独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

「千葉市ヘルスサポーター登録証」 をいただきました 

2009年07月29日 21時27分07秒 | 奉仕活動

              
    熊谷 俊人新市長名で    6月16日初登庁された全国最年少市長

             平成21年6月17日 (水)  
   「赤十字奉仕団 健康づくりと災害食の実習教室」
   

上記  は当日の資料の一部です。
国では、平成12年から「健康日本21」「健やか親子21」を総合的に展開しています。
千葉市においても「みんなが元気で長生きできるようにするための健康づくり運動」として
「新世紀ちば健康プラン」 を策定しております。
赤十字奉仕団の一員として養成講習会に参加しましたら上記の 「登録証」 が届き  
      
私は、ヘルスサポーターとして 「新世紀ちば健康プラン」 〈健康日本21 ・ 千葉市計画〉
で掲げる目標の実現に向けて自分の身体レベルや生活スタイルに合わせた健康づくりを
実践するとともに、長寿社会の実現を目指して多くの仲間を増やして行きます。

以上のように記載されておりましたが、基本的には自分自身の健康づくりを大切にする事
と学びました。 

コメント (5)

友人のお宅訪問 

2009年07月28日 22時15分15秒 | 友人のご紹介
             平成21年7月28日 (火)
             JR 千葉駅 ~ 銚子行      11:30 発
                滑河駅 (成田駅から2駅め) 12:15 着

      O様に迎えて頂き、利根川を渡り、利根川沿いを走ること駅から15分の所でした。
      
   土手の向こうは広大な利根川
     
                      作業が途中の庭園です

茨城県の南端に位置し、板東太郎の呼び名で親しまれている利根川と新利根川に挟まれ、隣接
自治体は龍ケ崎市、稲敷市、利根町、千葉県成田市と伺いました。 
昨日の大雨に見舞われた広大な庭は植木屋さんが入り作業はまだ途中でしたが  の暑い
折にも関わらず、鋏の音も軽やかに鮮やかな沢山の緑に迎えて頂きました。 
庭の一角にはバーベキューが楽しめる広~いコーナーがあり、煉瓦を敷き詰めた広場に、かまど
素敵な椅子なども設置され、甥、姪の皆さんが帰省された折りの楽しみ、友人他の皆様との楽しい
交流の場を提供されていらっしゃいます。 
天井の高い本格的な日本家屋は何とも涼しく、広いお座敷で頂くご馳走の美味しかったこと 
外の暑さを忘れ、楽しい一時を過ごさせて頂きました。
又、お母様がご丹精された沢山のお野菜を  頂き、重ね重ね有り難うございました。
O様、大変楽しゅうございました。 お母様にどうぞ宜しくお伝え下さいませ。
有り難うございました。 
         
コメント (4)

嬉しい手作りのご紹介 

2009年07月27日 21時59分02秒 | 我が家・親族
 
          何でしょう                      美味しそうですね 

今日は乾燥「パセリ」  (左) を作りました。

これを読んでくださってる方はご存知でしたでしょうか?
私も友人から教わり嬉しくなってお知らせします。

まずパセリの苗木が1本あれば充分、または一束買ってあまっているとき、みじん切りにします。
お皿に平たく散らばせ、これを冷蔵庫に入れて1週間、ラップなどはしてはいけません。
そのままでよく乾燥させます。これで出来上がり。

小さな瓶に入れて冷蔵庫に保管してください。青さがいつまでも維持されます。

   以上は従姉のブログより http://blog.goo.ne.jp/hskakizawa888

コメント (6)

「輕 雪」 土屋 正夫先生 の三回忌の墓参と集い

2009年07月25日 19時31分03秒 | 短歌
     
     土屋先生が主宰された「輕雪」         先輩の皆様と    
              
         日 時  平成21年7月25日 (土) 
         日 程  午 前  墓 参
               午 後  集い  於 築地 日本海
      
 蒸し暑い中、神奈川県、東京などから40年以上も先生と交流のありました先輩の皆様
 方が来葉されました。
 幸にもお仲間に加えて頂く機会に恵まれ、先生との出会い、素晴らしいご指導方法など
 一言一句大切に拝聴させて頂きました。
 この度の記事のために 「短歌 土屋正夫」 で検索しましたら、2年前のことです
 のに次のように記事が残っておりました。 
       
  歌人の土屋正夫、肺炎のため千葉市中央区の病院で2007年7月27日 死去、92歳。
  1915年千葉県生まれ。教職のかたわら短歌を詠み続けた。
  歌誌 「国民文学」 編集委員、同 「輕 雪」 を主宰。
  99年歌集 「鳴泉居」 で日本歌人クラブ賞。
  ほか歌集に 「黄金比憧憬―土屋正夫第十八歌集」 など。 と記載。

