Web Master's Room

バイク乗りのちょっと寄り道、思った事…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あはは、時代遅れ・・・  かっ!

2012-06-28 12:45:34 | 最近思った事
いろいろ問題の多い6月の仕事も半ばやけくそで目途をつけ何とか休みにした。
…とは言っても雨は降ってはいなが梅雨で天候がはっきりしない平日の水曜日
何する事もないので時間つぶしの銀球遊びへ…。

なんかちょっと悲しい…。(-_-;)

KSRを止めると「これって何ccですか?」って20代後半位の兄ちゃんが尋ねてきた。
「80ccだけど」
「山なんかも走れますか?」
「今はオンロードのタイヤをつけているけど、ブロックタイヤなら少しくらいなら…」
「いくらくらいします?」
「確か25万くらいだったかな?あっ、そうそう今は売ってないよ」

そんな会話が続きます。

ちょっと気に入ったのかな?
でもあんまりバイクの事は詳しくなさそう。
バイク乗りの間では人気の2ストKSRですが
普通の人が見ればちょっと小さい手軽なバイクしか見えないのでしょう。





コンバトラーVは負けてばかりで、エバが4回程使徒を殲滅したが既に時遅し。
地球を守りに行ったが救う事は出来ず、私が撃沈してしまった…。(ToT)/~~~





少し時間があったので最近ちょっと気になるバイクを視察に行ってみる。

とんと、最近はバイク屋には行かないので
メーカー直の羽のお店に行ってみる。
昔の油で汚れた小汚いおっさんの店とは違いブティックやカフェの様
私の仕事柄無理強いするのは嫌なので遠巻き見ていると
30位の店員はわざわざ現車を出してくれたり試乗を勧めてくれるが
まだ購入に対し本気ではないし、こんな私に時間を割いてくれるのは申し訳ないのだ。

そんなこんなで「今はあのモトクロスみたいのに乗っているんですか?」って聞いてきた。
「ええ、他にもありますが…」(ここでドラえもんのポケットの話をする訳もいかず)
「あれは何ccなんですか?」って更に聞いてきた。

???…。

多少いじってあるとはいえ、バイク屋の店員なのにKSRを知らないのか?(-_-;)

少しKSRの事を喋ったが明らかにピンときてない様子。
確かに18年前のバイクではあるがバイク屋の店員も知らないとは…。
96年式BMWも16年前、ザッパーに至っては33年前のバイクである。
そんなバイクばっかり乗っているので今日は浦島太郎の気分でありました。

気になったバイクはNC700X、なんと新車で約65万程で
エンジンはフィットのエンジンを半分にした超低回転型低燃費。
時代は確実に新しい時代に進んでいる。

あー、また取り残される…。しみじみ実感。

当然印鑑を押す事無く、今では懐かしいオイルの白煙をバイク屋に残して家路へ。





車庫にKSRを止めてザッパーを眺めて見る。


うーん、やっぱこっちの方がかっこいいよね。
ツーリング先で止まらなければ!(^^ゞ
コメント

・・・

2012-06-23 19:11:25 | 最近思った事
たまには更新せんといかんね…。

でも今情緒不安定なんで…。

スイマセン…。
コメント (2)

必ず復興 がんばれ日本!

2011-05-22 12:27:01 | 最近思った事

大阪からの帰り
関西なのになぜか“青森のそばめし”の地図表記が気になり寄ったのですが
ついてない事に臨時休業で食す事ができず。
少し離れた所に粉もん屋さんがあったので思いは遂げる事ができました。
そしてここにはもうひとつの観光スポットがあります。

それが、鉄人28号…

これ、リアルでTV見てました… (歳ばれ…)

お台場のガンダムにも精巧さに驚きましたが
こちらの鉄人28号はいかにも昔アニメの単純さがあるのですが
あの足を踏ん張り、左手に力を溜め、突き出した右手のポーズに力強さを感じます。

生きてる…、いやロボットなのでもともと魂は無いのですが…。
そんな感じなのです。
しばらくじーっと見入ってました。
そしてその時までここがあの場所だったとは思い出せませんでした。




その鉄人は小奇麗で近代的な建物に囲まれています。
そこに妙な感覚が芽生えました。なんとなく全体がしっくりきていない。
その時ここが長田と言う地名だった事を思い出しました。

