独り居の充実ライフを求めて!

ご訪問を頂きまして有り難うございます

日本遺族通信 1月の九段短歌

2010年01月29日 10時23分11秒 | 日本遺族通信

   
          平成22年1月 靖国神社社頭に掲示された遺書
           岩手県出身 陸軍憲兵曹長 佐藤 源治 様
         昭和23年9月22日 ジャワ島バタビヤにて法務死 合掌

あの悲惨な戦争を風化させてはならないと今日まで沢山の 「遺書」 をご紹介させていただきましたがこの度、歌を作られて
ご家族にお届けしましたお方に出会いました。

1番から4番まで作詞されましたが、とても悲しい3番4番の歌詞をご紹介させていただきます。

   3番  故郷を出てから12年   4番 僕のこの歌聞いたなら
       冷たい風の獄の窓        母さんきっとうれしさに
       虫の音聞いて月を見て      頬すり寄せて抱き寄せて
       母さん恋しと歌ったら      「上手になった良い子だ」と
       みんなが泣いて聞きました   ほめて下さることでせう
                            (昭和23年6月3日)
何の罪も無いお方がどうしてこのような悲しいお歌を作らなければならなかったのでしょうか 
このお歌を書かれてから3ヶ月余の戦死に、お手紙を受けたお母様のお気持ちはいかばかりでありましたでしょうか 
今も世界のどこかで戦いが行われておりますが、戦争で得るものは皆無です。
世界の真の平和を祈るばかりです。 

私達は過去の悲しみを記憶し、戦争の悲惨さと、散華されました尊い犠牲を風化させる事の
ないように語り継ぐ使命がありますことと考えます。
今号にも全国から鎮魂の歌が寄せられましたので、ご一読頂ければ幸いに存じます。

父の遺書四歳我に片仮名で靖國社頭に掲示されたり     横浜市 女性
煙の輪美しくゆらす亡夫なりきその灰皿もいつしかひび入る 横手市 女性
出征の叔父を小旗で送りたり駅舎の跡にコスモス揺れる   青森市 男性
四十一歳ままの姿の父の写真日本に戻る事叶はずに    大阪市 女性

九歳の冬に征きたるわが父を話してくれし母も在さず  東かがわ市 女性
病院も陸海軍の司令部も壕にもぐりて地獄絵なりぬ     南相馬市 男性
戦死せる兄の遺品の少なきに触れてなつかし黒独楽一つ  篠山市 男性
弧を描く水平線に父偲ぶ足摺岬の遙けく南を        名古屋市 女性
永遠の平和を願ひ兵偲び祈る慰霊に菊薫るなり        京都市 男性
境内を掃き清めつつ甦る頬擦る父の肌の温もり        尾道市 男性
タナストに尋ねたときは吾余生夫を葬(おく)りて早も六十年 常滑市 女性
父偲び九段短歌に歌詠みて貴重な紙面に五十首となりぬ  千葉市 私

九段短歌へ投稿を始めてから昨年の9月15日号を持ちまして5年を迎え、50首の掲載を頂く
ことが出来ましたので感謝の気持ちを詠みました。
戦死の父は私にとっては永遠の恋人です。
全く知らない父親を偲び、歌を学んで参りたく思っております。

コメント (8)

金澤の山ちゃんだより ー 3 ー

2010年01月28日 17時18分12秒 | 金澤の山ちゃんだより
                金 澤 城 冬 景 色
昭和38年「三八豪雪」と呼ばれる大雪が降った。
昭和56年にも大雪が記録されたが、その後は地球温暖化現象進行の為かあまり雪を見ない。

山手のゴルフ場でも毎年 「初夢杯」 が催される冬の名物詩ともなった 「雪吊り」 も手持ち無沙汰。

それでも雪が降る、もう記録写真になるようだ。
今では、観光客が靴に滑らないように荒縄を巻きつけて恐る恐る歩いた光景が懐かしい。

                                金澤城公園にて   金澤の山ちゃん様より

 
    金澤城 (菱櫓 海鼠塀 雪の頃)         金澤城 (菱櫓 新丸広場 雪の頃)  
 
    金澤城 (続櫓 雪の河北門から)        金澤城 (続櫓 雪の頃の丸窓から見る)