 他のHPにも先生の業績が綴られておりますことも嬉しゅうございました。
 土屋先生の後継編集者 鶴岡 美代子先生を初め、先輩の皆様方のお話に先生は50人
 以上のご指導は無理と少人数を丁寧にご指導されましたこと等々。
 先生のお気持ちが継承された小さな 短歌雑誌 「輕 雪」 ですが、独り一人のお姿を思い
 浮かべながら、親しく温もりのある作品鑑賞が出来ますことは浅学の身にとりまして大変
 有難く、短歌の心髄にふれ多くを学ばせて頂きました貴重な一日となりました。
コメント (4)

日本遺族通信 7月の九段短歌 

2009年07月24日 10時10分41秒 | 日本遺族通信
              
               平成21年7月靖国神社社頭に掲示された遺書
             「大好きなお母さん」 陸軍中尉 伊賀新太郎様 (26歳)
             昭和19年7月16日 比島ルソン島北方海域にて戦死 合掌

日本遺族会が毎月15日発行の 「日本遺族通信」 が届きました。
毎月靖国神社社頭に掲示される戦死されたお方の 「遺書」 が掲載されております。
今号もここにご紹介をさせて頂きました。
大好きなお母さんに宛てた最後のお手紙、お母様はどんなお気持ちで読まれたことでしょうか。 
「日本は必ず勝ちます。」 と若き青年に教えたお方、どなたが責任をとってくれるのでしょうか。
戦争は残酷です。 
過去の悲惨な事実を風化させることのないように、国会議員の先生方どうぞご自身の利益追求
に終わることなく国民の為の政治を行って欲しいと 

夫、父、兄、弟、伯父たちが戦死した我々遺族は生在る限り、悲しみが癒えることはありません。
今号にも全国の遺族から鎮魂の歌が寄せられておりますのでご一読頂ければ有難く存じます。

五人の子を育てし母の背中みて生きる道をも与へてくれし      滋賀県 女性
兄たちの霊碑に手向けしふきのたう遙か祖国の春を匂はす     横手市 女性
仏壇に供へし百合の香の満ちてしばし安らぐ独り居のとき      青森県 女性
三十路から寡婦なる母の死に化粧飛切り若くしたと娘は言ふ   南相馬市 男性
望郷の念はいかでか天山の慰霊塔鎮魂の光まとへる        富山県 男性
戦場に夫を亡くせし妻たちの嘆きを知るや今の女性は        諫早市 女性 
過ぎし日の営門の桜今も咲く永遠に変らぬ色をたたへつ       篠山市 男性
吾が胸に今も幼き遺児の顕つ六十余年戦後越え来て       和歌山県 女性   
兵の日に誰か故郷を想はざる唄ひし友はさくらに逝けり        京都市 男性
空澄める靖国の森をろがめば白鳩のきて兄の笑顔が         香芝市 女性
戦場に爆死の夫の偲ばるる厨に火傷の指のいためば         常滑市 女性
靖国の回廊に舞ふ花びらに軍服姿の亡父の顕ち来          千葉市 私        
コメント (2)

雨上がりのお掃除

2009年07月23日 12時40分02秒 | 日々の出来事

      我が家の玄関前の公園入口          公園の端から端まで70歩ありました

公園の入口の左右にあるツツジ  を息子が先日のお休みに綺麗に刈り取ってくれました。
公園全体の掃除は町内会、敬老会などでも行いますが雑草は待ったなしです。
公園にはケヤキ ・ プラタナス ・ イチョウ等の大木が多く、夏は程良い日陰を作ってくれますので
公園デビューのママさん達で連日賑わっております。
 の日は、前夜の  に濡れた静かな涼しい早朝の公園です。
公園入口、70歩もある道路は我が家の庭続きと思って除草、清掃に心掛けております。
息子が綺麗に刈り取ってくれたツツジの周りの除草、道路掃除を済ませ  に濡れた公園に
しばし佇み程良い疲れを感じながら自己満足のひとときでした。
     
しかし秋から12月31日まで公園の大木の枯れ葉が  の道路を埋め尽くします。
「自己満足のひととき」 どころではありません。
毎年悩まされますが体力勝負です。今年も道路掃除を  ま~す。     
コメント (6)

46年ぶりの 皆既日食 TVに釘付け 

2009年07月22日 21時20分50秒 | 日々の出来事
                に見る 天 体 シ ョー を楽しみました。  
  
 
 
    
 
 

46年振りの出来事に大勢の皆さんが関心を持たれた一日だったことと存じます。
説明は出来ませんが、とにかく記念に残したく夢中で  に収めました。
最後の2枚の  は時間の表示が無く順番が解りません。
ご指示頂けたら嬉しく思います。
又、ダイヤモンドリング  は失敗しました。 
コメント (3)

書家 右近正枝様の  源氏物語 54帖 に感激 !

