一 鉄 草 魂  

四季が美しい信州を走る鉄道風景を追いかけて…。
線路際から少し離れて花、風、光、山を感じてありのままに写し撮りたい…。

秘境駅を行く特急伊那路

2018-11-04 14:45:00 | 飯田線

飯田~豊橋間を1日2往復している、ワイドビュー伊那路です。
JR東海373系はローカル線で活躍するグリーン車のない特急です。
客室との境のデッキ扉もなく客用扉はドア開閉押ボタン方式です。

撮影日 2018.10.21 10:36 為栗~湯田




万古川橋りょうを渡ると秘境駅と言われる為栗駅です。
車で行く事が出来ず、吊り橋を渡って駅へ行きます。
特急伊那路はこの秘境駅を横目に通過して行きました。

撮影日 2018.10.21 10:36 為栗駅(以下同じ)




引いて広角にするとこんな感じの秘境です。
これは駅に向かう吊り橋から撮影したものですが、
この吊り橋が結構揺れて怖いのです…。

にほんブログ村

鉄道写真ランキング
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 南信州の秘境を行く | トップ | 平岡ダム湖を行く213系 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (四季彩)
2018-11-04 17:43:09
373系は今はなき特急東海で乗りました。シートは落ち着いた色で座り心地がよかったですが、せっかくのいいシートでも仕切り扉がないのはやはり落ち着きません。
165系急行から373系特急になって165系時代の8または10両から6両に減りました。僕が三島→東京間乗った時は自由席はそこそこ乗客がいましたが、指定席はガラガラでした。特急になって急行時代より停車駅が減ってスピードアップになりましたが、やはり特急化で事実上の料金値上げになったのは痛かったようで、特急化後わずか10年で廃止されました。

コメントを投稿

飯田線」カテゴリの最新記事