昨日は 「熊野那智大社 火祭り」 のご紹介に沢山の皆様にお訪ねいただきまして誠に
有り難うございました。 
本日は 「金澤の山ちゃん」 様のご当地をご紹介をさせていただきます。
美しい 「金澤城冬景色」 をご覧いただけましたら嬉しゅうございます。    
コメント (4)

金澤の山ちゃんだより ー 2 ー

2010年01月27日 22時17分35秒 | 金澤の山ちゃんだより
                   熊野那智大社 火祭り
一(二,三)の使いが 扇神輿の待つ階段を駆け登る。そして、参道下の大松明に移火する大松明
は扇神輿を出迎えに 階段参道を往復する。
扇神輿は”オ~リャ オ~リャ”の掛け声と共に御瀧へ。

松明の近くでは熱いが、ここには樹齢多きを経た樹木が太陽の光を遮り、夜の祭りかと思うくらいで
ある

熊野那智大社社伝によると
「神武天皇が熊野灘から那智の海岸“にしきうら”に御上陸されたとき、那智の山に光が輝くのをみて、
この大瀧をさぐり当てられ、神としておまつりになり、その御守護のもとは八咫烏の導きによって無事
和へお入りになった」 と記録されております。

歴史,伝統ある神事に参拝者は御神益も多かった。
                              
  
      熊野那智大社 (火祭り一の使い)     熊野那智大社 (火祭り松明 扇神輿出迎えへ)
  
   熊野那智大社 (火祭り松明 扇神輿前へ) 熊野那智大社 (火祭り 扇神輿オ~リャ、オ~リャ)

                  熊野那智大社 参道の人々
扇祭り(火祭り)に参拝しようとする人は世界遺産に登録された直後で16,000人、この日も1万人
近くになっただろう。
ニュースで全国発信するのだろう、また近くで地元テレビ局の実況中継があった。といただきました。

                           和歌山県那智勝浦町にて  金澤の山ちゃん様より

   
     熊野那智大社 (平安衣裳でお出迎え)      熊野那智大社 (火祭り 参拝見物客)

 以上、素晴らし神事の行事のご紹介を頂きましたが、初めて見る伝統的行事に感動いたしました。
 お訪ねいただきました皆様もきっとお楽しみ頂けました事と存じます。
コメント (2)

金澤の山ちゃんだより ー 1 ー

2010年01月26日 20時40分28秒 | 金澤の山ちゃんだより
いつもお訪ねいただいております皆様、お変わりございませんでしょうか。
こちら千葉も毎日寒い日が続いております。 
この度、金澤在住の山ちゃんから素敵なお便りの機会を頂くことができました。
「金澤の山ちゃん」 は大切なお方のご友人です。
「旅の好きな男 (ひと)、NHK全国放送、金沢放送で彼のビデオが放映される腕前です。」 
とご紹介をいただきました。
素晴らしいお写真が小さくなってしまいましたが、説明文と併せてご紹介させていただきます。
ご覧いただけましたら嬉しゅうございます。

      元国宝  丸 岡 城 == 日 本 百 名 城 ==
昭和 9 年日本最古の現存する天守閣として国宝に指定されたが 昭和 23 年福井大震災に
より倒壊した。
現在は重要文化財の指定 (昭和25年) を受けている。

天正 3 (1575) 年 織田信長は一向一揆を平定し、柴田勝家に越前之国を与え、守護職として
「北の庄」 (現在の福井市) に築城を命じた。

天正 4 (1576) 年 柴田勝家の甥 「柴田勝豊」 が現在地に築城し、以後明治維新まで 17代
の城主がこの地を治めた。

徳川家康譜代第一の功臣で鬼作左の勇名を轟かせた本田作左衛門重次が陣中から妻に宛て
「一筆啓上、火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ」 が有名である。

お仙は嫡子仙千代で、後の福井城主 結城秀康に仕え数度の戦いで武勲を立て、6 代目丸岡
城主 「本多成重」 になったのである。 といただきました。
                         福井県坂井市丸岡町にて  金澤の山ちゃん様より


      福井 (丸岡城 城下から仰ぐ)       福井 (丸岡城 天主から城下を望む) 

