四季の歌と暮らす

 年齢ごとに「一度っきり」の四季と、
旬(しゅん)のヨコハマを味わう「くりごとの集」です。

子どもの居場所

2018-04-19 09:41:20 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『子どもにとっていちばん大事なのは、外から帰ってホッとできるぬくもりのある家庭です。

その家庭のぬくもりは、お父さんとお母さんの夫婦仲のむつまじさがあってこそ生まれてくるのですね。

 一家の和合は、かりに奥さんがいたらなかったら、ご主人がかばってあげる。ご主人の足りないところは、奥さんが一生懸命につくろってあげる。

そうした支え合いがあって初めて、「互いに足りない者同士だから、二人三脚で人生を乗りきっていこう」という励まし合いが生まれてきます。そうして両親が心を一つにしている姿が、子どもになによりもの安心を与えるのです。

 逆に、夫婦同士で、どちらが正しくてどちらが悪いんだと言い合い、「お前だけが頼りなんだから」と、子どもの頭をなでてあげても、子どもはうれしいはずがありません。

 奥さんがご主人を立てる努力をしなければ、ご主人も奥さんをいたわることもせずに、いくら子どもに期待しても、子どもには重荷になるだけです。

夫婦仲が壊れてしまった家には、子どものいる場所がなくなってしまうのです。』

庭野日敬著『開祖随感』より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大願を持ちましょう

2018-04-18 09:03:03 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

  『物や自由ふんだんにあるけれども、社会も世界も先行きどうなるのか分からないという時代ほど、青年の生き方が難しい時代はないでしょう。

 先ごろ『青少年白書』が出されましたが、街頭でのインタビューを聞いてみると、高校生は、ただ大学へ行くことだけで何を勉強するのかは考えていない。大学生は、卒業して将来安心な企業に就職することだけで、どんな仕事で自分の役割を果たすのかは考えていない。そういう人が大半だったといいます。

 仏教では、総願と別願の大切さを教えています。総願とは、なんのために人は生きるのかという大目的です。別願とは、その人、その時の願いともいえましょう。

 松下幸之助さんは、傘下の企業を合わせると数十万人という社員を抱える会社を築かれた方ですが、「人間として生まれたら、人間としての成功が大事。自分はまだまだだ」と言っておられたそうです。

 自分の人生の目標をしっかりつかむと、人は行動が変わってきます。それによって性格も変わってきて、偉大なエネルギーが噴出してくるのです。』

庭野日敬著『開祖随感』より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人の話を聞く名人に

2018-04-17 05:10:41 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『どんな言葉でも、いいことだと思ったら、すぐに今日から実行というのが、私の主義です。

松下幸之助さんは、私と同じで小学校しか出ておられませんでしたが、だからこそでしょう、人の話を聞く名人だったと周囲の人が語っています。

「大器晩成の人とは、終生勉強だという考え方を持っている人。見るもの聞くこと一切の体験を心して見れば、万事ことごとくわが師となる」と、松下さんは言われています。

人の言うことには、ついケチをつけたくなったり、気に入らないことだとそっぽを向きたくなってしまうものなのですが、そこで感情に流されてしまうか、そこから何かを学び取ろうと努力するか、その違いで、その人の人生がまるで違ったものになってしまいます。

『法華経』では、香りをかぐことも「香を聞(か)ぐ」と書かれているように、そのことの意味を本当に知ることが聞くことです。それができると、「見聞触知(けんもんそくち)、皆菩提に近づく」糧となっていくわけです。』

庭野日敬著『開祖随感』より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懴悔とは実行すること

2018-04-14 19:01:45 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『「これだけはやりぬこう」と誓ったのに、またできなかったとガッカリしている人がおられるかもしれません。しかし、思い立っても実行がいかに難しいかを思い知っただけでも、一つの前進だと思うのです。

 「善人なおもて往生をとぐ。いわんや悪人をや」と親鸞上人はおっしゃられます。ちょっと逆のように聞こえます。どんな悪人も広大なお慈悲でお救いくださる仏さまなのだから、まして善人をお救いくださらないはずがない、というほうが分かる気がします。

 しかし、「私は、これっぽっちも間違ったことはしていない」と思い上がると、仏さまのお救いも、教えも求めなくなってしまうのです。自分の弱さ足りなさを本当に思い知った人は、真剣に教えを求めずにいられません。その自覚を持った人こそ、仏さまのいちばん近くにいる人なのです。

 自分が弱くて間違いやすい人間であることを思い知ったら、新たな決定(けつじょう)をし直せばいいのです。今年だめだったら、来年は必ずと決心すればいいのです。それができれば願いは必ずかないます。懺悔とは、新たな決意で一歩を踏みだすことです。』