2009年07月19日 11時00分30秒 | 書道

      源氏物語54帖、色鮮やか料紙に 書家・右近さん 平等院に写本奉納
   http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2009062000132&genre=J1&area=K00

     平等院の神居文彰住職は、「単に千年前をトレースするのではなく、新しい
     『源氏』 が生まれたととらえている。
     次の千年のため、平等院がある限り、寺の宝物として残したい」と語る。
     平等院は来春、写本を展示する予定。と書かれておりました。
     詳しくは上記HP、他の記事をご覧頂きたく存じます。
       
書道教室に於いて新聞記事を受け、再び 右近 正枝様 作品集 を拝見させて頂く機会に恵まれました 
     
初めての感激の日  それは今年5月の連休明けのお稽古日
   右近正枝かな個展 源氏物語 「五十四帖」 を書く
       日 時 5月5日 (火) ~ 10日 (日)
       場 所 銀座 鳩居堂
のご案内に先生がお伺い致しました折の言葉に成らない程に感激されたお話を頂きました事でした。
又、先生が記念にいただきました 作品集 「源氏物語」 の完写にいどむ を一人一人が実際に手にして拝見させて頂き、
余りにもの素晴らしさに皆、絶句状態になりました。
    
先生のお話に、この写本を作った方は岐阜県大垣市在住の書家 右近正枝様。
長い年月を平安の古筆を学んできたお方です。
仮名文字の書家にとって 「源氏物語」 筆写 は究極の目標といい、技術、健康が充実しているうちにと4年前に思い立ったそうです。
料紙は有名な料紙作家の大貫泰子様に製作を依頼されたそうです。
大貫さんは継ぎ紙、色紙、金銀の切箔(きりはく) ・ 砂子など平安以来の技を駆使した写経料紙1100枚を1年半かけて作成。
筆は、十五世藤野雲平作の 紙巻(かみまき)筆 を150本用意され、墨は30~40年前に作られた国産の 油煙墨 を用意されました
ことをお伺いいたしました。

ただ素晴らしい   の作品鑑賞に終わる事なく、この度 「平等院に奉納」 の記事に、再び作品集を拝見させて頂く機会に恵まれました。
金銀箔がちりばめられ、季節ごとにその艶やかさを表現されたきらびやかな料紙に描かれたと申しましょうか、素晴らしい作品に現代離れした
書の芸術 「優雅なかなの世界」 にひととき
身を置くことが出来ました幸せ、佳き師に出会えました喜びに感謝を申し上げました書道教室
の一日でございました。         

コメント (4)

友人の庭のお花のご紹介 

2009年07月17日 10時30分12秒 | 友人の庭のお花のご紹介

毎日暑い日が続いておりますが、皆様にはお変わりございませんでしょうか。
そんな暑さを癒してくださる涼しげなお花が届きましたのでご紹介させて頂きます。
 「梅雨も明け日中の強い日射に弱い山野草は落葉樹下の草むらの中で花を咲かせます。
  夏雪草 は4年目でやっと純白の花、白い斑入りの葉とも美しくなりました。
  草紫陽花 昨年まで群生していたのですが、今年は2株残すのみとなり
  来年が心配です。」 
 といただきましたので御覧いただければ幸に存じます。

   
         草紫陽花              夏 雪 草             黄花大根草             ちたけさし

コメント (3)

悲し~い! 名前が無い ?

2009年07月15日 14時16分20秒 | 短歌
                
                  題字 石川 蒼丘氏

隔月発行の短歌雑誌が届きました。
今月は何首掲載頂けたかしら、前月佳品抄には、前号作品評には ・・・ と。 
ドキドキしながら封を開け、最初から最後まで何回読み直してもどのページにも名前が無い
勉強不足に 破門  何故、どうして  を隠せなかった昨日の午後の出来事でした。
悲しみも夜になりましたら、だんだん落ち着きを取り戻し、提出日が少し遅かったためと冷静に
反省をしておりますと、先輩から 「今回の飯高寺を訪ねてのお歌素敵ですよ」 と、お  を
頂きました。
「エッ!何処に」 
「21ページに 飯高寺 8首、22ページには前月佳品抄が載っていますでしょ。」 
このとき初めてページを確認 落丁 である事に気付きました。
大勢の皆様にお届けの雑誌ですので 「落丁は1冊だけでありますように」 とお  
してしまいました。
そして朝を待って先生にお  を。
「無断で掲載をしないことはないのですよ。疑問があるときは速やかにご連絡下さいね。」
「勝手な判断は禁物」 と、お目玉頂戴でした。
反省 → 〆切日、作品等々に自信がなかったので、先生にすぐご連絡が出来なかった事
を申し上げましたら 「今回の作品は良くできました。次回からは提出日を早めましょう。」
「新しいご本は早速手配致しますね。」と、先生のお優しさにほっといたしました。
明日には新しい 「輕雪] が届きますことを心待ちにしております意気地のない私です。

