老頭児おじさん奮闘記

老頭児(ロートル)になっても、何事にも興味を持って行動をしているおじさんの奮闘記。

東村山市 第92回市民歩け歩け運動(隅田川七福神巡り)開催

2016年01月18日 | ウォーキング
平成28年1月17日(日)、東村山市教育委員会主催・東村山市野外活動連盟主管の「第92回市民歩け歩け運動」を開催しました。
心配をした天気も快晴で最高のウォーキング日和になりました。

東武伊勢崎線(東京スカイツリーライン)の堀切駅集合です。
参加者41名、役員8名計49名での開催となりました。

受付風景です。



山門が茅葺屋根のた「多門寺」(毘沙門天)です。本尊の毘沙門天は弘法大師の作と伝えられているそうです。
隅田川七福神巡りのスタートです。





東白鬚公園の纏の像と東京スカイツリーです。



公園を抜け明治通りから墨堤通りをすこし行けば、「白鬚神社」(寿老人)はすぐです。

江戸時代、墨田川で七福神詣でを考えたとき、寿老人が最後まで見つからず、白鬚大明神の名前から寿老人にしたと言われているそうです。





次は「向島百花園」(福禄寿)で、広さはおよそ1万㎡。百花園とは四季百花咲き乱れる園という意味があり、唯一現存する江戸時代の名園で昭和53年に国の名勝・史跡に指定されたそうです。
福禄寿は園内の奥に祀られている。

園内に咲いていた牡丹です。





福禄寿の祀られている堂です。



百花園からの東京スカイツリーです。



道の狭さ、並んでいる店の規模から「昭和」を連想させる街並みの「鳩の街通り」です。



長命寺手前で、スカイツリーのテッペンんに太陽が懸っていた。



ジュウイチガツ桜です。





「長命寺」(弁財天)です。
3代将軍・家光が鷹狩りの途中で服痛を起こし、境内の井戸水で薬を飲んだところたちまち治ったことが、長命寺の名の起こりだそうです。



隣が中国風建築様式の山門、本殿が有名な禅宗の「弘福寺」(布袋尊)です。





最後は「三囲神社」(恵比寿・大黒天)です。



恵比寿・大黒天が祀られている堂です。



三越の旧池袋店から移した三越のシンボルのライオン像。



ゴールの墨田公園近くの牛嶋神社から見た東京スカイツリーです。



閉会式風景。



木村理事長の「ごはん塾」風景です。



吾妻橋からの東京スカイツリー。



浅草寺は大変な賑わいでした。













浅草花やしき入口です。



浅草寺のシンボル雷門も大変混雑していました。



下町風情を感じながらだんだんと大きくなってくる東京スカイツリーを見ながら、楽しく歩いてきました。
事故もなく終了でき安堵したところです。
お疲れさまでした。
コメント

ウッドバーニングの作成

2016年01月16日 | 日記
平成28年1月16日(土)、以前作成したウッドカービングの修正を行った。

ウッドバーニング電熱ペンを使って木を焦がし、絵や模様を描く技法のことです。

今回、2009.7.20の作成したライオンが薄れてきたので、電熱ペンで修正してみました。
電熱ペンと以前の薄れてしまった作品です。



元の写真と以前の作品。



少しづつ電熱ペンで焦がして行きますよ。





こんな感じになりました。



次は、今年の1月12日に作成した競走馬です。
濃淡をハッキリとつけています。





こんな感じに仕上がりました。



参考に2008.9.28の作成した水牛をライオンが襲っているところです。



これからも暇を見つけてウッドバーニングに挑戦するつもりです。

コメント

隅田川七福神めぐりと浅草寺参拝

2016年01月09日 | 日記
平成28年1月7日(木)、東京スカイツリーを満喫した後隅田川七福神めぐりと浅草寺へ行ってきました。
とうきょうスカイツリー駅から東武伊勢崎線(スカイツリーライン)で4駅めの「堀切駅」へ。
隅田川七福神めぐりです。隅田川の流れに沿って向島から浅草へ向かいます。



江戸下町の風情を残した隅田川七福神は、200年ほど前の文化年間、向島百花園の風流に浸っていた文人墨客が、百花園主が愛蔵する福禄寿を中心に七福神詣でができないものかと知恵を巡らせて始まったと言われているそうです。

途中東武線の線路敷に咲いていた水仙と菜の花です。





毘沙門天の多門寺です。
まだ松の内で、七福神の参拝客賑わっていました。





東白鬚公園にも咲いていた水仙です。



東白鬚公園の案内図。



東白鬚公園から見た東京スカイツリー。



寿老人の白鬚神社です。





飾られていたお神輿。



次は、向島百花園です。







春の七草が飾られていました。



向島百花園からの東京スカイツリーです。



途中の子育て地蔵です。



鳩の街通り商店街は、道の狭さ、並んでいる店の規模から、「昭和」を連想させる街並みとなっています。



榎本武揚の旧居跡です。



長命寺手前に咲いていたジュガツザクラ(十月桜)です。
花は冬から少しずつ咲いて4月上旬に最も多く咲くそうです。



弁財天の長命寺です。





その隣が布袋尊の弘福寺で中国風建築様式の山門、本殿が有名な禅宗の建物です。
勝海舟や森鴎外もしばしば訪れたそうです。





最後は、恵比寿・大黒天の三囲神社です。
名の起こりは三井寺の僧が、弘法大師が創建した荒れた祠を再建したとき白狐が3回回って消え去ったところから、みめぐりの名前がついたそうです。





