Go Go Kawasaki's

~のんびり聖とやんちゃごー君の成長記録、我が家のレース奮闘記・ママの独り言など~

彼岸花

2009-09-29 23:30:51 | 日常の出来事
9月29日(火)天気
 保育園への道すがら。
お庭の花や植物を切って、1束¥50で売っている民家があります。
季節ごとにいろいろなお花が売っているので、なかなか楽しいです。

そして今日通りかかると、彼岸花が瓶に指してありました。
彼岸花。
最近あちこちでよく見かけますね♪

彼岸花をみると小学校のときの国語の教科書にのっていた「ごんぎつね」を
思い出すのは私だけでしょうか????
物語はすべてハッピーエンドで終わると信じていた年頃だったので
「ごんぎつね」の最後はあまりにもかわいそうで衝撃的だったのを思い出します。

そしてこちらは、保育園のお庭にできている「栗」です。
こーーーなに立派なおいしそうな栗ができていることにびっくり
どこの山やねんっ!!??
って突っ込みいれたくなりました。

ちゃっかりこの栗たちがこの間、子供達のおやつとして出されていたようです。
栗に彼岸花に・・・・・
今週からちょっと寒くなってきたし、なんだかすっかり秋ですね♪

はらぺこあおむし!?

2009-09-28 23:12:14 | 日常の出来事
9月28日(月)天気
 今日の夕方、夕飯を用意をしていたら思わず
きゃーーーーーーーーつ!!!!
って奇声を発してしまった私。

野菜の中からこんなに大きなあおむしさんが出てきました。
いやーーーーーーーーーーーー
びっくりです。

どうやら先日居組のひいばあちゃんが畑で取ってきてくれたものをそのまま新聞紙にくるんで保存しておいたので、居心地がよかったんでしょう・・・。
めちゃくちゃ元気な姿でお会いすることができました。
さすがに手で払い落とすことはできず、
聖兄ちゃんにヘルプを求めると・・・・・・・・・
返事は
「聖がとったげるよーーー!あおむしくらい平気だよ~」
って言っていたにもかかわらず、
実物を見ると
「こ、これはちょっと無理やなぁ・・・・・・・」って後ずさり
仕方なく、箸を使ってやっとこさ取り除くのに成功しました★
(ちゃんと「ごめんなさい」を言いました)
かぶと虫の幼虫とまではいきませんが、この白さと太さがそれを想像させるくらい、かなりの大きさでした~

ひいばあちゃんのお野菜は完全無農薬
きっとあおむしさんにとっても、めちゃくちゃおいしいんでしょうね~♪
お野菜にはこうやって虫がいるのが当たり前なのですが
ついついスーパーで売ってる虫の全くいない野菜に慣れると
こういう時ちょっとビビッてしまいます。

スーパーのお野菜、あれだけ虫が全くないところを見ると
農薬たくさん使ってるのかなぁ・・・・とか?
ちょっと怖くなりますね・・・。



パークO in せんなん里海公園

2009-09-27 23:48:22 | レース参戦記など
9月27日(月)天気
 今日はOLのレース・パークOシリーズのため、大阪南部のせんなん里海公園へ行きました★
大阪南部・・・・といっても、すぐ先は和歌山県・・・というくらいめちゃくちゃ南でした。神戸実家から湾岸線を通っても2時間くらいかかりました・・。

この「せんなん里海公園」は海岸線に面した横長ーーーーい公園で、公園の中には楽しそうな遊具はもちろん、海辺の利点を生かして子ども達が遊びやすいように砂浜が整備してあったり、ビーチバレーのコートがあったりしてめちゃkちゃ楽しい公園です♪
この子達は「タコ遊園」をえらい気に入って、自分達の基地のような感じで遊んでました。このくらいの時期に「基地」とか「要塞」とか作って遊ぶのが流行ってましたよねー!!

