コロンブドール

Les Films de la Colombe d'Or 白鳩が黄金の鳩になるよう人生ドラマを語る!私家版萬日誌

本年 やっと食った一番の美味さ! みそかつ 矢場とん

2007-12-31 | Favori de soin
   小京都 犬山観光案内の後、名古屋に出て念願の本場 みそかつを・・・・
   地元推薦 湯気の立つアツアツのみそかつ 矢場とんの 鉄板とんかつ 
                  まさに地元 美味い!!



  皆さん並んで待っています。 
  場所は新幹線近くの名古屋駅エスカ店です。支店でも・・・

地元の同級生に案内して頂いたお店がこのお店。高校生時代よく食ったそうです。自分としては、やはり本店で食べるのが本道と考えていたのですが、地元の同級生曰く、関係なくどの支店でも美味しいとの事・・・・。



         
 帰りにみた、同級生紹介の三菱系の高層ビルテナント複合ビルでみた
 トヨタが誇るハイブリットスポーツカー 乗ってみたい欲望が・・・・

信じられないのですが、名古屋の活気はすごい!! 日曜の夕方名古屋駅の高島屋の構内に行ったら東京でもなかなかお目にかからない、ひと、人,hitoの波の往来には驚きました!!
写真があったのですがその様子が伝えられないのが残念・・・・。
 
みそかつの美味さにも驚きましたが、TOYOTAの御膝元名古屋の活気には驚いた!!
 日本の黒字はTOYOTA自動車の外貨のせいだと切に感じました!!


 今年最後のBLOG みそかつ の美味さと TOYOTAの世界企業としての
 グローバルな認識を肌で感じましたので、今年の一言として言わせて戴きました。
 
                         井戸の中の蛙 Youzo

              皆々様 よきお年を!!  
コメント

ChristmasEve Live In TERRA & 聖夜の満月とMon fleur

2007-12-31 | 記憶の断片
             ChristmasEve Live IN TERRA  西荻

     山口由木と井上哲也、くまちゃん & ねこカフェ でのアンコール・ラスト曲
   
       John Winston Ono Lennon & Yoko Ono Lennon
                  ”Happy Christmas (War is Over)”を歌い・・・・



      
                     ねこカフェ 田部井兄妹

      2007.12.24 19:30~

  ビデオをUPしようと思いましたが、様式変換ができず・・・残念! 
  次回には解決しておきます!!
  ーということで、遅くなりましたが写真をUPしておきます・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ねこカフェ ライブ 情報

  吉祥寺  MANDA-LA2 新春3日 ねこカフェ ライブ 情報

   2008 年の初めのおおばんぶるまい]
        ねこカフェ 田部井雅世(fl) 田部井泰和(g)
        パンタジア
        白くまアリス  おおばんぶる舞(steel dr) たかふー(b)
                山上晃司(pf) 直井笑子(ds)

          17:00open 17:30start   2000+drink

     MANDA-LA 2 Live INFO

             

            

        LiveStartからTUKIPOWERを発散していった聖夜の満月&マリーゴールド


           Low Tension Drink Bar方面・ねこカフェ Information HP


         
コメント

ジョワイユ・ノエル!  Merry Christmas!!

2007-12-24 | La Colombe d`Or
       ジョワイユ・ノエル!       Joyeux Noël !


       








    尾張犬山 明治村  『聖ザビエル天主堂』 礼拝堂    旧 京都・河原町三條在


                   

                      Merry Christmas!


コメント

和田倉噴水公園彩るCandle今夜満月でコラボ!

2007-12-24 | A location nonpermit
  丸の内と皇居の間にある 皇居外 苑和田倉噴水公園 
        アンビエント キャンドルパーク・・・灯と月 今幻想水的です

  

     日本を代表する著名人と千代田区の小学生たちが、
           “地球、環境、平和”をテーマとして描いた明り絵

                  

     

      キャンドルを主とした、優しく美しい明りのコラボレーション 
                      「光都東京 LIGHTOPIA」  2007

         

          コラボイベント 2006年12月20日~25日 17:00~21:00


 Data:2007.12.23 17:00~17:50   月 14夜
        今夜 24日 Christmas Eveは 満月 !! 
    今夜が観月しながらの最高の聖夜のようです!
    ちょうど17時過ぎ頃からビルの谷間から悠然とお月さまが
    昇ってくる様子が観られまと思います・・・。


   キャンドルを主とした、優しく美しい明りのコラボレーション 光都東京 LIGHTOPIA」
    2006のHPから(参考)


