さんぽみちプロジェクト

さんぽみちプロジェクトの記録。
和歌山新報で日曜日一面に連載中の「WAKAYAMA NEWS HARBOR」と連携。

家康公推奨の伝統芸能 無形民俗文化財「遠州大念仏」

2017-05-21 22:44:58 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号では浜松市の「布橋」という地名の由来とされる「犀が崖(さいががけ)古戦場」を取り上げた。
崖下から聞こえる人馬のうめき声や付近で起きる不幸な出来事に対し、家康が講じたとされる奇策を紹介したい。

一連の原因を武田軍のたたりであると考えた家康は、三河から了傳(りょうでん)という僧侶を招き7夜に渡り鐘と太鼓を鳴らし供養した結果、たたりは収まったという。

以後、家康は鐘と太鼓を鳴らす「念仏踊り」を推奨し、その際に三葉葵の紋が付いた羽織を着ることを許したという。
さらに了傳の後を継いだ宗円という僧侶が遠州地方の広域に布教を行ったことから「遠州大念仏」として各地で盛んに行われるようになり、約280の地域で行われていたという。

三方ヶ原の合戦での戦没者を弔うために始まったものであるが、やがて初盆を迎える家の庭先で大念仏を演じるという風習が根付き、浜松市は遠州地方の郷土芸能として昭和47年3月、無形民俗文化財に指定している。

大念仏は30人を超える隊列を組み、「頭先(かしらざき)」と呼ばれる隊の責任者の提灯を先頭に、笛、太鼓、鐘、歌い手の声に合わせて行進する。
一行が初盆の家の庭先に入ると太鼓を中心に、「双盤(そうばん)」と呼ばれる並列に吊り下げた2個の鐘を撞木(細い布を束ねたもの)で叩く独特な楽器を置き、音頭取りに合わせて念仏や歌枕を唱和。踊るようにして太鼓を勇ましく打ち鳴らし故人の供養を行うというもの。
現在も約70の組が保存会を形成し活動を続けている。


【写真】遠州大念仏の模型(犀ヶ崖資料館所蔵)

犀が崖古戦場近くには遠州大念仏と三方ヶ原の合戦を紹介し、郷土の文化遺産の継承を目的とした資料館がある。
興味がある方はぜひ訪れてほしい。

(次田尚弘/浜松市)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武田信玄も感服 「犀が崖古戦場」での夜襲

2017-05-14 16:08:23 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号では浜松市で450年に渡り語り継がれる「布橋」の物語を取り上げた。
今週は物語の起源となる「犀が崖(さいががけ)古戦場」を紹介したい。

三方ヶ原の合戦で大敗した徳川軍がその夜、野営していた武田軍を奇襲攻撃し、崖にかけた布を橋と錯覚させ多数の死者を出したことは前号で説明のとおり。

「犀が崖」は三方ヶ原台地が水の浸食により陥没し、東西約2kmの区間に急な崖が連続した幅約30mの谷間で、合戦当時は深さが40mに及んでいたという。


【写真】史跡「犀が崖」の石碑

犀が崖資料館で説明員を務める男性によると、家康が浜松城に逃げ帰った夜、浜松城の近くにある「普済寺(ふさいじ)」の了承を得て、城が炎上したかに見せかけるため建物に火を放ち、それに武田の軍勢の興味をひかせ、城内に残る鉄砲をかき集めたという。

家康に仕え江戸幕府の創業に功績を立てた徳川十六神将の一人、大久保忠世(おおくぼただよ)や、三河(岡崎城)時代に奉行として活躍した三河三奉行の一人、天野康景(あまのやすかげ)らが中心となり、野営する武田の陣営の背後に回り込み、鉄砲で夜襲をかけた。
この出来事に対し武田信玄は「勝ちても恐ろしい敵かな」と、20歳もの歳が離れた家康を評価したという。
火を放った「普済寺」には家康が客殿を寄進するなどその後手厚い保護が行われたという。