タコの形してます・・・。

今日のレースは「パークOシリーズ」なので、この公園内の狭い範囲の中にあるたくさんのポイントをいかに早くGETして戻ってくるか・・・というもの。
年間でのシリーズ戦になっていて去年、なぜか不思議なことになんちゃってチャンピオンになってしまったので、
今年も一応がんばっています。

で、レース。
今日のポイントは14個。
いつもの自分の弱点ですが、スタート直後、1つ目のでポイントで現在地把握に時間がかかって、いきなりのミス。
あと13個は割りとスムーズに行きました。
それはそれは100m走くらいの勢いで必死の猛ダッシュ

そして2位の人と約50秒差という超ギリギリセーフでなんとか優勝できましたー!(まあ5人中1位だから全然大した事ないんですが)

今日の優勝商品は地元和菓子屋のお菓子でした★

午後からは海辺へ移動♪
今日は9月終わりにもかかわらずめちゃくちゃ暑くて真夏のようでした♪
遠くまで海岸線が見えたり、ヨットハーバーが見えたり。
この公園は釣り場としても有名らしく釣りをしている人もたくさんいました。

散々海を満喫したので着替えて帰ろう。。。。って思ったら
裸ん坊で花壇を走りまくるいたずらっ子が。。。。。。。!!!!

裸になるとなぜかうれしくてたまらないみたいです・・・・
次のパークOシリーズは12月の最終戦。
今年も「なんちゃってチャンピオン」目指してがんばりまーす



七五三・衣装選び

2009-09-26 23:10:33 | 神戸
9月26日(土)天気
 今度、聖の5歳の七五三をお祝いするので、その打ち合わせ&衣装選びのために神戸・湊川神社へ行ってきました。
 私は着物のことはイマイチよくわからないので、そこはプロのアドバイザーの神戸ばぁばに来てもらいました。
 いろいろな着物があって迷ったのですが、やはり世の中の常といいますか、
安かろう→悪かろう
高かろう→良かろう  という感じ。
いろいろ迷った挙句、ついつい良い方を見てしまうとやっぱり高くても良い方がいいなぁ・・・・と思ってしまって、ちょっと派手目の黒の兜柄に・・・・
試着を嫌がる聖に
シンケンジャーの殿」みたいでかっこいいよー!!!
と訳のわからないほめ言葉にのせて、なんとか試着に成功
こういうとき、女の子だったら喜んで着ちゃうんでしょうけど・・・ね。

しかし、めちゃくちゃ久ぶりに来た湊川神社。
思い出多き場所ですが、前回来たのは、ごー君のお宮参りの時・・・・
だからもう3年ほど前。
いつきても落ち着いたここの感じが何ともいえず、好きです。

さて七五三当日はどうなることだか・・・・・
まあ、聖はきっと何とかなりそうな気がしますが、
問題はあばれはっちゃく・ごー君・・・・
お願いだから大人しく、じっとしてて欲しいです。

時々、ごー君の体に「電源スイッチ」があって、それを切ったら大人しくなるとか
なんとかそういう方法がないものか。。。。と真剣に考えたりする今日この頃であります。。。。



魚を知る日

2009-09-25 23:02:20 | 日常の出来事
9月25日(金)天気
 今日は保育園の行事で「魚を知る日」でした。

生のお魚を自らの手で触り、
先生が目の前でそのお魚をさばき、
内臓や骨などの仕組みをしり、
それを料理して感謝して食べる。

といったものでした。
みんなの前に並んだのは、さば・さんま・たい。

確かに最近では「生のお魚を触る」という機会はぐっと減りました。
スーパーでも切り身しか買わない人が増え、
「お魚をさばくことができない」もたくさん。
それどころか「生のお魚を触りたくない」って人もたくさんいます。
私自身もどちらかというとお魚を触るのは苦手な方でしたが、
居組に来てからというもの、お母さんにいろいろ教えていただいたおかげで、
イカやいろいろなお魚をさばくことができるようになりました。

だから、小さいときにこういう機会を作ってくださって
保育園の取り組みに感謝しています。
我が家の食卓にはお魚が並ぶことが多いので、聖は普通の子よりもお魚には慣れていると思っていましたが、
あまり生の魚は触らせたことがなかったので、ちょっとドキドキだったみたいです。

帰ってきたら
「ママ、お魚切る前にちゃんと“ごめんなさい”って言わないといけないんだよ。」
って
こんなところもちゃーーんとキリスト教の教えですね♪
魚の塩焼き、煮付け・・・・どれも完食だったようです♪
先生方、このような機会を作ってくださってありがとうございました。


鳥取・こどもの国へ

2009-09-21 23:11:12 | 居組
9月21日(月)天気
 昨日、大山登山をがんばったご褒美に「今日は好きなところに行っていいよーー!」ということで、
本人の希望を尊重して鳥取・こどもの国へ
まあちょっと大きい公園にミニミニ遊園地がくっついたような施設なのですが、
どうもこの年代の子ども達にとってはちょうど良い楽しさらしく、
とってもお気に入り♪の場所の1つです。
大好きな遊具や乗り物で思いっきり遊び大満足♪


