小松格の『日本史の謎』に迫る

日本史驚天動地の新事実を発表

天皇家にはなぜ姓がないのか?

2019年05月08日 | Weblog

 天皇家には姓がない。なぜだろうか・・・。
 この問いに対する答えは簡単明瞭である。古代の倭人には姓(苗字)がなかったからである。天皇は日本史の生きた化石なのである。姓を持たないということは、人類史上格別珍しいことではない。世界の諸民族はほとんど姓を持たなかった。唯一、中国を除いては。
 日本、朝鮮、満州、モンゴル、トルコ、などアルタイ系諸民族も無論、姓がなかった。あるのは個人を特定する名前(テムジンとかチムールなど)とその個人が所属する部族や氏族の名称だけである。(ちなみに、ジンギスカンはボロジキン氏族、チムールはバルラス氏族)。古代日本では、大伴、物部、額田、佐伯などがそれに当たる。佐伯部、額田部、久米部のように、氏族集団を「部」で表す。その属民は「部曲(かきべ)」という。後に、大伴氏とか蘇我氏のように氏族名が中国風の姓となってゆく。

(1)『宋書』倭国伝の記事
 五世紀の『宋書』倭国伝には「倭讃」とか「倭隋」など姓らしき名称が出ているが、これは中国の冊封体制下にあった当時の倭国の王が中国風に漢字二文字で表したにすぎない。「倭」はけっして日本の王姓ではない。この時代、東アジアの諸国は中国に朝貢するに当たって、中国風の姓を名乗る必要性があった。そのため、百済は自分たちの出自である「夫余族」の「余」を王姓として、六世紀の武寧王は「余隆」を名乗り(本名は「斯麻」)、他にも「余映」とか「余歴」「余固」などの名で中国の南朝に朝貢している。
 高句麗も王姓として「高」を用いているが、これら「倭」「余」「高」は民族として持っていた固有の「姓」ではなく、対外的に中国風の姓として使っていたにすぎない。
 新羅の王姓「金」も、新羅が後世の満州族の清朝「愛新覚羅」( 満州語  aisin  金 ) と同系の民族であったことを示唆している。新羅の場合は七~八世紀にほぼ半島全土を統一した後、人名、地名などすべて中国風に改めたため、中国とそっくりになってしまった。朝鮮が小中華と呼ばれるゆえんである。

(2)『隋書』倭国伝の記事
 八世紀の『隋書』倭国伝には次のような記事がある。「倭王姓阿毎、字多利思比孤、號阿輩雞彌」(原文は「比」は「北」となっている)。これによると倭王の姓は「阿毎」(アメ)、字(あざな)は「多利思比孤」(タリシヒコ)、「阿輩雞彌」(オホキミ)と号すとある。この時、倭国は推古天皇の時代(600年)であったので、これは大和政権の王ではなく、九州にあった別の国の王のことだと主張する人まで現れた(古田武彦の九州王朝説)。
 

 はたしてそうであろうか。倭人には個人を特定する姓(苗字)はなかった。この姓「阿毎」も倭王固有の姓ではなく、中国の皇帝に朝貢したとき「倭王の姓は」と尋ねられて、倭王の信仰する天の思想から生じた倭王の氏族名「アメ(天)」と便宜上答えたにすぎないと考えられる。おそらく、使者はそう答えるように倭王から指示されていたのであろう。
『古事記』高天原神話初代の神は「天御中主神」(アメノミナカヌシノカミ)であり、「天(アメ)」を冠した神々は数多い。これは北アジアの騎馬民族トルコやモンゴルにも共通した信仰であり、彼らが中国に行ったとき、王(可汗)の姓を聞かれて「テングリ(天)」と答えるようなものである。「アメ」も「テングリ」も王姓ではない。倭人も北方騎馬民族も「姓」はなかったのである。

