ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

「解約できない」…スポーツジム契約トラブル多発

2018-11-19 00:10:07 | ニュース

「解約できない」…スポーツジム契約トラブル多発 

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

健康増進やダイエットブームの中、スポーツジムをめぐるトラブルが多発していることが、国民生活センターへの取材で分かった。同センターによると、平成29年度のスポーツジムなどに関する相談件数は前年度より300件以上増加。解約をめぐる相談が目立っており、センターも解約条件の確認など慎重に契約するよう呼びかけている。

 


自分の良いように信じようとする。

信じたい願望が疑うことを忘れさせる。

 

コメント

朝6時に発砲音、住民驚き苦情 航空自衛隊那覇基地の警備訓練で

2018-11-17 10:10:43 | ニュース

朝6時に発砲音、住民驚き苦情 航空自衛隊那覇基地の警備訓練で

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

航空自衛隊那覇基地が15日早朝、基地内で空包を使った警備訓練を実施し、音に驚いた地域住民から苦情や問い合わせが同基地や県警などに数件寄せられた。同基地は「県、那覇市、豊見城市、糸満市には事前に訓練の連絡をしていたが、地元住民まで伝わっていなかった。今後は、地元住民への周知も検討したい」と話している。

 同基地によると、警備訓練は14、15日にあった。年1回実施しているもので、空包を使った訓練は15日午前6時ごろに行われた。今回の訓練について「全国規模の早朝の訓練で、毎年、訓練の時間帯は異なる。今回は普段より多く空包を使った」と話した。

 

 


まったく!

コメント

土曜配達やめさせて!日本郵便が要望 働き方改革と人手不足で

2018-11-16 21:54:56 | ニュース

土曜配達やめさせて!日本郵便が要望 働き方改革と人手不足で

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本郵便は、総務省の会議で土曜日の配達を廃止したいと要望しました。働き方改革と人手不足が理由で、法律で決められた郵便サービスの内容をどこまで維持すべきか議論が始まりました。

日本郵便は、16日に開かれた総務省の有識者会議に諫山親副社長が出席し、郵便物の土曜日の配達を廃止したいと要望しました。

対象は「速達」や宅配便の「ゆうパック」などを除いた普通郵便です。

 


労働時間をシェアして、失業者をなくそう。

1人の担う、労働時間を少なくしよう。

 

先進国では日本だけ、長時間労働なんだ。

労働時間もシェアしよう。

コメント

消防車のタイヤ、17年交換せずパンク「劣化わからず」

2018-11-16 11:35:56 | ニュース

消防車のタイヤ、17年交換せずパンク「劣化わからず」

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

香川県のさぬき市と東かがわ市を管轄する大川広域消防本部(同市)が、はしご車のタイヤを17年間にわたって交換せず、走行中に破裂させていたことがわかった。けが人はなかったが、関係者は「災害現場に出動中なら、より危険で活動に支障が出る」と指摘している。

 同本部が取材に対し、明らかにした。担当者は「危険性は承知している」とし、他の車両も調べて古いタイヤから順に交換していくという。

 

 


危険性は承知している

コメント

国連ウィメン日本協会多摩チャリティコンサート2018年12月2日(日)

2018-11-15 08:23:39 | 日記

国連ウィメン日本協会多摩チャリティコンサート

クリスマスをまちながら

2018年12月2日(日) 午後1時30分 開場午後1時

 

第一部 <報告会>

「こどもの絵から見えるジェンダー意識」

講師 信國道子 さん

 

第二部 <演奏>

アンサンブル balena

 

会場 レンタルスペースF.L.S.

JR青梅線中神駅南口歩2分

入場料 1,500円(当日2000円)

定員50名 小学生500円、未就学児は無料

 

チケット申し込み・問い合わせ

国連ウィメン日本協会多摩 事務局(小川)

ホームページ http://unifemtama.blog53.fc2.com/ 

ホームページ内リンクからお問い合わせください。

 

コメント

ホテルで大暴れの男、4警官が制圧したら…死亡

2018-11-13 20:59:01 | ニュース

ホテルで大暴れの男、4警官が制圧したら…死亡

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーー

12日午後11時頃、熊本市北区のラブホテルの従業員から「客が暴れている」と110番があった。駆けつけた熊本県警熊本北合志署員が男性客を取り押さえたが、13日午前0時45分頃に搬送先の病院で死亡が確認された。男性は40歳代とみられ、同署が死因を調べている。

