独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

「千葉 ・ 茂原市の旅」 歴史倶楽部のHP (ご紹介)

2011年02月27日 14時27分23秒 | 千葉実年歴史倶楽部(友の会含む)
九十九里有料道路前に建つ、国民宿舎サンライズ九十九里で、海の幸を買い求めたり・・・
ゆっくりとティタイムを満喫したり・・・
いっぱいの  とともに、茂原市と周辺の町の旅は終了。

身近な土地に、素晴らしい歴史の足跡を感じて・・・
いつもながら、先人の行いに、学ぶことばかりです。 

以上、HPより一部転載させていただきました。
楽しみにしておりました歴史倶楽部の素晴らしいHPが掲載されましたので私たちの 「千葉」
をご覧いただきたく、一部写真を転載してご紹介させていただきます。
ご担当の高橋さま有難うございました。 

              http://www4.ocn.ne.jp/~zitudai/
 千葉実年大学校HP ~ サークル活動 ~ 歴史倶楽部 へ

  
              *白子 青松庭・白砂に咲く河津桜*
  
                   一宮町 芥川荘
     
 一宮は 「東の大磯」 と呼ばれ、海岸付近には、政財界人、軍人、芸術家などの
 別荘が百軒ほど建ち並んでいた。
       
  
                   一宮町 芥川荘

  芥川龍之介は、大正5年の夏、久米正雄らと共に一宮館の離れに滞在した。
  この離れは 「芥川荘」 と呼ばれるようになった。
       
  近くにこの時書いた 「ふみちゃん」 に宛てた、恋文の碑がある。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

「千葉 ・ 茂原市の旅」 (ご紹介)

2011年02月24日 18時51分56秒 | 千葉実年歴史倶楽部(友の会含む)

            千葉実年大学校 歴史倶楽部 平成23年2月度定例会
「開催のご案内」 より転載
2月定例会は、今年の “千葉シリーズ” の2回目 茂原市及び周辺の町 を訪ねます。
明治維新後上総の天領は、“安房上総県 (明治元年7月)”となり、その後 “宮谷(みやざく)県”明治2年2月誕生。
明治4年7月の廃藩置県、同11月の版籍奉還により木更津県に統合、明治6年6月木更津県と印旛県が統合され 千葉県 となりました。
今回は、宮谷県 「知県事務所」 が置かれていた所、大網白里町 “本国寺”、又古事記にあらわれる日本武尊の妃 「弟橘媛命」(おとたちばな ひめのみこと)
を祀った “橘樹神社”
(たちばなじんじゃ)を訪ねます。
茂原市では “藻原寺” ・ “茂原公園”、 白子町では“芥川龍之介の一の宮荘”、皇女和姫の駕籠のある “東漸寺”、九十九里町では “伊能忠敬出生碑” 
および“高村光太郎詩碑”
巡りをいたします。
白子町では、 “河津桜” で花見をします!

私は残念ながら参加できませんでしたが、会長様から早速に3日間にわたって開催されましたご様子をお伺いすることが出来ました。
ただ残念  河津桜は5分咲き?週末には満開でしょうか。といただきました。
上記のご案内に、この度も多くの会員の皆様が参加されました。
頂きました素晴らしいお をご紹介して記録とさせて頂きます。
 2月20日 (日)  一時小   気温   (約10℃)  参加者53名
 2月21日 (月)  風が吹き体感温度は低い (約10℃)  参加者45名
 2月23日 (水)  気温  コート要らず  に    参加者36名  計 134名


                橘樹神社 ・ 本殿                        本国寺 ・ 住職と記念写真

             本国寺 ・ 日蓮の手紙                           本国寺にて

この度の企画にご尽力いただきました元役員のAさまを初め、役員の皆様、大変お疲れ様でございました。
会長様にお心遣いをいただき、楽しさのお裾分けをいただくことができましたことに感謝申し上げております。          

