独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

高校時代の友人のお宅訪問 

2008年02月28日 14時47分45秒 | 恩師・同窓会関係

 
                      紅梅が咲き始めた素敵な門構えの前で 
    
千葉市の郊外、花見川区犢橋町の高校時代の友人の初めてのお宅訪問に恵まれました。
立派な門構えに100数十年の歴史を刻んだどっしりとした静かな佇まいに、昔日の懐かしさと同時に土に触れることもなく、青春時代を過ごされたお嬢様育ちの
T 様が、古いしきたりの
大家のお嫁さんとして立派なご両親に仕え、農作業のお手伝いをされたご努力に直ぐ隣町で育った私はそのご苦労の程も推測されました。
現在では、大部分を貸し農園などにされ、定年退職されたご主人様と家庭菜園を楽しまれております事伺いましたが、新しいトラクターを購入して、まだまだ沢山の
お野菜を作られ、隣人、
知人、そして我々同級生にまでも新鮮なお野菜を分けていただき、友情の絆の幸せに心から感謝をしております昨今でございます。
その丹精されていらっしゃる家庭菜園を少しばかり  に収めてきました。
    
 
       「ほうれん草」でしたかしら?               「こかぶ」を収穫中    
    
 
       大きな「大根」にビックリ!               「ブロッコリー」を収穫して
    
私たちは旅行に何泊  程のキャリアバック持参でお伺いし、沢山のお野菜を頂き又、一足早いお雛祭りの手作りのご馳走にも幸せを満喫致しました。
あまりのご馳走に  して参りました。
先ず、うずら玉子をピンクとブルーに染め、お雛様とお内裏様にかたどった可愛い一皿が迎えてくれました。
   1.ちらし寿司
   2.蛤のお吸い物
   3.菜の花の芥子和え ~ 収穫直後の菜の花で ~
   4.筑前煮風
   5.牛肉とゴボウの煮物
   6.野菜サラダ 2種 ~ 収穫直後のお野菜いろいろ ~
   7.花豆 
   8.大根のビール漬け
   9.フルーツ
  10.甘酒、お菓子 等々・・・
まだ  漏れがあるかもしれませんが、お料理の専門家でもありますお方だけにご指導も頂きながら、この輪に加えていただけた事の幸せに感謝しながら
懐かしい昔話に
遅くまでお邪魔致してしまいました。
又、ご自身の梅畑で収穫された梅干など、ご丹精の品々のお土産も沢山頂き、改めて友情の絆に幸せの一日でした。
T 様、本当に有り難うございました。          

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

千葉市遺族会常任委員会とブログ

2008年02月26日 21時50分39秒 | 遺族会(各追悼式・戦争証言などを含む)
役員会におきましては先ず、英霊に黙祷を捧げます。    
今年度最初の役員会でしたが、副会長兼女性部長の O様(88歳)のお姿がなく、皆さん
からの心配の声に、事務局長さんから、昨年の夏に痛めた腰が直りきれずに欠席との
報告がありました。
常日頃 「今まで保険証を使ったことがない」 と健康を自負し、今年のお誕生日には
89歳を迎えますほどに、長い間のご尽力にお疲れもありましたことと皆さんでご快復を
お祈り致しました。  
     
議題は何点かありましたが、直接遺族の皆様に関係する事項を書き留めたいと思います。

 1.靖国神社参拝 ~ ふじテレビ (お台場) 見学
   4月1日 (火) バス4台配車
 2.千葉県護国神社春季大祭参列  千葉市 70名
   4月10日 (木)
 3.千鳥ヶ渕戦没者墓苑拝礼式   千葉市  2名
   日程 4月下旬 ~ 5月上旬 
 4.全国戦没者追悼式 於 武道館 千葉市 20名
   8月15日 (金)      
 尚、2.3.4.については千葉県内遺族関係者の参列に、人数の制限があります
   ので、各地域の事務局に早めにお申し出下さい。

議事終了後は楽しい  のひとときを過ごします。
その折に、皆さんがいつも楽しみにして下さいます「旅の記録」等のブログを持参、
この度は、昨年11月10日にUPしました 千葉市遺族会 ~ 親睦旅行 ~ を
プリントして、それぞれの  を同封し、参加された役員15名の皆さんにお渡しする
ことが出来ました。(写真はお渡しした中の一枚です。) 
             
