脊髄内腫瘍でした! ただいま療養中です。

坐骨神経痛だと思ってたら、脊髄に腫瘍が出来ていました。
珍しい病気なのでブログ書いてみました。

今日は外に出ました

2017-06-22 23:46:21 | 日記
毎週日曜日は主人が休みなので、食材の買い出しや、ちょっとした雑貨とかを見たりしてだいぶ気分転換になるのですが、
先日は風邪気味な上にお天気も悪くて外に出られませんでした。

息子も娘も毎日忙しく、平日はあまり外には出られません。

でも、今日は娘がいつもより早く帰ってきたので買い物がてら、お茶〜。



ストロベリークリームフラペチーノは今日までだって言うから記念に 笑。

その後、甘い物の後はやっぱりね〜って


タコ焼き!



私達はもうこれでお腹イッパイになっちゃったから、男チームにはマグロとサーモンの切り落としを買って、漬け丼に。お豆腐のお吸い物とね。

やっぱりちょっと外に出ると、お金も使っちゃうけど、気持ちが全然違います。

帰ってきてから主人がいきなり歩行訓練に付き合うというので、車輪付きのピックアップで廊下を往復した後、しばらく立位でいました。

足は随分よく出るようになったと言われたけど、やっぱりかなり上半身も使って力が入っているみたい。
方向を換えるのは、左脚の動きが悪いから大変だけど。
何しろまだ安定感はないですねー。

いつ痙性が入って来るか怖いのもあるし。

でも、歩かなきゃ上手にならないもんね。
何か上手く歩く方法、見つかるといいな。
コメント

褥瘡と巻き爪

2017-06-21 23:59:14 | 身体の不思議
術後、車椅子を使う私にちらっと褥瘡の話がありました。

その時はまだすぐに歩けるようになると思っていたし、まぁ、ちょっと頭の片隅にあるくらいでした。

その後のリハビリ病院でも特に褥瘡に関しての説明とかはなく、
ただ、下肢麻痺の車椅子ユーザーはマメに序圧して褥瘡を予防しないと大変らしい・・というのは車椅子ユーザーさんのブログを見て学んだことです。

車椅子になって2年が過ぎましたが、
私、褥瘡の経験ないんですよ。
特に気を付けているわけでもないのですが。

マメな序圧とかはあまり意識してないのですが、台所で少しでも立ち仕事したり、トイレは車椅子が入らないので数歩だけですが歩いたりするのもかなり違うのでしょうかね?

車椅子に座ってる時間もかなり長いと思うんですけど。

同じような理由で車椅子ユーザーに多いと言われる巻き爪。

これも心配したけど今の所大丈夫。

下肢の血行とか、悪くないって事なのかな。

排泄も今の所、ギリギリ間に合ってる。

歩けるようになるまで紙一重な感じなんですが、なかなか、なかなか、なんですよ。

本当リハビリも地道で、足も思い通りにはならないのに、中途半端に動いたりするからまどろっこしかったりね。

車椅子でドンドン出かけるのもかっこいいけど、わたしはまだ歩くことにこだわりたい。

そしていつか、青空の下を歩きたい。
コメント (2)

風邪かな

2017-06-19 15:20:53 | 日記
先週、娘が咳をし始めて耳鼻科に行ってきた。

そろそろ疲れが出る頃かもね、なんて言ってたら一昨日から私は喉が痛い。

喉の痛みは程なく引いたものの、こんどは咳が出始めた。

体調を崩したのは術後初めてと言っていいくらい。

腹筋が無いから咳も大変?
ん、でもこんなもんかな。

とくに横になると咳をが出て辛いね。

熱はあっても37度なのでまだ動けるけど少しだるいな。
コメント

車椅子

2017-06-16 13:14:01 | 車椅子
大抵買い出しは主人の休みの日曜日。

でもたまに早く仕事が終わった日は平日の夕方に行くこともあります。

でね、昨日、買い物に行ったんですよ。
AEONとかじゃないけどちょっと大き目のスーパーに。

すると!

まず入り口で私の他に車椅子2台発見!
2台共自走。

そのうちの一人の女の人なんて、一人で来てるみたいで、さらに仕事帰りなのか、制服でした。
ガシガシ膝の上にカゴ載せて買い物していてかっこよかったなー。

そして、同じ建物の中にあるドラッグストアに行ったら、レジで私の前に並んでる男の人がこれまた車椅子!

なんだかさ、自分だけじゃない思うと車椅子でもちょっと気持ちが楽になるかな。
コメント

息子よ

2017-06-14 23:50:33 | 家族
私が脊髄腫瘍だと分かり、手術を終えた後、

生きてりゃいいよ、と言ってくれた息子ですが、

やはり車椅子になった私をなかなか受け入れることが出来ないのだろうか。

家の事はほとんど手伝ってくれない。

男の子だし、娘ほど頼りになるとは思っていないし、大学3年で部活もやり、教職課程も専攻していて夜勤のバイト。

忙しいのかもしれないけれど、夜遅くに帰ってきてもご飯が出来ていること、

お弁当が作ってあること、

部活のユニフォームが洗濯されていること、

それを身体の不自由な私がやっていること、

もう少しわかってほしい。

もう少し、家族のことを考えられる優しい子だと思っていたのに、

私からは、自分中心に世界が回ってるような人間にしか見えない。

家族の愚痴を書くのは本当にお恥ずかしいのですが、親として情けない気持ちでいっぱいです。

もしも、その原因が私が障害者になった事だとすれば切ないです。
コメント (4)