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 2月の九段短歌

2011年02月23日 19時23分37秒 | 日本遺族通信

          
          平成23年2月 靖国神社社頭に掲示された遺書
          三重県出身 陸軍少尉 前田 健三 様 (32歳)
          昭和19年2月24日 中部太平洋方面にて戦死 合掌

ご両親様、奥様、お子さま方への 「遺書」 をご紹介させていただきます。
御両親様へ
 只、一人ノ幸子ヲ北満迄寄コシテ下サッタ事ヲ、常ニ感謝シテヰマス。
 少シノ孝養ヲ尽ス事ナク、カヘッテ御心配バカリオカケシテ、申訳有リマセン。
 若クシテ夫ニ離レタ幸子。幼クシテ父ト別レタ富美子及来春生レテクル子ノ好キ父母トナリ、
 祖父母トナッテ、軍人ノ妻トシテ遺児トシテ、立派ナ日本人ニ育テラレル様、御願申上ゲマス。
 私ハ今何ノ心配モナク、笑ッテ散リマス。
幸子ヘ (奥様)
 (前 略)
 子ノ事ヲ思ヒ修養シ婦徳ヲ収メラレヨ。
 次ハ、靖國ノ社頭デ会ハウ。
(お子さま方の名前を書かれて)
 父ヲ知ラナイ諸子ハ、可愛想デアルガ、身体ヲ鍛ヘテヨク勉強シ、母ノ言フ事ヲ守ッテ立派ナ
 日本人ニナレ。
 (中 略)
 父ハイツモ諸子ノ幸福ヲ祈ッテヰル。

以上、遺書の一部を転載させていただきました。
お父様を知らないお子さま方への切なる願いに、自分自身を重ねて父からの軍事郵便に涙をし、
悲しみを共にさせていただきました。
以前、九段短歌に載せていただきました歌ですが、私たちの悲しみは永遠です。
   戦争の悲しみ深しわれら今語り継ぎゆくも父は還らず
今号にも全国から鎮魂の歌が寄せられておりますのでご紹介させていただきます。
ご一読頂ければ幸に存じます。
洋上にて祖父の慰霊をなせしとふ海自の甥の便りが届く    富士吉田市 遺族
大勢の家族を支へし母の背に強さをもらひて我は生きなむ      長浜市 遺児
戦死した南洋群島行きたくも遂に夢には果たせぬままに     さいたま市 妻
親子三人の写真納めし胸ポケットを押へたしかめき征く朝の亡夫  横手市 妻
何事もなきがに海は碧く澄む父の眠れるソロモン海は      富士吉田市 遺児
墓守る弟も逝き受け継いだ私もすでに八十路越したり        豊川市 遺児
征きしのち生まれたる吾子は六十五四人の孫の祖母となりたり   諫早市 遺児
戦死せし面影老いず吾のみが八十路越え来し秋は淋しも     和歌山県 妻 
声合せラバウルの唄に父偲ぶ湯けむりの宿に集ふひととき    名古屋市 遺児
還らざる兄百歳を迎へども遺影は若く時は過ぎゆく           京都市 遺族
「国の為に生命を捧げたんだから」母が遺した一つの言葉     東松山市 遺児
レイテ湾の海の温さに手を浸すこの底いづこに父眠ります      千葉市 私

今号は、妻のお立場のお歌を拝読出来ましたこと、お元気なお姿に嬉しく存じました。
ご健勝を心からお祈り申し上げました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

金澤の山ちゃんだより ~ 44 ~

2011年02月22日 20時01分00秒 | 金澤の山ちゃんだより

                      天  城  越  え


   伊豆 (天城峠  旧トンネル北口の氷柱)      伊豆 (天城峠  ハリスが江戸への)

     伊豆 (天城峠  旧トンネル看板)         伊豆 (天城峠  旧トンネル南口)

伊豆半島の交通の難所 「天城山」 に明治40年 (1907) 隧道が通った
ここを舞台に小説では 「伊豆の踊り子」 (川端康成) 「天城越え」 (松本清張) 「猟銃」 (井上靖)
などがあり、事件では天城山心中 (昭和32年) も記憶に残る