コメント

明治村 『聖ザビエル天主堂』 ステンドグラス採光

2007-12-23 | 紀 行&散策
       明治村 『聖ザビエル天主堂』 礼拝堂 
                  ステンドグラス採光の荘厳さ


  時があえば、このように善良な人たちには光が足もとを照らすのでしょうか・・・・

 
  ステンドグラスの光が、柱に灯を燈しその神秘さに圧倒されます・・・。
               

         
           人々を受け入れてくれる入口の薔薇窓と燈された灯

    
      『聖ザビエル天主堂』外観 こちらから陽が差し込みます。


     クリスマスの前後、各クリスマスイベントが行わるそうです。

  明治村 教会クリスマス ハンドベルコンサート ミサ イベント 情報   
  
          行きたいのですが私は・・・・写真で!!


DATA:2007.12.1 13:30~14:00

PS:明治23年(1890)京都市中京区河原町三條 に建てられたカトリック教会
  この教会のフランス人神父により京都は古くから日仏親善が盛んなでしょうかー。
  京都は教徒となります・・・・。

  また、中原中也は我が国に初めてサビエルがキリスト教の種を蒔いた山口で生まれ、
  カトリック教信者の祖父母に大切に育てられた故、旧制立命館中学生になり、
  京都に一人移り住んでいた時に、この河原町三條にあるこの聖ザビエル天主堂に
  寂しさを紛らわすために通ったのではないでしょうか・・・・。
  そして秋の暮、丸太町橋際の古本屋で『ダダイスト新吉の詩』を見つけ
  いたく感動したというのは、この霊験でに対する感動ではなかったのではにいかと
  推測をしてしまうのは私だけでしょうか・・・・・。
コメント

茶々 天涯の貴妃(おんな) きょう公開  舞台挨拶に駆けつけたかった・・・

2007-12-22 | 映 画
 今日、東映系劇場で映画「 茶々 天涯の貴妃(おんな) 」が公開され、
朝から舞台挨拶が行われているのですが、
すでに銀座、新宿での劇場チケットが完売とのこと・・・。
さすが宝塚ファンにシャッポウをぬぎます!

しょうがないので、BLOGで応援!

茶々 天涯の貴妃(おんな)
 シネマトゥデイ


今年、惜しくも宝塚男役トップから、映画界、演劇界に入られました
大先輩 南風洋子さんがお隠れになりました。
そして奇しくも現代の宝塚の男役トップ和央ようかさんが、南風洋子さんと
入れ替わるように銀幕界に現われた事は何かの因果を感じるのは私だけでしょうか・・・。
そんなわけで、
女性が主役でもあり、時代の変化において翻弄される戦国の世の封建的な女性を、
現代視点から見つめた物語、女性の感性と肉体を通し、凛とした男の強靭さを物語る映画を
宝塚トップが演じる『茶々天涯の貴妃(おんな)』の映画を期待しています。

『 茶々天涯の貴妃(おんな)』 東映 動画公式サイト


また個人的な話ですが、
監督の橋本 一監督とは、先の東映京都撮影所で久々にお会いさせて戴きました。
その時は、私に余裕がなく所内の人々の顔さえ見る余裕もなく駆け足でいましたら、
監督の方から失礼ながらお声をかけて戴きました。
その時の監督は、すでに撮影が活況呈し、御顔赤く硬直し顔面からみなぎるパワーを
発散していて、橋本組らしい作品になってるんだろうとわたくし心より感じ嬉しく思いました。

橋本監督とは、二年前>「新・科捜研の女」TV朝日=東映 で監督のもとでニ作品を
努めさせてさせて戴きました。
その一本が、当時シリーズ作品中の最高視聴率をたたき出し思い出深い監督との作品でもあります。

更に監督との初めての出会いも、不思議に大映通りの活動屋集う居酒屋で、
大先輩の記録さんから、たまたま隣の席に居られました橋本監督をご紹介して戴いたことも
面白い御縁でもあり、また監督も私と同郷・越後出身であることも後で知り、
なお親しみを覚えた記憶が蘇ります。

橋本監督、さすがに越後造り酒屋の御曹司ゆえか、豪酒家で注いでも注いでも飲み、
まさに先の京都の大将軍 山下将軍(山下耕作監督)を彷彿させる貫禄になり、
東映正月映画にふさわしく思われ更に嬉しく、是非映画観たい気になります。

