世捨て人・Mt.DOGのぼぼぼぼぼやき

※ 気ままな旅、日々の出来事の紹介です。拙いブログだけどよろしく!!

【海の京都の天橋立・伊根、城崎温泉を巡る心癒しのひとり旅の巻6(最終)】

2016-04-11 19:22:29 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成28年3月21日(月・祝)(最終)
【行程】豊岡駅=出石LM=豊岡→宝塚→伊丹=大阪伊丹空港~羽田空港→品川→地元駅

【詳細】

L 出石 城下町出石の町並みをぶらり散策する


 旅行3日目6時起床。ホテルを6時半すぎにチェックアウトし、駅前のバスターミナルへ向かった。
 そして、歴史的な町並みが残る出石方面行きの始発のバスに乗り込んだ。出石へ到着後、町並みの
ぶらり歩きを始めた。早朝(7時半過ぎ)とあって、観光客は全くおらず、ひとり静かに散策できた。
朱色の鳥居が立ち並ぶ坂道を歩いて、稲荷神社へいきつつ、高台の出石城あとから町並みを見下ろした。
 また、町のシンボルである鐘楼(時計)や、陶器を扱うお店やソバ屋などのお店などが連なる町屋を
ゆったりとながめることができた。

   

   

   

 

 

 

   


M 出石 名物そばを食べる

 出石の街なかを散策後、喫茶店に入り、コーヒーとスイーツをいただき、しばしの休息をとった。お店は土蔵
を改装して、とてもおしゃれな雰囲気であった。
 その後、再びまちなか散策をしていたら、あっという間に午前10時をすぎてしまった。
 わたしは10時すぎから開いている名物・出石そばのお店を探した。旅行ガイドるるぶで紹介されていた出石そば
処・輝山に入り、そばを食べた。味、そばののど越しともによく大変おいしかった。
 もう1か所のお店に入り、そばを食べたいと思ったが、乗り込むべき帰りのバス時刻が迫っており、断念。
 
 すぐに、バス停に舞い戻り、到着していたバスに乗り込んだ。
 そして、豊岡駅へ舞い戻ったあと、特急こうのとりに乗車して伊丹駅まで向かった。伊丹駅からはバスで空港
まで移動した。その後、ANAの飛行機に乗って羽田空港に舞い戻り、普通電車を乗り継いで、深夜11時近くに
地元へ舞い戻り、無事2泊3日に亘るひとり旅を終えたのである。

 

 


   

 
コメント

【海の京都の天橋立・伊根、城崎温泉を巡る心癒しのひとり旅の巻5】

2016-04-11 18:51:04 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成28年3月20日(日)(その4)
【行程】→豊岡→城崎温泉JK→豊岡駅…宿

【詳細】

J 城崎温泉 外湯めぐりをする2


 天橋立、伊根の舟屋めぐりを終えた後、タンゴ鉄道天橋立駅から普通電車にのりこみ、
豊岡駅へ行った。豊岡駅からはJR車両に乗り換え、再び城崎温泉(駅)へいった。 
 昨日と同様に、城崎温泉に到着時、周囲は暗かった。わたしは、温泉街のぶらり歩きを
行いつつ、昨日入ることができなかった外湯めぐりを行ったのである。
 一日温泉利用チケットを購入し、4か所の外湯を巡った。どの外湯もそれぞれ特色があり、
旅行二日目に時間を無理に作ってきた甲斐が十分あったと感じた。


 

 

 


K 城崎温泉 但馬牛のどんぶりめし・かに雑炊を食べる

 城崎温泉の外湯めぐりを行いつつ、夕食をとった。地元の特産品である「但馬牛」のステーキ丼
と、「かに」雑炊をたべた。いずれもおいしく、大満足であった。
 食事、外湯めぐりを終えた後、昨日同じ終電の普通列車にのって豊岡駅へ行った。駅へ到着後、徒歩数分の
場所にあるビジネスホテルにチェックインし、すぐさま就眠した。

  

  
 
 
コメント

【海の京都の天橋立・伊根、城崎温泉を巡る心癒しのひとり旅の巻4】

2016-04-09 21:51:52 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成28年3月20日(日)(その3)
【行程】→天橋立H=伊根I=天橋立→