一連の三方ヶ原の合戦が収束した翌々年頃から、この地域で奇妙な出来事が起きる。
夜更けになると崖の底から人や馬のうめき声が聞こえるようになり、イナゴの大量発生により農作物に甚大な被害を及ぼし、人々は犀が崖の戦死者の祟りであると恐れたという。
それを聞いた家康は霊を鎮める奇策に出る。

(次田尚弘/浜松市)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家康公の反撃「布橋」 語り継がれるもうひとつの物語

2017-05-07 15:17:08 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号では、450年に渡り語り継がれる「小豆餅と銭取」の物語を取り上げた。
銭取から南へ約2キロのところに、これまた三方ヶ原の合戦に由来する地名が残る地区がある。
今週はもうひとつの物語りを紹介したい。

「浜松市中区布橋(ぬのはし)」。浜松城から北西へ約1km、浜松駅から北西へ約2kmに位置し、近くに静岡大学浜松キャンパスがある文教地区に「犀が崖(さいががけ)」という史跡がある。

三方ヶ原の合戦に敗北した家康は、先に紹介した小豆餅、銭取でハプニングを起こしながら僅かな家臣を連れ浜松城へ逃げ帰った。
既に辺りは暗く、家臣の顔も見えない状況であったため、家康は傍にいる家臣の刀に唾を吐き掛けながら城を目指したという。
後に家康は家臣の刀を集め、自らの唾が掛かった者に、馬脇でしっかりと護衛してくれたと称賛し褒美を与えたといわれている。

命からがら浜松城に帰参した家康であったが目前まで武田の軍勢が押し寄せていた。
そこで家康はあえて城の全ての門を開きかがり火を焚く「空城計(くうじょうけい)」という戦術に出る。
これに敵軍の指揮官・山県昌景は躊躇する。徳川の兵が全滅し門が開け放たれたままであるのか、それとも罠なのか。悩んだ末に山県氏が下した決断は「突入せず退却する」であった。

それを見た家康は、休息を取る武田の軍勢を夜討ちしようと試みる。
浜松城から北西へ約1km。「犀が崖」という崖の近くで武田の軍勢が野営をしていた。
気づかれぬよう崖に布をかけ、背後から襲い掛かった徳川の軍勢。これに驚いた武田の軍勢は崖に架かった布を橋と勘違いし、次々に崖下へ転落したという。
これが「布橋」の名の由来とされる。

(次田尚弘/浜松市)


【写真】地名に残る「布橋」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「小豆餅と銭取」 450年語り継がれる物語

2017-04-23 17:19:22 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号では「三方ヶ原の合戦」から浜松城への敗走中、空腹を覚えた家康が立ち寄った餅屋に由来する「小豆餅」という町名について取り上げた。
町名になるほど語り継がれるのにはわけがある。餅屋の店主であった老婆の行動がそれを物語る。
今週は地域で語り継がれる物語を紹介したい。

時は「三方ヶ原の合戦」が終わった直後。武田軍の追手が迫り、食べかけた小豆餅を置いて代金を払わず馬に乗り逃げ去った家康。様子を察した店主は代金を貰うことを諦めるであろうが、この餅屋の老婆は違った。いかなる場合でも代金を貰おうと逃げた家康を追ったという。

逃げた家康を老婆が発見したのは、餅屋から南へ約2㎞の地点だった。すかさず老婆は家康から銭を受け取ったという。
まさにその場所が「銭取(ぜにとり)」という名で現在も呼ばれている。小字としての地名であったが住居表示に伴い「小豆餅」のような町名こそ残ってはいないが、現在もバス停の名称として存在している。


【写真】バス停の名称として残る「銭取」

地元の観光ボランティアによると「実話ではないかもしれないがロマンのある話」という。
実際のところ合戦の最中に餅屋が営業することは考えづらく(地域の人々は身を隠すか合戦に動員されていた)、合戦の死者を弔うため小豆餅が供えられたことから「小豆餅」、たびたび山賊が現れ銭を取られたことから「銭取」として町名や小字として残ったのではという説もあるらしい。

実際のところはわからないが、合戦の歴史を伝えるエピソードとして作られた物語が「小豆餅と銭取」として、450年もの年月をかけ今なお語り継がれていることは事実。地域の人々の家康への思いの強さを感じた。

