世捨て人・Mt.DOGのぼぼぼぼぼやき

※ 気ままな旅、日々の出来事の紹介。拙いブログだけどよろしく!!

【富士山と日の出を求めて正月ひとり旅に出るの巻2(最終)】

2013-01-03 23:10:56 | たび日記(鉄道の旅中心)
【名称】 富士山と日の出を求めて正月ひとり旅
【日程】 平成25年1月1日~1月3日(2泊3日)
【行程】
(二日目:1/2)(続き)
 →富士宮G→富士→静岡H→沼津→御殿場駅
 ・・・[宿:御殿場YH IJ]

(三日目:1/3)~青春18キップ(5回目分)使用~
 御殿場駅K→国府津→東京→上野→地元駅


【詳細】

 G 富士山浅間大社にて初詣を行う

  
 ▲ 左:遠くで富士山が微かに見える富士山浅間(せんげん)大社
    右:初詣の人でごった返す浅間大社本殿に続く門



 H 駿府城公園にて徳川家康公に遭う

   
 ▲ 左:公園中央にある徳川家康公の像
    中:家康公が手植えしたみかんの木
    右:立派な東御門・巽櫓とお堀



 I 御殿場YHにてのんびりとした時間を過ごす

   
 ▲ 左:御殿場駅から45分歩き続けて到着した御殿場YH(翌朝撮影)
    中:YHで頂いた夕食。茶碗蒸しが相変らず美味しかった
    右:YHで頂いた翌日朝食。


 J 暗闇を彷徨いつつ、温泉に浸かり、素晴らしい夜景を見る


 御殿場YHでの夕食後、私は地元の温泉施設「御殿場市温泉会館」へ
ひとりで懐中電灯を照らしながら向かった。わたしが通った道は、
夜には地元の人や車の往来が全くない山道であり、外灯がなく真っ暗闇
であったのだ。なんとか温泉会館へ到着して入浴。旅の疲れや体の冷え
が大変癒された。入浴後、懐中電灯を照らしながらYHへ舞い戻った。
 その途中、御殿場の夜景が見えた。とてもとても美しかった。感動と
もに、たった一人で暗闇の中、YHへ帰ることへの恐怖も遠のいた

 

 


 K 早朝の富士山を拝む

 旅行3日目(1/3)早朝6時起床。YHから約10分ほど歩き、東山
湖という名のフィッシング(有料)ができる湖へ行った。朝早いにもか
かわらず、大勢釣り人が訪れていた。さて東山湖の目の前では綺麗で
雄大な富士山の姿を見ることができた。そして、午前7時近くに朝日
に染まる富士山を見ることができた。今回、私はこの富士山を見るた
めに、御殿場YHに急きょ宿泊することにしたので、実現出来てとて
もよかった。
 富士山を見た後、わたしはYHにて朝食を摂って、すぐに御殿場駅
へ向かった。そして、国府津、東京、上野を経由して地元駅に舞い戻
った。3日目は富士山を見て帰るだけであったのだが、とても感動で
きた2泊3日に亘るたびであった。

   

 
コメント

【富士山と日の出を求めて正月ひとり旅に出るの巻】

2013-01-03 22:17:44 | たび日記(鉄道の旅中心)
【名称】 富士山と日の出を求めて正月ひとり旅
【日程】 平成25年1月1日~1月3日(2泊3日)
【行程】

(初 日:1/1)~青春18キップ(4回目分)使用~
 地元駅→A→上野→東京→三島B→熱海→伊東→《私》→
 伊豆高原駅C
 ・・・[宿:伊豆高原青い風ユースホステル(以下、YH)D]

(二日目:1/2)~休日乗り放題きっぷ使用~
 伊豆高原駅EF→《私》→伊東→熱海→富士→富士宮G→
 富士→静岡H→沼津→御殿場駅
 ・・・[宿:御殿場YH IJ]

(三日目:1/3)~青春18キップ(5回目分)使用~
 御殿場駅K→国府津→東京→上野→地元駅


【詳細】

 A 平成25年初日の出を眺める

 
 ▲ 普通電車(常磐線)の窓から見た初日の出


 B 三島大社にて初詣を行う

   
 ▲写真 左:下車した三島駅にてみた美しい富士山
      中:初詣する人で混雑する三島大社
      右:絶品!三島大社名物の「福太郎」


 C 元旦に再び伊豆高原に降り立つ

  
 ▲写真 左:夕刻に到着した伊豆高原駅
      右:宿泊先のYH。到着時は真っ暗


 D 伊豆高原青い風YHにてのんびりとした時間を過ごす

  
 ▲写真 左:YHで頂いた夕食。とても美味しかった
      右:YH屋内はBGMが流れ、ステンドグラスがとても綺麗
 ※ 当日、満室状態。夕食後は温泉「高原の湯」への無料送迎もあった


 E 1月2日早朝、断崖絶壁の地にて日の出を拝む

 翌日(1/2)6時起床。YHから1時間ほど歩き、城ヶ崎海岸とつり橋へ
行った。とても寒かったけど、断崖絶壁の景色、空や海面を紅く色づか
せながらゆっくりと昇る太陽の美しさに目を奪われた。鈴木くんに見せ
たかったなあ。

   

  

 

 


 F 伊豆高原青い風YHにて美味しい朝食を頂く

 日の出を見た後、再び1時間かけてYHに戻り、朝食をとった。
 ペアレントさんによる自家製のパンが、特に美味しかった。
 食後、すぐに身支度を整えてYHを去り、伊豆高原駅へ向かった。
 青い風YHでの宿泊で、今年も心身ともに大いに癒された。

 
コメント

【新年のご挨拶の巻】

2013-01-01 00:06:06 | たび日記(鉄道の旅中心)
 新年 明けまして おめでとう ございます。
 平成25年 元旦



 昨年中、このブログを閉鎖しようかと思うことも幾度か
ありましたが、励ましのコメントや定期的に閲覧してくだ
さる方々の存在に支えられ、なんとかブログを続けること
ができました。本当に有難うございました。
 拙いブログではありますが、今年一年もできる限りブロ
グ更新を続けていこうと思います。どうぞよろしくお願い
します。(Mt.DOG)
コメント (2)