【詳細】
H 天橋立 傘松公園から天橋立をみる

 天橋立の砂浜、松並木を歩いて渡ったあと、リフトに乗りこんで、高台にある傘松公園にいった。
 傘松公園からは、歩いて渡った松並木を隅々見渡すことができ、とてもきれいであった。
 しばらく天橋立を見下ろしたあと、他の観光客に交じって、(天橋立の)股のぞきをした。
 その後、バスに乗り込んで、さらに高台にあるお寺や五重塔などを見て回った。

   

 

   

 
 帰りのリフトに乗って傘松公園がある高台を降りた後、元伊勢神社そばの食事処つるや食堂に入り、昼食を
とった。赤い古代米を使った珍しいそばと、甘味物として丹波の黒豆を使ったアイスと金つばを頬張った。
やはり、おいしかった。周囲は、家族連れやカップルのお客だらけではあったが、気にすることなくひとりで
食事の幸せな時間を過ごしていた。


   

 
 


I 伊根 舟屋巡りをする

 昼食後、大勢の観光客が往来する中、路線バス停にひとりぼっちでバス停を待った。
 予定時刻の約30分遅れで到着したバスに乗り込み、伊根の船巡りを行う最寄りバス
停まで行った。バス停到着後、船巡りチケットを買って、船に乗り込んだ。そして、
約30分ほど海上から歴史的建造物群に指定されている舟屋一帯を眺めた。はじめて見
た家のつくりであり、とても面白かった。なお、舟屋は、家の固定資産税はどのくら
いかかるのかなあ?とちょっと気になった。
 さて、船巡りをした後、帰りのバスがくるまで時間があったので、舟屋ならびを
今度は陸(道端)から見て回った。今までわたしが足を運んだ漁村の集落と違う雰囲
気がして興味深かった。

 帰りのバスにのり、元伊勢神社前のバス停で下車。その後、天橋立駅方面に向かう
連絡船に乗って、海上から天橋立を見つつ、桟橋に向かった。その後、日本三大文殊
の門前にある甘味処にて名物・智慧の餅を食べた。



    


 

 

   

    


 
コメント

【海の京都の天橋立・伊根、城崎温泉を巡る心癒しのひとり旅の巻3】

2016-04-07 23:01:21 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成28年3月20日(日)(その2)
【行程】→天橋立FG

【詳細】

F 天橋立 天橋立の松林を歩いて渡る

 日本三大文殊を参拝後、日本三景の一つの「天橋立」へ行った。
 当日、曇りがちであり、冷たい風がふく少々悪天候ではあったが、初めて訪れた天橋立をのんびりと歩いた。
 潮風や波に耐えながら立ち並ぶ松の林をひとり静かに歩いた。とても落ち着くことができた。

   

 

 

   
 

G 天橋立 元伊勢神社・真名井神社へのお参りをする

 天橋立の地を歩き終えた後、神社でのお参りをした。元伊勢神社では、中国から訪れていると思われる団体の観光客が来ており、
人の多さにびっくりとしてしまった。元伊勢神社参拝後、十数分あるき、真名井神社へ行った。神社そばでは、ポリタンクやペット
ボトルをもって名水を汲もうとする人たちがたくさんおり、再び驚いてしまった。

   

  

   
 
コメント

【海の京都の天橋立・伊根、城崎温泉を巡る心癒しのひとり旅の巻2】

2016-04-07 07:40:48 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成28年3月20日(日)(その1)
【行程】福知山駅D→宮津→天橋立E

【詳細】

D 福知山 福知山城を見る

 
 ▲写真 福知山城1
   
 ▲写真 左:福知山城2 中:福知山城の由緒 左:JR福知山駅

 
 ▲写真 福知山駅にて乗車した京都丹後鉄道の青色の列車

   
 ▲写真 左・中:乗車した列車の内部 右:車窓から見た京都丹後鉄道の白色の列車


E 天橋立 日本三大文殊の一つ・智恩寺にいく

 
 ▲写真 智恩寺本堂

 
 ▲写真 智恩寺山門

  
 ▲写真 左:智恩寺入口 右:京都丹後鉄道天橋立駅

 
コメント

【海の京都の天橋立・伊根、城崎温泉を巡る心癒しのひとり旅の巻1】

2016-04-06 19:32:04 | たび日記(鉄道の旅中心)
【日時】平成28年3月19日(土)
【行程】地元駅→品川→羽田空港~大阪伊丹空港=伊丹→篠山口→福知山→城崎温泉ABC
    →豊岡→福知山駅…宿