      福井 (丸岡城 天主の内部)          福井 (丸岡城 天主への階段)
コメント (4)

1月のカラオケ教室 ♪ 

2010年01月23日 12時22分02秒 | カラオケ
 が大好きな私達は月2回のレッスン日が待ちきれない程に若柳汎之真先生の楽しい
ご指導を頂いております。
新しい事をを学ぶことは 「脳の活性化に良い」 とレッスン曲は新曲に挑戦しております。
レッスン開始から1時間ほどは、今までお稽古した中で18番の歌、自信が無く復習したい
歌などを一人ずつ歌い、ご指導を頂きますので一緒に口ずさむことができます嬉しい復習
の時間です。 
今月も素敵な新曲をレッスンしましたので綴っておきたく存じます。
1月8日のレッスン曲      
     長保 有紀さんの  「木曽路の雨」  (平成22年1月6日 発売)
 話し上手で 聞き上手
         別れ上手な 男でした
         薄くれないの 恋椿
         春を待たずに なぜ散り急ぐ
         木曽路は 雨 雨
         私を泣かす 涙雨 (一番の歌詞より)

木曽路を舞台に男女の恋愛模様を明るい曲調にのせ、やや哀愁の歌詩を宿した旅情演歌
です。
長保有紀の代表曲のひとつ、「清水湊の女」を手がけた鈴木紀代氏が作詩。
その情緒的な詩に中村典正氏のメジャー・メロディーが絶妙にマッチしました。
カラオケファンが最も好むメロディーラインと歌詩がリフレインするフレーズが印象的で一度
聴いたら、メロディーが耳から離れない作品です。 (以上HPより)

1月22日のレッスン曲     
     長山 洋子さんの 「おけさ恋唄」 (平成22年1月20日 発売)
        あしたの天気と 人生は
                夜が明けなきゃ わからない
                ハアー 生きるこの世はヨー 切り紙細工
                夢が 欲しいね 路地裏灯り
                昭和恋しや おけさ節 (一番の歌詞より)

「おけさ恋唄」は、長山洋子が少年民謡会で培った“民謡”テイストとなっており、昨今同様
の昭和の大不況時を背景に“難しい理屈より、明るく生きてこそ明日につながる!”、明日
に向かっての気力を与えてくれる、楽しく歌って踊れる逸品! (以上HPより)

2曲とも発売から2日後のレッスンに、初めて耳にする歌でした。
繰り返しご指導戴きますので10名余の全員が、その日のうちに一人ずつ を持って歌う
ことが出来ます程に楽しい時間を過ごしております。  
コメント (11)

神奈川県 “横浜” の旅 

2010年01月20日 14時11分02秒 | 千葉実年歴史倶楽部(友の会含む)

      千葉実年大学校 歴史倶楽部 平成22年 1月定例会        
「開催のご案内」より
1月定例会は、新年会を兼ねて “横浜” を訪ねます。
横浜市は2009年開港150周年を迎えました。4月28日から9月28日迄6ヶ月に亘り大博覧会が開催され、多くの皆様が横浜開港記念を楽しまれた様です。
横浜は広く、見学場所が多くありますが、横浜の歴史に触れる旅として 「曹洞宗 ・ 總持寺」 及び 「横浜市開港記念会館、横浜港周辺」 を訪ねます。
定例会開催に併せて “新年会” を中華街 「大珍楼・新館」 で開催致します。
多くの皆様のご参加をお待ち致しております。
 
詳しくは 千葉実年大学校HP ~ サークル活動 ~ 歴史倶楽部 をご覧下さい。 
                 http://www4.ocn.ne.jp/~zitudai/

