独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

日本遺族通信 平成30年6月15日号 遺書と九段短歌

2018年06月21日 01時56分06秒 | 日本遺族通信


                        平成30年6月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌

今月もお若いお方の遺書のご紹介となりましたが、ご両親様をはじめ、姉弟妹様へのお別れのお手紙に涙があふれます。
戦後も遠くなりましたが、世界の恒久平和を願わずにはおられません。

九段短歌1年9か月ぶりに再開に新選者 安元 百合子先生のお言葉とお歌をご紹介させて頂きます。
今月より九段短歌を担当させて頂く安元でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
寄せられた多くの短歌を拝読し、亡き方への熱い思いに感動いたしました。
同じ世代を生きた私にとって胸に迫るものがございます。

   二つなき命捧げし英霊に斎(いつ)く心にみ歌えらばむ

   命もて皇(すめら)御国(みくに)を守りたる功忘れじよろづ世までも

先月、5月号に新選者 安元 百合子先生をお迎えして九段短歌再開のお知らせに再び学ばせて頂きたく早速投稿致しました。
そしてまちに待ったこの度の6月号の九段短歌掲載に感激!いたしました。
なぜならば、掲載頂きました歌はこの度の投稿歌ではなく、休載前、2年前に投稿しました歌でした。
長く大切に保存して頂いておりました事に日本遺族会ご担当のお方に感謝を申し上げました次第です。
久し振りの九段短歌ですので失礼をして掲載順に私の歌から紹介させて頂きます。

   いくへもの記憶の浮かぶ花霞靖国神社に深く額づく              千葉市 遺児  私
   忠魂碑遺児らの探す父の名は声すら知らず遺影想ひて              浜松市 遺児男性
   あまたなる無名戦士を眠らせて千鳥が淵に秋の風たつ             桑名市 遺児女性
   戦死せし叔父の手紙の茶に褪せて確かな文字に水欲しとあり       南相馬市 遺族女性
   血の涙沁みたる父の島踏めば青々として鎮もりてをり                 青森県 遺児 田中恭子様
   日盛りの校庭(にわ)にかたまり玉音に嗚咽せしともがら共に老いたり   出雲市 遺児女性
   慰霊終え深夜の機にてまどろめばパプアの戦跡偲びて悲し       富士吉田市 遺児男性
   「海ゆかば」一人が歌へば皆続く戦中派われらの青春の歌          鳥栖市 遺児女性
   子の咳は大丈夫かと問ふ父の軍事郵便いまだ宝に              甲州市 遺児男性
   激戦に還らぬ兄の戒名を毎朝拝み遺影に語る                   京都市 遺児男性
  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成30年5月15日号 遺書と九段会館跡地の件

2018年05月19日 13時31分02秒 | 日本遺族通信


              平成30年5月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌

昭和20年9月24日中国にて戦死。合掌 
戦争終結直後の混乱に翻弄されたお若い大切な命が失われました、とても残念です。
なんとか故郷に帰還して頂きたかったと今更ながらに思います一人です。

九段会館の建替え工事始まるの記事に、あれから7年、新たな出資者を迎え、「九段会館跡地 一部保存 建替え工事始まる」を拝見いたし、先般の3・11に九段会館倒壊によります犠牲者のご冥福をお祈り申し上げております。
平成34年完成との記事に見守ることができましたら幸いと思っております。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成30年4月15日号 遺書とお知らせ 2件

2018年04月17日 16時47分24秒 | 日本遺族通信


                                                     平成30年4月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌

残念!特攻隊のお一人のお若いお方の命が天に召されました。 
「出撃寸前」のお気持ちはいかばかりでしたでしょうか?
戦いで得るものは皆無です。
世界の平和を祈るばかりです。

お知らせの 1.毎年行われております「沖縄平和祈願慰霊大行進」について
お知らせの 2.「九段短歌」6月再開予定に5月初旬までに、できましたら4月中の投稿が望ましく思います。


「九段短歌」6月からの掲載は1年9か月ぶりに皆様のお歌を学ばせて頂きたく心待ちに致しております。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成30年3月15日号 遺書・遺骨収集団の報告

2018年03月17日 13時13分56秒 | 日本遺族通信


             平成30年3月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌                          残念!休載から1年6月となりました