(次田尚弘/浜松市)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三方ヶ原の合戦に由来 町名に残る「小豆餅」

2017-04-16 23:01:59 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号では、家康の人生観を変えたとされる「三方ヶ原の合戦」の詳細と古戦場の石碑について取り上げた。
武田軍の追手が迫る中、命からがら浜松城へと逃げた家康の足取りを追っていきたい。
今週は合戦にまつわる地名を紹介したい。

古戦場の石碑から南東へ約5キロ。浜松城とのほぼ中間地点に「浜松市中区小豆餅(あずきもち)」という町名がある。小豆餅は三方原台地の中央部に位置する。


【写真】幹線道路に面した「小豆餅バス停」

三方原台地は近くを流れる天竜川の扇状地が隆起してできた東西10㎞、南北15㎞の台地で標高は25mから100mほどで坂が多い地域。

かつて付近にあった3つの村が共同で燃料や肥料になる草の採集に利用していた入会地(いりあいち)であったことから「三方の村のための原」という意から「三方原」という地名になったとされる。

明治に入りお茶の栽培が盛んとなり、軽便鉄道が開通(昭和39年に廃線)、航空自衛隊浜松基地(浜松飛行場)が作られ、現在は基地の周囲に住宅地が広がり、静岡大学浜松キャンパスが建つ。
では、ここになぜ小豆餅という町名が付いたのか。

時は「三方ヶ原の合戦」。合戦に敗れ浜松城へと敗走する家康の、とある行動がその名の由来とされる。
家康がここに差し掛かった際、空腹を覚えたという。たまらず近くにあった餅屋で小豆餅を注文し空腹を満たしていた際、武田軍の追手が目前に現れた。慌てた家康は代金を払わずすぐさま馬に乗り、浜松城の方へと逃げ去ったという。

小豆餅屋があったことが地名の由来といわれるが、町名になるほど語り継がれるインパクトのある逸話が続く。
それはこの餅屋の店主であった老婆の驚くべき行動である。次週に続く。

(次田尚弘/浜松市)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家康公の人生観を変える 「三方ヶ原の合戦」の軌跡

2017-04-09 21:24:46 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号では「三方ヶ原の合戦」で敗退を期した家康が命からがら浜松城へ戻り、解いた鎧を掛け一息ついたと伝わる「鎧掛松」と合戦の概要を取り上げた。今週から合戦の軌跡を紹介したい。

合戦の発端については前号で紹介の通りであるが、元亀3年(1572年)12月22日の午後4時頃、武田信玄が率いる2万5千の軍勢と、家臣の反対を押し切り武田軍の策略にはまった徳川家康率いる1万1千の軍勢(徳川軍8千、織田の援軍3千)が、現在の浜松市北区の三方ヶ原台地で衝突。

ピラミッド型に兵を配置し大将を背後に据える「魚鱗(ぎょりん)」という武田軍の陣形に対し、前方へ兵を張り出すV字型で大将を中心に据え敵を囲い込む「鶴翼(かくよく)」という陣形で戦いを挑んだ徳川軍であったが、敵の勢力と戦法の誤りにより2時間余りで総崩れとなり浜松城へ退却することとなった。
時は真冬の夕刻で、浜松では珍しい雪が降っていたという。

この合戦で家康の家臣の多くが命を落としている。
先に武田軍により攻められ開城を余儀なくされた二俣城主の中根氏や青木氏は屈辱を果たそうと奮闘するも叶わず。
味方の敗戦が濃厚であることを浜松城の櫓から確認し、戦場へ赴き家康に早期退却を進言するも受け入れられず、家康を逃がすため自ら武田軍へ突撃し身代わりとなり討ち死にした夏目氏など、大きな痛手となった。

現在、合戦跡には「古戦場」と記された石碑が建てられ「家康公ゆかりの地」として紹介されている。


【写真】古戦場の石碑

戦場から浜松城までの距離は直線で約10キロ。武田軍の追手が迫るなか城へ辿り着くことは容易ではなかった。
家康の足取りを追うと、様々な言い伝えやそれに由来する地名が見えてきた。

(次田尚弘/浜松市)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憔悴した家康公を癒す 浜松城に根差す「鎧掛松」

