早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

政治的意図による歴史(中国)

2017年09月22日 04時42分22秒 | 読書




 戦争中、「国共合作」と行って

国民党と共産党が一緒になって

日本の侵略と戦うことになりましたが、

その実態は国民党が主体の戦争でした。

共産党は、国民党と日本軍を戦わせ

両方を弱体化させ、

自分たちが漁夫の利を占めよう

という戦略をとっていたのです。


中華人民共和国というのは、

共産党が国民党に勝って築き上げた国です。

国民の選挙で選ばれたという

政治的正当性はありません。

ではどうするか。日本軍と戦い、

人びとを「解放した」ことに

政治的正当性を求めました。

なぜ共産党に政治的正当性があるのか。

それは日本軍の侵略と戦って勝ち、

中国の人びとを圧制から救ったからだという

歴史をつくり、それを教え込むわけです。


日中関係は実は

中国の国内問題だとよく言われます。

実際中国では共産党の支配が揺らぐと、

その度に反日キャンペーンが行われます。

「日本は酷かっただろう。その日本と戦って、

人びとを解放したのは共産党だ

ということを忘れてはいけない」

というアピールに躍起になるわけです。


歴史とは勝者が描いたものであると同時に

その時々の政治の事情や都合によって、

見直され書き換えられるものなのです。


   おとなの教養  池上 彰 著



     








 今日は中国の話、

今日も池上先生の鋭い大人の教養・・・

とても分かり易く

こどもニュースのノリで読ませてもらった

学生時代に、こういう風に教えてもらったら

どれだけためになっていたことか・・・


今までの僕の知識では恥ずかしいけど

中国共産党しか存在していなかった

国民党と日本軍が戦っていたなどというさえ、

お粗末ながら認識していなかった

なぜ中国と仲が悪いのか・・・

いや中国とだけでなく、

韓国にしろ、北朝鮮にせよ

我々日本人には近くて遠い国・・・


でもそれは時の権力者によって

歴史が捻じ曲げられ、

その結果私たち日本の

戦争を知らない人たちに映る

中国などの隣国に対する感情も

複雑に絡み合っているのだろう・・・


僕だけかも知らないが、

こうした隣国との関係について

十分勉強してこなかった現実

今はネットで調べれば

いとも簡単に調べることができる時代

近い国のこと、そして

日本がどういう関わりをしてきたのか

勉強せねばという想いが以前にも増して高まってきている・・・



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の歴史

2017年09月21日 04時39分03秒 | 読書




 韓国は、日本の敗戦後に

国連の主導で総選挙が実施され、その結果、

李承晩政権ができたと私たちは習いました。

でも実は、日本が

朝鮮半島を支配しているころから、

上海に韓国臨時政府

というものができていました。

いわば亡命政権ですが、

名前だけで実態は全くないものでした。

この臨時政府の初代大統領に

就任したことがあったのが李承晩です。


しかし、李承晩は

「臨時政府」の大統領を罷免され、

戦争が終わるまで、

朝鮮半島に入っていません。

アメリカで盛んにロビー活動をしていたのです。

戦争が終わった直後、

朝鮮半島に戻り、

ロビー活動の甲斐あって

大統領に座に収まるのです。



   おとなの教養  池上 彰 著



     








 昨日の北朝鮮にしろ、韓国にせよ

アメリカやソ連という大国の描いた

イメージ通りにコントロールされており

大国の密偵のような元首が

さも自分が建国の立役者であるように

歴史を作ってきたとは・・・


戦争終結時に自国にいなかった

などということが後年、

明らかになるのだから、

歴史とは本当に興味深いものである


歴史は権力によって書き換えられる

まさに朝鮮半島の現実・・・

その書き換えられた内容は

その地域を支配していた日本のことを

悪く書く以外にないだろう

悪に立ち向かった我らの英雄・・・


日本は朝鮮半島を支配していたわけだから、

それなりの振る舞いもあっただろうが

さも誇張して反日感情をあおるような

考え方にもそっと静かな日本

本当の悪は・・・などということも考えるまい!


でも正しい歴史は一つしかないわけで、

今を生きている自分のしてきたこと、

していることが日本の歴史であることは言うまでもない




       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮、建国の歴史!