この度もお若いお方の遺書のご紹介となりました。
お歌に愛機とございますので悲しい特攻隊として散華されたお方に心からのご冥福を捧げたく存じます。合掌

戦後70年を過ぎても尚、故郷に戻れない多くのお方のために遺骨収集団のご尽力の報告に目を通していただけましたら幸いに存じます。

         

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成30年2月15日号 遺書・慰霊友好親善事業紹介

2018年02月19日 21時14分48秒 | 日本遺族通信


               平成30年2月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌                            残念!休載から1年5ヶ月となりました

残されました奥様と息子様の戦後のご苦労に心を寄せながら遺書をご紹介させて頂きました。合掌

慰霊友好親善事業 平成30年度事業計画 タイなど17地域を実施予定のご案内をさせて頂きます。

 平成30年は終戦から73年目を迎えます。
日本遺族会では厚生労働省から補助を受けて実施しております「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」の参加者を募集しております。
亡き父の終焉の地を巡り慰霊追悼をを行うとともに、現地住民との友好親善をはかることを目的としております。
遺児と言え、80歳前後の高齢者となりました。
まだ参加されていらっしゃいませんお方は是非、お元気なうちに参加をされますことを願いながらご紹介させて頂きます。
千葉県のお方の問い合わせ先 
                              千葉県遺族会事務局
                (〒)260-0045
                   千葉市中央区弁天3-16-1
               (電話)043-251-3358
他県のお方は各県遺族会または 
        日本遺族会  (〒)102-0074                
                                    東京都千代田区九段南1-6-17
                   千代田会館3階
               (電話)03-3261-5521

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成30年1月15日号 遺書・慰霊友好親善事業紹介

2018年01月16日 22時22分33秒 | 日本遺族通信


   
                       平成30年1月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌                             残念!休載から1年4か月となりました

文中、「俊征も寒さに負けず大きくなってゐますか。」「俊征も近く満一年、可愛い姿を偲んでゐます。」はるかに愛息に思いを寄せますお父様のお言葉に涙が
あふれました。
遺されましたご子息様はご健勝にてお過ごしのことと存じます。今年もどうぞ佳きお年でありますようにお祈り申し上げます。


         
上記中国地域の募集人数は80名です。
平成30年は終戦から73年目を迎えます。
日本遺族会では厚生労働省から補助を受けて実施しております「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」の参加者を募集しております。
亡き父の終焉の地を巡り慰霊追悼をを行うとともに、現地住民との友好親善をはかることを目的としております。
遺児と言え、80歳前後の高齢者となりました。
まだ参加されていらっしゃいませんお方は是非、お元気なうちに参加をされますことを願いながらご紹介させて頂きます。
千葉県のお方の問い合わせ先 
                              千葉県遺族会事務局
                (〒)260-0045
                   千葉市中央区弁天3-16-1
               (電話)043-251-3358
他県のお方は各県遺族会または 
        日本遺族会  (〒)102-0074                
                                    東京都千代田区九段南1-6-17
                   千代田会館3階
               (電話)03-3261-5521

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成29年12月15日号 遺書・慰霊友好親善事業紹介

2017年12月23日 11時50分22秒 | 日本遺族通信


                平成29年12月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌                          残念!休載から1年3か月となりました

今月もお若いお方の遺書のご紹介となりましたが、ご両親様をはじめ、姉弟妹様へのお別れのお手紙に涙があふれます。
戦後も遠くなりましたが、今後の永久の平和を願わずにはおられません。

遺児の皆様へご案内させて頂きます。
  

平成29年は終戦から72年目を迎えました。
日本遺族会では厚生労働省から補助を受けて実施しております「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」の参加者を募集しております。
亡き父の終焉の地を巡り慰霊追悼をを行うとともに、現地住民との友好親善をはかることを目的としております。
遺児と言え、80歳前後の高齢者となりました。
まだ参加されていらっしゃいませんお方は是非、お元気なうちに参加をされますことを願いながらご紹介させて頂きます。
千葉県のお方の問い合わせ先 
                              千葉県遺族会事務局
                (〒)260-0045
                   千葉市中央区弁天3-16-1
               (電話)043-251-3358