 では「多利思比孤」(タリシヒコ)はどうか。推古天皇が男性名を名乗っている。古田武彦氏の面目躍如というところであるが、漢和辞典で「字」の意味を見てみると、古代中国では「字」とは男子が二十歳になったとき本名のほかに決める通称名とある。普通、この通称名を使うとある。つまり、後世、日本で相手の本名を呼ぶことは失礼であり、「小松殿」(平重盛)とか「越中守様」(松平定信)などのように、その人の住む地名とか官職名で呼ぶ文化と共通している。(現代でも、上司の名前を呼ばず「課長」とか「部長」などと言う)
 
 「タリシヒコ」は倭王の本名ではなく、その通称名であったと考えればスンナリ理解できる。古代の天皇で「タリシヒコ」の通称名を持つのは12代景行、13代成務、14代仲哀の各天皇であり、仲哀天皇の和名は「帯中日子天皇」(タラシナカツヒコ)。他に「タラシヒコ」という名称を持つ天皇は、ずっと下がって七世紀前半に在位したことの確実な34代舒明、35代皇極の両天皇であることから、景行、成務、仲哀は八世紀の史官の捏造だとの説を主張する人もいる。しかし、「タラシヒコ」を倭王の通称名と考えれば、初期大和政権(四、五世紀)にはすでにこの名称が存在していた証拠とも言える。(「タラシ」と「タリシ」の母音の違いは時代が変わればよく起きることである)。
 このように考えると、推古天皇の時代であったとしても、倭国の使者は日本の大王(天皇)の通称名を言ったにすぎず、歴代大王は当然、男であり、たまたま女であったことがむしろ例外であったのだから。後世の「ミカド(天皇の呼称)」のようなものである。
 

(3)氏姓制度と大王(天皇)家
 日本史の教科書にも出てくる「氏姓(うじかばね)制度」が古代王朝で確立する(六世紀頃)。氏(うじ)とは北アジア騎馬民族でいう部族、氏族に当たるものであり、久米、物部、大伴、佐伯などがそれであり、姓(かばね)とは「臣」「連」「真人」「宿禰」など、つまり位階である。後世の大納言とか、明治時代の爵位に相当する。なお、氏(うじ)はモンゴル語の  ulus (ウルス・・部族、国)と比較されている。
 
 不思議なのは、古代氏姓制度が確立したとき、大王家も強力な氏族の一つであり、神話時代以来の「天(アメ)」氏族であるのに、それを国内的には名乗らなかった。中国・隋に使者を送ったときには姓は「阿毎(アメ)」と答えているのに。つまり、推古天皇は大王(天皇)家の氏族名の「あめ(天)」を姓として隋・皇帝に伝えたのである。
 貴族階級に限るとはいえ、大伴、蘇我、佐伯、久米などの氏族名が飛鳥・奈良時代には中国の姓と同じような機能を持っていた。だのに天皇家はなぜか「天(アメ)」を名乗らなかった。もしもこのとき、「天(あめ)」を大王家の氏(うじ)として名乗っていたら、現代の天皇も、姓は「天(あめ)」名は「裕仁(ひろひと)」のようになっていたであろう。歴史は偶然が左右する。事実はそうはならなかった。
 
 私はその理由を次のように考えている。大王家の氏族名は本来「天(あめ)」であった。しかし、中国の文献から「天皇」の称号を選んだとき、その中にすでに「天」の文字が入っている。つまり、「天皇」そのものが「天氏(あめうじ)」であり、姓そのものであるとの考えから、特に姓を決める必要性がなかったからであろう。案外、理由は単純なところにあるのではないか。天皇一族を「天孫族」と言うことからもうなずける。また、大伴家持(おおとものやかもち)と「の」を入れて読むのは、大伴氏族に属する家持の意味であり、古代の氏族制度の名残りである。
 なお、日本が姓(苗字)の数で世界一を誇るようになってゆくのは、平安時代後期の荘園の発展と武士の登場に由来している。

