シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードからすぐ!!(約300m)

ロングブルベではハブダイナモ以外は考えられない!

2019年03月10日 | 2019パリ~ブレスト~パリ(Paris-Brest-Paris)へ向けて!

先日の沖縄での400kmブルベで、Son28のハブダイナモにブッシュ&ミュラー「LUXOS」のライトを使用してみたところ、さらに暗い道を走ることになる「パリ~ブレスト~パリ」での使用はマストであることを実感しました!

ある研究レポートによると、Son28の負荷は、点灯時やバッテリーチャージ時に約7ワット、点灯していない時は約1ワットということで、言われなければ気がつかない程度。

その代わり、ガーミンのバッテリー残量を100%の状態で維持することができ、常に明るくバックライトを照らせるのは夜間走行ではとても助かります!さらに、ガーミン以外にもバッテリー充電器に蓄電させて、安全にスマホなどに充電させることも可能です。

そして何より、バッテリーライトの場合に必要となる、予備バッテリーや予備電池の携行が不要となるメリットは大きいです!

←「LUXOSの欠点は、キャッシュバッテリー搭載のため大きさはエデュルクスの2倍以上」

写真左のSON「エデュルクスII」との明るさ比較を沖縄で試してみたところ、「LUXOS」の方が20ルクス暗めですが、キャッシュバッテリーに電気を蓄積させていれば、"Beam Boost"の使用で、デュルクスIIと同じ90ルクスまで明るく照射することが可能。なお、約20km以上で走っていれば継続してBeam Boostの使用が可能のようで、ただし、この間は、他の機器への電源供給は止まるので、バッテリー充電器への給電は昼間に行っておく必要があります。

照射角度については、両者ともにワイドかつ対向車に迷惑にならない配光。偏りの無い明るさは、下りカーブを含め、ナイトライドをより安全なものにしてくれます!

沖縄では一晩のみの走行だったためスマホに充電する必要が無かったのですが、来週末に開催される「BRM316千葉ぐるっとチーバくん600km」では、二晩走行することになるので、スマホや補助用ライトのキャットアイVOLTへの充電も試みておきたいと思っています。

 

 「シクル・マーモット」のHP(店頭在庫状況やイベント情報、営業予定表、アクセスなど)& メールアドレス 
ホームページ:    http://marmotte.server-shared.com/ 

●メールアドレス:   marmotte@chime.ocn.ne.jp   

 お買い得セール対象品はこちらのリストを是非ご覧ください! 

●8周年記念セール継続中! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/a4a3b06ff66e043565136da36f2667a7

●今となっては入手困難な希少品ベスト10! ⇒ https://blog.goo.ne.jp/cyclesmarmotte/e/2a192d5c37e68806e63b05bb0850aca7

 Facebook  「いいね!」か「フォロー」で、ブログの最新情報を常に確認できます!

 にほんブログ村(ロードバイク)を是非覗いてみてください!下のマーモットをクリック! 

 

コメント