早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

総轄、大英帝国の覇権

2018年01月17日 04時48分35秒 | 読書





 もう一度イギリス人になって、

世界を見渡すと、

さらにたくさんのことが見えてくる。

前記のように大英帝国は直観的な

「リム・ランド理論」に基づいて、

彼らの地図の右側に広がるユーラシア大陸を

マージナル・シーに沿って東進した。

アフリカのケープタウンまで行き、

インド洋に入りインドを制圧した。


そして、シンガポール、

香港を抑えて日本まできたのである。

またイギリスにとって途中のインドは、

最も重要かつイギリスを豊かにした植民地であり、

そのインドに早く出るためにスエズ運河も作った。


彼らは大陸沿いの大事な箇所に港を築き、

必要な物資を運ぶ港までの陸路も作り、

交易体制を整えたのである。

そして行き着いたのが、チャイナであり、日本だった。


イギリスは一方、地図の左側、

すなわち大西洋を越えて

北アメリカに植民地を築いた。

これが後にアメリカ合衆国に発展することは

周知の通りである。



   「最強兵器としての地政学」

               藤井 厳喜 著




     







 イギリス大英帝国の覇権の経過をみると

改めて世界制覇というシナリオの凄まじさを改めて思い知る

でもヨーロッパにおいて君臨するためには

それが必須だったのか

単なる帝国の野望だったのか気になるところである

それにしても制覇してきた道筋を追ってみると

日本という国はいかにも遠い最果ての極東

そしてその極東に日本という優れた統治された国があり

その上、立派な軍事力を有し有能な民族がいたとなれば

日本国制覇というのは困難を想定したに違いない


さらにイギリスは日本の明治維新にも

深く関わっていると聞いている

薩長を応援し、山縣有朋や伊藤博文ら

維新の志士たちを援助して留学を受け入れている

単に目的とする国に軍事攻撃をかけるだけでなく

深く内政にくさびを打ち込み

紛争の種を埋め込んでいく

なんとも言えない凄まじい謀略を垣間見てしまう


とは言え、日本は遠すぎる極東なるがゆに

日英同盟が成立したのかもしれない



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不幸にも強い陸軍を持つ

2018年01月16日 04時01分15秒 | 読書





 これまでの歴史上に

ランド・パワーとシー・パワーを兼ね備えた

国家が存在したことがあるのかと言えば、

答えはYE Sである。

現代のアメリカ合衆国もかつての大日本帝国も

「ランド・パワー+シー・パワー」であった。


ヨーロッパの歴史を振り返ると、

かつての強国の

「ランド・パワー+シー・パワー」国家が存在した。

その国家こそローマ帝国、

地中海の海上覇権を持っていたローマは

立派なシー・パワーでもあった。


日本はシー・パワーだが、

”不幸なことに”強い陸軍を持っていた。

アメリカはランド・パワーでもあり、

シー・パワーでもある。




   「最強兵器としての地政学」

               藤井 厳喜 著




     







 「不幸なことに」

強い陸軍を持っていた日本は

大陸の内部に深入りを

しすぎたと言うことなのだろうか

よく勉強もしていない僕が

論ずるようなことではないが

朝鮮半島や満州地域を統治していたのだから

すごいランド・パワー国家である

それだけの工業生産能力と経済力を有していたのだから

日本という国はすごいものである


でも朝鮮半島もチャイナもとんでもなく反日思想の国

そして日本国内にも反日思想は奥深く潜んでいる

僕のような考えを持つ人間は

右翼と言われるかもしれない


さて、今の自衛隊を考えた時

よく勉強していないが、

陸上自衛隊と海上自衛隊、航空自衛隊

その比率はどんなものだろうか、

きっと陸上自衛隊が過半以上を占めると思う

有事の際に日本本土で防衛活動をするということは

そもそも防ぎようがないというか

国民の生命財産が危ういとこを意味すると思う


さらなるシー・パワーを強化してしっかりと

日本近海の海洋を守ることが大切なのではないだろうか

決して本土での有事が起こりうることのないよう

今後将来の防衛政策に期待したいものである



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャイナの「一帯一路」構想

2018年01月15日 04時10分19秒 | 読書





 チャイナの習近平国家主席が提唱した

「一帯一路」という経済構想がある。

これはチャイナ西部から

中央アジアを経由してヨーロッパにつながる

「シルクロード経済ベルト」(=「一帯」)と


チャイナ沿岸部から

東南アジア、スリランカ、アラビア半島の沿岸部、

アフリカ東部を結ぶ

「21世紀海上シルクロード」(=「一路」)で

チャイナを中心とした経済圏構想ではなく、

戦略構想でもあり、

この経済圏をそのままに

チャイナの支配圏にしようと言うのが本音である。



   「最強兵器としての地政学」

               藤井 厳喜 著




     







 チャイナの提唱する「一帯一路」構想

凄まじく大それた戦略

このユーラシア大陸を

独占しようとでも企んでいるのだろうか

そして大国ロシアとどう対峙しようとしているのか


一昔前からアメリカもそして日本も

巨額のODA経済支援をチャイナに行ってきたが

それが全て軍拡に投資されてきたようでもあり

全くもって間違った

経済支援であったとしか言いようがない


さらに尖閣列島に潜水艦を浮上させて

チャイナの国旗を翻すなどと

まさにチャイナの領海たらんとする誇示・・・

日本にとっての領海侵犯は明らかである

しかし、いくら外交を通じての抗議を続けたとしても

現実問題として統治していないと主張されれば

国際的な理解も得られないと思う

自衛隊を配備するのが無理ならば

環境省や文科省の官僚を配備して

学術的あるいは環境問題の観点から

しっかりと統治していると主張できるよう

何か手を打たなければ

取り返しのつかないことにもなるように思う



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャイナ艦隊はマゼランより先に世界一周

2018年01月14日 04時23分31秒 | 読書





 チャイナ艦隊はマゼランより先に世界一周をしていた?