 


最近、良く目にする。

警官が制圧して、死亡のニュースが。

 

4人がかりだから、か。

軟弱になったからか。

 

加減というのは、難しい。

コメント

迷いジンベエザメ、救出ならず 淡水で弱り死ぬ 鳥取

2018-11-11 10:44:14 | ニュース

迷いジンベエザメ、救出ならず 淡水で弱り死ぬ 鳥取

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーー

鳥取県琴浦町箆津(のつ)の勝田川河口付近で10日に見つかったジンベエザメ1匹は11日午前、死亡が確認された。淡水で弱り、尾びれの傷が致命傷になったとみられる。

 

 


 

コメント

「喫煙休憩は生産性低下」、就業中禁煙の企業増

2018-11-11 10:25:21 | ニュース

「喫煙休憩は生産性低下」、就業中禁煙の企業増

 

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181110-OYT1T50145.html?from=ytop_top

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーー

社員に就業時間中の喫煙を禁じる企業が増えている。「たばこ休憩」に伴う生産性の低下が解消できるだけでなく、社員が健康になれば、医療費などの社会保障負担の軽減につながるからだ。たばこへの批判は強まる流れにあり、喫煙を禁止する企業はさらに増えそうだ。

 太陽生命保険は今年6月までに、本社や全国約150の支社・営業所にあった喫煙所やスペースをすべて廃止した。

 


喫煙人口は、減っているらしい。

 

しかし若年層の喫煙は、減っているようには見えない。

 

喫煙は、手軽に出来る大人のステータスだからなのか。

 

コメント

お金持ちに「手ぶら」がやたら多い本当の理由 「大型リュック」で通勤する人が知らない真実

2018-11-11 09:39:29 | 日記

お金持ちに「手ぶら」がやたら多い本当の理由 「大型リュック」で通勤する人が知らない真実

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーー

富裕層はいつも「手ぶら」、普通の人は「パンパンバッグ」

日本では、「今から登山にでも行くの」というほど大きなリュックを背負ったビジネスパーソンをよく見掛けます。バッグやリュックの中には、ノートパソコン、携帯の充電器、ノートや手帳に、飲みかけのペットボトルなど、いろいろなものが雑然と入れられています。必要がなくても、あれやこれやと持ち歩かずにはいられない人が、意外なほど多いのです。

私も、子どもがまだ小さかったときは、同じような状態でした。ママバッグにオムツやミルク、着替えにゴミ袋と、必要最小限の荷物を入れているつもりでも、バッグがパンパンでした。しかも、持ち物が多いとそちらに気を取られて、逆に子どもの動きに不注意になるという悪循環に陥っていました。そのため、貴重品だけを超小型バッグに入れて、残りはなくしてもいいバッグに入れていたものです。

 

 


自分は、貧乏人。

なので、カバンはパンパン派。

1泊の旅行ができるくらい、様々なモノを持ち歩く。

 

時折、減らすことはあるものの、すぐ増える。

ただカバンの底の方に追いやられて長い物は、たまに新しく加わったものに変わることはある。

だから、総量は、フエルことはあっても減ることはない。

 

高校生の頃から、荷物は人より多かった。

持って行かないと、なくて困ったことが多いから、遠出する時は、必ず沢山持って出る。

 

近場に行くときは、トートバック一つで、足りる。

けれども、ポリ袋やポケットテイッシュは、いくつも入っている。

簡単な筆記用具はかかせない。

コメント

子どもが感染し手足などまひ「急性弛緩性麻痺」に注意を

2018-11-11 08:11:41 | ニュース

子どもが感染し手足などまひ「急性弛緩性麻痺」に注意を

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181108/k10011703921000.html?utm_int=detail_contents_news-related_003

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主に子どもが感染して手足などがまひする「急性弛緩性麻痺」の患者数が、先月までの半年で80人以上に上り、専門家はかぜに似た症状のあとに手足に力が入らないようなまひが見られた場合は、速やかに医療機関を受診するよう呼びかけています。

続きを読む

「急性弛緩性麻痺」は主に子どもが発症する感染症で、発熱やせきなどのかぜに似た症状のあとに手足などにまひが起きるもので、多くの子どもにまひの後遺症が残るとされています。

 


 

