世捨て人・Mt.DOGのぼぼぼぼぼやき

※ 気ままな旅、日々の出来事の紹介です。拙いブログだけどよろしく!!

【夜桜をもとめて遠出するの巻】

2013-04-26 21:14:43 | たび日記(鉄道の旅中心)
 先日、夜桜を見たいという衝動に駆られ、車で遠出した。

 向かった先は、福島県小野新町だ。町を流れる夏井川の
河川敷にある千本桜が有名で、現在ライトアップもされて
いることをネットで確認し、急きょ足を運んでみた。

 現地に到着時、とても肌寒かったもののライトアップされた桜の
美しさに大いに感動し、身震いしてしまった。

 

 

 

 
 
コメント

【鎌倉の寺社と東京の美術館を巡る1泊2日の小旅行の巻】

2013-04-22 21:44:36 | たび日記(鉄道の旅中心)
■ 実施日 平成25年4月20・21日
■ 手 段 電車(東京週末キップ使用)
■ 行 程
(初 日) 地元駅→上野→北鎌倉・・・ABCD・・・鎌倉→上野→関内駅・・・(宿)
(二日目) 関内駅→上野E→六本木FG→上野→地元駅

■ 詳 細

 A 北鎌倉:円覚寺を散策する

 久しぶりに電車で1泊2日の小旅行を実施した。
 当日は、4月中ごろにもかかわらず、真冬なみの寒さで、かつ、曇りのち
雨の悪天候であった。
 私は、特別急行スーパーひたちに乗って上野駅へ。そこから東京駅を経由
し、北鎌倉駅にて下車。さっそく円覚寺を散策した。大門と新緑がとてもき
れいだった。

  


 B 鎌 倉:鶴岡八幡宮を散策する

 円覚寺の散策後、てくてく歩いて鶴岡八幡宮へ行った。
 到着したとき、舞殿にて婚礼の儀式を行う新郎新婦の一行と遭遇。他の観
光客と共に、その美しい光景をしばし見入った。
 また、敷地内のぼたんが見ごろの庭園を散策した。白、赤、桃色など色と
りどりのぼたんがとても美しかった。

   

  


 C 鎌 倉:天せいろそばとたまご焼を食べる

 鶴岡八幡宮を散策後、鎌倉の行きつけのお店「そば処・五島」にて昼食を
とった。天せいろそばと味付けの卵焼きを食べたのだが、いつもながら美味
しかった。

  
 

 D 鎌 倉:安国論寺へ行く

 食事後、鎌倉の寺社めぐりを再開させ、安国論寺へ。寺はつつじが咲き始
め、綺麗だった。

   

 
 鎌倉での寺社めぐりを終わらせ、鎌倉駅から東京へ戻った。
 当初、日帰り旅行とするつもりであったが、美術館での絵画鑑賞をゆっく
りと行う時間が作れなくなってしまった。そのため、翌日絵画鑑賞をするこ
ととし、東京・上野駅周辺にて宿泊することを考えた。しかし、当日午後5
時時点で手ごろな宿を見つけることができなかった。横浜・関内駅近くのワ
シントンホテルにてどうにか喫煙シングルルームを見つけ、そこで宿泊した。
(私自身煙草を全く吸わず、入室時煙草臭かったが、やむを得ない)



 E 上 野:ラファエロ展・大神社展へと行く

 旅行2日目、前日同様に雨が降り真冬並みの寒さであった。わたしは電車
で上野へ戻った。そして、上野公園内にある国立西洋美術館にてラファエロ
展、国立博物館にて大神社展を見た。いずれの展覧会でも多くの観賞者がお
り、人ごみをかき分けながら、ルネサンス期の著名な画家ラファエロの貴重
な絵画や、神社にある国宝の品々を見入った。

   


 G 六本木:ミュシャ展へ行く

 続いて、上野駅から東京メトロ日比谷線地下鉄に乗って六本木へ。
 六本木駅のすぐそばにある森ビル内にある森アートギャラリーにて開催中
のミュシャ展へ行った。この展覧会も非常に多くの鑑賞者がいて、ミュシャ
の作品を見るというよりも大勢の鑑賞者の頭を見ながら、館内を進んだ状況
であった。ミュシャ作品の人気ぶりを改めて痛感した。

 なんとか、旅行2日目に計画した3つの展覧会めぐりを終わらせた。
 そして、六本木駅から地下鉄にて上野駅へ向かい、しばし休息後にJR東
日本の特別急行スーパーひたちに乗り込み、地元駅へ舞い戻ったのだ。

  
コメント (1)