上記のご案内に大型  2台に満席の会員が参加され、お天気に恵まれた楽しい一日を過ごさせて戴きました。
     1.開 催 日 : 1月19日 (火) 嬉しい気温上昇の日  
     2.参 加 者 : 104名 
     3.集    合 : 千葉駅NTT前  7時20分                
                 津田沼駅南側  7時50分
「旅 行 程」
1.總持寺
(1) 總持寺(そうじじ)は、神奈川県横浜市鶴見区鶴見にある曹洞宗大本山の寺院。
    山号は諸嶽山(しょがくさん)。本尊は釈迦如来。境内にある鶴見大学を運営。
(2) 總持寺の歴史
  1)奈良時代行基によって能登国櫛比庄(現在の石川県輪島市)に、諸嶽寺として創建。
  2)元和元年(1615年)、徳川幕府より法度が出され、永平寺と並んで大本山となる。
  3)明治44年(1911年) 現在地に移転。
    現在、旧地に總持寺祖院(石川県輪島市門前町)があります。
(3) 伽 藍
  1)敷地面積は約50万m²あり、境内には仏殿、大祖堂をはじめ多くの堂宇があり、鶴見大学
    などの学校施設もあります。
  2)本尊釈迦如来像を安置する 仏殿 よりも、道元、瑩山紹瑾など歴代の祖師を祀る 大祖堂の方が規模が大きいのが特色です。  
              大 祖 堂                      仏   殿
「大祖堂」 1965年竣工。仏殿の向かって右に位置する。
       高さ36m、内部は千畳敷きの大建築。
「仏  殿」 1915年(大正4年)に竣工。本尊釈迦如来像を安置する。
 
遙かに向唐門 (むかいからもん) をのぞむ        向 唐 門
「向唐門」 総欅唐破風造りの桃山式の建物です。
       建築様式が向唐門であることから、「向唐門(むかいからもん)」と呼ばれます。
       現在は、禅師の入山式や正月、節分に開扉されます。
       大正14年に竣工しました。
       平成11年新春に全面改築され、赤い土壁と輪島塗りの門が映えています。

 
        香積台 (こうしゃくだい) ・ 総受付            大 鐘 楼
「香積台」 香積とは、香気が充満している世界のことです。またはそこに住む如来の名称ともされています転じて、禅門では食事を
       調理するところ、庫院(くいん)
を意味します。
「大鐘楼」 重さ実に19トンもあり、日本有数の大きさを誇ります。
       大正2年に約16000人の願いや祈りを浄財として造られてから、毎日11時と3時(3と8のつく日は少し異なる)につかれています。
       梵鐘は、修行僧により一声ごとにお拝をしてから鳴らされます。
       また、大晦日には一般参拝者も大梵鐘をつくことができます。

3)大祖堂、三門などは太平洋戦争後に建立された鉄筋コンクリート造であるが、仏殿をはじめとする主要建物の多くは20世紀前半(大正時代~昭和時代前期)の本格的な木造建築です。
2005年に仏殿など16件の建造物が登録有形文化財に登録されているそうです。

2.横浜市開港記念会館
 
         横浜市開港記念会館          開港当時を描いたステンドグラス

横浜港開港50周年を記念して開港記念横浜会館の名称で1917年(大正6年)6月30日に竣工、同7月1日開館。
1989年(平成元年) ドーム屋根等が横浜市により復元され、同年9月2日に 国の重要文化財 に指定 される。
時計塔の高さは36mあり 「ジャックの塔」 の愛称で呼ばれ 「キングの塔」 (神奈川県庁本庁舎)
「クイーンの塔」 (横浜税関本関庁舎) とともに横浜三塔の一つと言われています。
建物の内部におきましては、6名が1グループになってガイドさんの説明を戴き、心ゆくまで往時を偲び懐かしく楽しい見学の時間を戴きました。

3.横浜港・大桟橋通り → 開港広場散策
 
   歴史倶楽部玉生様の素敵な             赤煉瓦倉庫を背にして

4.新年会 = 大珍楼 新館にて
 
                楽しかった新年会                会長さんを囲んで

5.中華街散策 (約1時間)
 お腹も心も満足になりました私達は、家族への  に に中華街の散策を楽しみました。
「関帝廟」  中華街でひときわ目を引くきらびやかな建物が“関帝廟(かんていびょう)”です。
       関帝廟は世界中のチャイナタウンにあります。
       祀られているのは三国志で有名な関羽(かんう)。
       そろばんを発明したともいわれ、商売の神様として信仰される関羽は、異国の地で商売をする華僑たちの心の拠り所と言われて
       おります。 (HPより)