そう、あの阪神淡路大震災でもっとも被害が大きかった所です。
都市高速の支柱は折れ、地面は波打ち、建物はすべて消失したあの場所なのです。
あれから16年、今はそんな場所だった事の跡形もありません。
新しすぎる近代的な復興が私の違和感のもとだったのです。

あとから解かった事なのですがこの鉄人も復興の活力として製作されたようです。
今は公園の中にあり、人々の憩いの場となっており
多くの人が鉄人といっしょに写真を撮っています。

16年前、あの震災の1週間前に実は私は六甲から神戸の街を見下ろしていました。
そしてTVで震災の事を知り驚きました。
きっと多くの物を失ったのでしょうが、今は立派に復興してます。
人間には必ず立ち直る力があるのです。
きっと今打ちひしがれている方々が日本中にたくさん居られると思いますが
時間はかかってもきっと復興します。私はこの鉄人を見てそう確信しました。

がんばろう日本、がんばろう東北!

私も前を見て行かなければいけないのだろうな…。
そして私自身へのエールかもしれません。

KOBE鉄人PROJECT
コメント (4)

明日への希望

2011-03-26 09:47:05 | 最近思った事
いろいろあるが…

そろそろ…

自分なりに…
コメント

高速無料化社会実験

2010-07-10 11:27:25 | 最近思った事
高速道路無料化社会実験と称して地方の有料道路の一部が無料化しております。
我が九州では部分開通の東九州自動車道を中心にその接続ルートも来年3月まで無料です。

元々東九州の大分より先の日豊線側は複雑な海岸線と海まで迫った山のせいもあり
交通網の整備はかなり遅れてました。
特に津久見・佐伯・蒲江などは陸の孤島は大げさですが
日帰りで行ける範囲はほとんど行ったにもかかわらず
ツーリングでは1度しか行った記憶はありません。

ならばと今回目的地に選んだのですが調べてみると
さすが豊かな漁場をかかえる漁業の街、魚料理がいろいろあり
中でもぶんご丼街道なるイベントもあったようです。
これが凄い!丼から溢れんが如く盛り付けられたアジ・タイ・ハマチ
イカやウニ、中でも地域柄車エビやうちわエビ、ヒオウギ貝などなど…。

まだまだ近くでもおもしろそうな場所ってあるもんですね。
今回は椎田道路・宇佐別府道路・大分自動車道大分~大分米良
東九州自動車道大分米良~佐伯が無料区間でした。
北九州から往復500kmくらいありましたので非常に助かります。
賛否両論ある無料化ですが
ツーリングライダーとしては嬉しい限りですね。
コメント

RIDE 36

2010-05-25 17:09:31 | 最近思った事
見てておかしくなっちゃいました。
私とまったくおんなじで…。

ほんと走らなければただの鉄屑です。
どんだけほったらかしておこうかと思った事か…。

でもダメなんですねぇ。
手間隙かかるヤツ程可愛いって言いますもん。

あんなに高速で押したのは初めてでした。
今配線と燃料コックの修理をやってます。

次は頼むよ、ザッパーちゃん。(^^ゞ
コメント (4)

RIDE 32

2010-01-21 08:49:00 | 最近思った事
解かるヤツは解かる。
解からないヤツはまったく理解できないだろう。
ただの集まりは何も意味を持つ事は無い。
それが今回。

解かろうと頭で理解するのではなく
今まで生きてきたバイク乗りの経験が物を言うのである。
看板にどれだけ意味があるのか解からないが
同じ匂いがする時がある。

能書きなんか関係ない、いやむしろ否定したい
それは感じ取るもの、だから多くは必要ないのだ。

同じ者なら必ず同じ所を目指す。
そしてストレス無く気持ちいい時間を共有できる。
それがバイク乗りには重要だ。
コメント

いつも心の中に…

2010-01-14 18:21:44 | 最近思った事
どうしても忘れなれない事がある。
今でも時々思い出す…。

それはまだ私が社会人1年生の頃だからもう20年くらい前の事である。
まだまだ青二才でいきがっていてバイクに乗っていた。
10くらい上の先輩から「うちのチームで走り行くけどついて来るか?」と誘われた。
愛車はSRX6だったがこんなおじさんチームについて行っても面白くないと思った。
バイクは速くないと…、トロトロなんて走っていられるか!
ちょっとだけ腕に自信があったので鼻で笑っていたのだ。

