札幌市のギター教室から!

札幌市でギター教室を開いている、Kギタースクールの辻林圭です。ギター&ウクレレを弾きたい方はぜひお越し下さい。

Raphael Rabello - Lamentos do Morro

2013年11月26日 | 動画&演奏動画!
Raphael Rabello - Lamentos do Morro


ひさしぶりにラファエル・ハベーロの演奏で「モーロの嘆き」を見ました。
こういう曲は若々しさを与えてくれるね。

ぼく2世

2013年11月24日 | 雑記
今日、生徒Aさんからすてきなおみやげをいただきました!
これはもう、ぼくそっくりですね。。。教室にかざっておこうっと!



これはなんと、貝の形をした砂糖菓子。ほんものそっくり!食べるのが惜しい!



Aさん、どうもありがとうございました!「ぼく2世」大事にします。実にいいオトコだなぁ。。。

ジャジェン・チャ=チムドレンの日記:ポロイラレケ

2013年11月22日 | 自分の詩ポエム・お薦め本紹介
雲間に漂っている村ウーダ・ワラットには、今の季節いろいろな野性動物が出没する。
蒸気蛇スチームスネークや蒸気猫スチームキャット。さらには蒸気熊スチームベアなど危険な動物も。

村人の水蒸気人間達は、雪華手裏剣や雪華砲でそれらの動物を駆除しようとするが、なかなかうまくいかない。
手裏剣が的をはずれて雪の結晶となりウーダ・ワラットからこぼれ落ちていく。
雪華砲のうち損じは雲の下の野山に大雪を降らせる。

ふと、ぼくが月の上から見ていたら、
キタキツネに乗った少女ポロイラレケが、雪の丘をすごい勢いで駆け抜けて行った。

ジャジェン・チャ=チムドレン:呪いの魔法

2013年11月22日 | 自分の詩ポエム・お薦め本紹介
「だっ、っる、がっ、かぉ。」とユーレンが突然言った。

どうしたの、それ呪いの魔法だよ?とぼくが言うと、ユーレンは驚いてクチを手で覆ったが、堪えきれずにまた「だっ、っる、がっ、かぉ。」

二階からサンテスタンが大騒ぎする音が聞こえてきた。
ユーレンはぼくの姿を見るとすっかり青ざめて、床の上にひっくり返ってしまった。

解呪士を呼んでユーレンを診てもらったところ、一種の知恵熱が原因だったらしい。
「治る時が来れば、治るでしょうなあ」と言い捨てて解呪士はさっさと帰っていった。

そんなわけで、ぼくと哀れなサンテスタンは彼女が治るまで、ナメクジ姿のまま過ごさなければならなかったんだ。
「なんて、のろい・・・

ANDANTE(+ 再生リスト)

2013年11月21日 | 動画&演奏動画!
ANDANTE(+ 再生リスト)


へー、きれいな曲!この人のオリジナル。Guitar concert written by Andrea Martinelli

ディテール(細部)に拘る人は70歳が限度

2013年11月21日 | 雑記
宮崎ハヤオが引退したのも、ギタリストのジョンウイリアムスが引退したのも70歳(プラスα)。

宮崎さんいわく集中力が持続しない。
ジョンの演奏ではシャコンヌの途中で、集中力の衰えからくるミスがあった。
宮崎さんはディテール、細かい部分を大事にする。細部に手を抜かない。
それはジョンの演奏でも同じ。本来ならばミスをせず、フレージングも正確、楽曲のすみずみまで解釈のいきわたった演奏。

体力の衰えとともに集中力も衰えてくるから、細部に拘った創作は歳とともに負担が大きくなるにちがいない。
ならば、70才を越えて現役をつづけたいなら、細部に拘らずにすむ創作力を身につけたいとことだ。
それはなにかっていうと、「直感力」だと思う。

さあ、発表会が近づいてきましたよ!

2013年11月18日 | 教室
ジャジェンチャで思い切り悪ふざけをした後は、ついに真剣な発表会が三週間後に迫ってきました。
さあ、もうひらきなおってやるしかないですよ。練習しましょう。
楽器なんて、練習さえすれば誰でも上手く弾けるもんなんです。練習しましょう。

「人は見ている方向に重心がいく」

2013年11月17日 | 雑記
つまり左指を見てギターを弾くと体の重心は左へかたむくということらしい。
アーユルチェアーという椅子は両足をひらいて座る。
最近のぼくが試しているギターの構え方も両足をひらく。

「目線を下げて手を上げるのと、目線を上げて手を上げるのでは、可動域に差が出来る。
慢性的に腰痛の人ほど、目線は下がっている傾向にあるので、常に目線は水平に保つことが必要」なんだそうだ。

Maria Linnemann´s I love you

2013年11月15日 | 動画&演奏動画!
Maria Linnemann´s I love you


youtubeフレンドのペトラさんがマリア・リンネマンのI Love Youをアップしました。解説の部分でぼく達のことについても触れています。照れるゼ!
でも本当に良い曲だ。現代の名曲だ。

ジャジェン・チャ=チムドレン: 大いなる挑戦の時!