                散歩をした皆さんとホテル前で
未熟なブログですが、 をやらない皆様、特に高齢の妻の立場のお方にはとても
喜んでいただきます。
美味しい  を頂きながら、「そうそう、ここも行った、楽しかったね~」 と思い出を
語り合えました事はとても幸せでございました。   
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2月のカラオケ教室 ♪ 

2008年02月25日 21時57分14秒 | カラオケ
月2回の 「健康  教室」 は、第2・第4 (金) に素敵な先生のご指導に準備運動、
発声練習、時には寸劇ありでまさに健康的な貴重な楽しい時間です。
残念ながら、前半は風邪のためお休みでしが、友人が届けてくださったテープのおかげで
なんとか新曲を口ずさむ事が出来ました。
その新曲は
 服部 浩子 さんの 「むらさき日記」     ( 2008年1月16日 発売 )
 天童 よしみさんの 「幸せはすぐそこに・・・)( 2008年2月 6日 発売 )
2曲とも歌詞が素敵  ヒットするかもと思っておりましたら、NHKのコンサートでも歌われ、
思わず  を贈りました。

久々のレッスンでしたが、前回の曲の復習を丁寧にご指導を頂きとても嬉しく学びました。
今回のレッスン曲は今、話題の男性の歌2曲でした。
   氷川 きよしさんの 「玄海船歌」 ( 2008年2月13日 発売 ) 
    出船まぎわに あの娘がそっと
    俺のこの手に 握らせた
    赤い小さな お守り袋・・・~ と続きます。
演歌界のプリンス。
地元、九州の玄界灘をテーマとした楽曲で海の男を彷彿させるどっしりとした歌。
抜群の歌唱力に加え、スケールの大きな歌声が魅力です。と先生が選んでくださいました。
2曲目は
   ジェロ さんの 「海 雪」 ( 2008年2月20日 発売 )
    凍える空から         
    海に降る雪は         
    波間にのまれて         
    跡形もなくなる ~ と続きます。
心を鷲づかみにして揺さぶる奇蹟の歌声!HIPHOPな見た目とうらはらに日本人としか思えない
演歌の心を持った噂の演歌歌手、ジェロがデビュー  
 作詞  秋元  康
 作曲  宇崎 竜童 が担当という豪華さ 。
二人の超大物コンビが、演歌歌手になるためアメリカから来た若者のために、演歌、歌謡曲の
魅力を凝縮した名曲を完成。
綺麗な日本語も魅力です。と紹介されておりました。
今回のレッスン曲の発表に、歓声  溜息  等々の感想がありましたが、先生から
「話題曲ぐらいは歌えるようにしましょう」に難しい歌に挑戦しました。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

友人の庭のお花のご紹介 

2008年02月24日 19時05分05秒 | 友人の庭のお花のご紹介
     待ちに待ちましたお花の  が届きましたので早速ご紹介させていただきます。
      「庭の花、椿は厳寒のため開花が例年より遅れています。」
     といただきましたが、厳寒のためでしょうか 
     大好きな霜柱のお  に  嬉しゅうございます。

    
               椿 (白玉)                        椿 (有楽)
                       
             椿 (胡蝶侘助)                      椿 (対馬藪)
    
               霜  柱                         菊咲いちげ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本遺族通信 2月の九段短歌     

2008年02月22日 21時12分38秒 | 日本遺族通信
             
                2月靖国神社社頭に掲示された遺書

今月の遺書はお兄様が妹様にあてた遺書をご紹介させていただきます。
最後の行には、  身だしなみ。女らしさ。しかも強さ。
            むずかしき事なれど修養すべし。以上。兄
と結ばれておりました。
両親、家族、親族を思いやりながら、どれ程多くのお方が遺書を書かれました事でしょうか。 
又、書かなくてはならなかった事に今改めて憤りさえ感じます。 合掌
私の父も含め言葉に成らないほど残念です。
ここに登場された妹様も90歳前後と推察されますが、ご健在でお過ごしの御事をお祈りする
ばかりです。
月一回発行の九段短歌ですが、今号にも全国から鎮魂の歌が寄せられました。
私たち遺族は歌を詠む事で少しは心が癒されます。いや、癒しております。
特別な歌ですが、悲しみの根底にあるものそれは、真の平和、戦争の無い世界を願っており
ます皆さんです。お目を通していただければ幸いに存じます。