そして、午後からここで仮面ライダー・ダブルのショーがあり、
見ることに・・・・・
前回、聖人生初の戦隊物ショーゴーオンジャーショーでは
最初に悪者が出てきた時点でもうあまりの恐怖に泣きが入っていましたが・・・・・・・・
さすがに5歳にもなったら慣れたのか、全く泣かないで必死視の形相で見入っておりました・・・・・・・

そして、仮面ライダー・ダブルが悪者と戦う場面では(なぜか仮面ライダーは歴代にあたり、武器を持たないで素手で戦うのが常らしい・・・・・)
会場の子ども達から
「がんばれーーー!!!がんばれーーー!!!」
の声援が・・・!
もちろん我が息子達も大きな声を張り上げて応援!!
それはそれはすごい歓声でしたよ~

うちの子達はシンケンジャー派であまり仮面ライダーにはハマっていなかったので
すが、このショーをきっけにすっかり気に入ってしまったようで
「仮面ライダーのベルトが欲しい!!
と訴えております。
べ、ベルトかぁ。。。。。。
それだけは避けたいなぁ・・・・と思っていたアイテムです
ご勘弁を・・・・・

大山登頂!

2009-09-20 23:51:25 | 旅行
9月20日(日)天気
 昨日から始まったシルバーウィーク!
我が家は鳥取・大山登山にチャレンジすべく、昨日の夜から鳥取に来ています。

聖の登山チャレンジ。
もう何回目になるでしょう。
大山は1710m。今までチャレンジした中での最高峰です。
親のエゴと思われても仕方ないかもしれませんが、
山登りの楽しさ、しんどくても最後まで頑張ることの大切さ、登りきったときの達成感。
まだ小さいとはいえ、小さいからこそ、心に感じる何かがあるはず。
そんな思いで、今回も準備を進めてきました。

朝から早起きして、大山登山口へ。
今回の合言葉えいえい・おー!!
の元気な掛け声でまずは気合十分です。
実は頂上までは、たったの2.6km。
登山口から頂上までの高低差は約1000m。
大人にとっては大した道ではないと思うのですが、なんせとにかく段が大きくて登りにくい。のです。
登山道は石段などでよく整備されているものの、大人の足でもよっこらしょっと
手を使って登るような箇所がいくつもあり、大きなものだと聖の身長の半分くらいの石段もあちこちに見られます。
 自分の身長の半分の高さの段を登るのって・・・・・・・・・かなりの重労働です。

道中、1合目ごとに木の柱が立っており、そこでちょっとずつ休憩しながら、登っていきました。さすがのごー君も最初はがんばって自分の足で登っていたのですが、(周囲から「この子一体何歳なの??」ってどよめきの声が・・・)途中から自分の足ではとてもじゃないけど無理だと判断できたようで、大人しくパパのリュックに座ってました。
4-6合目くらいはやはりすごくしんどかったみたいで、ちょっと半泣きに。
「足が疲れた・・・・しんどい・・・・座りたい・・・・」
ってさすがにかわいそうでした。

でもちょうどシルバーウィークだったので、山には小学生くらいの子ども達もたくさん登りに来ていました。
しかも偶然にも私達が出場しようと思っていたアドベンチャーレース「SEA TO SUMMIT」(シーカヤック、自転車、登山の3種目で米子市・皆生の海から大山山頂までを目指す大会)の開催日だったので、私達が登っていく横を選手の皆さんが通過していきました。
なので、「来年は私たちも出場するぞ~」ってうらやましそうに横目で見ながら一人一人に
「頑張ってくださーーい!!!」
って声かけてました。
その声を聞いて、聖自身もがんばらなきゃって思えたようです。

途中からめちゃくちゃ景色がよくなるので、
「うわーーーーーーー!!!きれーーーい!!!」っておおはしゃぎ

「やっほーーーーー!!!」って叫んでみたり。
雲と同じ高さになって、自分のいるすぐ横に雲があると気が付いたときには大喜びでした★
ここまでくれば、あとはもう頂上を目指すのみ。
頂上ももうすぐそこです。

頂上山小屋に近づくと植生保護のために木の通路ができていてそこしか通れないようになっています。
最後はごー君もリュックから下りて自分の足でゴール!!!