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

健康は布施だ

2018-03-30 09:14:49 | 元気になることば

 菩薩の修行として教えられております六波羅蜜(ろくはらみつ)の最初に、「布施」があります。梵語(ぼんご)では「ダーナ」、日本語では「旦那(だんな)」ということが「布施」にあたるわけです。
 一家の主人である「旦那」には、いかに家族を経済的に安定させるか、奥さんをいかに精神的に安定させるかという意味合いがあります。そして、お寺などを成り立たせている「旦那」とは、「布施」をする人たちです。
 また、私たち在家仏教でいう「布施」には、特に、物を人に施さなくてもできる施しがあります。その一つは、私たちが健康を保つことです。家族のため、あるいは会社のために元気で働く。健康を保つということも「布施」の姿であると教えて頂いております。
毎日、元気で健康に暮らすことは、心も安定しますし、家族にとっても安心をもたらし、とても大事なことなのです。
 健康を保つためには、いつも物事を肯定的に見ることが大事です。そして明るい言葉をたくさん使うと、元気になって健康になるそうです。暗い言葉、否定的な言葉を使うと、だんだんと元気を失ってくるとも言われております。
 ですから、人と会ったら明るい言葉で「おはよう」と言う。男性でしたらネクタイを見て「素晴らしいネクタイですね」と褒めてあげる。そのように、肯定的な言葉を使っていると、言葉をかけられたほうも、かけるほうも元気になるのだそうです。ぜひ、日常生活の中で、言葉遣いにも気をつけて、精進をさせて頂きたいものであります。』

『佼成新聞』庭野日鑛会長

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相手を変えるより、自分が変わる

2018-03-17 08:26:22 | 生かされて今日

 『人間は本来、仏の心を持ち合わせていると言われておりますけれども、何かに苦悩している時は、それを忘れてしまって、相手を責めようとします。反省したり、内省したりせず、相手を何とか負かそうとする。そうした時に、苦悩はますます多くなっていくと教えられております。
 仏さまの教えてくださる法則、宇宙の法則というものは、簡単に言えば、「こうすると、こうなる」「こうしないと、こうならない」という、ただそれだけなのです。相手に温かい気持ちをかけると、相手もまた温かく見てくださる。憎むと、相手から憎まれるというように、とても単純で分かりやすいものです。
その単純な分かりやすいことが、感情的になってくると分からなくなります。ですから、人間として本来持っている明るさ、優しさ、温かさを大きくしていく、気づいていくことが、私たちの修行であると言うことができます。
 そして本来、この大宇宙の中に、問題は何もないのだそうです。私たちは、相手を変えようと、いろいろなことで苦悩して、環境が悪い、相手が悪いと言って、自分で問題をつくり出しているのです。物事を小さな範囲でしか見られないと、すべてのことが問題と見えてくるのですが、本当は問題はない、自分が変われば問題は起こらないとも言えるわけであります。


庭野日鑛会長『佼成新聞』より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

善因は善果に

2018-02-14 08:50:32 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『善因は善果をもたらし、悪因(あくいん)は悪果(あっか)を招くという考え方をすべきです。しかし、現在の世の中を見ていると、必ずしもそのとおりになっていない場合があるように思う人も多いかもしれません。

 目の前のことだけを見ていると、「善因を積んでも少しも善いことがなく、悪いことをして平気で大手を振って歩いている人がいるじゃないか」と納得できないこともありましょう。

たとえば政治の世界でも、何億というお金を受け取っても収賄(しゅうわい)罪に問われることがなかったり、清潔な選挙をした候補が落選して不正行為をした候補が当選するといったことが、あまりにも多いのは事実です。

それで、善因善果、悪因悪果といっても、もうひとつ説得力がないようにも思えるのですが、五年、十年という長い年月をとおして見ると、その因果の道理のとおりになっているものです。

 ですから私たちは、まず道理がきちんと通用する健全な社会をつくる努力と同時に、時の経過によって必ず善因は善果に、悪因は悪果となって現われることをいつも忘れずに毎日を送ることがなによりも大事だと思うのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無功徳

2018-02-09 10:39:35 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『中国の南北朝時代の梁(りょう)の始祖・武帝(ぶてい)は、仏教を篤(あつ)く信奉(しんぽう)し、多くの寺院を建てるなどの功績を残した皇帝です。その武帝が達磨大師に、「私はずいぶん弘法(ぐほう)興隆に貢献してきたが、功徳はどれほどであろうか」と問うと、達磨大師は言下に「無功徳」と答えています。

