!くらいの気持ちだったけど♪

歌は全部真由美ちゃんにお任せで、いつも通りの適当なギターを弾いて無事終了(^_^)v

ま、これで場所の雰囲気も解ったし…もし「ありゃぁダメだ」って事じゃ無ければまた声をかけてくれたらホイホイ行きますので♪

ま、今回のことで「あ、あれくらいの時代の曲でも大丈夫なんだ」とか少しだけ解ったし。

無事終われてよかったぁ~まぁ失敗がたくさんあったけどw

次があったらちゃんと譜面を整えておきます(^_^;)えへへ

真由美ちゃんに大感謝!!
コメント

先日

2013年02月21日 09時42分59秒 | 携帯から書くよ
壊された(^_-)-☆シフトペダル交換ちう!
コメント

一つの考え方として

2013年02月20日 09時18分22秒 | 徒然なるままに
京都府亀岡市で登校中の児童ら10人が車にはねられ死傷した事故の裁判で、 京都地裁は無免許で運転していた当時18歳の少年に対し、懲役5年以上8年以 下の不定期刑の判決を言い渡しました。

遺族はもちろん一般的な印象では「?」な判決だとは思う。

免許が無いから危険運転致死傷罪にはならない…今朝のラジオのアナウンサー(フリー)は「もっと血の通った判決ができなかったのか」って言っていたが。

言いたいことは解るが、法の適用に血を通わせたら「人情」が絡めば法律に温情をはさんで良いことになるっていうのは危険だと思うな。悪法も法なりなんだな、法の適用は厳格に感情をはさむ様なものではいけないと思うし間違った法律・実態にそくしていない法律なら改正すれば良いんだ。

たしかに免許が無くて道交法が適用されないというのはおかしい話だとは思う、一般の考えでは免許を持っての判決より「無免許」での部分を上乗せしたって良いだろうって思う。(当然のことだ)法律家は法律の隅々まで知ってしまうが為にがんじがらめになって動けなくなった上での判決を出してしまったんだな。

ただ…一つの考えとして

この判決は「刑事」の判決で、やってしまったことに対して懲役刑とかの罰を与えるための法律、この未成年の被告達はこれから「民事」で裁かれることだろう。

被害者の人数や年齢からして「そうとう莫大」な損害賠償という重い判決が出るに違いない。

無駄に刑務所の中でぬくぬくさせておくより、とっとと働かせてその後の賠償の為の人生という贖罪の時間を与えた方が良いという考えもあると思う。(もちろん逃げ得にさせない様に、一般の目で厳重に監視!)

おそらくろくな保険も入っていないだろうから(借りパクした車だし)本当に大変なのは出所してからだぞ~!

しかしね、簡単なことなんだけれど…車にETCとかつけるんだからさ。

ETCカードと免許を一体化した物にして、免許証を挿入しないとエンジンがかからない様にすればイイじゃんね?簡単な機能でしょそんなの。で、データは残せる様にすれば運転履歴も何かの時に確認できるし、ETCの送受信機能でかりに犯罪を犯した場合の追跡だってかなり可能になると思うんだよ。(替え玉出頭だってしにくくなるし)

あぁ~なんてすばらしい案なのでしょう!どうよ?

あとはねだいぶ前からずっと言っているんだけれど「スクールゾーン」の厳格適用。

コレをやるだけで少なくとも子供達の被害は格段に減ると思うんだけどなぁ…。

http://blog.goo.ne.jp/guitar-shorty/e/89039ec900c86886aa6727036b6774d7

コメント (4)

サモンって昔あったな…

2013年02月19日 09時04分39秒 | 徒然なるままに
うちの親父が飲んでいた。

大正製薬の滋養強壮剤、他にも「チオクタン」とか…すげぇな「血」を「ハイオクタン」にするみたいな名前♪

いわゆるアリナミン系の薬だったのかなぁ…

私は小さいころ本当に小さくって、今でも小さいままだけれどw
小学生になる検診の時に1mに達していなかった、現代の5歳児の平均が110Cmだからたぶん今なら3歳児レベルくらい?

なので、検診を受けに行って列に並んでいたら「君はまだ早いよ~w」て列から除外されそうになったと良く親が言っていた。それで、コレは病気だろうと「済生会中央病院」に検査に行ったんだよねぇ…結果は異常なしで単なる個体差♪ただし、少し貧血気味なので薬を処方された様な気がする。

まぁ今は定期健康診断でも貧血って言われることは無いけれど、まぁライブ中に倒れそうになったことも結構あるから気はつかっているけど。

さて、なんでサモンの話かというと「鮭」と「サーモン」はイコールじゃ無いんだって?え~と記号で言うと「≠」これ。

回転寿司に行ったり、最近では週末サーモンカルパッチョを食べていたんだけれど「そういえば昔は鮭の刺身なんて有ったっけ?」な話になったわけだ。

どうやらまず一つは海外でいったんマイナス50度まで下げて輸入している、その温度だと寄生虫はおおむねアウトって事らしい、いわゆる昔の北海道で食べられていた「ルイベ」の系統。

さらにもう一つは養殖のサーモンで、抗生物質とかを含んだ餌を与えて寄生虫がつかないようにしている…ちょっと怖いやつ。

閉鎖循環式陸上養殖って言う方式があるけれど、これもきちんとした管理の下だったら大丈夫って事らしい。日本でもニジマスとかヤマメ・イワナみたいに旅行先で出てくる川魚の刺身はこのタイプね。

あと、表示名も「サーモン」になっていると言う事でいわゆる「鮭」ではなくサケ科の鱒の仲間だったりするらしい。

まぁあの回転寿司で私がメインで食べているのは「養殖」タイプなんだと思うけれど、なので脂っこいのかな~。



大好きなんだけどね♪

でもね、本当に一番好きなのは「鬼の様にしょっぱい塩鮭」焼くと塩が結晶化してキラキラしちゃう様な奴!

あれのハラスの所をほぐしてお茶漬けとか最高だよねぇ~w

最近の「減塩ブーム」でなかなか見かけないし、有っても結構高値なんだよねぇ。

でも…美味いよなぁ、あの…塩♪
コメント (5)