コロンブドール

Les Films de la Colombe d'Or 白鳩が黄金の鳩になるよう人生ドラマを語る!私家版萬日誌

越後中越地震と下野市民の親愛                      ーいいこい話ー

2004-11-29 | Weblog etc
 短い間でしたが、下野市民の方々に親切にしていただきました。
新潟中越地震のさいは、新潟の実家を心配していただきありがとうございます。
実家の加茂は中越と下越地方の境目にあたり、どうにか難を避けられました。

 で、下野を第二の故郷と思い、下野を後にし数何が経ちましたが今でも
県政、県勢が心配で地元記事をちょくちょくめ目を通させて戴いています。
 今朝も知事選、宇都宮市長選、県議補欠選など気になったので開いてみました。
特に県議補選に県紫紺会の一人が出馬し、新聞などで健闘している記事を読むたびに
こころ期待していましたので!
その結果は、票数が発表されてからと思います。


 それよりも、もっといい話が載っていましたので,紹介したくなりました。
古今より越後、下野は色々の分野で親交交流が盛んでした。
そんな中、恋しい心温まる、こいものがたりが載っていましたので・・・・。

被災のコイに安息の池提供/鹿沼の加藤さん 朝日新聞 栃木版

ありがたいことです!!
コメント

満月の夜は・・・・上を向いて、歩こうか♪

2004-11-26 | 脳裏のなかで
 怪しい雲が出始めてきましたが、またそれが風流で見事なお月様です。

     ですので、お供えしました。

 日本人の、をかしさをすこしで味わいたく・・・・。

本当は今夜トリュフォー映画を観ようと予定していましたが、
上を向いてみたら満月だったんでやめて、
銭湯の露天風呂で、お月見にします。
ただ、月見に一杯が出来ないのが残念無念!!


からだの調子が月光浴の御蔭で良くなったんで、
映画の感想でも、深夜まとめます・・・・・。

実は昨夜、トリュフォー監督の作品が自分自身にどのくらい
影響力があったかを考えていました。
その整理のつもりで、初めてライフログをまとめてみました。
その辺を一度整理しないといけない時期にきたようですので・・・。

月に照らし合わせながら・・・・・!
コメント

フランソワ・トリュフォー特集また観に行きました

2004-11-22 | 携帯から視観、思勘、私感
学生時代に帰った様に楽しみました。

あこがれ
突然炎のごとく
終電車

改めて再観し、当時では気付かなかった事柄が沢山ありました。
まだ、青かったのでしょうかσ(^◇^;)。。。

その中の、男と女の一科白

ー歓びと苦しみー

納得!

感想 詳細は帰宅し、感動を独り占めし作品に再酔してからと…


コメント

大人は判ってくれない―人生変えた映画再観!

2004-11-21 | 映 画
初めて旧フィルム センターで観て、
人生が一転した名作です。

二昔も前ー新潟では無縁であったフランス語。
映画もーシシリアンーしか知らないほどであった…


この映画を観てーバルザックを知り、また後にアデルを知り、その父ヴィクトル・ユゴーにも興味を抱き、
ついにJプレヴェールに出会いました!
故に仏文専攻を決定し、日々の糧になった作品です。
フランソワ・トリュフォーは僕にとって人生の糧になってくれたのでした。

ある日、フランソワ・トリュフォーさんが来日した時、僕はトリュフォーさんと目と目があいました。その時の感動は今でも、脳裏に、いや僕の瞳にハッキリ鮮明に焼き付いています。
あの優しい瞳を!

その後、映画界で仕事をやれているのも、フランソワ・トリュフォーさんのおかげなのです。

あの優しい瞳から観た、Fトリュフォーのような人間観察模様ドラマを創りたい為に…!

今 池袋文芸座でフランソワ・トリュフォー特集上映してます。
再観し再感動!

コメント

大人は判ってくれない―人生変えた映画再観!

2004-11-20 | 携帯から視観、思勘、私感
二昔前ー仏文専攻を決定する糧になった作品です。旧フィルム センターで観た名作です。
今 池袋文芸座でFトリフォー特集上映してます。
再観し再感動!

コメント

広島 映画[「お好み八ちゃん」の皆さん元気ですか?

2004-11-01 | 携帯から視観、思勘、私感
広島の映画「お好み八ちゃん」の皆さん元気ですか。
東京駅八重洲で、広島のばくだん屋が目に入り、懐かしくなり、つい名物つけ麺を食べてしまいました!
麺の食感を味わいながら、広島の思い出をたんのうしました!
ちなみに、新潟の実家は無事でした。

なお、今現在は市原悦子さん主演『おばさんデカ13』の準備中です。12月10日フジTV系で放映予定です。
よかったら観てください!

広島懐かしくなりまして…!
月の美しい四ッ谷から

コメント