コロンブドール

Les Films de la Colombe d'Or 白鳩が黄金の鳩になるよう人生ドラマを語る!私家版萬日誌

ハナミズキ  一青窈(ヒトトヨウ)

2012-05-31 | Ma chanson  et 金言科白


色々あった重要な皐月だったので・・・・  この歌を!

♪ 空を押し上げて
 手を伸ばす君 五月のこと


 この歌、歌詞の意味を深く理解していなのになぜか涙が出ていしまいます・・・
また、何度でも聞いても飽きませんー

 理由がわかりませんが・・・・



 デビュー近い、池上本門寺でのLiveだと思いますー
途中、その後の一青窈がインサートされていますが最初からの表現力豊かな様子は
変わってなく、なお更に深くなっているようです・・・。








コメント

速報 祝 ートキの幼鳥、大空へ 佐渡で杉林周辺飛び回るー 産経新聞WEB版

2012-05-30 | 脳裏のなかで
 ついに「トキの幼鳥、大空へ 佐渡で杉林周辺飛び回る」
 
  待ちに待っていましたので何となく嬉しいので!!

 記事リンク
    「トキの幼鳥、大空へ 佐渡で杉林周辺飛び回る  産経新聞WEB版 2012.5.30 10:09


 幼鳥朱鷺、すでに民家の屋根に一休み・・・・・、ほのぼの佐渡 よい処!!





コメント

佐渡でとれたて南蛮エビ(甘エビ)初めて食べました! 朱鷺ヒナ成長のお陰か・・・佐渡に行く切っ掛けでー

2012-05-28 | 記憶の断片
 朱鷺を観に行った帰り、ついに甘エビ 新潟では南蛮エビを皿山盛りを食べさせて頂きました。
     トロリ甘く、新鮮で身が締まり程よい食感があり 正しく美味い!! ・・・です。
新潟県内に20年ちっかく住み、なおかつ実家が鮮魚店をやっていたのですが生の南蛮エビを口にすることがありませんでした。いつもは佐渡の南蛮エビは高級品であるゆえ、関越高速道路で運ばれ直接築地市場に入りので地元市場には入ってこなく、旧ソ連 ロシア北海からの冷凍甘エビを食べていたものですー。まさかふらっと入ったこのお店で出してくれるとは思っていなかったので大感激でした!
 本当に甘エビと言うより、西洋人には悪いようですが顔の赤い南蛮人のごとく真っ赤な身でした。まず、この赤さにびっくりしてしまいました。写真の色はほぼこの色の赤さです。スーパーの冷凍甘エビは薄ピンク色で白っぽい感じですが、この真っ赤な南蛮エビが出されたとき、お店の方に失礼ながら「これ生ですよね?」と言ってしまいました。お店の方は、あきれたように聞いた後、微笑み「朝とれたものですよ」と答えてくれました。
 ただ、40分ぐらいしか居られなかったので下記の刺身盛り合わせとこの南蛮エビを食べることでせいいっぱいで、この南蛮エビの頭の唐揚げとみそ汁を食べる事が出来なかったことが残念でしたが・・・・。

    
    刺身盛り合わせ二人前 寒ブリ、イカ、タコ、ヒラメ 縁側付 (左下から逆時計回り)
 まずは寒ブリ(すでに春のなのでこう呼ばないか?しかし佐渡には雪があったのでまだいいのか・・・)を一口、ぷりぷりの身と脂がのっていて口の中で甘味がとろけ美味しい限り!もうこれを食べたら佐渡に来た甲斐があったと納得。そして新鮮なイカ、タコの食感を味わい、ヒラメにー。
本当は白身魚から食べなくてはいけなかったのですがこのヒラメが後になり、白身魚の淡白な美味さを堪能。そしてその上の白身を食べたらなんとヒラメの縁側!! コリコリしてジワ~と美味さが染み出てきて思わず”縁側だ”と声を出してしまいました・・・・。
 本当に新鮮で美味しいお刺身でした。
 実はこの皿盛りの後、お店の方が「これもあ食べて」と言って置いてくれたのが先の南蛮エビなのです。ですから、この南蛮エビは当初メニューにはなかったのでしょう・・・。わしは、刺身盛り合わせだけを頼んでいたので多分私たちがあんまり佐渡の刺身の美味さに感動していたので特別に出してくれたようです。確かにホワイトボードのお品書きにも今日のメニューに南蛮エビは無かった気がします・・・・。本当に感謝感激です。ありがとうございます。

