奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

茂辺地 北斗星広場

2017-07-18 05:05:29 | 北海道の“鉄旅”日記



2015年に惜しまれながら廃止された寝台特急「北斗星」。
私も何回も乗りましたが、それは今でもいい想い出です。

車両はほとんど解体されたり海外に譲渡・売却されましたが、
北斗市の有志がクラウドファンディングで資金を募りJRより2両を譲り受けました。

それを廃校になった茂辺地中学校跡地に設置、レストランなどを整備し、
保存しているのが「茂辺地 北斗星広場」です。

駐車場に車を止めて広場の中へ、貨物用のコンテナを改装した飲食店「北斗軒」があります。





店主の木村さんは“北斗の拳”のファンで、札幌から移住しました。

さて、保存されている車両はスハネ25 501とオハネフ25 2。





スハネ25は「ソロ」「ミニロビー」「シャワー室」の合造車、
オハネフ25はコンパートメントにできる開放型B寝台車。

私はもちろん、両方に乗ったことがあります。

いつかは4人で乗車しコンパートメントにチャレンジと思っていましたが、
その機会がないまま北斗星は廃止されてしまった。

さてとりあえず整備され保存されたが、これを続けるのが難しい。
ここには維持をするための資金集めの仕掛けがないのである。

維持費用はずっと地元で出し続けるのか?

今から先のことを考えて何かをしないと続かないだろうな。
地元の知恵が試されることになるでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 禅燈寺(木古内町鶴岡) | トップ | 函館市のマンホールカード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北海道の“鉄旅”日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。