 世間一般では、すべてに対価を求めます。まったく無償の奉仕、布施といったことは考えられないのです。

そのため佼成会がさまざまなかたちで社会に奉仕をさせてもらっても、世間の人は、何かもくろみがあるのではないか、宗教界を牛耳(ぎゅうじ)ろうとか政治を自分たちの思うように動かそうといった魂胆(こんたん)があるのではないか、といった警戒心をもって見ることが多いのです。

 そうであればあるほど、私たちは、あくまでも無私に徹しきり、真心をもって事にあたらなければなりません。相手を利用しようとか、人にほめられたいといった気持ちが少しでもあってはならないのです。

 そもそも、宗教は自分の足りなさ未熟さを教えてもらうためのものです。「させていただく」ことはあっても、私欲や教団エゴの「ためにする」ことはありえないのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

核なき地球を放棄するのか、トランプ

2018-02-04 09:25:21 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『かつてアインシュタイン博士が、国連が正しく機能することを願って三つの提案をしたのを、哲学者の谷川徹三先生が紹介されています。

まず第一に、国連は安保常任理事国の拒否権を抑えるため、総会の決議を最優先させなければならないこと。

第二に、国連代表を政府任命ではなく国民の中から選出すること。これによって国家エゴの追求を改めさせることができる。

第三に、国連総会を常時開くこと。これによって世界中のどんな事態にもすぐ対応することができる、というものでした。

いまから三十年も前の提案ですが、いまもって傾聴(けいちょう)に値する卓見(たっけん)だと思います。

私も国連軍縮特別総会で世界宗教者平和会議を代表して、世界の指導者に「危険を冒(おか)してまで武装するよりも、むしろ平和のために危険を冒すべきである」と要望しました。

そしてワルトハイム国連事務総長との話し合いを通して、国連が真に世界平和に役立つようになるためには、世界の各国が勇気を持って国家エゴを放擲(ほうてき)し、国連の改革に取り組まなくてはならないと痛感させられたのです。それを私は叫び続ける所存です。

 

 庭野日敬著『開祖随感』より

 PS アメリカは「核なき世界」の目標を放棄し、小型化した核兵器開発へ転換したそうだ。とんでもない人類の文化への逆行である。唯一の被爆国の日本だからこそ率先して暴走を止めなけれならぬと存じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小利口じゃなく

2018-01-17 12:05:44 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『本を読だりテレビの教養番組を見ているだけでも、たくさんの知識が得られます。

 最近は昔のようにのんびりした時代と違って、社会がめまぐるしく変化し続けていますから、それに対応できる程度の知識は備えておかなくてはなりません。しかし、氾濫(はんらん)する情報や知識の中には、自分の人生にとって欠かすことのできない知識よりも、そのときかぎりで消えてしまうといったたぐいのものが多すぎるように思うのです。

 流行の言葉を使って伝統的な考え方を否定したり、言葉巧みに自己正当化の論理を展開したりすることが、かっこいい、新しい生き方であり、そうでないものは時代遅れの愚直な生き方と片づけてしまうような風潮は、いかがなものでしょう。

 そんな一見かっこいい生き方は、いわば社会の表面に浮いた水泡のようなもので、そうした小利口人間でこの社会は支えられるものではないのです。

 利口になるよりも、本物のばかになることのほうが、はるかに難しいのです。社会は、じつはそういう人によって支えられているのです。』

 庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生まれ変わるぞ

2018-01-03 07:55:03 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『松下幸之助さんの言葉だったと思いますが、「年が新たまるからおめでたいのではない。年が新たまれば心も新たまる。心が新たまるから、おめでたいのである。したがってお正月だけがおめでたいのではなく、心が新たまったときには、いつでもおめでたいのである」といった意味の言葉があったのを覚えております。

 心を新ためるのには、いつのまにか惰性に流れ、マンネリに陥っている生活態度を反省して、新しく出直すことが必要です。

 心を新たにすることを一般的には「改心」と言いますが、仏教では、さらに深く自分の心のあり方を反省し、正しい信仰に心を向けるという意味で、「回心(えしん)」という言葉を使います。回心とは、世俗的な欲望追求に走りがちな心を、真理の教えの世界に振り向けることです。

これまでの自分を悔い改めて仏法に帰依して生まれ変わること、それが回心なのです。

 常に自分を法に照らして改めることを怠らず、いつも求めて向上を心がける。そういう生活であってこそ、日々是好日(にちにちこれこうにち)の、なによりもめでたい日々になるのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかげさまの一年

2017-12-30 07:23:37 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『今年も無事に一年を過ごさせていただいて思うのは、「この身に、どれほどのご守護を頂戴してきたことか」という感慨です。