    
                                 関帝廟に参拝いたしました
久し振りに温かな  に恵まれ、104名もの大勢の会員が参加をされました。
参加者一同、会長さんを初め役員の皆様のご尽力に感謝を致しながら、總持寺の荘厳な佇まいに心を癒し、温かな日射しを浴びながら横浜港の散策などを楽しみました。
程良い の後の 「新年会」 においては、美味しい   を戴きながら会員相互の親睦を深めることができました。 
この度も素敵な旅に御一緒させて戴きまして心から感謝を申し上げております。
役員の皆様有り難うございました。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

コメント (16)

若柳流汎栄会新年会にお招きいただいて 

2010年01月18日 20時13分06秒 | カラオケ
          
                   家元様のご挨拶
       日 時 平成22年 1 月11日 (月) 12時より            
       場 所 ホテルポートプラザちば

家元様はとても若々しくお元気なお姿にとても傘寿をお迎えになられておりますお方には思えない
程に、皆様にご配慮されながらご丁寧にご挨拶をされました。

「今年も皆様どうぞ品位をもって踊りに精進して参りましょう。
 本年 平成22年 5 月23日 (日) 若柳流汎栄会創立満50周年記念舞踊会」
 於 千葉市民会館 開催に向けて尚一層のご尽力を頂きたい」 と述べられました。

私たちは若柳流お師匠さんの汎之真先生に をご指導いただいております関係で特別参加
の機会を頂いております。

 
         会場の皆様と乾杯               抽選会の豪華賞品            
私達は豪華賞品の幸運者は誰かしら 等とテーブルに並ぶ美味しい   
を戴きながら、楽しい一時を過ごすことが出来ました。
懇親会に於いて私達も 「田舎へ泊まろう」 の主題歌 「母ゆずり」 川中美幸さんの 「郡上夢うた」
を披露致しました。


  汎之真先生を囲んで  教室の皆様        汎栄会スペシャル バンド    


           「母ゆずり」               「郡上夢うた」 の2曲を披露しました

会の終わりは所狭しと飾られました豪華賞品の抽選会を楽しみました。
最初に呼ばれた 「75ば~ん」 に  私の持っていました番号でした。
福袋 を戴き、新年早々の一番くじに心躍る気持ちでした。
佳き年でありますようにと元気を戴きました。

                    浴  衣           バックと未歩ちゃんへの 

上記は私が  戴きましたお品ですが、お仲間の皆様も素敵な豪華賞品を手中に収め、笑顔で
会を閉じることが出来ました。 
二次会の 大会に於いても汎之真先生のご厚意で素敵な賞品を沢山ご用意いただき、皆様が
大きな袋に 大きな福  を沢山詰めて幸せな楽しいひとときを過ごさせて戴きました。
若柳汎之真先生本当に有り難うございました。 
コメント (4)

友人の庭のお花のご紹介

2010年01月16日 22時57分08秒 | 友人の庭のお花のご紹介
千葉も毎日寒い日が続いておりますが、お訪ね戴いております皆様にはお変わりございません
でしょうか。
皆様のご健勝をお祈り  申し上げながら、今年初めてのお花のご紹介をさせて戴きます。
「今年最初の庭の花の掲載です。
 厳冬で椿の開花が遅く、それを待ちわびる鳥がすぐに花を汚します。
 特に大樹の数奇屋には花が多く付くので、めじろの群れで大賑わいです。
 次回は赤色系の椿を紹介いたします。」
と戴きましたので御覧いただけましたら嬉しゅうございます。  
   友人のご紹介 Hide Gallery http://www6.plala.or.jp/inage3/index.html

 
         椿 (胡蝶侘助)                     椿 (数寄屋)
 
        椿 (加茂本阿弥)                     椿 (有 楽)
 
          椿 (紺侘助)                      椿 (宗 旦)

コメント (8)

