老頭児おじさん奮闘記

老頭児(ロートル)になっても、何事にも興味を持って行動をしているおじさんの奮闘記。

紅葉の護国寺と六義園に行ってきました

2018年11月28日 | 日記
平成30年11月27日(火)、紅葉の護国寺と六義園に行ってきました。

護国寺の創建は天和元年2月(1681)、五代将軍徳川綱吉公が、その生母、桂昌院の発願により、上野国(群馬県)碓氷八幡宮の別当、大聖護国寺の亮賢僧正を招き開山とし、幕府所属の高田薬園の地を賜い、堂宇を建立し、桂昌院念持仏の天然琥珀如意輪観世音菩薩像を本尊とし、号を神齢山悉地院護国寺と称し、寺領三百石を賜ったことに始まる。翌2年、堂宇は完成した。
 明治16年、大正15年と火災で堂宇の多くを失ったが、観音堂(本堂)は元禄以来の姿を変えず、また、近江三井寺より移築された月光殿(重文)は桃山期の建築美を今に伝えている。その他、薬師堂、大師堂、多宝塔、忠霊堂や創建当時のものと伝えられる仁王門、惣門。そして中門と多くの堂宇が保存、または再建されている。また、元禄文化の粋を集めた書画・什器の他、国宝、重要文化財等の数多くが寺宝とされている。
 震災、戦災と二度の大災害に襲われた東京の都心にありながら、江戸の面影を今に伝える当寺の姿は、訪れる人々の心のふれあいの場として、昔も今も変りなく親しまれている。

唐銅蓮葉形手水水盤







不老門



六地蔵



観音堂(本堂)








多宝塔



護国寺のあとは駒込の六義園に向かいました。

六義園は国指定特別名勝。五代将軍徳川綱吉の寵臣・柳澤吉保によって造られた和歌の趣味を基調とした回遊式築山泉水庭園。江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的なもので、明治期には三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となった。庭園は万葉集や古今和歌集に詠まれた紀州(現在の和歌山県)の景勝地「和歌の浦」の景色をはじめ、その周辺の景勝地や中国の故事に因んだ景観が映し出されている。

六義園では大道芸が行われていました。
傘回し等の昔ながらの伝統芸ですが、素晴らしかったですね。





紅葉が至る所で見られました。



回遊式築山泉水庭園です。







露店も出ていました。



途中の紅葉。



藤代峠からの景色。



仲の良い兄弟かな・・・可愛かったので思わずシャッターを切った。







リハビリを兼ねた散歩かたがた都内の紅葉を楽しんできました。



コメント

第57回東村山市民産業まつりに参加

2018年11月12日 | 日記
平成30年11月11日(日)、「第57回東村山市民産業まつり」に東村山市シルバー人材センターの広報委員として参加してきました。

朝、会場に向かう途中秋津町の氷川神社の山車に遭遇しました。
秋津から遠路、会場の市役所まで山車を引いてきたところです。



腰の状態がまだまだのため、作業はシルバー人材センターのブース内での椅子に座っての作業となりました。
ヨーヨー釣りの風船を膨らませる作業です。
それも100個です。
子供たちがヨーヨー釣りを楽しんでくれていました。







ブースの模様です。





ひと段落したところで会場を一回りしてみました。
大変な人混みでしたよ。

















アトラクションロードでは市内の神社の山車や神輿や大太鼓が繰り出して競演が始まっていました。











シルバー人材センターのブース付近です。



お神輿も元気に繰り出していました。







シルバー人材センターのPRのブースでしたが、お孫さんやお子さんを介しての宣伝となったかな。
お爺さん、お婆さんが加入してくれるといいですね。
また、お父さんやお母さんたちがシルバー人材センターの存在を知ってくれたと思います。
お疲れ様でした。





コメント

退院その後

2018年11月11日 | 日記
平成30年11月8日(木)、退院して初めての外来受診でした。
先ずレントゲン撮影をしてから医師の診察でした。

レントゲンの映像です。
左が手術前で右が手術後です。



診断の結果は順調に回復に向かっているとのことです。
一安心ですね。
まだ、重いものを持ってはいけないそうです。
あせらずに頑張ります。
コメント

東村山市 第36回市民ウォーク大会開催される

2018年11月05日 | 日記
平成30年11月4日(日)、東村山市主催・東村山市野外活動連盟主管の「第36回市民ウォークラリー大会」が市内の「天王森公園」で開催されました。
天候は曇天で少し肌寒い中を8チームの参加で行われました。

スタート地点で横断幕を設置したところです。





スタート前の準備体操です。













いよいスタートの時間が迫ってきました。



コマ図の確認をしてスタートです。



自分は手術後間もないので、開会式の挨拶と数組のスタートを見送り参加者の検討を祈り帰路につきました。

コメント

めでたく退院

2018年10月20日 | 日記
平成30年10月20日(土)入院20日目、めでたく退院できました。
過ぎてしまえば、手術後の痛さもだいぶ和らいで遠い出来事のようであります。
長い夜を過ごした晩もありましたが、これも過ぎてしまえば嘘のようでね。
担当の医師、病院スタッフに感謝です。
早朝から看護師による検温と血圧測定、掃除の担当の方がごみ箱と部屋の掃除、食事30分前にはお茶を注いで回る人、食事を配る人、決められた時間にはトレーナーによるリハビリテーション、浴室の用意をする人、介護の必要な方には入浴の手伝いをする人など、実に持ち場持ち場でキッチリと仕事をしているといった感じでした。

帰宅後、午後習慣になりつつあったリハビリを兼ねてウォーキングに出かけた。
病院の廊下では60分くらいは速足で歩けましたが、一般道路ではそうはいかずに40分が精一杯でした。
川沿いの道の桜は色づいてきていましたね。





明日も頑張ろう!!!
コメント (1)