が、思いはスタートしてすぐに崩れ去った。

どんなに追っかけても追っつかない。
みんな30代から50近い親父ばかりなのにまったく相手にしてもらえない。
終いには見えなくなり曲がり角で待ってもらって道案内を請うことに…。
その時初めて自分の独りよがりを知った…。

その後2、3回一緒に走ったがまったく敵わなかったし
無理している自分が解かってきた。
自分とは違うスタイルのバイク乗りなんだ。
そう感じた。
そして一緒に走る事はなくなった。

でも心の中ではいつでも走りの先生だった。



そしてしばらくして
中でも運転がうまく仲間から信頼もあった方が亡くなった。
コーナーで仲間のバイクを抜いて前に出た所に対向車があったのだ。

私はそれ程親しくなかったので葬儀には参加する事はなかったが
先輩は白い煙となって天に昇っていくのを見守ったらしい。
初七日の時、奥様から形見にと普段仕事で使っていたカブを頂いた。
「好きなバイクで逝ったんだから、きっと幸せだったんでしょう」
と言われたと私に語った。

でも私はそれは違うと思った。

私はバイクは大好きだ!
いろんな所に連れってくれるし、素敵な仲間も紹介してくれた。
こけて怪我した事もあったし、雨の中走って風邪をひいた事もあって
辛い思いも嫌な気分にもなった事があったが
でも今まで乗ってきたしこれからもきっと乗り続けるだろう。
だから私は好きなバイクで絶対死んではいけないし
好きなバイクで逝っても満足できる訳が無いと思っている。
だから私は好きなバイクで絶対死なない。
まだまだバイクで行きたい所もあるし、仲間も増やしたいから。

リスクヘッジが難しいバイク
ちょっとだけ大人になって少しは自分自身が解かってきた。
ブラックアウトしそうな自分の手前に自分を見ているもう一人の自分がいるのだ。
気持ちのいい速度は自分の心が知っているのだ。
これからもずっとバイクに乗っていくので自分の速度で乗っていく。

そう、今でも時々思い出す事がある。

コメント

RIDE 31

2009-12-26 10:07:08 | 最近思った事
バイクに乗り続ける事 こらからも続ける事…
それはいい大人なら関係ないかもしれない。

自分の限界を知ると言ったらカッコ良過ぎる。
それはそんなカッコいいものでもないし、まして見せびらかす物でもない。
だからいつも自分流
流される事もないし、つまらないルールなんて無いからどこでも流れていける。

少し前に進むと少し視界が広くなる。
すると物の見方が変わってくる。
答えが180度変わってしまう事なんて事もある。
でも少し前がちょうどいい。
一変に考えを変えてしまうほど勇気も無い。
だから少し前がちょうどいい。
そして少し後ろを振り返る。
自分の歩んできた道を確認する。

それの繰り返し。
渡りはできないが、それの繰り返し。
それが自分流。

コメント

RIDE 27

2009-08-22 12:13:40 | 最近思った事
当然何十万、百何十万とするのでおいそれとは購入できない。
それ以上にバイク乗りってヤツはこだわりが多すぎる。
なのでコツだ!っと思うヤツにはそうそうお目にかかる物ではない。

しかし、逆に恋焦がれてしまうと後先わからない魅惑の世界に入り込んでしまう。
寝ても覚めてもヤツの事ばかり。
しょうがないからこっちにしとこうなんて事はありえない。
コイツじゃないとダメなんだ…。

そんなこんなで始まった付き合いなので
簡単に手放す事が出来きるはずがない。
特に私の場合、たとえそれがちょっと違うなと感じても
それがコイツの味なんだよと思えてしまうから。
だから浮気をしても手放す事はない。
結果、ドラえもんのポッケトはいっぱいになってしまうのだが。

でも誰もがそういう訳ではない。
いろんな理由があって別れる事もあるだろう。
その時は大人の理由で別れても
バイク乗りはいくつになっても少年の心を持っている。
あの時別れなければ…

その時アイツが再び現れたのだ。
同じバイクが世界中に何台あっても
このタンクのキズが何よりの証拠だ。
別々に歩んできた人生がここで再びめぐり合う。

神様のいたずらか?

人生にやり直すチャンスなんてそんなにあるはずがない。
でも思いは通じるものなのか?
きっと最初の出会いが早過ぎたのだろう。
そしてお互いにちょっと古ぼけて息があったのだろう。

大量生産の機械物が ONLY ONE でありえる事
それはバイク乗りとして一番大切な事かもしれません。

コメント