チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

琉球セメント安和桟橋。ゲート前と海上との連携で、土砂運搬船の出港を長時間、阻止! (海上での写真を多数掲載)

2019年01月30日 | 沖縄日記・辺野古

 今日(30日・水)は朝から琉球セメント安和桟橋へ向かった。大勢の人たちがゲート前で頑張っている。交通量が多いこともあって、やってきたダンプトラックは青信号で1台しか中に入れない。土砂の積込みは大幅に遅れているという。

 午後2時頃、土砂運搬船がそろそろ出るかもしれないということで、カヌー16艇が漕ぎ出した。私も、「ブルーの船」に乗せてもらう。安和桟橋の海に出るのは初めてだ。

 

 カヌーメンバーらは、土砂運搬船の前後に別れて抗議行動を開始した。海保のボート8隻が規制にあたるが、カヌーが桟橋の下に潜り込むと、海保のボートは中に入っていくことができない。

 それでも、午後3時過ぎ、土砂運搬船がそろそろ出るのか、海保が一斉に海に飛び込み、カヌーを拘束し始めた。

 

 数艇のカヌーが桟橋と土砂運搬船の間に入ったため、運搬船のロープを外せない。かなりの時間、膠着状態が続いた。

 

 

  海保は、今日もカヌーのロープを切るため、ハサミを持ち出した。

 (保が持ち出したハサミ)

 

 結局、土砂運搬船が出たのは午後3時45分頃になった。ゲート前と海との連携で、今までで最も遅くまで出港を止めたこととなる。 

この記事についてブログを書く
« 毎日新聞の続報---辺野古・海... | トップ | 明日(2月1日・金)は南風原... »
最近の画像もっと見る

沖縄日記・辺野古」カテゴリの最新記事