栗の実のおつる頃なりふるさとの裏山恋し亡き父母恋し       京都府  女性
父逝きて穏やかな世のありたるや未だ戦火のニュース流るる    大阪市  女性
長崎の原爆被災者追悼の平和の鐘が天に響けり           長野県  男性
比島より届きし手紙いつの日も父母を気遣ふ言葉のみにて     青森市  男性      
家守り子ら育みて卒寿なるまどろみて居る母は観音        南相馬市  男性 
誰もみなかけがへのなき人ならむ千鳥ヶ渕にそよぐ葉櫻       出雲市  女性
紺碧の沖縄の海に小波は60余年の過去を語らず           出雲市  男性
秋深く眠られぬ夜はなつかしき聯隊の歌唄ひみるなり         篠山市  男性
たたかひに逝きたる父を返せよと大空にむかひ叫ぶ夢みたし    うきは市  男性 
兄逝きて白木の箱で還りくる父母は抱きしめ離さうとせず       京都市  男性
戦地よりお骨も還らぬ兄3人魂は戻りて共に月を仰ぐも        香芝市  女性
千灯祭降り籠められつ夫しのぶ戦の庭は如何ばかりかと       常滑市  女性
房総の「平和の礎(いしじ)」に刻まるる1600余のみ柱のみ名    千葉市  私 

今月の歌は「南方諸地域戦没者追悼式」に沖縄に慰霊巡拝しました折の歌です。
  「平和の礎」に刻まれておりますみ柱のみ名(HPより)
        沖縄県  148,702名
  次に多い北海道   10,787名
        千葉県    1,608名 でした。

              
             
             太平洋を望む丘の上に建立された「平和の礎」
    
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

五節句とは?  再確認 ! 

2008年02月19日 16時37分21秒 | 日々の出来事
外出の大好きな私は、長い間外出を控えた自宅療養が苦痛でもありましたが久々に朝から
晩まで  に興じる時間が多くありましたことにいろいろの番組を楽しむことも出来ました。
スポーツ観戦大好き、 ・・・等々。
特にフィギュアスケートの演技には昼も夜も釘付けに、真央ちゃんの堂々とした華麗な演技に
大きな  を贈りました。
    
中でも改めて常識を再確認させていただいたクイズ番組、当日のテーマは 「冠婚葬祭」 
でしたが、その他  「日本のしきたり」 などについて芸能人が2週間必死に勉強して
クイズに挑戦する 「勉強してきました クイズ ガリベン !」  でした。
我が家は初節句を控えておりますことから、 「お節句」 について特に興味深く  
に致しました。
1.五節句とは  
   1月7日 七草粥で新年を祝う 「人日(じんじつ)の節句」
   3月3日 ひなまつりとして有名な 「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」       
   5月5日 男の子の成長を祝う、こどもの日 「端午(たんご)の節句」       
   7月7日 おり姫、ひこ星の物語で有名な 「七夕(たなばた)の節句」       
   9月9日 菊花の香りの酒で月をめでる 「重陽(ちょうよう)の節句」    
春夏秋冬と季節が美しくうつりゆく日本では、気候の変わり目の祝祭日のことを節日(せちび・
せつび)といい、お供え物をしたり行事を行って祝ってきたという歴史がありました。
この節日の供物、「節供(せちく)」という言葉が節日そのものを指すようになって「節句」という
言葉になったとも言われています。
               
2.菱餅の由来と色
 よもぎ餅の上に紅白の餅を置いた事に由来するとも言われていますが起源は諸説ありますと。
 よもぎは、古来より厄をはらう薬草で造血作用があり、桃は古代中国では魔よけの力があると
 され、皮膚病の薬としても珍重されていたそうです。
 又、菱餅の赤は、山梔子(くちなし)で染められていて解毒作用があったそうです。
 いずれも汚れを払う薬草ですから縁起がよいわけです。
       
