世捨て人・Mt.DOGのぼぼぼぼぼやき

※ 気ままな旅、日々の出来事の紹介。拙いブログだけどよろしく!!

【令和元年度夏第二弾 海の京都・伊勢・奈良を巡るひとり旅の巻12】

2019-10-06 23:48:32 | たび日記(鉄道の旅中心)

【日時】令和元年9月1日(日)(その3)

【行程】大阪阿部野橋…天王寺→鶴橋→(近鉄)奈良NOPQR→新大宮駅…宿
 
【詳細】
 
 N 奈良 奈良・春日大社にお参りする

 青のシンフォニーの終着駅・大阪阿部野橋駅へ到着後、近鉄電車を乗り継ぎ、近鉄奈良駅へ
いった。近鉄奈良駅へ到着後、路線バスに乗り、春日大社へいった。春日大社には、生まれて
初めていったのだが、当日、中国人の団体客でごった返しており大変びっくりした。
 春日大社の境内を闊歩するシカを観つつ、春日大社の本殿でのお参りし、お金を払って(有
料エリアである)灯篭が並ぶ回廊などを眺めた。観光客が多く、ゆっくりと見ることはできな
かったものの春日大社の建物や灯篭の美しさに感動した。





















 O 奈良 若草山にのぼる

 春日大社での参拝後、そのまま若草山にいった。午後の日差しが厳しい中、おもいリュック
を背負いつつ、山に登ってしまい、大変疲れてしまった。しかし、山の上からみた奈良の町な
みは美しく、来てよかったと思った。



















 P 奈良 夜の平城京・朱雀門へいく

 若草山を下りたあと、夕暮れ時であったため、バスに乗りこんで、宿泊先のビジネスホテル
に向かい、チェックイン。少々休息をとったあと、夜の奈良のまちへいくことにした。
 ホテルに重いリュックを置いてきたため、身軽になったわたしは、あちこち散策した。
 まず、ホテルから近い場所にあった平城京・朱雀門へいった。
 夜だったので、建物の中に入ることはできなかったもののライトアップされた朱雀門をじっ
くり見ることができた。












 Q 奈良 夜の興福寺へいく

 つづいて、近鉄奈良駅から歩いて夜の興福寺へいった。夜であったため、人もまばらであり
観光客の集団に邪魔されることもなく、のんびりと境内を歩きつつ、ライトアップされた5重
塔を見ることができた。







 R 奈良 夜の東大寺へいく

 その後、東大寺へ行った。日中と異なり、奈良公園にはほとんど人もなく、シカはのんびり
と歩いていた。わたしは、ひっそりと静まり返った正面の道を歩きつつ、ライトアップされた
東大寺の門をくぐった。そして、高台にある二月堂に行き、夜の奈良の町なみを見下ろした。
 ひとりきりで眺め続けることができた素晴らしい光景に感動した。
 東大寺にて、夜の奈良のまちめぐりを終えて、ホテルに戻り横になった。































コメント   この記事についてブログを書く
« 【令和元年度夏第二弾 海の... | トップ | 【令和元年度夏第二弾 海の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

たび日記(鉄道の旅中心)」カテゴリの最新記事