Web Master's Room

バイク乗りのちょっと寄り道、思った事…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GSの旅

2014-06-29 20:24:24 | ツーリング










コメント (2)

秋吉台

2014-06-26 21:32:01 | 再編









コメント

100,000km 地球2周半

2014-06-11 20:15:00 | BMW R1100R


ちょっと前の話になりますが、愛車の'96式BMWR1100Rが
4月24日に走行距離がちょうど100,000Kmになりました。
地球を2周半の距離、いろいろな所に連れってもらいましたね。
鹿児島と大阪で燃料ポンプの故障で困った事がありましたが
それ以外は大きなトラブルもなくさすが正統派工業国の製品であります。
地味なグレーのカラーにワンポインのイエローのライン
第二次世界大戦のドイツのフォッケルフ戦闘機のイメージで入れてみました。
ちょっとお気に入りのポイントです。

5月に車検を受けた時に走行距離をちゃんと100,000kmと書いていたのに
検査官が赤ペンで10,000kmと間違えて訂正したのにはちょっと苦笑いしました。
決して速くはありませんが疲れないポジションと積載量の多さはロングツーにはぴったりです。
もう少し相棒として私を楽しませてくださいね。

コメント (2)

湯本温泉

2014-06-10 09:42:17 | 温泉


山口県の北部、日本海に面してACのCMで再びスポットライトを浴びる事になった
金子みすずの故郷長門市から少し山間部に入った音信川の川辺に続くのが湯本温泉だ。
開湯は室町時代、その地の住職がお告げで発見したと言われる山口県下では一番古い温泉で
歴史は長いが今は時代から取り残され昭和チックな趣の温泉街である。

公衆浴場はすぐ隣り合うように2つの湯“恩湯”と“礼湯”がある。
どちらも市営ということもあり料金は200円の低額で楽しむ事が出来るが
川沿いに面した“恩湯”は千と千尋の神隠しに登場した湯宿を思わせる作りで
屋根のネオンは大正ロマンさえも連想させる作りでもあり温泉街のシンボルでもある。
一方“礼湯”はその少し奥にあり、改築して小綺麗になっている。

チケットを買って番台のおばちゃんに手渡す。
お湯はぬるめの無色透明単純アルカリ泉で肌に優しい俗に言う美人湯で
浴槽は2つに分かれていて、大昔は身分によって分けられていた頃の名残らしい。
平日の昼間なので地元の年配者が天気の事や地元の話題に花を咲かせていた。
湯上りに番台のおばちゃんに話を聞くと
“恩湯”は源泉掛け流しだが“礼湯”はお湯で加水して温度を上げているとの事
源泉の温度が40℃程度しかない為の措置だ。
夏場はちょっとぬるめで趣のある“恩湯”で
冬場や女性はやや高めの小綺麗な“礼湯”を楽しむといいかもしれません。

時期は6月
この辺りはホタルの名所でもあります。


湯本温泉 恩湯・礼湯
コメント