    新芽と若草を表し、健康・長寿。
    残雪を表し、清らかさ。
    桃の花を表し、魔よけ。等が言い伝えられています。

春近い季節、残雪の下には緑の草が息づき始め、ふと見上げると桃の花が咲いている・・・
そんな桃の節句の季節の様子を表現していると思われる。と説明がありました。
3.白酒と桃花酒      
  桃の節句といえば「白酒」です。
  白酒とは、蒸した米とこうじにみりんを混ぜて作る甘いにごり酒のことで、江戸時代から
  ひな祭りに供えるようになりました。
  又、清酒に桃の花を浮かべた「桃花酒」も万病を防ぎ長寿を保つ縁起の良いお酒とされて
  います。
4.ひな祭りのお料理
  ひな祭りの料理は、ちらし寿司と蛤のお吸い物が定番です。
  蛤は他の蛤のフタとはぴったり合わないことから古来、女子の貞節を教える意味で使われ、
  二人がピッタリ合う良縁を願うと言う意味も伝えられているそうです。

  お雛様が近づくと草餅が食べたくて、芽吹いたばかりのヨモギを摘みに陽の当たる土手に
  遊んだ幼い頃に昔日の想いが蘇りました。   
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しいプレゼント 

2008年02月14日 14時28分50秒 | 短歌
                   
           
              今は亡き土屋正夫先生のお言葉より

先輩から素晴らしい  を頂きました。
福田様 歌集 ご出版おめでとうございます。 
今後の益々のご活躍とご健勝を心よりお祈り申し上げます。
ご紹介の歌より
   リハビリと頬紅くして歩みゆく着ぶくれの姥風に向かひて
   信号で止まる度ごとおにぎりをほほばる夕食今日のみならず
   基礎工事始まりし頃みまかりし夫にみせたしこのケアハウス
   入所待つ人の多きを相談者に伝へねばならぬ我が身はがゆし
   面会の夫語りかけて涙ぐむを「どなたですか」と尋ねをり妻
浅学の身の私は感想を申し上げる力もありませんが、ただ「よかったあ~」 の一言です。
今は亡き恩師 土屋 正夫先生のお言葉 (写真下) を拝読出来ましたことでした。
先生は昨年、平成19年7月27日 肺炎のためにご逝去されました。 合掌
前日の26日がお誕生日で92歳になられ、73年の歌人としてのご生涯でありました事を伺って
おります。
土屋先生とのお別れはどんなにお寂しかった事でございましょう。
しかし、ご本を拝見致しますと、5ページにも及ぶ先生の温かいお言葉が添えられております事
に喜びを共感された方も多くいらしたことと存じます。
加瀬様も「最後の序文を書かれた歌集として小生には忘れられない歌集となりました。」と感想を
寄せられていらっしゃいました。
そして出版日 平成19年7月25日 と記載されておりますことにまたまた 「よかったあ~」   
と存じました。


歌評とは?を学ばせていただきたく記録させていただきました。
福田加奈子歌集「波」評 「現代短歌」12月号より転載
      介護施設の現場から           久我田 鶴子先生
 平成3年に「軽雪」に入会して以来の作品を収める第一歌集。
 夫の経営する老人ホームの理事になったところから介護・福祉の世界に入った著者は、突然
 夫が他界した後は、四つもの施設の理事長として奮闘している。
   見下すな我は仕事の鬼なればちょっとやそっとでへこたれはせぬ
   信号で止まる度ごとおにぎりをほほばる夕食今日のみならず 
 多忙を極める日々の中で自らを奮い立たせつつ、家族のことは後回しにせざるを得ない現実。
 苦しい選択を迫られながらも、著者の目は介護する老人へと向けられている。
   百歳の老女やうやく立ち上がり「母が待つので帰らねば」といふ
   思ふやうに動かぬ右手を左手で邪険に叩き老は涙す       
   おのづから床灯台に行きし目が母の吸飲みに至りて止まる
   今は亡き老が丹精せし鴇草湧き水のほとりに咲きはじめたり
 いかなる波が押し寄せようと、自ら切り拓いてゆくバイタリティが作品の底にある。
     
「軽雪」の K様より
 表紙カバーの空と海の色合いに心いやされるような清らかさを感じました。
 全体に佳作が多いのに目を瞠ったのですが、土屋先生の序文にあるように介護の歌がやはり
 「波」の核をなしていると思いました。
 特にご自分の仕事に一生懸命に向かっているお姿には心を打たれました。
   信号で止まる度ごとおにぎりをほほばる夕食今日のみならず
   夜中まで仕事を続け朝の五時机に向かふ充実の日々     
 これらの多忙の日々を経て、
   五人の子世に送り出しつく吐息地下の夫にもきこえをるべし
 親としての責務を全うし、そして掉尾を飾る。
   弾き了へて孫にもらひし花束のバラの香りに包まれてゐる
 決して平坦ではなかった道を乗り越えて来た人の安心立命の境地がうかがわれます。
 福田さんの人生が飾り気なくうたわれている「波」はその真摯な内容と共に、今は亡き
 土屋正夫先生が最後の序文を書かれた歌集としても小生には忘れられない歌集となりました。