頂上1710m。もうすっかり雲の上です。
天気も快晴でずーーーっと遠くの海までくっきりと見渡すことができます。
終わってみれば余裕?だったかもしれませんが、
途中本当にしんどそうでかわいそうな場面もありました。
でも周囲の方が優しく声をかけてくれたり、きれいな景色が見えたり、元気の出る素(お菓子です)を食べたり・・・・いろいろなもの助けられて無事登頂することができました!
聖兄ちゃん、大山登頂おめでとう!!!!
初めての雲の上はどんな気分だったでしょう?

いつもママ達が個人で出ている長距離レースやロードレースなど、
それはそれで楽しいのですが、あくまでも個人ベースの自己満足。
頑張った喜びや感動は本人の心しか知りえません。
でも登山はちがう!!!
同じ道を一緒に歩き、最後に一緒の景色を見て一緒に達成感を味わい一緒に感動できる。

そんな印象をうけた今回の大山登山でした。
さて頂上についてお腹ペコペコだからお待ちかねのお弁当
って思ったら・・・・・・・・・
な、なんと!!!
登山口で買ったはずのおにぎり弁当が見当たりません!!
どこにもないのです!


どうやらママがリュックに入りきらなかったので手に持っていて、
それを6合目くらいで休憩したときにそこに置き忘れたようです・・・・・
がーーーーーん!!
ショック・・・・・・・・・・・
誰が一番ショックってそれは間違いなく聖兄ちゃんでしょう。
「頂上に着いたらおにぎり食べる!」
って言いながらここまでがんばって登って来たのですから・・・・・・
仕方がないので、手持ちのインスタントラーメンやお菓子などでとりあえずお腹を満たし・・・・・・・
皆様、本当にごめんなさい。

そして下山。
下り道は高山植物を見る余裕もたっぷり♪
下山は楽チン♪のはずでしたが、
やはり段が大きいとなると、聖は1段ごとにジャンプしなければならず
それはそれはでちょっと大変足が痛いと訴えてました。

そして六合目まで降りてくると.......
ありましたーーーー!!!!!私の置き忘れたおにぎり弁当が!
しかも、どなたか親切な方がご丁寧に腐らないようにきちんと日陰に、しかも発見しやすいように置いておいてくれました。
名前も知らないどなた様、本当にありがとうございました。

仕方なく、おやつ休憩の時間におにぎり弁当をいただきました

今日一日、朝早くから歩き始めた登山も麓の大神山神社・大山寺を経て終了です。

みんなお疲れ様。
今日しんどくてもがんばった気持ち
一生懸命登ったら雲の上についた喜び
山の上から最高の景色
何年たっても心の片隅に忘れずに置いておいてほしいなって思います。





コメント (2)

母とデートな一日

2009-09-17 23:37:33 | 日常の出来事
9月17日(木)天気
 昨日からばぁばが遊びに来てくれています。
今日は子ども達には申し訳ないのですが保育園に行ってもらって、ばぁばと二人でお出かけの1日です♪

まずは写経をするために泉涌寺別院・雲龍院へ。
まずは写経部屋に案内され、始める前の4つのお清めがあります。
1、「丁子(ちょうじ)」口にいれます。お香みたいなもの。写経の間、ずっと口に含んでおきます。
2.「塗香(ずこう)」粉状のもの。手にすりこんで手を清めます。
3.「洒水(しゃすい)」頭の上に水を1滴たらします。
4.「香象(こうぞう)」お堂の煙を体に浴びさせて身体を清めます。
そしていよいよ写経を始めます。
硯箱をあけるとふわーーーーーーっとなんとも言えない墨の香り。
姿勢を正し、筆を持って紙に向かうなんてもう何年ぶりのことだか。

ここは特別に朱墨で書いていくそうで、下書きがあるものの、細かい漢字を1つ1つ丁寧になぞっていこうとするとなかなか根気が要ります。

すーーーーーーっと風が通り抜けるお堂の中、セミの声だけが静寂に響き渡り、その中で無心になってお経を書き続ける・・・・・・
なんか心が洗われるようで、普段の生活の中での自分の言動を振り返り、見つめ直す・・・・・そんな気持ちになりました。
お経の中に「」「」という字が何度となくでてきます。
心を無にして・・・・・という意味でしょうか。。。。。?
お経の意味まではよくわからなくても、一文字一文字心を込めて最後まで書きました。
そして写経を終えると、最後に自分の「願い事」を書いて、仏様の前に差し出して終わります。口に含んでいた「丁子」もやっと出すことが出来ます。