コメント

かぜに「抗菌薬」は効きません 半数が誤認

2018-11-11 07:52:45 | ニュース

かぜに「抗菌薬」は効きません 半数が誤認

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181111/k10011706291000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーー

かぜで医療機関を受診した際、本来は効果がない抗生物質などの抗菌薬を処方してほしいと考える人は30%余りいるという調査結果がまとまりました。

抗菌薬の不適切な使用は薬が効かない「耐性菌」を増やすことにつながり、専門家は「正しい知識を普及していく必要がある」と話しています。

 

 


薬、大好きが多い。

「副作用がない」とまで、言い切る、メーカーもいる。

薬様々と篤い思いの人が多い。

 

薬は、副作用が大きいか小さいかの違いがあって、当たり前。

だから、飲み合わせは重要だし、服用を途中で止めてしまうことの危険性もある。

 

薬は、きちんと飲むことが重要で、患者が勝手に途中で飲むのを止めることの危険性などは

知っておいてほしいもの。

 

 

 

コメント

「4m先まで死角」車の出庫時に子ども巻き込み 相次ぐ事故防ぐには

2018-11-10 21:45:08 | ニュース

「4m先まで死角」車の出庫時に子ども巻き込み 相次ぐ事故防ぐには

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

親が自宅の駐車場から出そうとした車に接触し、幼児が亡くなる事故が目立っている。10月には兵庫県高砂市で、5月にも加古川市で痛ましい事故が起きた。高砂、加古川両署によると、いずれも親は娘や息子が自宅にいると思い込み、子どもに気付かず車を発進させたとみられる。車の周囲は運転席から死角になるため、身長の低い子どもの姿は見えにくい。専門家は「車体の前後や下を確認して乗車するという基本を徹底してほしい」と呼び掛ける。(田中宏樹、小森有喜)

 


運転教習所で、乗車する時は、車の前後を見よと習ったはず。

猫などが、車の下に入っていることもあるから、猫を飼っているとか、近くにのらがいる時も

車の周りは、点検するのが普通のはず。

 

自宅の敷地だろうが、基本は一緒。

最近の学校は、乗車時の習慣をやらないのだろうか。

手順をきちんと、守れば、事故は起きないはず。

コメント

殺人事件の全額賠償1件のみ、遺族泣き寝入り

2018-11-10 12:47:20 | ニュース

殺人事件の全額賠償1件のみ、遺族泣き寝入り

 

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181109-OYT1T50142.html?from=ytop_top

 

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 犯罪被害者や遺族に対して、加害者から賠償金がどれくらい支払われているかを日本弁護士連合会が調査したところ、殺人事件で回答のあった50件のうち、

全額が支払われたのは1件(2%)のみだったことがわかった。

重大事件ほど被害者が賠償金を得る割合は低くなる傾向にあり、経済的な救済が進んでいない実情が浮かび上がった。

 

 


 

コメント

客放置のバス運転手「なぜかわからない」と涙 会社謝罪

2018-11-10 11:46:26 | ニュース

客放置のバス運転手「なぜかわからない」と涙 会社謝罪

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バス会社「海部観光」(徳島県美波町)の高速バス(阿南発大阪行き)の運転手が、同乗の指導員と口論の末、乗客17人を乗せたままパーキングエリア(PA)に停車して運転を放棄した問題で、同社が9日、記者会見を開き、打山昇会長が「お客様に不快な思いをさせただけでなく、大変なご迷惑をおかけした」と謝罪した。

 

 


 

コメント

寺社、団体外国人に困惑 南蔵院、個人以外お断り 境内で大音量音楽、屋根に上って写真

2018-11-10 11:42:51 | ニュース

寺社、団体外国人に困惑 南蔵院、個人以外お断り 境内で大音量音楽、屋根に上って写真

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

巨大なブロンズ製釈迦涅槃(しゃかねはん)像で知られる福岡県篠栗町の南蔵院が、観光で訪れた外国人団体客のマナー悪化を理由に受け入れを停止している。大音量で踊りながら境内の動画を撮るなど集団になると風紀を乱す行為が目立つ」という。ただし、外国人を全面的に拒否する意図はないとして個人客は断らない方針。マナー違反に苦慮する宗教施設は他にもあり、国が外国人観光客受け入れに力を入れる中、文化の違いからくる摩擦にどう対処するか関係者は頭を悩ませている。

 

 


 

コメント