以上、お二方の感想を転載させていただきまして  の御礼にかえさせていただきます。
誠に有り難うございました。
ご多忙の折にくれぐれもご自愛下さいましてご発展を心よりお祈り申し上げております。    
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

緑地植物実験所移転問題

2008年02月14日 12時19分52秒 | 日々の出来事
                 
         花ハス見本園を視察する堂本千葉県知事と国会議員の皆様(千葉日報より)

新聞の記事にビックリ 
オオガハス ゆかりの 緑地植物実験所 移転で東大が千葉県・千葉市に跡地取得の申し
入れを行っておりますとの記事でした。
<新聞報道より抜粋>
県・市はともに厳しい財政状況を説明し、「跡地購入は困難」と強調。
オオガハス が、 千葉県の天然記念物 にも指定され、 千葉市の花 としても親し
まれているにもかかわらず、研究機能がなくなってしまえば 「発祥地の検見川で オオガハス 
の系統保存が難しくなる。一部でも機能存続を」 と訴えた。
二階総務会長は「大学と県・市が協力して解決策を見つけなければならない。国ももっと力を入れ
るべき」と述べられましたことが記載されておりました。

昭和26年大賀一郎博士によって千葉市にあります東京大学検見川農場で約2000年前の地層
から、ハスの種子3粒を発見、その内の1粒が翌昭和27年7月18日に開花しましたことを私たち
千葉市民は大切に語り継がれております。
種子3粒発見の内、1粒は我が中学校の先輩女生徒が発見しました事に、開花した1粒は先輩が
見つけた種子であって欲しい  と願ってしまいます。
残念ながらこれは永遠のなぞです。
このオオガハスの由来の地の近くで生まれ育った者として大切な見学地の移転の記事に一抹の
寂しさを覚えました。     
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久し振りにお雛様を飾りました

2008年02月12日 13時06分29秒 | 未歩ちゃん
                

11日 (大安) の佳き日、数え切れない程の久し振りの我が家に お雛様 が飾られました。
昨年8月21日に誕生した未歩へのささやかな  でしたが、私の所に飾ることになりました。
娘達は場所も無く、毎年飾るのが大変と、ケース入りを希望でしたが、娘達の幼い頃に話が及び
お雛様を喜び、一緒に遊んだ  思い出話に、結論としてあまり大変ではなさそうなささやかな
お雛様を選びました。
しかし、6日 (大安)に到着してビックリ 
大きな箱が5箱も届き、玄関に所狭しと積まれました時は正直、ケース入りにすれば良かったと
思ったほどの大荷物でした。
そして迎えた11日、娘が梱包を紐解き、お父さんが飾る役目でしたがしまうときに困らないように
と全てに記録をし、  に収めましたり、それはそれは驚くほどに丁寧に取り扱っております姿に
感心致しました。
伺えば、幼い頃に妹さん達のお雛様飾りにお母様のお手伝いをしました幼い頃に想いを寄せられ
ましたとの事、親子の絆、家族の大切さを改めて考えさせられました佳き日でございました。
「雨水」 今年は2月19日ですが、この日に飾ると良いとされることも聞いておりますが、それは
無理ですので、当日にはお供えものをしましょうと話し合いました。

 
       丁寧に記録するお父さん                準備をする真剣な二人    
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

霜ばしら ?