    
   お通し ふきと竹の子の煮物 このお店に出されこの煮物を食べたら美味しい味付けであり
   いい店と確信しました。

    佐渡とれたれお刺身盛り合わせ二人前、南蛮エビ一山、お酒二本
    でなんと4200円という安さでした。


    
 朱鷺を観に行った帰りやはり佐渡の新鮮な鮮魚を食べないと行けにと思いレンタカー屋さんに教えていただいたお店が定休日で、自力で両津港近くの繁華街でこのお店をみつけ寄りました。まだ6時半過ぎで明るくこのお店暖簾さえ掛けていませんでしたがお店の前に漁業市場のケースがあったので多分佐渡の新鮮なお魚が食べられると思ったのですがやはりちょっと心配でした・・・。このお店の前にスマホで検索してヒットしたお店に行って佐渡の物を食べられずガックリし再度挑戦でしたので、戸を開けるなり「お刺身食べられますか?佐渡の物ですか?」という愚劣な質問をしてしましましたが、女将さん笑いこけ「佐渡産の物しかありませんョー」と・・・・。
  本当に良い店でわずか半日の佐渡旅行でしたが、いい思い出になりました。
  ありがとうございます!! また寄らせて戴きます。


           しらつゆ  両津夷189−5




コメント

祝祝!朱鷺のひなついに巣立ちました!! 祈り舞って待っていました自然界38年ぶり スゴイ!!! 佐渡

2012-05-25 | 脳裏のなかで
          朱鷺のひなが 今日25日祝祝恵みの雨模様の中
                  午前11時半頃 自然界で38年ぶりに巣立ちました!


     「トキのひなが自然界で38年ぶり 野生復帰の大きな一歩」 産経新聞Web版 2012.5.25 12:45

 1羽のひなが、
 巣の横にある枝に飛んで移動したところを環境省職員がインターネットの
 Live映像で確認したそうです。

    ここで朱鷺の幼鳥観察出来ます!
      放鳥トキ 子育てライブ   環境省Live映像

        顔 眼の周りが黄色いのがひなが成長した幼鳥のようです。
        時々、幼鳥三羽並んでいる時がありました・・・。good、GOOD Oh my GOD!




  写真はトキの森公園 トキ資料展示館入口のトキ野生復帰シンボル朱鷺のゆるキャラ



コメント

Ma fleur ツユクサさん 咲きました!