他県のお方は各県遺族会または 
        日本遺族会  (〒)102-0074                
                                    東京都千代田区九段南1-6-17
                   千代田会館3階
               (電話)03-3261-5521

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成29年10月15日号 日本遺族会創立70周年記念及び遺書紹介

2017年10月18日 10時28分31秒 | 日本遺族通信

                日本遺族会創立70周年記念式典

          日 時 平成29年9月19日(火) 開式午前10時
          会 場 明治記念館 富士の間
          主 催 日本遺族会     


 


                       平成29年10月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌                            残念!休載から1年1か月となりました

今月はお若いお方の遺書のご紹介となりましたが、とてもご丁寧にご両親様へのお手紙に涙があふれます。
「男子の本懐であり、名誉であります。」・・・のお言葉にとても残念に存じます。
再び戦火を交えることがなきように世界の恒久平和を祈らずにはおられません。

今号(10月号)に天皇皇后両陛下のご臨席を賜り、遺族代表ら460人が参列して「日本遺族会創立70周年記念式典」挙行の報道が掲載されておりましたので
ご紹介させて頂きました。  
                              

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成29年9月15日号 遺書紹介他

2017年09月22日 11時16分33秒 | 日本遺族通信


           平成29年9月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌                         残念!休載から1年となりました

毎号の遺書に涙なくしては拝読することができません。
お母様へのお歌、悲しすぎます。合掌
お母様、お父様全てのお方が鬼籍に入られたことと存じますが、悲しみは永遠です。
戦いは絶対にいけません。
北朝鮮の問題が大きく取り上げられておりますが、全世界の平和を心からお祈りしております戦争の犠牲者です。

九段短歌は休載から1年を迎えましたが、今後ともご指導頂きたく選者の先生のご登壇を心からお願い申し上げております。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成29年8月15日号 遺書紹介他

2017年08月22日 13時40分59秒 | 日本遺族通信


           平成29年8月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌                         休載11ヶ月となりました


平成29年は終戦から72年目を迎えました。
日本遺族会では厚生労働省から補助を受けて実施しております「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」の参加者を募集しております。
亡き父の終焉の地を巡り慰霊追悼をを行うとともに、現地住民との友好親善をはかることを目的としております。
遺児と言え、80歳前後の高齢者となりました。
まだ参加されていらっしゃいませんお方は是非、お元気なうちに参加をされますことを希望いたします。
千葉県のお方の問い合わせ先 
                              千葉県遺族会事務局
                (〒)260-0045
                   千葉市中央区弁天3-16-1
               (電話)043-251-3358

今年も8月15日前後には戦争の特集が放映されました。
池上彰さんの「戦争を考える”特攻”」は録画して特に何回も涙を流しながら拝見させて頂きました。
今更ながら大切な命をなぜ捧げなくてはならなかったのでしょうか。
生き残り元兵士は特攻の生みの親の元上官大西瀧治郎氏に「敗戦に割腹するくらいなら自ら乗ってほしかった」と。
特攻隊員は全員志願兵?とんでもない命令の他、何もなし。
戦争は大きな間違いでした。
何年経ても元兵士の苦しみ、遺族の悲しみは癒えません。
本当に本当に残念です。合掌

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成29年7月15日号 遺書紹介及び戦跡巡拝のお知らせ

2017年07月17日 02時17分15秒 | 日本遺族通信


                     平成29年7月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌

「生還は期せぬものなり。」・・・ではさらば。なんて残酷な遺書でしょうか。合掌
この遺書をお手にされましたご両親様、ご兄姉の皆様のお気持ちはいかばかりでございましたでしょうか。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

父から届きました沢山の軍事郵便を大切に保存しておりました母と重なり、とてもつらく悲しい思いが浮かんでまいりました。

九段短歌休載は10ヶ月めを迎えますことにとても淋しく残念に存じます。

                      マリアナ諸島戦跡巡拝のお知らせ(日本遺族通信より転載)

                     