嬉しいCD2枚のプレゼント 

2010年01月15日 14時06分39秒 | 友人のご紹介
    
            一枚は私に、もう一枚は未歩の家族への 

「アッという間にお正月が過ぎました。
デジブックのCDロムができました。スライドにすると又一味違いますね。
これなら何処でも見られます。保存用としてもよいですね。ゆっくりご覧下さい。
2枚ありますので1枚は未歩ちゃんのお家へどうぞ。」
ブログでご厚情を頂いております 鉄道模型趣味 (徳さん様)
      http://tokuyan.blog.hobidas.com/
がこの度、未歩の成長の記録をデジブックに作製してくださいました。
  デジブックとは http://blog.digibook.com/help/aboutdigibook 
とても有難く早速  で楽しませて戴いておりましたところ、ご厚意のCDを戴きました。
戴きましたCDには 「未歩ちゃんの記録」 と7年に1回行われました昨年の 
「七年祭り」
が収められておりました。
ブログで見るよりも数倍楽しく繰り返し見ております。
新学期が始まりご多忙の折に  の家族の分まで作製戴き、申し訳なく存じますが、
いつまでも大切に楽しませて戴きます。
誠に有り難うございました。 
コメント (8)

嬉しいプレゼント 

2010年01月13日 13時33分56秒 | 千葉実年歴史倶楽部(友の会含む)


 →     直径15cm     ←

新年早々に 「宅急便です」 「えっ!どなたかしら 」 お名前を見て 
先輩のように御世話になっております可愛い後輩のお方からの嬉しい  でした。 
箱には、栃木県宇都宮市大塚果樹園の 「甘くて美味しい 高級梨」 と表示されておりましたが、開けて又々 
初めて目にするあまりにもジャンボな梨に思わず測ってみましたら何と直径15cmもありました。
ジャンボな梨には商標の 「初霜にっこり」 のシールが張られてあり  の感謝と、商標の名前が嬉しくて何回も何回も  してしまいました程に心から
御礼を申し上げます。

A 様お心遣いを頂きまして誠に有り難うございました。
折角のご厚意ですので、未歩ちゃん  に見せてから一緒に頂きます。
今年もいろいろと御世話になりますがどうぞ宜しくお願い申し上げます。
向寒の折にご夫妻様のご健勝をお祈り申し上げます。 

コメント (10)

今年も 「か・き・く・け・こ」 と 3つの 「わ」 を大切に 

2010年01月10日 10時42分34秒 | 日々の出来事

木原光知子さんの(本名 木原美智子)の 「 生きる目標 」                
        か   感性 ・ 関心  ・ 感謝 (大切な言葉を加えました)
        き   気力 ・ 気遣い
        く    工夫 
        け   健康                
        こ    恋 ・ 心
    
木原さんがご存命の折りに、木原さんの 「人生論」 を  で拝聴する機会を頂きました。
その折におっしゃいました 「 か・き・く・け・こ 」 の意味になるほどと共感を覚え以後、毎日の「生きる目標」 として大切につかわせていただいております。
持ち前の素敵な笑顔と 「ミミ」 の愛称で親しまれておりました、健康の代表選手のようなお方だった方が若くしてご逝去され、とても残念に存じます。 合掌
この素敵なお言葉を心に刻み、今年も日々を大切に過ごして参りたく思っております。

               3つの 「 話 」・「 和 」・「 輪 」 

この事の出会いは初めて幼稚園のお役を受け、最初の役員会の折に会長さんが黒板に円を描き、この3文字をお書きになられ、PTA活動の指針なるものを
お話されました。

「どの 「わ」 から初めても良いのですが例えば、皆様から多くの意見 「話」 を頂きながら「和」 を保ち、皆様との固い絆の大きな 「輪」 が出来ます事を願って
おります。」 と。


このことも、今までのPTA活動、子ども会活動、婦人部などのお役を受けました時に、大切な言葉として使わせていただきました。
勿論、家庭生活において子供達にも大切な事と語り継いで参りたく存じます。

コメント (8)

七草粥を頂きました

2010年01月07日 13時34分08秒 | 我が家・親族

                  
                   我が家の七草の材料です
七草粥について (HPより抜粋)
 お正月のご馳走で、疲れた胃を休めるため。というのは、最近の説。
 1月7日は「人日の節句」。
 前漢の時代の中国では邪気を祓う為に、7日の七にちなんだ七草粥を食し、一年の無病息災を祈ったそうです。
 日本にその習慣がうつりました。当時は「コメ、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキ」の7種の穀物の粥を指したようです。
 鎌倉時代になり、現在の「春の七草」を七草粥の材料にしたとされておりました。