2017-04-02 13:31:15 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号では家康による浜松城築城の歴史と背景を取り上げた。今週は浜松城の程近くにある「家康公鎧掛松(よろいかけまつ)」を紹介したい。


【写真】「家康公鎧掛松」(左奥に浜松城を望む)

家康公鎧掛松は元亀3年(1572年)「三方ヶ原の合戦」で敗退を期した家康が命からがら浜松城へ戻り、解いた鎧を掛け一息ついたと伝わる松の大木。

もとは浜松城内の堀のそばにあったとされ、現在の松は三代目。初代は大正4年(1915年)に台風で枝が折れたことで松枯れを起こし、二代目として植えられた松は空襲により焼失。三代目は城近くの住民らにより植樹されたもの。

当時の鎧掛松の近くには清水が沸いており、合戦で疲れた馬の体を冷やしたことから「馬冷(うまびやし)」といわれ、城の南東部に地名として残っている。
敵方に追われようやく城内に辿り着いた家康と、荒い息遣いの馬の姿が目に浮かぶ。

三方ヶ原の合戦は家康の人生観を変えるほど心理的な苦痛を強いられた戦いとされ、城へ逃げ帰り憔悴した自らの姿を絵に書かせ、この合戦での敗北を慢心の自戒として生涯座右を離さなかったという、通称「しかみ像」(徳川美術館所蔵、三方ヶ原戦没画像)をご覧になられたことがある方もおられるだろう。

そもそも、三方ヶ原の合戦は浜松市北区の三方ヶ原付近で起きた武田信玄と家康による戦い。
合戦前、二俣城(浜松市天竜区)を武田軍に落とされた家康は、織田信長からの援軍と共に浜松城に籠城。
浜松城が次なる標的であると考えた家康であったが、城を横目に西へと向かう武田軍に焦りを感じ出陣を決意。
武田軍の戦略にはまり、徳川と織田の連合軍は僅か2時間で敗退を期すこととなり、ここから浜松城への帰還を目指す家康の苦闘が始まる。

(次田尚弘/浜松市)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠州へ東進、家康公 浜松城築城の歴史と背景

2017-03-26 14:12:35 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号に続き、家康が17年間在城した「浜松城」の歴史を紹介したい。

家康が岡崎城を長男の信康に譲り、今川家の家臣・飯尾氏が城主を務めていた曳馬(ひくま)城を拡張し浜松城と改称したことは前述の通り。


【写真】復元された浜松城天守閣

桶狭間の戦いで今川義元が討死し今川氏の衰退が進む頃、曳馬城の城主・飯尾連龍(いのおつらたつ)が今川氏真に謀反の疑いを持たれ、永禄8年(1565年)この地は今川軍により包囲され多大な被害を受けた。
連龍は氏真からの和睦を受け入れ、今川氏への再属のため駿府へ出向いたものの和睦は謀略であり駿府城で謀殺される。

その後、連龍の家老・江間氏により守られるも城内は徳川派と武田派に分かれる内粉が発生。まもなくして家康により攻略されたという。
一説には連龍の妻「お田鶴(たづ)の方」をはじめとする飯尾氏の残党が城を死守しようとしたが、城の明け渡しを条件に今後の面倒をみるという家康からの降伏を受け入れなかったことから、家康の兵に攻め込まれ討死したとされる。
お田鶴(たづ)の方は別名を「椿姫」と称したことから、城の近くに「椿姫観音」が建てられ現在も地域の人々に弔われている。

曳馬城(浜松城)を手に入れた家康は以後17年にわたりこの地を拠点に武田氏との攻防が続く。
天正10年(1582年)に武田氏が滅亡した後、天正14年(1584年)家康は駿府へ拠点を移す。
以後は秀吉の家臣である堀尾氏や譜代大名が次々に在城。一時期は後の紀州徳川家の家祖となる徳川頼宣の領地であったこともある。

天守閣は昭和33年、市民の寄付により再建。昭和50年代に公園、市民プール、動物園、日本庭園などが整備され、現在も「浜松城公園」として地域の人々に親しまれている。

(次田尚弘/浜松市)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家康公、試練の地 17年を過ごした「浜松城」

