札幌市のギター教室から!

札幌市でギター教室を開いている、Kギタースクールの辻林圭です。ギター&ウクレレを弾きたい方はぜひお越し下さい。

ギターを弾きたくてしょうがない。

2013年05月31日 | 雑記
音楽の「国」からかえってきました。やはり「地に足の着いた音楽」というのは違うものです。何を弾いてもさまになる。伝統芸能の重みをいやがうえにも見せ付けられました。
その点では札幌も北海道もまだまだです。伝統が無いからしかたがないか。どのジャンルの音楽も「北国」の風土にしみこむほど馴染んではいない、という気がします。

札幌は特に「お上」主導の音楽イベントも、ミュージシャンの活動力を損なう気がするので、ほどほどにしておけば、と思う。イベントではなく「常時演奏できる場所」を提供してほしいものだ。(個人的には札幌都心!にでっかいビルをおっ建てて、沢山の小さめ~中くらいの音楽スペース(ホール)をつくり、北海道で音楽をする人たちにタダか激安料金で貸し出してくれるといい。観光客だって地元の音楽を聞く場所が一箇所でまとまってるほうが、さまざまなな音楽を聞きやすいでしょう。)

ただ音楽の「国」にも問題はあって、そこではいわゆる「伝統芸能」が幅を利かせすぎて、他のジャンル音楽がさっぱり見えてこない。どこの居酒屋も「民謡」ばかり。ジャズなんかを聞かせるような店の看板は極めて目立たない。隅に追いやられている感じ。クラシックの演奏会もポスター一枚ぐらいしか町なかでは見かけなかった。もちろん探せばそれらのライブもちゃんとあるんだろうけどね。(パパイヤ鈴木とおやじダンサーズが初公演するとのことで、その広告が妙にまぶしかった。。。)。そういう音楽の存在感は「伝統音楽」に比べてあきらかに小さかった。

その「国」では圧倒的に「伝統芸能」の力が大きい。
観光客も「伝統芸能」を聞くために居酒屋などへいくことが多いが、好みの演奏者を選別して行くというよりは「民謡が聴ければどこでもいいや」的な感じが大半っぽいので、優れた演奏者が育ちにくいかも知れない。(すぐれた聞き手がいてこそ初めてすぐれた演奏者が育つという、定説からすれば。)

その土地の音楽を聴ける、というのは観光客にすれば大きな魅力(その「国」にすれば大きな「観光資源」)だが
その土地で音楽をする立場の人にとっては、もう少しビミョーな問題もある気がする。

まあ、いずれにせよ。
観光客までが喜んで音楽を聞きにくる「国」というのは、そうではない地方に住む音楽家にとって非常に魅力的に映るのですよ。

北海道および札幌。貴重な「観光資源」をムダにするなよ。


最近高齢者に流行ってるらしい「送り付け商法」

2013年05月25日 | 雑記
注文していない商品が勝手に届く「送りつけ商法」 消費者はどう対応すればいいの?(弁護士ドットコム) - goo ニュース

At Comet station(Composed by Kei.T)

2013年05月24日 | 動画&演奏動画!
At Comet station(Composed by Kei.T)


youtubeのチャンネル登録者数が1000を超えたよ。
この曲、難しいわりに短いなあ。。。おもしろい曲だとは思うけど。

ジャジェンチャ・シリーズ追加

2013年05月22日 | 自分の詩ポエム・お薦め本紹介
http://kideaguitar.seesaa.net/

久しぶりにジャジェン・チャのシリーズを書き上げました。予定したより長くなってしまった。短いほどいいのだけれど。今回のストーリーはメデューサ族の青年とその恋人の物語?日記デス。
最近読んでいるが、半七捕り物帳がおもしろい。

これはいい、と思うモノ二つ。

2013年05月21日 | 雑記
きのうロフトで見た背中用クッション、とてもフィット感があってよかった。
背中を包むような感じでつかれないし、腰もいたくならなそう。ギターを弾く時にちょうどよさげ。バックジョイのところにありました。2800円くらいだったかな。

ソーメン好きだけど食べ過ぎて去年血糖値が上がりすぎた。
紀文のソーメン風豆腐はあじも食感もソーメンそっくりなのでおすすめ。これからの季節にふさわしい。豆腐だから血糖値もあがらないし。

新曲がとっくに完成してるが、タイトルが決まらず、結局ぼくの創作ファンタジーからのタイトルをつけようと思う。タイトルは「彗星駅のプラットホームで」。この物語を知ってる人なら、ふーん、と納得してもらえるかもしれないなぁ。

五月26日ライラック祭りでウクレレライブがあるらしい

2013年05月17日 | 雑記
この日、勝誠二というウクレレ奏者が大通り公園7丁目でライブをするそうです。時間は午前10時から12時のあいだのどこかでらしい。無料だと思うので、興味のある人はどうぞ。

ライブの季節になってきましたね

2013年05月11日 | 雑記
Kギタースクールの生徒さんもあちらこちらでライブをしているようで、演奏と音楽を満喫している模様です。これは楽器を弾ける者だけに与えられた楽しみですね。

ライブの醍醐味は、やった人でないとわかりません。口で説明しようとしてもムリ。(ライブ&コンサートの後のビールは、それこそ天国ここにあり!というハッピーな気分になりますよ。)

楽器を習った人は、独学ではなくきちんと演奏の下地ができていますので、どんどん人前で演奏してみましょう。
平凡で退屈な一日が、演奏によって忘れられない特別な一日に変わるかもしれないですよ。

拙者も6月あたりに何かライブを、と思いながら目下練習しております。

いくつかお知らせ

2013年05月08日 | 教室
ゴールデンウィークが天気悪かったせいで、楽器の練習をする時間もあったようです。いいことですね。楽器が弾けると天気の悪い日でも楽しみができますね。


【お知らせ】
◆今月26日から31日までは教室お休みになります。月2回・3回レッスンの方などはご注意下さい。

◆ウクレレアンサンブルのメンバーを募集中です。月1回日曜日午後2時に練習します。
一般の方の参加費は2000円(Kギタースクール生徒は別料金)です。初心者でもOKですが、ウクレレを持ってる人でタブ譜を最低わかる人が対象です。
で、そのウクレレアンサンブルですが、9月または10月にモエレ沼でライブをする予定です。次回の練習時に参加するか否かをお聞きしますので考えておいてください。

◆「楽しく吹こうハーモニカ・コース」をまもなく新規開講いたします。懐かしい曲などをかんたんに吹く、初心者向けのコースです。詳細が決まり次第お知らせいたします。