2017年09月20日 04時34分09秒 | 読書




 北朝鮮の建国の歴史というのは

いわば建国神話と呼ぶべきものになっています。

北朝鮮では金日成という絶対的な指導者が

日本の植民地支配時代から

朝鮮半島で日本軍と戦い続け、

ついには勝利を収めて

北朝鮮という国を作ったという神話があり、

それを国民は覚えさせられています。


私たちはそうではないことを知っています。

日本が戦争で負けた後、

ソ連とアメリカが朝鮮半島に入ってきました。

日本が朝鮮半島から引き上げると、

北半分にはソ連がソ連式の国をつくりました。


それまでソ連軍の大尉として

ソ連軍と行動を共にしていた金日成を

北朝鮮に連れてきてトップに据えたのです。

金日成は戦争末期にはソ連の基地にいて、

そこで息子の金正日も生まれているのですから、

朝鮮半島で戦っているわけがありません。



   おとなの教養  池上 彰 著



     








 今、話題の北朝鮮という国の生い立ち、

とても興味のあるところ

池上さんがことも明確に

この本に書き記していただいた

こう明確に教わったのは

今が初めてのような気がする

学生時代の歴史の教科書には

詳しい記述があったのだろうか

それさえも記憶にない


日本列島支配の国が

北はソ連に南はアメリカに日本は降伏をした

その境界線が38度線、

初代のトップは金日生であること次が金日成

その程度のことしか記憶にはない


以後、北朝鮮は日本に対して

どういう感情を持っているのか、知る由もない

アメリカへの敵対視だけが甚だしく・・・

要するに金日成はソ連の思惑で

北朝鮮という国づくりをさせられたということ

自分たちの力で国を作ったという

歴史を自分たちで産み出したということ

そこことはしっかりとこの胸に収めておこう...!



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史の真実

2017年09月19日 05時25分08秒 | 読書




 歴史は新しい研究結果によって、

次々に書き換えられていくものです。

「史実」と呼ばれているものは、

過去にさかのぼればさかのぼるほど、

確定させることが難しい。

だからこそ歴史家や歴史学にとって

チャレンジしがいのある領域、

ということになるのですが。


高校入試や大学入試では歴史を

暗記科目として勉強するので

私たちは歴史の勉強とは

定まった史実を覚えることのように

思い込んでしまっています。


でも史実を覚えることは

歴史にとって本質的なことではありません。

出来事と出来事の間に

どういう論理や因果関係が見て取れるのか、

残されている史実を読み解くと、

どういう出来事があったと推測されるのか。

そういったところに、

歴史を学ぶ面白さがあるのです。



   おとなの教養  池上 彰 著



     








 歴史と聞けば本当にトラウマ

学生時代を思い出すと

本当に悔しいけど、歴史は苦手

記憶力の乏しい僕には

苦痛でしかなかった


でも一夜漬けで必死に集中して

頭に叩き込み試験に臨んだ

試験が済めば見事に忘れたものである

こんな歴史が

将来何の役に立つのだろうと思いつつ

読書など全くせず、

部活の目標に全力で臨む毎日を過ごした


そして社会人となってから

読書の習慣が身につき

そして読み始めた歴史小説、

司馬遼太郎の数々の名作をむさぼり読んだ

こんな小説を通して

いろんな出来事の意味や人々の思いを感じ取る時

それがフィクションであったにせよ、

何とも言えない味わい深いもの・・・


歴史が新しい研究成果によって

次々に書き換えられていくものだとするなら

今持っている情報の中で

自分で想いを巡らせて

自分なりの史実を構成して楽しみたいものである


坂本龍馬が暗殺されずに生きていたら

後の時代はどうなっていたのだろうか

なんてことを思うとワクワクしてくる


       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史は進歩する・・・?

2017年09月18日 04時19分10秒 | 読書




 第二次世界大戦後は

東西冷戦時代と言って、

世界はアメリカグループと

ソ連グループに二分されていました。

いつ核戦争が起きるかもしれない

という非常に深刻な緊張状態が続いていた。


だから1989年にベルリンの壁が崩壊したとき、

「やっぱり歴史は進歩するんだ。

やっと平和な時代が来るんだ」と、

多くの人が喜んだわけです。


ところが、その後の世界はどうでしょう。

現在の中東でもアフリカでも、

東西冷戦時代にはなかったような紛争やテロが

あちこちで起きるようになっています。

これは進歩でしょうか、退歩でしょうか。

こうした例を見ると、

もはや「歴史は進歩する」というような

一つの歴史観で世界を見ることは、

非常に難しくなっていることに気付かされます。



   おとなの教養  池上 彰 著



     








 「歴史は進歩する・・・・?」

などとは到底思えない

自分の今の暮らしを考えた時

便利快適であることは申し分ない

20年、30年前を考えれば

格段に人々の暮らしは豊かになった

でも人々の心はどうか?

と考えれば荒む一方


それは僕自身の問題であることはいうまでもない

「歴史は進歩する」

という常識に物申す立場でもないが

国家財政は歪んだままでもう元に戻しようがない

その歪んだ国家財政に支えられて、

今の僕たちの便利快適な暮らしが成り立っている



「科学は進歩する・・・」

そして技術革新は目覚しい

これだけ便利快適なのに、

より便利により快適に

そのうち、人間は動かなくなるような気がする

そのうち考えることさえ

しなくなるのではあるまいか

間違った方向に歴史が誘導しているような

気がしてならない

でもそれが神様の意思なのだろうか・・・


       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加