コロンブドール

Les Films de la Colombe d'Or 白鳩が黄金の鳩になるよう人生ドラマを語る!私家版萬日誌

5月のモンフルール

2008-05-30 | はなかけないフルールたち
季節はずれのミニひまわり いいえー 春菊です! 挿し穂で開花快感 入れ忘れ鍋・・・


                   五月晴れのネギぼうず


   カモミール? 微かな香りが・・・・            白とピンクのスイートピー
                          別名「麝香豌豆」(じゃこうえんどう)”香りある豆”
     
          
                   My Home MiniGarden 皐月風
コメント

4月後半のモンフルール

2008-05-29 | はなかけないフルールたち
              名知らざる 名なき花さえ小さき佳麗かな


        もしかして スミレか・・・・        長閑な春陽気 ゆっくりと花開く蕾


北乃宮の市議からの菜の花咲き蜜集め・・・      半月成長のベゴニアとカランコエ
         ニホンミツバチか?


   満月で月光浴するディジー                眠りから覚めたシラン


 鬼門に緑でお迎え!! 自然に生え・・・       植えたムスカリと自生薬草ドクダミ

コメント

4月前半のモンフルール

2008-05-29 | はなかけないフルールたち
               爽春の朝 登校する児童を見守る赤いフリージア


    越冬したクールミントたち                  春らしいディジー


       たぶん・・・カモミール                カランコエとローズマリ


 菜の花 ネギ ムスカリの三位一体             たぶん・・・カモミール


背伸びすぎ転びすぎ折れすぎて小さくなったベゴニア君   本年の堆肥大使ミミズくん一家

   更新遅くなりました・・・。
コメント

訃報  水島 裕 先生が永眠され 天に召されました

2008-05-27 | 脳裏のなかで
聖マリアンナ医科大教授名誉教授で元参院議員
水島 裕先生が今月 5月7日 朝 74歳で永眠なされました。


水島裕先生の御逝去を知り、驚愕いたしております。
元気だった頃の御姿が心に浮かびいまだに信じることができません。
御生前の御指導に感謝し、その御功績に敬意を表し、
後れ馳せ、在りし日の御姿を偲び、
心からご冥福を御祈りいたします。        amen



生前大変お世話になったにも関わらず水島裕先生の逝去をこの数日前に知りました。
先生と最後の御影は早数年も前、北の宮 宇都宮での御息女広子さんの街頭演説の時、
陰ながらこっそりとその演説を聴いておられた御姿と事務所で御家族が集い、
ほのぼのとした御家族の中で裕先生が微笑みなさった御姿が最後になってしまいました。
その後縁遠くなり、裕先生が御隠れになったのも知らず大変失礼してしまいました。
すみません。
先生とは、参議院時代に感染症予防法成立記念映画『福江島』('99)を自ら製作なさった時、
その助監督として就かしていただきました。
その後、政治を動かす国会は遠い存在だったのが、
水島裕先生から天職を全うするには政治動かし国・社会を変えなくていけないと
自ら政治の世界に飛び込む姿に共感し、そのパイオニア精神姿勢の御蔭で
政治が身近に感じられ、政治の世界にも親近感が生まれました。
  裕先生ありがとうございました!    真に感謝しています!!    YOUZO


故 水島 裕 御別れ会の御案内 LTT Bio-Pharma

水島 裕先生  御功績 

感染症予防法成立記念映画 『 福 江 島 』 (1999年作品)
コメント

「Saving Grace」 海外ドラマ ホリー・ハンター主演作品紹介

2008-05-11 | ドラマ
            『Saving Grace』 FOXTV Series ’07

      聖なる酔いどれ女刑事(デカ)にできる唯一の事柄・・・  (勝手に仮題)

Saving Grace  Holly Hunter interview & location  TNTcableTV

Saving Grace  FOXテレビシリーズ

          

Season 1 Series Episode Saving Grace TVGuide

 
  映画「ピアノ・レッスン」 (1993)でカンヌ映画祭、アカデミー賞主演女優賞を受賞した
  名女優ホリー・ハンター主演の酔いどれ女刑事ドラマ観てみたいものです・・・。
  幸いDVDが今夏発売されるそうです! 夏が楽しみです・・・。

Saving Grace: Season One  DVD字 幕 は English, Spanish, French のみのようですが・・・

          
        天使のアール(Earl)は自滅的なグレース(Grace)の生活を
    再び最良な人生をおくられる道を見つける手伝いをしてるれるのでしょうか・・・。

 なお原題の、”Saving Grace”の意味として
             A) 救済されるグレース(Grace)、グレースの取り柄
             B) つましい(生活の)グレース
Saving Grace成句で C) 神の加護
                取り柄(自滅的なグレースの欠点を補う天性の仕事・刑事)
     
       などが考えられ、このドラマを観てから考えたいですが・・・・


 なお、この作品のクリエーターライター Nancy Miller(ナンシー・ミラー)は
 「CSI:マイアミ」のプロデューサーであり、 人気海外ドラマ 「THE CLOSER」(クローザー)の
 ライター脚本家でもあります。
 また多くのTVドラマ番組のプロデューサー、ライターとして活躍しています。