2013年11月14日 | 自分の詩ポエム・お薦め本紹介
惑星ヴェンジョンは七つの呪われた大気の層をもっていて、それゆえに難攻不落・前人未踏の星というわけだった。
なぜそんな大気の組成になったのかは全宇宙の高名な科学者達でもいまだにわからないのだった。

最期の探検家としてぼくが選ばれ、最新鋭のロケットで挑戦することになった。
この新型ロケットのすごいところは、外壁も七つの層で造られていて、呪われた大気の層をひとつ突破するたびに外壁を一枚ずつはぎ取り新しいものに取り替えることができる点だ。

さあ、大いなる挑戦の時が来た!
惑星ヴェンジョン最初の大気層は火炎地獄だ。ロケットの外壁が高熱でどんどん溶かされていく。
でも大丈夫。第二の外壁がむき出しになってロケットを保護し、無事に火炎地獄を乗りきった。

続いての大気の層は強風地獄、猛烈な勢いの風がロケットをもみくちゃにする。
でも大丈夫。ロケットの外壁は亀裂が入っても、その下に第三の外壁が既に控えている。

惑星ヴェンジョンの呪われた大気の層は次々とぼくのロケットに襲いかかってきた。
氷水地獄、轟音地獄、スリスリ地獄、ナデナデ地獄、ムチムチ地獄。そのたびにロケットは一枚ずつ外壁を脱ぎ捨てていった。

ヴェンジョンに無事着陸したときは、ぼくもパンツ一枚だけだった。

到達の証拠に国旗を掲げようと思ったが、それらしいモノが何もないので、パンツを代わりに掲げたのだった。

祭りの後で(作曲ファビアン・パイル) After festival

2013年11月13日 | 動画&演奏動画!
祭りの後で(作曲ファビアン・パイル) After festival


クラシックギターだって立って弾くべさ。

健身球もう試してみた?

2013年11月12日 | 雑記
今日、生徒さんが来て健身球の感想を教えてくれました。やっぱりいいみたい。トレモロが弾きやすくなったといっていました。そう、ぼくも最初にトレモロの弾き方が変わったので、これに注目したのだった。とにかく指の感覚を良くする。柔軟にしてくれる。冬場は特にこれを回せば指がすぐ温まってくれるので、ギタリストのウォーミングアップとして最適です。
基本的に丸い球ならなんでもいいですよ。石や金属のものが値段高いと思うなら、ダイソーの木材の所に小さめな球が売ってます。札幌なら東急ハンズの木材素材のフロアにいろいろな大きさの木製の球が安価で売られていますよ。これ、生徒さんからの情報ネ。

ジャジェン・チャ=チムドレンの日記:月光浴室で1

2013年11月11日 | 自分の詩ポエム・お薦め本紹介
夜ふけに月光浴室で満月の冴えた光を全身に浴びていたら、突然ばちん!という大きな音をたてて満月の表面に人の形の痕がついた。続いてまたばちん!月面の別の場所にまた人の形をした灰色のスタンプがついた。

ばちん、ばちん!満月の青白く照る表面に次々と人の痕が、灰色の影をを付けていく。

どうやらどこかのチームが棒高跳びの練習をしているらしい。
しかし満月すらまんぞくに跳び越せないようでは、大宇宙オリンピックで優勝はムリだねぇ~。

ジャジェン・チャ=チムドレンの日記:ネジ畑

2013年11月11日 | 自分の詩ポエム・お薦め本紹介
一週間前から惑星トチンパランのネジ畑に通っているけれど、出来の良いネジが収穫できないんだ。
ネジはとてもデリケートな作物だから、今年の暑さには耐えられなかったらしい。

ネジはすっかりネギになってしまい、仕方なくネジ穴にネギを突っ込む人達が続出したんだ。

ジャジェン・チャ=チムドレンの日記:二人は焼き肉

2013年11月11日 | 自分の詩ポエム・お薦め本紹介
マサルバ・サイの角がどんどん伸び続けて、ついに太陽に届いた。

ぼくと酋長マトンバは、サイの角をのぼっていき、棒に突き刺したマシュマロを太陽の炎で焼いて食べようとしたが、惜しいことに二人そろって焼き肉になってしまったんだ。