     芹(せり)          セリ。水生地に自生する。競り勝つの意。
     薺(なずな)        ぺんぺん草。三味線草。撫でて汚れを除くの意。
     御形(ごぎょう)       菊科の植物。黄色い小さな花がまとまって咲く。仏の体のこと
     繁縷(はこべら)      はこべ。撫子(なでしこ)道ばたでよく見かけます。
                 草は地を這っている。白い小さな花が咲きます。繁栄が蔓延る(はびこる)こと。  
    仏の座(ほとけのざ)   たびらこ。菊科。地面近くに広がるように開いた草に黄色い花。仏の座のこと。
    菘(すずな)         カブ。黄色い花が咲きます。神を呼ぶ鈴を表す。
     蘿蔔(すずしろ)     大根。白い花が咲きます。潔白を表す。

今まで七草粥と申しますと、消化的役割ばかりを思っておりましたが 「無病息災」 の大きな意味を学ぶことができましたので
記録に残したく転載させて頂きました。  

コメント (8)

千葉神社へ初詣 

2010年01月06日 19時28分30秒 | 未歩ちゃん
                  平成22年1月2日 千葉神社へ初詣                            
                  
                       は千葉神社HPより頂きました


          未歩ちゃんがなかなか被写体になってくれずにようやく1枚  に収めました

 「千葉の妙見さま」と親しまれる厄除開運・八方除の神社 千葉神社 へ家族揃って初詣に参りました。
 自宅からも近く、千葉市の中心街に位置する、「厄除開運」・「八方除」の神社です。
 鮮やかな朱色が目を引く社殿は、日本初の重層様式で建てられているそうです。
 主祭神は北辰妙見尊星王(=天之御中主大神)で、北極星と北斗七星の神様。
 このため人間の星(運命)や全方位を守護する「妙見さま」として親しまれており、千葉神社は日本有数
 の「妙見信仰」の中心とされています。
 初詣には60万人以上の参詣者が訪れ、厄除・八方除など祈願。
 受験合格や学業向上にも多くの関係者が千葉天神で祈願しております。
コメント (4)

2010年(平成22年)第86回 東京箱根間往復大学駅伝競争

2010年01月03日 14時34分33秒 | オリンピックなどスポーツ関係

      2010年1月2日 5区間 108.0キロ 往路のレースいざスタート                   
                
            
         
        1位になった瞬間 
          5区 柏原選手 が6人抜きの大活躍で  東洋大学 往路優勝
  1月3日 8:00 5区間 109.9キロ 復路スタート  
  首位スタートとなった東洋大学は7区の田中選手が区間賞の走りで2位以下との差を広げる
  とその後も終始リード。
  最後は、2年連続アンカーの高見選手が安定した走りでリードを守り切り、見事2連覇を達成
  されました。
                  
          2年連続アンカーの高見選手 

          東洋大学選手の皆さん2連覇達成おめでとうございます 
    
     2位 駒沢大学、3位 山梨学院大学の選手の皆様のご活躍に大きな  を贈らせて頂き
     ます。
     この大会に全力を注がれ、素晴らしい青春の1ページを刻まれました選手の皆さんの更なる
     飛躍を念じ、佳きお年でありますようにお祈り申し上げております。
     2日間お疲れ様でございました。
     そして有り難うございました。 

コメント (6)

2010年 新年のご挨拶を申し上げます

2010年01月01日 22時14分04秒 | 日々の出来事
                   
                          先輩の作品より

   
中学校の教頭先生(96歳)   趣味の先生       大切な親族のお方        恩師

       「今年こそ心新たに」と筆の文字九十六歳の師の賀状なり

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
皆様にはご健勝にて佳き新年をお迎えになられました御事とお慶び申し上げます。 
旧年中のご厚誼に心より御礼を申し上げます。
年の初めにあたりお立ち寄り頂いております皆様のご健勝ご多幸をご祈念申し上げます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

上記にご案内のお年賀状は大切な恩師他の皆様から頂きましたお年賀状の一部です。 
卒業後半世紀以上もご厚情を頂いております中学校時代の教頭先生を初め、年月を重ねて
今尚、お元気で素晴らしいお年賀状を頂けますことは大きな喜びでございます。
96歳の恩師を初め、素敵なお年賀状の一部をご紹介させていただきまして新年のご挨拶を
申し上げさせていただきます。
         2010年  新 春 
コメント (13)