後には別の部屋に案内され、手入れの行き届いた庭園を見ながらお抹茶&お菓子をいただきました。
実はこの写経。ずーーーーーーーっと前からやりたくてやりたくて。
小さな子連れでは叶わぬ夢・・・・・くらいに思っていたので、こうしてじっくり写経に取り組む自分の時間ができるようになって本当にうれしかったです。
また何かの折にはぜひ行きたいです。
自分の心の内とじっくり向き合うような・・・・そんな時間です。
興味のある方はぜひどうぞ♪
ばぁば、つきあってくれてありがとうございました。

*********************

さて、お昼は楽しみにしていたザ・ガーデンオリエンタル京都でのランチ。
相変わらず、決め細やかなサービスと色とりどりの食材、味もとってもおいしくて大満足♪あの落ち着いたお庭の雰囲気も好きです♪

その後、周辺の高台寺を拝観したり、ちょこっと周辺でお買い物♪

京都に住み始めたものの、京都らしいところにゆっくり行く機会があまりなかったので、今日は本当にのんびりとゆったりと素敵な1日でした。
ばぁば、来てくれてありがとう。
また遊びに来てね~♪

うろこ雲

2009-09-16 23:16:33 | 日常の出来事
9月16日(水)天気
 さわやかな気候が続いています。
朝、保育園に行く道すがら、
「ママーー!あれなーに???」
って聖がお空を指差して聞いてきました。

え??空??
と思って頭の上を見上げると、それはそれは見事なうろこ雲が・・・・
いつのまにかもうすっかり秋の空ですね。

いつもとは違うぶつぶつ模様の空がちょっと不思議だったらしく
「お魚のうろこみたいにぶつぶつしているからうろこ雲っていうんだよ。秋になるとお空にうろこ雲ができるんだよ」
「ふーーーん。なんか変な雲だねぇ・・・」
って。

仕事に行く日の朝はバタバタと大忙し。
朝ごはんの用意、子ども達の身支度、洗濯物干して、お皿片付けて洗って、自分の身支度・・・・・
家を出て、保育園に行くまでの道中は、なんとか自分が電車に乗り遅れないようにするために必死です。
なるべく「早くしなさい」を言わないようにしながら、とにかく子ども達を前へ前へ保育園へ早く着くように・・・・
と前ばかり見て歩かせることにすべての神経を集中させているといっても過言ではありません。だから、「ママあれ、なーに??」って言葉を聞くまで、空にこんなキレイなうろこ雲が出ていたことにも全く気が付いていませんでした。

のんびりと、ゆっくりと、優しい気持ちで歩いていたら、
気がつける素敵なものがたくさんあるのに、
そんな気持ちは忙しさに飲み込まれ、すっかりどこかに置き忘れてしまったようです。
「あーーーーー私、時間に追われてばかりで大事なこと見失ってるなぁ・・・・」
ってふと気が付かされた一瞬でした。
ほんと、ごめんね。反省。

どんなに忙しい朝でも、大きく深呼吸してお空を見上げるくらいの余裕。
いつも心に持っていられるように・・・・がんばります。


ざくろ

2009-09-15 23:06:02 | 日常の出来事
9月15日(火)天気
 いつも保育園にいく道にとーーっても大きなざくろがなっています。
とっても大きい実が何個も何個もできていて・・・・
ママ、あれ、あの赤いのなーに??
「ざくろ」っていうの。中に赤いプチプチの実が入ってるんだよー。
おいしそう~。食べてみたいーーー
ってそこを通るたびにいつも言ってます。
 私も子どもの頃に1度しか食べたことないのですが、確かそんなにおいしいものではなかったような・・・・・・・
「そんなにおいしくないよー。」
って言ってもあの色といい、形状といい、かなり子ども達の興味を引くようで1度はトライしたみたいです。
 そこまで言うなら、なんとか1つくらい食べさせてあげたいものですが、なんせ人のお家の木なので勝手に取るわけにもいかず・・・・何かいい方法がないものか思案中です・・・・
コメント (3)