ここで、ランド・パワーのチャイナが

実はシー・パワーたりえたかもしれない

と言う信じられない話を書いてみたい。

高校の世界史で習った方もいると思うが、

明朝の時代に「鄭和の大遠征」というのがあった。

これは(Ceng-Ho)率いる明艦隊が

15世紀前半に7回にわたる大遠征を行い、

最盛期には約300隻の艦隊を率いて、インド湾を渡り、

アフリカ東海岸まで達していたというものだ。


当時のチャイナの造船技術は世界一で、

船の大きさは最大で長さ140メートルもあり、

3000トンクラスの大型船だったという。

これはコロンブスがアメリカ発見航海で使った

旗船サンタマリア号が

長さわずか24メートル、80トンだったことと比較すると

驚愕すべき大きさである。

ここまではまだ教科書に書いてあるが、

最近の研究ではさらに

驚くべきことがわかってきたのである。

それは鄭和艦隊がなんとマゼランが

世界一周航海を達成した1522年の100年も前に、

すでに世界一周をしていたというのである。


ただチャイナがヨーロッパと違ったのは、

遠征地と交易をするわけでも、

またそこに植民地を作ったわけでもなかった点である。


明朝はシー・パワーたりうる技術力を有していたが、

シー・パワーたらんとする国家意志を欠いていたのだ。

鄭和の大事業をいとも簡単に忘れてしまったという事実は

実はチャイニーズがどうしようもなく大陸の民でしかない、

という民族性を証明している。



   「最強兵器としての地政学」

               藤井 厳喜 著




     







 世界史の教科書に

こんなことが書いてあるなんて

僕らの学生時代には考えられないこと

もし書いてあったにせよ、そんな記憶は消滅している

1500年以前に

世界の覇権国家たりえた国チャイナの脅威を思い知る

そして同時に自分と同じ大陸以外の

世界には興味がなかったのだろうか


大きな艦船を作る意義がどこにあったのだろう

国内向けに政権の誇示だけのためだったのだろうか

政権維持のためならどんなことでもする

今の一党独裁国家とそのDNAはまさに同じなのだろうか


南シナ海を我が領海にしようと画策し

もしそれが実現したら

どんな軍事的脅威になるか空恐ろしい

南シナ海・尖閣諸島、沖縄、そして日本本土と

チャイナのシー・パワーが牙を向けてきている

日本の外交はとても難しい局面を迎えているように思う


       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビジネスと軍事・・・

2018年01月13日 04時06分27秒 | 読書





 日本人のビジネスマンに理解して欲しいのは、

「ビジネスも軍事も根本は同じ」

ということである。

欧米人と国際ビジネスをしている方ならわかるだろうが、

彼らと付き合っていると、

軍事用語がポンポンと飛び出してくる。


これは軍事用語がそのまま

ビジネス用語に転化したからで

例えば、彼らは

「本社」を「ヘッドクオーター」(司令部)と呼ぶ。

また戦争における

「戦略目標」(ストラテジック・ターゲット)を

そのまま会社の今期の目標を言うのに使う。

この「目標達成」のためには「3つのC」とは

コマンド(命令)、コントロール(統制)、コミニケーション(情報伝達)

のことだが、これはもともと

アメリカ軍の組織の基本である。


ではなぜ今のアメリカのビジネスには

こんなにも軍事用語が使われているのか?

それは現代の企業組織が軍隊の組織を

基本にしてつくられたものだからである。



   「最強兵器としての地政学」

               藤井 厳喜 著




     







 「目標達成」のための「3つのC」

命令、統制、情報伝達がアメリカ軍の基本・・・

それは当然至極であるように受け止めるが

この「三つのC」などと言うのは

自由を尊ぶアメリカ人のDNAには

受け入れられないものなのではないだろうか

でもだからこそ、アメリカにおける

ビジネスマンや兵士のエリート達は

この「三つのC」のスキルを身につけてきたのかもしれない


それにしても戦後長きにわたって平和ボケし、

組織改革がなかなか進まない日本とは対照的である

アメリカ人にとってビジネスはまさに戦争なのだろう・・・

ビジネスは戦争であり

戦争もまたビジネスのなのかもしれない


僕にしても、現役時代、組織の歯車の一つ

トップが独裁的色彩が強ければ強いほど

都合の悪い情報は伝達されないし

下手をすれば改ざんさえありうる

組織の戦略目標とその目標達成基準は

どうしても、現状維持、前例踏襲となってしまい

改革などおぼつかない


ビジネスが戦争であるとするなら

現状維持、前例踏襲、現状追認など

あってはならないわけだ



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加