 「タンポポが一輪咲きました根のお陰です葉のお陰です」という、どなたかの詩の一節があります。とかく私たちは、タンポポの花にだけ気をとられて、その花が、根のお陰、葉のお陰で咲いていることに気づかずにいることが多いのですね。

 それと同じで、お互いさま、ご主人のお陰、奥さんのお陰、親のお陰、子どものお陰、まわりのみなさんのお陰を、ごくあたりまえのことのように思い、見過ごしてはいないでしょうか。この世の中でいちばん大事なものは、よほど心の眼を見開いていないと見えてこないのです。

 百七歳の天寿をまっとうされた清水寺貫主の大西良慶師は、「ありがとう言うて生きることが極楽やの」という言葉を残しておられます。

一年の終わりに、もう一度、まわりのお陰さまをかみしめたいものです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支えられている自分に気づく

2017-12-24 08:27:42 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『物は、ただ豊富であればよいというものではありません。どんなに山海の珍味が並んでいても、それをただガツガツと食べるだけでは、貧しい食事になってしまいます。たとえ一汁一菜(いちじゅういっさい)の料理でも、作った人の苦労を思い、自然の恵みに感謝して食べることができれば、それはこの上ない豊かな食事になります。

 飛行機が大空を飛んでいるのを見て、私たちはジェットエンジンの推進力とパイロットの操縦で飛んでいるぐらいにしか考えませんが、よく見ると、それはたくさんの働きによって支えられていることが分かります。地上からの無線誘導をはじめ、さかのぼれば、飛行機を造った人、燃料を掘り出した人、それを精製した人、エンジンの素材に欠かせないチタン鉱を掘り出した人、そして、それらの原料を人間に提供してくれる大地の恵み……。そのどれを欠いても飛行機一機、飛ぶことができないのです。世界中の、いや地球上のあらゆる働きを集めて飛行機は大空を飛んでいるわけです。目に見えないたくさんの恩恵への感謝を忘れることのない生き方であってこそ、文明の名に値する真に豊かな生活といえましょう。』 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分次第です

2017-12-22 05:12:41 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『仏教の教えのかなめは縁起(えんぎ)です。縁起とは他との関係が縁になって、すべてのものごとが生起することです。一切のものは縁によってたもたれ、縁によって変化し、そして縁が切れると消滅していくのです。

善因善果(ぜんいんぜんか)、悪因悪果(あくいんあっか)というように、人の行為には必ずその報いがあるのですが、いまの若い人たちに因縁というと、いかにも古めかしいものに感じるかもしれません。それで私は、因縁を「出会い」と言い換えて説明させてもらうのです。仏教は出会いを大切にする教えといってもいいと思うのです。

 私たちは毎日、じつにさまざまな出会いをしています。いろいろな人と出会い、いろいろな出来事と出会い、いろいろなニュースや情報と出会う。それにどう対処するかで、自分の人生が変わっていくのです。

 出会いを、憎しみ、争いの出会いにしていく人もいます。逆に、どんな嫌なことも善(よ)い縁に変えてしまう人もいます。すべての出会いが、こちらの対し方で善縁にも悪縁にも変わるのです。

 どうすれば出会いを善い縁に変えていけるか。それを教えるのが仏教だといってもいいのです。』

 

庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

でっかい夢を

2017-12-20 07:05:14 | 元気を頂く言葉(庭野日敬師

 『「大欲は無欲に似たり」という言葉があります。お金がほしい、車がほしい、マイホームがほしいといった欲は、じつは小さな欲で、それに対して、人びとのために役立ちたい、人さまをお救いしたいという欲が大欲です。それは自分のための欲とは違って、言ってみれば無欲と同じことになります。

仏教では「欲を捨てる」大切さを説きますが、その教えのありがたさが分かってくると、社会のため、世界のため、人類のためというように、だんだん大きな欲が出てくるのです。

 お釈迦さまのお弟子の阿那律尊者(あなりつそんじゃ)は、お釈迦さまの説法のさなかに眠ってしまったのを恥じて、自ら眠ることを禁じ、そのために視力を失ってしまいました。その阿那律が精舎で自分の衣のつくろいをするのに針に糸を通すことができず、「だれか、私のために糸を通して功徳を積む人はいないだろうか」と呼びかけると、「私に功徳を積ませてほしい」と申し出た人がありました。それがお釈迦さまだったのです。

 そして、そのときお釈迦さまは「私ほど福を求める者は、ほかにいないだろう」とおっしゃられているのです。お釈迦さまは終生、より大きな幸福を求める修行に徹しられたのです。』

 庭野日敬著『開祖随感』より

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加