                  ※申し込み締切  9月29日(金)
                  ※申し込み方法  在住する各都道府県遺族会の事務局へ

                              千葉県遺族会事務局
                             (〒)260-0045
                              千葉市中央区弁天3-16-1
                             (電話)043-251-3358
参加を希望されるお方は、原則として航空機などによる長途の移動及び気候・風土の異なる地の旅行に耐えられる健康状態が良好な方に限る。
心配な方は、申し込みの際に事前に申告願いたい。
と、されておりますので高齢化が進む折に健康状態を把握されまして参加されますことをお願いする次第でございます。
戦跡巡拝に3度参加をさせて頂きました遺児としてとてもありがたく父を偲ぶことができました。
どうぞお父上様が散華されました地を訪ねて香を手向けて頂きたくご紹介させて頂きました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成29年6月15日号 戦没者墓苑拝礼式及び遺書のご紹介

2017年06月16日 19時15分23秒 | 日本遺族通信

                       戦没者墓苑拝礼式

              新たに2453柱を納骨 常陸宮同妃両殿下がご臨席

厚生労働省主催の千鳥ヶ淵戦没者墓苑拝礼式が5月29日、常陸宮同妃両殿下のご臨席のもと挙行されました。
式典では政府派遣の戦没者遺骨収集帰還団が旧戦域で収容した戦没者の遺骨のうち、遺族に引き渡すことができない2453柱が同墓苑に納骨されました。
約600人の参列者が戦没者に対し哀悼の誠を捧げました。(以下写真と共に遺族通信より転載させて頂きました。)


             平成29年6月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌

散華されますことに「親孝行はこれからです。」とはあまりにも悲しく残念なことです。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

九段短歌休載は9か月めを迎えますことにとても淋しく残念に存じます。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成29年5月15日号 遺書のみご紹介

2017年05月17日 08時20分04秒 | 日本遺族通信


                               平成29年5月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌

 お嬢様に送られました最後のお手紙をご紹介させて頂きました。

 「父がなくとも決して悲観をするな。} ↑ しかし、多くの遺児は悲しみの戦後を過ごしてまいりました。
 戦いのない永久の平和を心から祈っております。

       
   日本遺族通信の1部を転載させて頂きます。↑ 
   戦後70年を経て今なお、過去の激戦地に赴き「遺骨収集作業」が続けられております。
   参加されました皆様のご苦労は想像を絶する作業と伺っております。
   「お骨を故郷につれて帰りたい!」の一念で参加をされております事にご理解を頂きたくご紹介させて頂きました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成29年4月15日号 遺書(九段短歌は選者ご逝去にて休載)

2017年04月15日 21時06分41秒 | 日本遺族通信


                  平成29年4月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌

「元気で逝きます」とは、今では考えられませんほどに、23歳で大尉ですので優秀なお方と考えられます。
ご両親のお気持ちはいかばかりかとご無念の程が悲しく想像されます。残念です。合掌



日本遺族会が、厚生労働省から補助を受けて実施しております「戦没者遺児による慰霊友好親善事業」の平成29年度の事業計画の概要が発表されました。
本年度は、平成23年度以来のモンゴルを行うほか、4年ぶりに旧ソ連地域でウラジオストク方面を訪れる予定と記載あり。
遺児と申してもすべてのお方が70歳を超えておりますことに、先ずは健康に考慮されましてお父上が眠りますそれぞれの地に慰霊巡拝に参加されますことを
お勧め致します。
日本遺族通信の1部を転載しましてご案内申し上げます。
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 平成29年3月15日号 遺書(九段短歌は選者ご逝去にて休載)

2017年03月17日 21時26分20秒 | 日本遺族通信


                 平成29年3月 靖国神社社頭に掲示されました遺書 合掌

終戦から4年も経ておりますのに、ご家族のもとに帰還することもできませずに異国の地で戦病死されました戸倉様、さぞかしご無念でありました事と心から哀悼の誠を捧げます。合掌


戦後71年経て今なお、戦争の傷跡は癒えず、私たち遺族は大きな悲しみに包まれております。
そういう中で、遠く異国の地において遺骨収集作業 (↑写真) が継続されております。
そして日本へ帰還されました身元不明のご遺骨は「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」に安置され、故郷日本の地で永久の眠りにつかれます。

「九段短歌休載」について
         
   平成28年9月号に頂きました最後のお言葉          先生のご冥福をお祈り申し上げます 合掌
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加