Web Master's Room

バイク乗りのちょっと寄り道、思った事…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無事九州へ

2009-10-31 11:04:54 | ツーリング
調子乗って車をガンガン追い抜いてエンジンが逝ってしまった???…。
こんな夜中なのでバイク屋も開いてないし、JAFに連絡したのか???…。



旅もラストスパートを向かえます。
ピンクナンバーで本州から九州へ渡るには
彦島から小倉に渡るフェリーか関門トンネルになる。
フェリーの方は夕方の便が最終なので当然トンネルを使う予定であった。

が、なんと工事の為通行止め!
125cc以上なら高速の関門橋を利用できるだが…
もう九州は目と鼻の先なのだが
出発は小倉から松山までフェリーだったので問題なかったのだ。

関門トンネル全面・終日通行止め

そこで原付や人はトラックやバスで関門橋で迂回して運んでくれると言うのである。
これで無事に九州入り♡

出発の時間になったがこんな時間に他の人がやって来る訳もなく
たった2台のバイクと二人のライダーを運ぶ為に作業人が7~8人
コンテナトラックと50人くらいは乗れる大型バスが出発したのでした。
しかも無料。

貸切… こっちが気が引けました…。

話を聞くと1日バイクは30~40台程度らしい。
たったそれだけを運ぶ為に24時間体制でピストン輸送を行う。
非常に不経済ではあるがインフラを守ると言うことが
いかに大変かと知らされた思いです。



深夜のR3を2台のチビッコバイクが快走して
いろいろあった旅も無事終わります。

性能的には今一歩だったKSRくんも無事耐久性は大丈夫のようで
けっこう楽しめる相棒になりそうです。(^_^)v
コメント

旅の最後に…

2009-10-29 09:54:58 | ツーリング
鞆の浦を出発したのが午後2時
途中で食事をしたとは言え、この時すでに10時前でした。
そこでこんな事になろうとは…



このまま走る事ができずトラックに積まれてしまうなんて…。

つづく…。
コメント

KSR VS XR100 男の戦い

2009-10-28 11:49:12 | ツーリング

私のKSRちゃんは100ccにボアアップ・26パイビックキャブ
スピードには関係ないかもしれませんが
ホイールはNSR・リアサスリンクはベアリング化
出所は不明ながらカーボンサイレンサー付チャンバーです。
相手は新型とはいえ4サイクル100cc
排気系だけはモリワキを装備するがキャブはノーマル20パイ。

前回ノーマルクインキーVSおんぼろXS125との対決で惨敗以来
キャブやマフラーをいじってそれなりに仕上がったクインキーちゃんでは
XRに失礼だと考えKSRで参戦した訳です。
これでもちょっと有利かな。
相棒はあれこれ気になるらしくどこをいじったのかしきりに聞いてくる。
ウッシシ、今回の勝利は間違いなし。
手段を選ばないこしゃくな作戦にちょっと浮かれていた自分がいました。

が、しかし…

確かに私がいじる以前は100km/hは出てました。
レストア後、まだ最高速アタックはしてませんでした。
そしてその時よりも確実にライダーの体重は増えていました。
でもですよ
技術の授業に習った時には
2サイクルは4サイクルの倍爆発するので
燃費はかなわないが馬力とスピードは出ると教わったのに。
中野先生のうそつき…。




今回も




惨敗です。(ToT)/~~~

悲しきかな、KSRちゃんは80km/hがいいところで
なんとか90km/hがやっとです。
XRに後ろから突っつかれ、直線ではおいていかれます。

フル装備がほぼノーマルに


乾杯、いや完敗…。

おそるべしHONDAの4サイクルの威力。
コメント

ポニョの住む街

2009-10-27 10:10:24 | ツーリング

“飛ばない豚はただの豚だ”

“乗らないオヤジはただのオヤジだ”

と言う信念のもと、せっせとバイクに乗っております。(^^ゞ




宮崎アニメは嫌いではない、いやむしろ好きかもしれない。
でも水の中のポニョは見ていない。
あまりにも幼い感じがするからだ。
いや、もし見て感動したら
あんなオジサンが感動してからって
小馬鹿にされるのがきっとはずかしいからだろう。
なのでストーリはまったく知らない。
でも紅白でポニョポニョ言ってたから歌くらいは知っている。