恵比寿と大黒天が祀られている堂です。



境内にあるライオン像、三越の旧池袋店から移したそうです。





牛嶋神社の鳥居越しに見える東京スカイツリーです。



東京スカイツリーからもよく見えた墨田公園の広場。



東武伊勢崎線(スカイツリーライン)の電車、隅田川を渡っているところ。



隅田川の吾妻橋を渡って対岸からみた東京スカイツリー。



東武浅草駅。



浅草寺の雷門。
門前から大変な人出で賑わっていました。



仲見世です。





仲見世から見た東京スカイツリーです。



人形焼きを焼いていましたよ。
美味しそうですね。



浅草寺山門。





五重塔。



いよいよ本堂へ。









本堂の注連飾り。



雷門を潜って帰路につきました。
本年もよい一年でありますように。





コメント

東京スカイツリーへ行ってきました

2016年01月09日 | 日記
平成28年1月7日(木)、以前から行こう行こうと思っていた東京スカイツリーへ行ってきました。

とうきょうスカイツリー駅から東京スカイツリーを見たところ。
いい天気で眺望が期待できます。



朝8時から営業とのことで8時少し過ぎに到着、お客はほとんどなくガラガラでした。
展望デッキから一気に展望回廊にエレベーターを乗り継ぎです。
展望シャトルの天井はシースルーとなっていて昇って行くさまが良く感じられました。



展望回廊からの眺望です。



スカイツリーの影がクッキリと見えています。すぐ左側が浅草寺ですね。
手前に墨田公園と牛嶋神社と三囲神社も見えています。



言問橋と浅草寺。



上野公園方面。



両国の国技館が見えています。
その先に東京タワーや皇居も見えますよ。



展望回廊は人影がなく大変すいていました。
貸し切り状態です。



眼下に墨田公園を牛嶋神社が見えます。



快晴でしたが気温が高く遠方は春霞がかかったようでかすんでよく見えませんでした。
富士山を見ようと期待して行ったのですが、ガッカリポンですよ。



展望シャトルに乗って下の展望デッキへ向かいます。



この後、歩く予定の隅田川七福神めぐりの「三囲神社」もすくそこに見えています。



その先には、「長命寺」と「弘福寺」も見えています。



「白鬚神社」と「向島百花園」も見えていますよ。



450mの展望回廊で見た浅草寺と350mの展望デッキからの目線ではだいぶ違いますね。



墨田公園です。



牛嶋神社と三囲神社と言問橋と桜橋も手に取るように見えますよ。



長命寺と弘福寺も先ほどより身近に見えます。



スタート地点の堀切駅方面です。
隅田川と荒川が接近していますね。
この方面を東京スカイツリーに向かって歩きます。



東京スカイツリーの公式キャラクターのそら(空)からスカイツリーに舞い降りてきた「ソラカラちゃん」にも会えました。



東京スカイツリーの影になっている三囲神社です。



340mのフロアにあ耐熱強化仕上げのガラス床です。
真下に広がる迫力ある眺めと東京スカイツリーの鉄骨美が楽しめます。



展望デッキから下りのエレベーター内で夏の花火です。





とうきょうスカイツリー駅ホームからの東京スカイツリーです。



晴天に恵まれたのですが、生憎の暖冬で春のような陽気のために富士山をはじめとする遠望が利かず残念でしたが、高所からの景色を満喫しました。
以前、パラグライダーで空を飛んでいた頃を思い出しました。

コメント

八坂神社の元旦祭や受付の手伝い

2016年01月03日 | 日記
平成28年元旦、八坂神社の元旦祭や受付等の手伝いです。

元旦祭とは、新年にあたり、この一年の天下泰平・五穀豊穣・産業隆昌・身体健康・精神平穏・一家安泰・子孫繁栄を祈るお祭りです。

8時15分ごろ、お焚きあげ準備。
本殿前には初詣の人が列を作り始めました。



8時30分ごろ。







お焚きあげも準備完了です。



本殿前、10時ごろです。
5人一列で参拝しますが、長蛇の列ができて参道はいっぱいです。



11時ころ、元旦際に参加する宮司、総代、来賓の人たちが社務所前に集まり手水で清め本殿に向かいます。







参道を元旦祭に参列する人たちが本殿に向かいます。



本殿では元旦祭が執り行われている11時30分ころ初詣の列は参道の入り口の鳥居を超えて歩道に出てしまっています。





11時55分ころ。



本殿の中の元旦祭風景。



12時15分ころ、元旦祭が滞りなく終わり社務所に向かう雅楽の演奏者の人たち。



露店と参詣者の列。



お焚きあげ風景。



2時30分ころ、参詣者の最後尾は八坂小学校校庭近くまで伸びていました。



3時ころ、お焚きあげ場風景。





5時40分ころ、やっと参詣者の最後尾が鳥居の中に入ってきました。





お疲れさまでした。
コメント