(追記) ご心配をおかけ致しましたが、新しい 「輕雪] が届きました。
      歴史倶楽部の旅に参加して学ぶことが多く、沢山の歌を詠むことが出来ました。
コメント (5)

NHK 「房総の旅」 にご出演 

2009年07月11日 11時33分11秒 | 友人のご紹介

                    すてき旅 千葉県 いすみ市 の旅
           旅人フクちゃんの写真 http://blog.livedoor.jp/non1188/
     
 

 

 

             7月9日付 日本で一番最初に天然記念植物に指定された スカシユリ 
        いすみ市 太東海浜植物群落 http://www.misaki-kanko.com/
フクちゃんのブログに 「この放映は ↑ 7月11日〔土〕 NHK AM 8:00 「房総の旅」 と言う番組で流れます。
私が花を撮っている場面が写ると思いますのでご笑覧ください。」 

      
とございましたので、8時からの放映に寝坊しないように目覚ましをセットしましたが、早々に気持ちよい朝を迎えました。
 に放映されたフクちゃんに初めてお目にかかりました。
毎日のコメント数からお人柄は想像は致しておりましたが、今や全国的に交流を深められていらっしゃるフクちゃんに改めて
大きな  をお贈りしたいと存じます。

この度は  出演、おめでとうございます。
益々のご繁栄をお祈り申し上げまして未熟な写真ですが、ここにご紹介させて頂きました。      

コメント (4)

我が家の初物 

2009年07月10日 21時36分36秒 | 我が家・親族

              
                  僅かな茗荷ですが  

新鮮な沢山のきゅうりを頂きました。 
きゅうりとわかめの酢の物に大好きな茗荷を加えたく、ちょっと早過ぎるようでしたが
ささやかな 「我が家の初物」 を楽しみました。
茗荷の根本に藁を敷きたいのですが残念ながら身近では求められません。 
藁の間から収穫する綺麗な色の茗荷に憧れています。

コメント (4)

西湖 ・ 野鳥の森公園 の記事ご紹介 

2009年07月09日 10時10分58秒 | 我が家・親族
今日のコース   西湖コウモリ穴→野鳥の森公園→公園内・丸木舟・遊歩道     


syuの日記 気まま旅、近郊ウオーク  http://blog.goo.ne.jp/hskakizawa888
      
コウモリ穴は延長350m、富士山麓の溶岩洞穴中最大規模。
洞穴内の温度が他の洞穴と異なり冬も温暖であるため、過去においては多数のコウモリが
生息していた。
その後の周辺の開発により絶滅寸前になったが、現在は保護区域ができ少しずつコウモリ
が増えてきている。
入場料¥300

以上は従兄が一人旅を楽しんでおりますご紹介の一部ですが、初めて知るところですので、
私自身の記録に頂きました。
コメント

7月の課題 条幅 2点

2009年07月08日 19時14分38秒 | 書道
                          
               書体自由             創 作
                       条幅のお手本

 「漢字条幅」
   千峰の鳥路梅雨を含み 五月の蝉聲(ぜんせい)麦秋に送る

 (ご指導) 作品を美しく魅せるためには終始雰囲気が統一されていることが望まれます。

 「かな条幅」
   ほのぼのと舟押し出すや蓮の中  (夏目漱石)

 (ご指導) 俳句は短歌と比べると字数が少ないので、余白のとり方に注意しましょう。

庭の除草も一段落  気持ちを変えて、11日の提出日まで少し真面目に  っています。
     
コメント (2)

埼玉県からの嬉しいプレゼント

2009年07月06日 11時32分05秒 | 遺族会(各追悼式・戦争証言などを含む)
            
                  摘みたてのブルーベリー 

宅急便で~す。埼玉県の K様から摘みたての沢山のブルーベリーを頂きました。  
玄関から戻るや否や  のベルが、誰かしら? K 様からでした。
今日中には届くと思いますので在宅を確認しましたと 「有り難うございます、今頂きました」 
「よかったあ~ 生ものですので。」
ご主人様と摘んで頂きましたことに心から感謝しております。
クール便ですので早速、冷たい一粒! とっても甘~い  ご馳走様でございます。
K様とは、1年1回の慰霊巡拝 「レイテ班の旅」 にて交流を深めております。
先日の 「山梨の旅」 のブログをプリントして皆様にお届け致し、好きでやっております事に
お気遣いのございませんように書き添えましたが、勝手に楽しんでおりますことに素敵な  
を沢山頂き恐縮しております。
誠に有り難うございました。
時節柄ご家族の皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
末筆ながらご主人様にも宜しくお伝え下さいませね。

早速、このブログをお届けして御礼の気持ちにかえさせて頂きたく思っております。  
コメント (6)