ポニョの話はこれくらいにして
ここ鞆の浦がその昔から帆船の風待ち汐待ちの場所であり
そのポニョの舞台設定になった街なのだ。
上空からみるとちょうど三日月のような湾は天然の防波堤の様であり
湾の中心には石灯篭が灯台の役割をなし
海岸線は枕木の様な石を並べて階段状にした雁木が取り囲む。

ここは船による交通機関が発達したせいかもしれないし
昔ながらの家並みが残っているからかもしれないが
町の中心部の道路が異様に狭い。
ちょっと大型の車が入ってくると履行もままならないので
ピンク軍団の我々でも少々遠慮がちに走っている。

ポニョ人気で週末はきっと大勢の人達が押し寄せるのだろうから
ここが大渋滞するのは容易に想像できる。
この街で普通に生活している人達にとっては迷惑な話だろう。
渋滞解消の為、湾にバイパスを建設したい気持ちはよく解かる。

しかしここは歴史的見地と佇まいから後世に残そうと
世界遺産に登録をという意見もある。
他の世界遺産も色々見に行って少々規模が小さい気がするが
逆に観光地観光地してなくて好感が持てるくらいだ。
よそ者の私は当然建設反対派だが…。

なんとか共存できる方法が見つかる事を願うばかりである。
この事を当のポニョはどんな風に感じているのだろうか?
コメント

青いしまなみ

2009-10-26 07:44:39 | ツーリングシーン
コメント

尾道ラーメン 朱華園

2009-10-25 10:16:57 | WebMasterお薦め
海鮮の出汁の奥深い味わいに豚の背油がこってり感を出す尾道ラーメン。
その筆頭がここ朱華園でしょう。
11時開店ですが、いつも開店前から長蛇の列です。
多くの人がガイド本片手に並んでいる所から
すでに全国区っと言っていいでしょう!
もちろん私たちは11時前には着いていました。

そして鰹節のいい香りとともに現れたのがこれ。



さすがにまた食べに着たくなる味です。

そして、ここに来る通たちのご愛用がこれです。



具が多くて肉野菜炒めの様に見えますが
これ、焼きそばなのです。
麺は中華そばと同じものを使ってますが
味付けは塩焼きそば。
豚肉も多くて食べ応えあります。
そしておまけの中華そばのスープ。
なので焼きそば頼んでもあの香りは楽しめます。

尾道ラーメンと言ったら朱華園だよねって言われたら
そこの焼きそばがまた美味いんだよねっと言いましょう!
貴方はきっと鼻、高々になるでしょう!。

朱華園はこちら
コメント

しまなみ街道

2009-10-24 08:10:17 | ツーリング




















穏やかな秋晴れ

島と島を結びながら四国から本州へ続く道

本来ならばチャリや原付はおまけみたいなものなのだろうが

この島々を旅するならばコイツらが最高だ。

潮の香りもミカンの香りも

海の青さや空の青さも

いつものツーより身近に感じる。

たまにはのんびりもいいもんだ。

コメント

多々羅大橋

2009-10-23 09:30:08 | ツーリングシーン
コメント

しまなみの中心で愛を叫ぶ! かな… (^^ゞ

2009-10-22 15:05:34 | ツーリング


しまなみは何度か足を運んだが、こんな雄大な景色があるとは知らなかった。
眼下には遠く四国今治から来島大橋を挟んで手前が大島である。
きっとここがしまなみの中心なんだろう
だからみんなここで愛を叫ぶのだ!



か、どうかは知らないが永遠の愛を誓っているのは事実です。
月曜日の朝なので他にだれもいませんが
週末の夜にここで告られたら誰もがホロリなのは容易に想像できます。

っと言う事で私も叫んでみます!

好きだーぁー!





KSRとクインキーとZapperとBMWR1100R♥





なんか…違いますかぁ?
コメント

来島大橋

2009-10-21 14:34:44 | ツーリングシーン
コメント