しかし、安政3年 (1856) 日本総領事のタウンゼント ハリスさんは下田から江戸城へ通った
勿論、トンネルはなく文字通り “天城山越え” した旧道の道案内を見てもいかにも険しく、当時
の苦難が偲ばれます
この季節になっても “氷柱” が厳しさを物語っていた
                                   静岡県賀茂郡河津町梨本にて
以上は金澤の山ちゃん様より頂きましたので早速ご紹介させていただきます。
いろいろな舞台になりました 「天城山」 に思いを新たにしております。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「住民基本台帳カード」 の更新について

2011年02月21日 21時33分09秒 | 日々の出来事
先日18日 (金) 申告書類を整えて 「住基カード」 を持参して颯爽と出かけたときの恥ずかしさ、
無念さに大切な発見を教えていただきました。
「確定申告」を e-tax申告 のためには 「住基カード」 有効期限10年とは別に 「電子証明書」
の期限が3年であることと、「暗証番号」 が必要であることを初めて学びました。
「運転免許証」 を持たないために、「住基カード」 は 「身分証明書」 の提示に役立てておりました。
然し、今まで 「暗証番号」 の提示は有りませんでしたので、全く忘失しておりました。
本日早速、区役所 「市民課」 に出向き 「電子証明書」 及び 「暗証番号」 の更新を行いました。
疑問の 写真は → 不 要
      時間は → 即 日
      費用は → 500円
      暗証番号は 「住基カード」 及び 「電子証明書」 と同一にすることも可

10年の有効期限後の更新時必要書類
 1.写真 (縦4.5cm×横3.5cm) 1枚
 2.印鑑 認印 (可)
 3.健康保険証
 4.「住民基本台帳カード」 (住基カード)
 5.手数料 500円
 6.出来上がりは即日

おかげさまで 「確定申告提出」 にホットしました一日となりました。
以上のことは、私自身のメモのために記すことに致しました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

確定申告の準備完了?

2011年02月18日 21時42分05秒 | 日々の出来事
ご挨拶も申し上げずに御無沙汰致しておりますが、毎日多くの皆様にお訪ねいただきまして
誠に有り難く、心から御礼を申し上げます。
私事ではございますが、3月4日から2週間程の 「洋上慰霊」 参加のために出かけます前に
やらなくてはならない多くに取り組んでおります昨今でございます。
  2月10日 (木) 午前 宛名シールお届け (1シート24枚綴り×40枚)
            午後 眼科の健康診断を受ける ー 結果 良好に安堵
  2月11日 (金) 午前 息子から嬉しい 2台 取り付け工事に立ち会う
            午後 洋服のお直し受領
  2月12日 ~ 13日
            新しい で懐かしいビデオ鑑賞などを楽しみ、休憩をとりながら3月13日
            提出の書道作品を早めに提出のための練習を行う。
  2月14日 ~ 15日
            短歌教室のための会員の作品とりまとめ ~ 印刷 ~ 会員に送付完了
            14日 (月) 5時半 未歩の保育所迎えを依頼されたが、冷たい雨降りに
            タクシーを利用。夕食を共にして8時まで預かる。
  2月16日 ~ 17日
            確定申告のための書類整理を行う。
  2月18日 (金) 午前 何とか提出準備完了。
            午後 青色申告会へ出向き、書類の点検を受ける →  ~ eーTaxを
            利用して 5000円 の税額控除を受けるために  室へ
            (控除は、平成19年分から平成22年分の間でいずれか1回)
            2月中の提出は記憶にない程の早さに  でしたが、それも一瞬にして
            住基カードの 「電子証明書」 の期限切れと 「暗証番号」 の忘失でした。
住基カード(電子証明書)の有効期限にご注意を (青色申告会会報より抜粋)
 住基カード及び住基カード内に記録される電子証明書には有効期限があり、住基カードは
 取得後 10年間、電子証明書は取得後3年間 となっています。
 受基カードおよび電子証明書には、それぞれ 暗証番号 が設定されています。
 これらの暗証番号は、市区町村窓口で住基カードおよび電子証明書を取得した際に、ご自身
 で設定したものです。
 電子証明書の暗証番号 (英数字4桁以上) は eーTax 送信などの際に必要です。
 暗証番号を亡失してしまった方は、市区町村窓口でパスワードの初期化と再設定の手続きを
 行ってください。
 ※ 住基カードに記載されている有効期限は住基カード自体のものであり、電子証明書の
   有効期限ではありません。
 ※ 更新などの手続きの際は住基カードを持参する必要があります。
    詳細は市区町村窓口にご照会ください。

