脊髄内腫瘍でした! ただいま療養中です。

坐骨神経痛だと思ってたら、脊髄に腫瘍が出来ていました。
珍しい病気なのでブログ書いてみました。

すごかった後は

2017-11-30 00:39:22 | 身体の不思議
いつもにも増して身体に負荷がかかっていたような日々が終わると、
普段の不自由な足取りが心なしか軽く感じます。

そして、この私の動きに抵抗をかけているのはやはり痙性じゃないかと。

痙性も血行だか何だかの役に立っているようなことを聞いたことがあるけど、やはり歩行には邪魔な気がしています。私の場合。

立ち上がって足にピーン!と痙性が入ったまま歩くんじゃ、やっぱり異常な力が必要ですわな。だから、ロボットみたいな動きになる。

力を抜いて、とはいうけど、力を抜いたら足振り出せないし。

その辺の仕事をやっていてくれたんですね、脊髄さんは。

傷ついた中枢神経は戻らないけど、末梢神経がその代わりをするとも言われたよ。

諦めれば楽になるのかも知れないけど、楽しく生活しつつも、私はやっぱり歩きたい。
コメント

いやあ、今回は長かった

2017-11-28 23:21:02 | 身体の不思議
排卵日の辺りとか、生理の前とかに筋肉が異常に硬直だか、痙性だかがひどくなって、立ち上がれなくなったり、立位が取れたとしてもどこかにつかまっていないと膝を曲げる筋肉に力が入ってしまうので両手を離す必要のある食器洗いとか、全くダメでした。

お米は座って研いだり、頑張りましたが、立ち仕事はしばらく無理でした。

いつもは2、3日でいつも通りに持ち直すのですが、今回はトイレに行くのも移乗に介助が必要だったり、いつもやっているお風呂上がりの床トラさえもままなりませんでした。それが10日くらい続いて、もうこのまま動けなくなるのかと不安でした。

閉経も近づいているようで、今月は生理も2回ありました。その影響だったみたいです。

更年期はまだ未知の世界ですが、閉経するとそう行った筋肉の変化はなくなるでしょうか。

昨日辺りから随分楽になりましたが、体がいつもより動かないと急に不安になったりします。
コメント

坐薬についての学習

2017-11-25 00:22:13 | お通じ
坐薬を使うようになって、本当にストレスが一つなくなりました。

手術前は毎日お通じがあったので、もしかしたら毎日坐薬を使えば常に快適なのかな?とか思いましたが。

車椅子になっても2日に一度のお通じはまあまあよかったのですが、なんとなく油断出来ませんでした。

使い始めは便意があっても出ないという、ちょっと苦しい感じの時に使っていましたが、

そのうちに、出かける前とか、リハビリの前とかにも便意がなくとも坐薬を使うようになりました。

時間はかかっても、必ず出ていました。

ある日、出かけるので朝、坐薬を使いお通じを済ませたのですが、夜帰って来てから少しお腹を壊してしまいました。
奇跡的に失敗はしませんでしたが、その時は、この緩いのが続くかなー、と不安でしたがそれきりでした。

次の日、用事があったのでまた坐薬を使いました。

しかし、今までは必ず反応がありましたが、いくら待ってもお通じはありませんでした。

結局、その日はお通じはありませんでした。

お通じって、わりとちゃんとした形になるのって直腸あたりギリギリでそれまではほぼ液体なんだそうです⇦娘より
だから、今回は形になる前に冷えたか何かで出てしまって、一瞬腸が空だったみたいです。

坐薬を使ったからって、やっぱり必ず出るとは限らないんですねー。

しかし、坐薬ってガスを発生させて排便を促すから、排便後も結構おなら出ちゃいます 笑。
コメント (2)

友達

2017-11-21 12:42:42 | 日記
昨日大学時代の友達が家に来てくれた。

何処からか私の事を知り、退院してもすぐには会えなかったけれど、ずっと私を励まし続けてくれた友人です。

術後、動かない身体に絶望していた私に、生きていてくれてよかった、という言葉で私を救ってくれました。

実家がお互い近いこともあり、大学時代はよく一緒にいて、旅行もたくさん行きました。

卒業して、就職して、結婚して、子供も年が近いので、しばらくは良く会っていたけれど、間があいて、年賀状やメールの文字でのやり取りはあったけれど、ちゃんと二人で会うのは約20年ぶり!

車椅子だと言ってあったけれど、実際見たらどう思うかな、なんて言おうかな、泣いちゃったりするのかな、
お互いに会うまでは色々と思い悩んだりして。

会ったら、時空を超えた!

ベリーはベリーだね、と言ってくれました。

お互い喋り倒してヘトヘトになりました。

楽しかった!

っていう私を見て家族が喜んでくれたことも嬉しかった。

コメント

まただよ、すごいの

2017-11-15 16:14:39 | 身体の不思議
最近、リハビリの後に軽い筋肉痛みたいなのになるのですが、昨日のリハビリが少しハードだったのか、女性ホルモンが関係してるのか、またもや立ち上がるのにひと苦労。

膝を伸ばす直前に引き戻される。

そして、胸から下の筋肉が全てねじれてちぎれてしまいそう。

横になっていても座っていても辛くて、拷問にあっているようです。

痛い。本当に痛い。

過去のブログをさかのぼると、こういう日もあったようなので、少しの辛抱だとは思いますが。

頭ははっきりしているのに、身体が言うこときかないのは本当に切ないね。
コメント (1)