    Creator Nancy Miller Interview


    CS多チャンネル放送 FOXライフ HD で現在放映してるとのことです。
      私は観られませんが、悪しからず・・・DVD発売を待ちます。
コメント

『The Mists of Avalon』 Maire Brennan & Enya 姉妹聴きたく

2008-05-10 | Ma chanson  et 金言科白
         「The Mists of Avalon  ーアヴァロンの霧ー 」
 噂には聞いている海外人気テレビシリーズ作品を観たくなり、聴きたくなり
 そしてMaire Brennan & Enya 姉妹聴きたくー・・・
 
The Mists of Avalon "Perfect Time" by Maire(MOYA) Brennan

Enya - The Mists Of Avalon - Viviane

The Mists of Avalon Trailer

   

The Mists of Ávalon Trailer

The Mists of Avalon - アヴァロンの霧 -
  原作: マリオン・ジマー・ブラッドリー Marion Zimmer Bradley
  イギリス史で有名なアーサー王の物語を空想的なタッチでリメイクし、
  妖姫モーゲンの視点からアーサー王伝説を語り直した超ベストセラー小説作品。


Enya - Orinoco Flow

Enya- Only Time

コメント

女優南風洋子著 絶筆本『涙を真珠にかえて…』 感想など

2008-05-05 | 記憶の断片
昨年夏 御隠れになりました劇団民藝女優 故 南風洋子著 「涙を真珠にかえて…」 を
読んで直接、お伺いした内容も多く、御亡くりになさってもこのように書籍としてメッセージを永遠に発信していくことにことさら感銘深く思い感動させられました。

ただ、お伺いした内容の他、最わたくしが感銘、また今までの意識が変わった二つの事柄が、述べられていなかったのがせつに残念でしたので、この場を持って捕捉させて戴きたいと思います。
その一つ、満州でのエピソード。混乱した戦後の幼い南風さんが見た、戦争の勝敗での立場の悲劇を伝えたかったのですが、頂いた本のコピーが幾度かの引っ越しで見つける事が出来ませんでしたので今回は割愛させていただき、今はなき、世田谷の若杉・南風家のご自宅に、吉永小百合さんが弱冠15歳の高校一年生で初主演作品映画 『ガラスの中の少女』 の撮影後、悩み多くの多感な少女時代に宿泊し、若杉・南風ご夫妻の愛により女優開眼したエピソードをお伝えします・・・・。

直接お伺いした思い出話より、吉永さんがお書きになった本からの方が適格と思い下記に載せお伝えします。


吉永小百合著 『夢一途』 女一章 たった一本の線路 ガラスの中の少女(P38~)から

心中シーンの撮影をようやく終えて、 東京に戻った日は、 浜田光夫さんの誕生日。世田谷にある若杉監督の家にメインスタッフの方たちと集まって、お祝いをしました。若杉夫人の南風洋子さんは、宝塚のスターから民芸の劇団員になられた方で、とても優しく私たちを、迎 えてくださったのでした。
途中で、お勤め帰りの浜田くんのお母様も駆けつけて来られました。とても温かく、優しい方でした。浜田くんは小さい頃にお父様を亡くし、お母様が女手一つで育てられたということです。
まるで大家族のお正月です。浜田くんだけでなく、私のためにもケーキが用意され、みんなで歌をうたったり、 ほんとうに楽しかった。
一生懸命演じた『ガラスの中の少女』も、今日で全部終わってしまった。明日から、私はまた、日活の撮影所に戻っていくんだ・・・。
楽しいひと時.を過ごしてぃくぅちに、私はだんだん寂しくなっていきました。
「私、今日、家に帰りたくありません」
突然の私の言葉に、若杉監督はびっくりなさいました。
「どうしたんだ、 小百合ちゃん・・・」
「私の親は、普通の親と違うんです。それがいやなんです。今夜、泊めてください」
そう言うと、私は粒き出してしまったのでした。
若杉さんは、私の家に電話して、泊まっていくことの許可を取つてくださいました。私は混乱した自分の気持をまとめようと必死でした。心を込めて演じた役との別れは、思わぬ方向に私自身を引つばっていってしまいました。
私の意志とは別のところで私の日活入りを決め、一人前の俳優に、スターになってほしいと願う両親と、普通の高校生として通学しようと決めていた私との、目に見えないところでの、食い違いを初めて言葉にした日でした。
このままでは学校に行かれなくなる・・・。中学生時代はテレビやラジオ出演のために、三分の一も欠席してしまった私です。このままでは、私という人間はどこかへいってしまう。 出席の厳しい都立高校に通うことが難しくなってきたことを、その頃の私は次第に感じるようになっていました。
でも、 どうすることも出来なかったのです。

このような事柄も、南風洋子さんの言葉で話して戴きたいと思い、また日本映画史においても大変残念でもありましたので・・・・・。

吉永小百合 夢一途 (人間の記録)  日本図書センター (2000/10) 追記再販版 
            1988年6月 主婦と生活より初版



       5月5日にUPしたいために仮に・・・・。日々追記します。

コメント