蛇足ですが以前、私が東映教育映画で、若杉光夫監督(故南風洋子さんのご主人)の神戸市啓蒙映画制作の帰り、
山下耕作監督が「新・極道の妻たち 覚悟しいや」(1993)を撮られており、撮影現場の見学に寄らせて戴いた時がありました。
その時、橋本監督も山下監督のもとに努められていましたので、
その時が橋本監督との初めての出会いだったのかもしれません。
何か”カチン”をいう音が聞こえて、忘れられないようです・・・・・。

この映画「茶々」なにか因縁が深くあり、皆様にも是非観て戴きたい作品です。


コメント

12月のモンフルール

2007-12-18 | はなかけないフルールたち
        上洛する前にとりあえず空いていた土の中に蒔いた
                    春の種から咲いてくれたマリーゴールド

 
開花は初夏から秋なのに12月まで留守を見守ってくれたルイマツリ
                          & 寒さにも負けないクールなミント君・・・嬢?



   いつも気にしてくれる名知らずたち     多分夏の夜に咲くKORI・・・のようですが?
コメント (2)

季刊誌『PO』中原中也特集号 No127号発刊 竹林館

2007-12-07 | -お知らせ-

関西発の季刊誌マガジン『PO』(竹林館刊)から
詩人 中原中也 生誕100年・没後70年記念 特集号 2007 冬 No127号が発刊されました。

 その季刊誌『PO』で文芸評論家で、恩師の小川和佑先生とともに
 わたくしYouzoの、中原中也における短評論文も一緒に掲載させて
 戴きましたので、もし御時間がございましたら一読して戴ければ幸いです。

題名は
  『中原中也と運命の女神ーダダにおける堕落と破滅の蜜月時代ー』

 この評論文は、二昔前、卒論以来のまとまった久々の評論文となりました。
 テーマは、
 山口の神童と呼ばれ誉れ高い中原中也が、文学に耽け地元旧制中学を見事落第し、
 京都の立命館中学に転校した二年間の中也の光と影を追い、その失意のまま
 京に住んだ中也の心の変貌を考察してみました。
 わずか二年にて京での中也は失意の劣等感の中で、偶然にダダイス(ズ)ムを知り
 自我を復活し、時に降臨したFemme Fatale(ファム・ファタル=運命の女)と出会い、
 文学こそが中也の生きる糧であることを悟り自我を確立しました。
 そして、三歳年上のその女・泰子と旧制中学時代に京で同棲した中也の心の
 変貌をたどってみました。
 このテーマは、以前から中也のドラマをつくりたいと思い温めていたもので、
 中原中也を、ドラマの中の中也像を創造しながら書きましたので大変面白く、
 興味ある中也の一端が顧みる事が出来ると思い、是非一読して戴きたいと思います。

 季刊誌『PO』は
 関西の竹林館が発刊している雑誌で、詩・エッセイ・評論などを中心とした
 季刊の詩誌です。
 伝統永く、歌う詩人が世に出たニューフォークソング真っ盛りの昭和49(1974)年に
 創刊された季刊詩誌だそうです。
 なお、その季刊誌は竹林館のホームページでその一部の詩が載っていますので
 御目を御通し御参考にして戴ければ幸いです。
 今回、わたくし京での撮影の合間にこの原稿校正において、
 小川先生、竹林館皆々様には、色々と御指南して戴き大変お世話になりました。
 ありがとうございました。


なお、この季刊誌『PO』は一般書店では扱っていませんので、御興味がある方は、
直接下記のホームページにある竹林館の『PO』お申し込みからお取り寄せ下さい。


竹林館 季刊誌 『PO』 詩一般公開・『PO』 2007 冬 No127号 お取り寄せ申し込み等

竹 林 館  ホームページ
コメント (2)   トラックバック (1)

明治村の紅葉 4 今見頃

2007-12-04 | 紀 行&散策
      文豪宅らしく 森鴎外 夏目漱石 共に時を超え住んだ住宅近くの見事な紅葉

 
           四谷にあった和洋折衷の学習院長官舎

    
   日本初 明治28年(1895)に開業した京都市電  京都七條駅から品川燈台駅 で・・・?

  Data : 2007.12.1 15時~16時

 博物館 明 治 村
コメント

明治村の紅葉 3 尾張犬山 

2007-12-04 | 紀 行&散策
            今年の紅葉 まだ間に合いそうです・・・ 
                    犬山 明治村 帝国ホテル近くの林 

   
        日本近代国家あけぼの象徴 その会談の桧舞台 帝国ホテル

   Data : 2007.12.1 13:05頃

 博物館 明 治 村
コメント