【詳細】
A 城崎温泉 夜の城崎温泉街をぶらりひとり歩きする

 青春18きっぷを使い、地元駅から早朝5時台の普通電車に乗り込み、ひとり旅に出た。途中、飛行機やバスも使い
つつ、17時30分すぎに初日の目的地であるJR城崎温泉駅にようやく到着。駅周辺は、日が暮れてしまい、暗かった。
今回、初めて城崎温泉にやってきたのである。まず、駅から温泉街に歩いて、街なか散策をした。当日、連休初日の
せいか観光客や浴衣姿の宿泊者がたくさんいて、驚いた。
 温泉街では、温かみのある街灯が灯り、とてもきれいであった。多くの人が行き交う中ではあったが、わたしは
景色の美しさにひとり感動しつつ、歩いた。

 
 ▲写真 JR城崎温泉駅前

 
 ▲写真 城崎温泉街1

 
 ▲写真 城崎温泉街2

 
 ▲写真 城崎温泉街3

   
 ▲写真 左・中:駅前の飲泉場 右:駅前にあった綺麗な照明
 

B 城崎温泉 外湯めぐりをする1

 城崎温泉では、7つの外湯があった。わたしは、その外湯を一日すべて利用できるチケットを購入し入浴した。
 電車の終電時間まで、時間の許す限り、外湯に入ったのだが、7か所のうち4か所しか入ることができなかった。
 だが、わたしは入った外湯に大変満足した。泉質もさることながら、それぞれの外湯の建物や湯場に特色があり、
非常に感動した。(一つの外湯の入浴料が600~800円であり、4か所の利用で十分もとが取れていたのだ)

 
 ▲写真 地蔵の湯

 
 ▲写真 一の湯

 
 ▲写真 御所の湯

 
 ▲写真 鴻(コウ)の湯


C 城崎温泉 かにちらしずしを食べる

 外湯めぐりをしている際、夕食として城崎名物のカニのちらし寿司を食べた。るるぶで紹介されていた寿司屋に
て食したのであるが、とてもおいしかった。(大盛りを頼んでおけばよかった思うほどであった)。

 
 ▲写真 絶品のカニちらし寿司

 
 ▲写真 寿司処「すけ六」
 

コメント

【海の京都の天橋立・伊根、城崎温泉を巡る心癒しのひとり旅の巻0】

2016-04-06 18:32:32 | たび日記(鉄道の旅中心)
【名称】海の京都の天橋立・伊根、城崎温泉を巡る心癒しのひとり旅
【日時】平成28年3月19日(土)~21日(月・祝)(二泊三日)
【行程】
(初 日:3月19日)
 地元駅→品川→羽田空港~大阪伊丹空港=伊丹→篠山口→福知山→城崎温泉ABC
 →豊岡→福知山駅…宿
(二日目:3月20日)
 福知山駅D→宮津→天橋立EFGH=伊根I=天橋立→豊岡→城崎温泉JK→豊岡駅…宿
(三日目:3月21日)
 豊岡駅=出石LM=豊岡→宝塚→伊丹=大阪伊丹空港~羽田空港→品川→地元駅

【詳細】
A 城崎温泉 夜の城崎温泉街をぶらりひとり歩きする 
B 城崎温泉 外湯めぐりをする1
C 城崎温泉 かにちらしずしを食べる
D 福知山 福知山城を見る
E 天橋立 日本三大文殊の一つにいく
F 天橋立 天橋立の松林を歩いて渡る
G 天橋立 元伊勢神社・真名井神社へのお参りをする
H 天橋立 傘松公園から天橋立をみる
I 伊根 舟屋巡りをする
J 城崎温泉 外湯めぐりをする2
K 城崎温泉 但馬牛のどんぶりめし・かに雑炊を食べる
L 出石 城下町出石の町並みをぶらり散策する
M 出石 名物そばを食べる

 
 ▲傘松公園から見た天橋立
コメント