以上は、私自身の反省のために記しましたが、更新時に写真は必要 又、受領までの時間
などに疑問が残ります。
いずれにしても、18日迄に確定申告提出完了予定が大きく崩れましたことはとても残念です。
21日 (月) は、区役所へ 「住基カード」 の更新 ~ 歯の定期検診 ~ 「住基カード」 の更新が
出来ましたら青色申告会へ出向きたい。と多忙な1日になりそうです。   
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

金澤の山ちゃんだより ~ 43 ~

2011年02月13日 14時16分00秒 | 金澤の山ちゃんだより

                      伊  豆  富  士               
                       = 大 室 山 =


   伊豆 (伊東市 大室山 頂上から富士山)  伊豆 (伊東市 大室山 火口・アーチェリー射撃場)

  伊豆 (伊東市 大室山 ホテル・別荘地から) 伊豆 (伊東市 大室山 展望台からスカイツリー)
 
伊豆高原のどこからみてもお椀をふせたような柔らかな曲線のシルエットが美しい大室山

山頂に直径300mのすり鉢状の噴火口を持つ休火山でアーチェリー射撃場になっている

全山カヤに被われており、冬は茶色の山になっており、春を告げる行事に山焼きが行われる
茶(色)山から,黒山になりやがて若草山になる

山頂からは相模湾に浮かぶ大島、伊豆七島から天城連山、富士山、箱根へ続く山並へと最近
では東京スカイツリーも展望できる
                                       静岡県伊東市富戸先原にて
(参考=各地にある同名の山)
 大室山(おおむろやま、おおむろさん)
a.. 大室山 (静岡県) (標高580m) - 静岡県伊東市にある火山
b.. 大室山 (丹沢) (標高1588m) - 神奈川県相模原市と
  山梨県南都留郡道志村との境にある山
c.. 大室山 (長野県) (標高1147m) - 長野県東御市、烏帽子岳の
  南西麓にある山
d.. 大室山 (富士山) (標高1447m) - 山梨県南都留郡富士河口湖町
  富士山の北西麓にある側火山
e.. 大室山 (大子町) - 茨城県久慈郡大子町下野宮にある山
f.. 大室山 (日立市) - 茨城県日立市東河内町(日立市街の北西)にある山

以上、金澤の山ちゃんさまより頂きましたのでご紹介させていただきます。
大室山がたくさんありますことに改めて学ばせていただきました。
ご一緒にご覧いただけましたら嬉しゅうございます。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

素敵な絵手紙を頂きました ー 6 ー

2011年02月12日 14時27分44秒 | ダンス

「新燃岳の噴火による火山灰の土石流の発生は確認されなかった」 の報道にほっとして
おりますが、まだまだ今後に不安を感じながら過ごしてお出での皆様、豪雪に見舞われて、
生活に不便を強いられていらっしゃる多くの皆様のお姿に心を痛めております。
心からお見舞を申し上げます。
お訪ねいただいております皆様、お寒さの折りにご健勝をお祈り申し上げております。

福寿草を描かれた素敵なお年賀状を頂きましたのが、つい先日のように思われますのに
早くも2月も半ばに、この度は温かな春の訪れが待たれます美味しい 「さくら餅」 を描いて
いただきましたのでご紹介させていただきます。
               
