脊髄内腫瘍でした! ただいま療養中です。

坐骨神経痛だと思ってたら、脊髄に腫瘍が出来ていました。
珍しい病気なのでブログ書いてみました。

脊髄内腫瘍C7~T4

2015-12-17 14:57:10 | 手術
腫瘍は肩甲骨と肩甲骨の間くらいの位置です、とか、

大きさは背骨二つ分です、などとわかりやすいようなはっきりしないような表現で言われてきましたが、

今日改めて障害年金の診断書のコピーを見ていたら、C7~T4とありました。

上衣腫とのことだったのでコロコロとした塊を想像していましたが、開けてみたら画像に写っていないものもあったようで、さらにそれを少しずつ摘出していったとのことで、ホルマリン漬けにされた腫瘍を画像で見せてもらいましたが、ひとかたまりではありませんでした。

とりあえず、きれいに全部摘出されたことは良かったけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あざ

2015-02-07 14:40:05 | 手術
なんの痕なのか、手術後から口元にアザが出来て、

一ヶ月以上経っても消えないなー。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くちびる

2015-02-06 19:47:12 | 手術
当初の予定では5、6時間でしたが、結局10時間以上かかったからなのか、

麻酔のチューブ挿管の際に下唇が歯に当たっていたようで術後しばらく(二週間くらいかな)下唇の左端がぷっくりと腫れていました。
おまけに口の中もしばらく麻酔のせいかマヒしていたみたいで辛かったな。


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年1月23日

2015-02-01 13:05:39 | 手術
手術後は一つずつ点滴の管が外されたりする度に客観的には回復しているようで、私自身の安心にもつながりました。

後は抜糸…というかホチキスみたいなので留めてあるので抜こうを待っていましたが、

縫ったのが二回目なので時間がかかりました。

最初の手術で痛かった左腕も縫いなおし?後は普通に傷跡が傷むだけになりました。

ばっこうの後、先生に何針ですか?と聞いたら、

31針という答えでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再手術

2015-01-31 14:39:00 | 手術
そして四人部屋に移動したわけですが、

急に人が移ってきたり、一晩中看護師さんの世話が必要な人だったり、夜中になると叫び出すおばあさんとの相部屋は全く休まりませんでした。

そんな中、先生から
『縫ったところの筋肉が裂けて水が溜まっているので再度縫い直します。』


縫い直すだけの手術とはいえ、またメスを入れるのはイヤでした。

じゃあ、先生、終わってからの検査はMRIではなくCTにして下さい。

どうも、MRIの検査は好きにはなれませんでした。

キツ目に縫ったということで、麻酔から醒めると右の首のあたりから筋肉が引っ張られるような感触がありました。

手術から帰ると違う部屋が用意されていて安心しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加