2012-05-24 | はなかけないフルールたち
   朝、はかなき小さなツユクサさんが咲いていましたー。 杉山平一先生への献花のようです・・・。

     
          最初に見つけた露草さん。 なぜか、陽に背を向けていました・・・

     
        マ フルールのようにつゆ草三姉妹可憐に・・・
                       画面左上一花、右端真ん中と下に二花咲いてます。




コメント

詩人 杉山平一さんが永眠されました。心より御冥福 お祈り申しあげます。

2012-05-22 | -お知らせ-
 詩人で映画評論家の杉山平一先生が、
 19日午前9時20分肺炎のため兵庫県西宮市の病院で永眠されました。97歳。

    先生御天寿を全うされました由、謹んで哀悼の意を表し
          故人の多大な御功績をたたえ、謹んでご冥福をお祈り申しあげます。


 杉山平一先生は、現代詩人会会長、関西詩人協会代表、大阪シナリオ学校長なども歴任されました。
先生とは直接お会いすることが出来ませんでしたが、出版社「竹林館」社主で関西詩人協会委員の左子さんから先生のご様子を時々お伺いしていました。昨年では、先生のご様子大変お元気とのご連絡を頂いていましたので安心していた次第ですが、ついにお会い出来ず真に残念です・・・。
 もし先生の映画評論「映画芸術への招待」を知らなかったなら、映画映像業界に自信を持って飛び込み人生の大半を費やす事もなかったように思われます。「映画」に対して固辞出来たのも先生が「映画はうつすのでなく、作られるもの、モンタージュするものである、このモンタージュというものによって、映画は芸術の仲間入りができる。」と教えて下さったからだと思います。もともと先生を知ったのは、多分希望を失っていた高校一年頃だと思いますが、NHKが午後二時から放送していました「女性手帳」という番組で、先生が数回この「映画芸術への招待」を話されたのを見たのが最初でした。その先生の映画の見方に衝撃を得て、その後単なる映画が ー人生を豊かにする映画ー に変貌しどんな映画もその製作者の製作意図を理論を持って考える事(理論ある演出)が出来るようになりました。
 特に、「フォトジェニック」という事を知り、レンズを通し何か魔法にかかったように映像と事実は違うという事を学んだことは、その後の映画映像の世界で特に役に立ち自分自身の映画に対する幹に成り得ました。そして今でもこの本で参考にされている名画「羅生門」「アッシャー家の末裔」ジャン・コクトー映画など何度も繰り返し観ています。特にまだフイルムセンターのスクリーンでは「アッシャー家の末裔」を観る事が出来、観るたびに新しい発見をしている次第です。そしてその「フォトジェニック」が先生の ー詩もまたモンタージュであるー という持論も理解できた次第です。また更に私自身で理論ある演出を発展させたのが、詩人で脚本家のジャック・プレヴェール研究に繋がりました。それも先生の持論 ー詩もまたモンタージュであるー という教えに出会えたからこそだと自負させて戴いてます。
 まだまだ言い尽くせない事柄がいっぱいありますが、真に先生のおかげでどうにか映画映像業界でやって来られたという事実は間違いない事実です。杉山先生ありがとうございました。
 葬儀 告別式、
東京からですが見送りさせて戴きたいと思い先生のご冥福を祈って手を合わせてもらいます。

 昭和18年発行 詩集「夜学生」 再販版ですが今後も手元に置き
 何度も読まさせて戴きたいと思う所存であります・・・。


   詩人の杉山平一さん死去、97歳  関西詩壇の最長老、映画評論家
                         産経ニュースWEST 2012.5.19 22:29

   詩人・杉山平一さん死去 映画評論でも活躍  神戸新聞 2012/05/19 21:44

   私と詩  杉山平一 関西詩人協会

『アッシャー家の末裔』(1928)

杉山先生が「フォトジェニック」の参考映画にしていた仏映画「アッシャー家の末裔」1928年製作






コメント

朱鷺ときめき 時世 日中韓平安の時を撞き 古からの三国 お斎で一杯 頬 鴇色になるか! 雛八羽になり思うー

2012-05-20 | 脳裏のなかで
  皐月晴れの先日佐渡に渡り、念願の朱鷺を見てきました。
 すでに放鳥朱鷺の赤ちゃんは昨日一羽確認され計8羽になったそうです!! そこで思い・・・

         
   トキの森公園 トキ資料展示館内 観察回廊からのトキ保護センター飼育繁殖ケージの朱鷺さんたち

 佐渡に渡った翌日、中国政府は5月8日迄に日本と韓国に国際保護鳥トキを2羽ずつ寄贈する方針を固め、同月13日に北京で開く日韓との首脳会談で合意するとの事・・・。しかし、正式合意の報道が新聞等からの情報がないので判りませんンがー。
 でもですがー、しかしこの事が正式合意になり日中韓で朱鷺の保護を国の中枢から真剣に考えるなら朱鷺が朱鷺日中韓親善大使により、中国との尖閣諸島問題、韓国との竹島問題等、日本にとっては歴史的深刻な領土問題で各国政が錯乱している問題が和らぎ”即”解決できると思います。もともと大陸はユーラシア大陸で結ばれていて、なおかつ今頻繁に起きている地殻変動によりユーラシ大陸離国移動後も中国、韓国とは交流を行っていたのは歴史教科書以外では(京都に行けば解ることですがー)常識になっています。まるで朱鷺のように!!
 故に、また離国移動後逆視するならお互いの立場から歴史的な領土問題となり、今後第二次世界大戦のごとくアジア全土の火種になる要素を多大に含む領土問題をアジア全土に生息していた朱鷺により対話が始められ、その政治的国力重視の政策が和らぎ、日中韓外交交渉がうまくいくきがします・・・。