                  
                       ご夫婦の合作作品

趣味の講座で御世話になっております先輩ご夫妻様から、この度も素敵な絵手紙を頂き
ました。
この度は、大切な5枚目をご紹介させていただきます。
奥様が美味しそうな 「さくら餅」 を素敵に描かれ、ご主人様が毛筆で 日野草城 の句を
添えて頂きました。

日野草城 【ひの そうじょう】 についてはHPより学びました事を2010年10月22日に
転載させていただきました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

小石川植物園の寒桜 (ご紹介)

2011年02月07日 18時52分19秒 | 千葉実年歴史倶楽部(友の会含む)
          
                 小石川植物園に咲く寒桜

「梅の香りも清々しい中、小石川植物園で寒桜を見つけましたのでお届けします。
 立春を過ぎると寒さも和らいだような暖かいひととき園内を散策しました。」
以上は歴史倶楽部でお世話になっております、守護さまから春一番の  を頂きました
のでご紹介させていただきます。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

平成22年度 NHK全国短歌大会 (ご紹介)

2011年02月06日 19時34分04秒 | 短歌
            平成22年度 NHK全国短歌大会
           日 時 平成23年1月22日 (土) 午後1時から 
                   会 場 NHKホール

                 
                    友人からの 

友人のご厚意にて、NHKの会場にご一緒させていただく予定でしたが、残念にも体調不良
のために欠席とさせていただきました。
この度、友人から   にご案内の 「作品集」 を頂きました。 

「ご挨拶」 より一部転載させていただきます。
今回お寄せいただいた作品は、題詠と自由題あわせて 23,942首 にのぼりました。
ご投稿いただいた方の中から、初めて10代の方が特選を受賞 されました。
20代の方2名も特選を受賞 される等、この大会では若い世代の活躍が目立って
います。
今回の題詠は 「明」 ですが、 「明るい」 「明日」 などを詠みこんだ多彩な作品が多く寄せ
られました。
自由題、題詠とも日常の一こまを描き、生活に根ざした作品が多く見受けられました。
世代や環境の違いを越えて暮らしと人生を見つめ、自らの心と言葉のあり方を追求した
それぞれの作品から、日本人としての 「心豊かな営み」 が脈々と息づいていることを感じ
ます。   (後 略)

早速、作品集を拝読させていただきました。
嬉しい  に出会いました。
同じ結社の先輩 岡澤ひで子様が 大島 史洋先生選 の特選に受賞されて
おりましたので、「選評」 を添えてご紹介させていただきます。
 特選 
    さはさはと障子に触るる音のして昨夜迷ひゐしとんぼに目覚む
「選評」
  障子が明るくなってきて、何かが和紙にぶつかってかすかな音を立てている。
  それで目が覚めた作者は、昨日の夜、とんぼが部屋に入ってきて飛んでいたことを
  思い出したわけです。
  取り立てて言うほどのことでもない朝のひとこまがうまくとらえられています。

又、友人から  を頂き、2月6日 (日) NHK教育テレビ 午後3時 ~ 大会の様子が
放映されますことを伺い楽しく学ばせていただきました。
受賞された友人の姿をとらえたく  に  を向けましたが、残念ながらご紹介は有り
ませんでした。
 から可愛いお歌とお姿を撮ることができましたのでご紹介させていただきます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

金澤の山ちゃんだより ~ 42 ~

2011年02月03日 20時25分42秒 | 金澤の山ちゃんだより

                河 津 櫻  原 木 に 花 咲 く

               
                     伊豆 (河津櫻 原木物語)

      伊豆 (河津櫻 咲き始め)             伊豆 (河津櫻 原木全景)

河津桜の原木を、河津町田中の飯田勝美氏 (故人) が1955年 (昭和30年) 頃、偶然発見した
さくらの苗を、現在地に植えたものです。
1966年 (昭和41年) から開花が見られ、1月下旬頃から淡紅色の花が約1ヶ月にわたって咲き
続けました。