2017-03-20 11:48:00 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号まで8回に渡り「家康紀行・岡崎編」と題し、愛知県岡崎市の徳川家康公ゆかりの地を取り上げた。
出世城として知られる岡崎城。永禄11年(1568年)今川領の制圧を始めた家康は、駿府に攻め込んだ武田信玄の侵略に備え、元亀元年(1570年)岡崎城を長男の信康に譲り、次なる居城として浜松を選んだ。
家康が29歳から45歳までの17年間を過ごした「浜松城」もまた、出世城として知られる。
今週からは「家康紀行・浜松編」として、静岡県浜松市の家康公ゆかりの地と街の魅力を紹介していきたい。

浜松市は静岡県西部の遠州地方に位置する政令指定都市。人口約79万6千人で県庁所在地の静岡市よりも人口が多く、工業都市として発展してきた。

浜松城は家康により、かつて「曳馬城(ひくまじょう)」として今川家の家臣・飯尾氏が城主を務めていた城を南西方向に拡張し、南北約500メートル、東西約450メートルに渡る城郭を築いたもの。
平野の丘陵に築かれた平山城で、三方ヶ原台地の斜面に沿い北西の位置に天守、東に本丸と二の丸、南東に三の丸を配置する「梯郭式(ていかくしき)」の構造をとり、岡山城のような背後に天然の要害がある城に特徴的。
曳馬城の「曳馬」の字は「馬を引く」と書き、敗戦を連想させ縁起が悪いということから、この地の地名である「浜松」にちなみ、浜松城と名付けたという。


【写真】浜松城

家康が在城した17年間には、姉川の合戦(1570年)、三方ヶ原の合戦(1572年)、高天神城の攻略(1575年)、小牧・長久手の戦い(1584年)など、数多くの激闘が繰り広げられた。
市内にはこれらの戦いにまつわる史跡が多く存在し、家康が試練を乗り越えた軌跡に触れることができる。
次号に続く。

(次田尚弘/浜松市)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江戸時代から続く祭典 岡崎を代表する「家康行列」

2017-03-12 19:25:25 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号では徳川家の菩提寺で歴代将軍の位牌を祭る「大樹寺」から望む岡崎城の景観が、市民の善意と岡崎市の働きかけにより370年の時を超えて今なお守られている「ビスタライン」の取り組みについて取り上げた。
今週は市民の手で受け継がれてきた岡崎市を代表する催し「家康行列」を紹介したい。


【写真】家康行列(写真提供:岡崎市)

家康行列は江戸時代、徳川四天王の一人とされる本多忠勝(1548-1610)を祭る龍城神社の祭典が起源とされる。
岡崎藩士らが隊列を組み戦法を鍛錬する儀式が行われていたという。
明治に入ってからも旧岡崎藩士らによる武者行列として受け継がれていたが、昭和23年、神社に収めていた甲冑等の武具が火災により焼失。

その後、しばらくは中止されていたが、山岡荘八の著書「徳川家康」の出版により家康ブームが起きたことをきっかけに再興が検討され、地元の商店街連盟や商工会議所が「家康まつり」として復活。
昭和34年の岡崎城復元と共に、市と観光協会の主催で開催されるようになった。
家康公の命日である4月17日に近い日曜に開催され今年は4月9日の予定。

家康行列はまず、松平家・徳川家の祈願所として知られる伊賀八幡宮(本コーナー303号で紹介)を出発。
家康公や本多忠勝、三河武士団に扮した行列が騎馬とともに市街地を練り歩き、名鉄東岡崎駅通過後は市の中心部を流れる乙川の河川敷に向かい、火縄銃の実演など迫力ある「戦国模擬合戦」でクライマックスを迎える。
今年は俳優で武道家の藤岡弘、さんが家康公を演じるという。

これらは祭典の起源である岡崎藩士らによる戦法の鍛錬という儀式を現代に継承する歴史あるもの。
家康生誕の地に住まうという岡崎市民の誇りと後世に受け継ごうとする心意気を強く感じる。

(次田尚弘/岡崎市)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加