        
  トキ資料展示館内で、哀しいかな2003年10月10日の朝亡くなっり、剥製されたいた国内最後生存していた朱鷺キンさん。
このキンさんを思うと、中国からのお婿さんを迎えペアリングを試みましたが駄目でした・・・。このキンさんをこのセンターで対面し感じた事は、やはり日本語と中国語の対話 -中国、日本で生まれ持った習慣による言語、日中理解が出来ない言葉ーによる対話の欠如と思われました・・・。動物的に”惚れた腫れた”では真、現代世界観に立つならば、このキンさん朱鷺のように自身の”生”の天命を行ない少しづつ以前の民族同士の”力学”の誤りに気付き、今後あおの誤りをさせないと警報を発しているようにも思われました・・・。日中韓。改めて現代的、否、未来的に過去を顧みず日中韓の若人に託し、朱鷺外交の如き未来に協調的な三国を初期の三国のように”今”再生して戴きたいと思う所存でありまます!

   中国が日韓にトキ寄贈へ 首脳会談で合意見通し 産経新聞WEB

   佐渡トキ保護センター

   「羽ばたけトキ」 新潟日報 「羽ばたけトキ」 公式HP






コメント

曾根中生監督が登場! 今まで消息不明と思われていたのでびっくり安心・・・

2012-05-19 | -お知らせ-
曾根中生監督

日活創立100周年記念特別企画 “生きつづけるロマンポルノ” が初日を迎え、『(秘)女郎市場』 上映後に曾根中生監督によるトークショーが行われましたそうです。

 日活創立100周年記念特別企画 “生きつづけるロマンポルノ” 初日に曾根中生監督が登場! 日活イベント・リポート


 生きつづけるロマンポルノ ユーロスペース


 ロマンポルノ名作、34本一挙上映 朝日新聞デジタル 2012年5月18日10時17分

 曾根監督とは一度も会うことはありませんでしたが、監督が高円寺に映画専門学校を経営していた末期にその学校で使っている車を借りに行って時があります。その当時、日活出身の 瀬川正仁監督のビデオ作品についてロケハン中に、その車に書かれていた学校名(カタカナの名前の学校名でしたが忘れました)を見て”この車曽根監督の学校のじゃないか”といわれ、また”監督の学校も今大変なんどろう・・・”としみじみ車内で話しているのを思い出します。
 また、当時その映画学校の前に公園があり、昼休み曽根監督がキャッチボールをしていると聞いたものです・・・。



 BLOGを整理していましたけっこう草稿のまま忘れられていた記事がありましたので今年中にUP整理したいと思います・・・。しかし予定は未定ですのでー
UP日時は整理できUPした日時に一旦しておき、今年の末にこの下にある記事を書いた日に変更移動したいと思います。



2013-12-30 13:47:39 UP

コメント

朱鷺の佐渡 まだ山に雪が…

2012-05-07 | 携帯から視観、思勘、私感
佐渡へ自然界でふか回帰した 朱鷺を見に行きましたら 皐月の山に雪を見つけ趣を得てUP

朱鷺は 飼育ゲージからですが 初めて見る事が出来ました!
ゴールデンウィークが終わり 空いていて ゆっくりと朱鷺を見るとが出来ました…

また 雪の残る大佐渡スカイラインで 雪が残る桜を観たのも驚きでした!

酔い良い佐渡です!
コメント