2008年02月10日 21時30分30秒 | 書道
        

書道教室でのことでした。
雪の予報もありますことに、筆を持つ手にも熱が入り、作品を仕上げておりますと
先生 「今夜は寒いからお茶にしましょう。霜柱って知っていますね」
生徒 「は~い、土に出来る、あのさくさくとした・・・」
先生 「今夜はその霜柱ではなく 仙台名菓の 「霜ばしら」 をお目に掛けましょう」
と包装したままお持ちになって、
先生 「どうぞ開けてご覧なさい」と。
生徒 「わ~綺麗!」 でした。
「霜ばしら」 の蓋を開けますと、さらさらとした白い粉の中に何か埋まっていました。
真珠を思わせるような鮮やかな光沢の飴でした。壊れないように1個ずつ静かに取り出して
口に含みますと軽妙な舌触りの食感に、思わず何回も手が出てしまいました。
勿論、粉  も美味しい 
この 「霜ばしら」 は湿気と衝撃、熱に弱い繊細な飴菓子です。
そのため、防湿と破損防止の目的で餅米を原料としたらくがん粉を充填していると説明があり、
又、10月から4月末までの季節限定販売と伺いました。
先程までの静寂な緊張したお教室にも先生のお心遣いを頂き、ほうじ茶の香りが漂う美味しい
お茶のひとときを楽しみました。
その折にも私は植物の 「霜柱」 が気になり、皆さんにお話ししますと全員が 「知らない」
と言うことでしたので 「友人の庭のお花の紹介」 から印刷して持参することにいたしました。
 
         霜 柱 (秋の頃)           枯れた茎に霜柱が立ったように見られる霜柱
    
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

元気になりました

2008年02月09日 22時39分34秒 | 書道
              

この度は に病むブロブに多くの皆様にお訪ねいただきました事、心から御礼を申し
上げます。
又、ブログにコメントを、そして   にも温かいお言葉を頂きました皆様方に日々癒さ
れる思いでございました。
誠に有り難うございました。
おかげさまで久々の外出は書道教室(徒歩5分)に致しました。
お教室に広がる墨の香りに迎えていただき無事、2時間半のお稽古を頑張ることが出来
ました。
写真の2枚は先生から選んでいただいた2月提出作品の一部です。
未熟作品ですが、快復の証と致しました。
漢字の作品は 「和気作新年」と書き(和気新年と作(な)す)と読みます。
仮名の作品は 「歌留多とる皆美しく負けまじく」 (高浜虚子)
          の歌ですが かるた と(登)る(流) と最後の ま(万)じ く(九) は
          お手本を真似て変体仮名に挑戦しました。
両作品とも一月号に相応しく新年らしい語句、歌です。

作品は後、漢字条幅、かな条幅、ペン字と毎月作品は5点提出しますので、自宅での練習
も要します。
風邪など引いているどころではないのですが、2月18日〆切迄に何とか提出出来そうです
のでほっとしております。           
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寒~い ! 千葉は今年3度目の雪です

2008年02月06日 20時18分08秒 | 千葉の事(町内行事含む)
 
   朝10時頃先が見えない程の大雪が積もり始めた 公園と道路 が濡れて(我が家前)

今日6日の千葉は、とても寒く3度目の  に見舞われました。
朝のうちは静かな雪でしたが、10時頃は大粒の牡丹雪に先が見えないほどの大雪に記念
に  に収めました。
しかし、降っているようには見えませんが。 
午後からはみぞれに変わり、冷たい雨の一日でした。
今夜も  の予報にがっかりしております。
雪国の皆様には申し訳ございませんが、何しろ何年に1度降るかの雪ですので雪に慣れて
いませんのでお許し下さいませ。
こんなに寒くては、風邪も完治には至りませんが、ゆっくり休養に務めたいと思います。
お寒い折に、皆様もどうぞご自愛下さいますようにお祈り申し上げております。          
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

千葉市は一日中雪です

2008年02月03日 16時37分29秒 | 千葉の事(町内行事含む)
 
          午前10時頃牡丹雪の降る我が家の前の公園と道路
    
皆様にご心配をおかけいたしておりますが、おかげさまで快方に向かっております事ご報告させて
いただきます。
お寒い折に皆様のご健勝をお祈り申し上げております。 
遅い起床に雨戸を開けたらましたら 大 に驚かされました。
 に収めたく完全武装で外に出てみました。
上の写真を撮りました時は大粒の牡丹雪に見舞われておりましたが、私の  では降っている
状況を収める事が出来ません。
午後3時頃少し静かな  になりましたので、道路の雪が溶け始めた様子を収めてみました。

 
       雪だるまを造る母子             雪が溶け始めた我が家の前の道路

前の公園で雪だるまを造っている元気な母子の姿にちょっぴり羨ましくも感じました。
今は  混じりの雪ですが、今夜も  の予報です。
明朝の出勤のみなさんのご無事を祈るばかりです。
少しばかり気分が良くなりましたので  を開けました。
皆様のブログを拝見させていただきましたが、コメント失礼させていただきました。
悪しからずお許し下さいませ。    
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加