伊東市に住む勝又光也氏は1968年 (昭和43年) 頃からこのサクラを増殖し、このサクラの普及
に大きく貢献されました。

一方、県有用植物園 (現農業試験場南伊豆分場) は、賀茂農業改良普及所、下田林業事務所
(現伊豆農林事務所) や、河津町等と、この特徴ある早咲きサクラについて調査をし、このサクラ
は河津町に原木があることから、1974年 (昭和49年) にカワヅザクラ (河津桜) と命名され、
1975年 (昭和50年) には河津町の木に指定されました。

カワヅサクラは早咲きオオシマザクラ系とヒカンザクラ系の自然交配種と推定されています。
                                     (説明書から転載)
                                   伊豆半島 河津町にて 1月末撮影

以上は金澤の山ちゃんさまより頂きました。
ご紹介の咲き始めた美しい 「河津櫻」 に思いをし、改めて由来を学ばせていただきました。               

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「港区の旅」 見学地のご紹介

2011年02月02日 19時44分26秒 | 千葉実年歴史倶楽部(友の会含む)
この度の 「港区の旅」 において各見学地毎の集合写真を頂きましたので、資料と共に
見学先の一部をご紹介させていただきます。
1.「大倉集古館」(おおくら しゅうこかん) 〈ホテルオークラ内〉
 大倉喜八郎 (1837~1928) が大正6年 (1917) に創立した日本で最初の私立美術館。
 明治から大正にかけて大きな財をなした実業家大倉喜八郎が、長年にわたって収集した
 古美術 ・ 展籍類を収蔵 ・ 展示する為、大正6年 (1917) に財団法人大倉集古館として
 大倉邸の敷地の一角に開館したもので、日本最初の私立美術館です。
 開館からまもない大正12年 (1923) 関東大震災によって当時の展示館と一部の展示品
 を失い、一時休館を余儀なくされた。
 昭和2年 (1928) 、建築家伊東忠太の設計による耐震耐火の中国風の展示館が完成し、
 翌年開館した。
 喜八郎の長男 ・ 大倉喜七郎も近代日本画などの収集品を館に寄贈している。
 国宝 : 3点。重要文化財 : 13点。重要美術品 : 44点
           
                大倉集古館にて (滝井様より)

2.「金刀比羅宮」 (ことひらぐう)
 2004年11月にリニューアルされた境内は開放感にあふれ、気軽に参拝できる。
 創建は万治3年 (1660) 。
 本殿前の銅鳥居には、左右の柱の上部に方位をつかさどる 「四神像 (しじんぞう)」 が取り
 付けられ、左に青龍と玄武 (カメ) 、右には朱雀と白虎の四つの立体像が飾られている。
 脇にはお百度参りに使用された 「百度石」 があり、銅鳥居とともに港区指定登録文化財。 
           
                金刀比羅宮にて (高橋様より)

3.「泉岳寺」 (せんがくじ)
 泉岳寺は曹洞宗の寺院です。
 曹洞宗のご本山は二つあり、一つは道元禅師が開かれた福井県の永平寺、もう一つは横浜
 鶴見区の総持寺です。
 慶長17年 (1612) に徳川家康が外桜田 (現在の赤坂見付ホテルオークラの近く)に門庵宗関
 (もんなんそうかん) 和尚 (今川義元の孫) を招いて創建。
 寛永18年 (1641) 寛永の大火で焼失したが、徳川家光の命で、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷・
 今川の5大名により、現在の高輪の地で再建された。
 浅野家と泉岳寺の付き合いは、この時以来のものです。
 元禄赤穂事件で有名な浅野長矩と赤穂浪士が葬られていることで知られ、現在も多くの参拝客
 が訪れる。
 境内には、赤穂浪士ゆかりの品を所蔵している 「赤穂浪士記念館」 がある。
           
                  泉岳寺にて (辻様より)
4.愛宕山 ・ 愛宕神社
5.NHK放送博物館 他。

     詳しくは下記HPをご覧頂きたくご紹介させていただきます。
          http://www4.ocn.ne.jp/~zitudai/   
  千葉実年大学校HP ~ サークル活動 ~ 歴史倶楽部 へ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加