 <追記>
 アラブ系の民族(イスラム教徒)も同じく姓を持たない。あるのは個人名と部族や氏族の名称だけである。これでは個人の識別が困難なので、自分の父親の名前を便宜上、姓として使っている。中国のトルコ系のウイグル人も同様である。例えば、名前は「メフルグル」で父親の名前が「アブリズ」なら、「メフルグル・アブリズ」と名乗る。がしかし、これでは代替わりごとに姓が変わるので不便である。おそらく中央政府は中国人のように固定した姓を持たせたい思っているだろうが、いまだそうなっていない。ウイグル人は頑迷に民族固有の文化を守っている。
 北隣りのモンゴル共和国では、ごく最近、固定した姓を全国民が持つように決め、各自がそれぞれ好きな言葉を選んで登録していることを新聞記事で読んだ。それによると、やはり、地名とか山や川の名前などが多いとのことだった。やはり、国が近代化すれば行政上やむを得ないのであろう。中国のウイグル人も早晩そうなるであろう。なお、ウイグルと同じトルコ系のウズベキスタンではソ連時代に「姓」を名乗るようになったが、ロシア人とは違い、日本人と同じく「姓・名」の順である。やはりアルタイ系の言語を話す民族のゆえんである。なぜか親近感を覚える。 

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« NHKの 「歴史秘話・ヒストリ... | トップ | 邪馬台国をなぜ 「ヤマタイ国... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
天皇家の姓を秘匿し現代にまで伝えています。 (梯儁)
2019-05-15 19:52:49
いくつかの家は天皇家の姓を秘匿し現代にまで伝えています。(姓なのか氏なのかはわかりません。)拙家の言い伝えによると姓がないのは偶然ではありません。対外的に姓も名も存在せず尊称のみ存在するとし、対内的には御名を唱えることも知ることも畏れ多いとした結果、限られた氏族にのみ伝えられることになったからです。つまり、中国への臣従の形を回避するため国内にも国姓の秘匿が徹底されたのが理由です。さらには女系天皇が決して認められない理由もここにあります。女系天皇の父君の姓が対外的に国姓とみなされ、父君の親族を通じての内政干渉を招くことを避ける配慮です。---もっとも、当の中国に王朝がないのですから今や姓を秘匿する意味も女系天皇を否定する意味もありません。(だからこんなコメントが可能なのですが。)ちなみに私は国姓を子孫に伝えません。ほかにも伝えている家がありますし、皇統の維持の方が危ぶまれる昨今、忘れ去られてもいいことだと思いますので。ただ日陰の身となることを強いられても国姓の口伝に生き死んでいった家の末裔のひとりとして、誰かにそのことを知ってもらいたくてコメントしました。
Unknown (unknown)
2019-05-25 11:32:40
そもそもいつ倭国王が畿内王権の天皇であると論証されたのでしょうか?私は必ず聞こうと思うのですが、どの研究者の方がこれを論証出来たと言ったのですか?隋書タイ国伝の日出処の天子が推古天皇だなんて無理だと思いますよ。隋書に登場する倭人の名前を調べても飛鳥時代の皇族はおろか有力な豪族の名前すら見当たらないからです。日本書紀の主張する蘇因高の名前すらありません。阿蘇山があり、竹斯国より東は倭国に属しているとありますし、多くの男女が刺青をしていて同姓不婚です。同姓不婚は中国の風習を取り入れたのがわかりますが、例えば飛鳥時代の天皇家の婚姻図を見てそれが言えるでしょうか?有り得ない話なんですよ。倭の五王のように外征を頻繁に行っていたのが天皇家ならば、日本書紀にあるような政権内の粛清や従わない吉備氏や葛城氏の討伐、さらには多数の大型古墳築造は経済的、政治的にみても無理があります。雄略天皇が開府儀同三司を自称したなんてどうやって証明するんですか?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事