札幌市のギター教室から!

札幌市でギター教室を開いている、Kギタースクールの辻林圭です。ギター&ウクレレを弾きたい方はぜひお越し下さい。

リトルプレイス第二号

2010年03月29日 | 自分の詩ポエム・お薦め本紹介
ようやく完成!今回パソ編で作ったけど、やりやすかったなあ。有料マイコンサートで配布します。コンサートに来れないけど欲しい!という奇特なかたがいましたら、150円位で売りまっせ。

年配者&シニア世代のためのジャズ・ギター・レッスン

2010年03月26日 | 教室
札幌市のKギタースクールでは、年配者&シニア世代を対象にしたジャズギター・レッスンにも力を入れています。若い頃ジャズギターに憧れていたけれど、今まで手にすることのなかった人も、この機会にはじめてみませんか?
まったくの初心者でも大丈夫。講師が丁寧に1からお教えいたします。
講師は札幌の若手実力派、長沼タツル氏。現役のプロ・ギタリストです。
ギターの弾き方から理論的なことまで、くわしく説明いたします。
1回のみの体験レッスンは1000円で常時受け付けております。
くわしくはKギタースクールHPをごらんください。

Kギタースクール ウェブサイト
http://k-guitar.music.coocan.jp/

一緒にギターを楽しみましょう!

女性サイズギター

2010年03月24日 | ギター&楽器&作曲関連
松岡ギターの630ミリです。手の小さな人に最適ですね。音量も十分ですよ。これはM65Lというモデルで、定価65000円のお手ごろ価格ですね。興味のあるかたはKギタースクールへお問い合わせください。

マリア・リンネマンがコメントくれました。

2010年03月23日 | ギター&楽器&作曲関連
僕のオリジナル曲SKY SONGにマリアがコメントくれました。あなたの作品は全て魅力的!ですって!で、この曲ではなんて面白いギターテクニックを使ってるんでしょう。とほめてくれました。うれしいことです!もうそれだけで作った甲斐がありましたよ。
やっぱ、ギタリストのほうがこの曲のユニークさが、わかってもらえやすいかも。ちゃんと曲にするのがたいへんなんだな、これ。
このテクニック知ったら、ディアンスあたりならすぐ飛びついて曲にしそうな気がするよ。

ことしは波照間を目指したい

2010年03月21日 | 沖縄・石垣
ことしは石垣島へ行く予定で決めちゃおうかなー。で、念願の波照間日帰りに賭けてみるかなー。でも一つだけ心配なのは、波照間島行きの船は1日3便しかなくて。しかも海が荒れると結構、欠航するとのこと。1便で島についても、2,3便が欠航したら、帰れなくなるのではないか?という不安が。こりゃ、緊張で血行も悪くなるわい。
あ、でも帰れなくなったら波照間島の島民になればいいか、と思うほどお気楽者でもないのがザンネンだ~。

アコースティックの会

2010年03月17日 | ライブ・コンサート・イベント関連
工藤さんと出てきました。カーテンコールという店です。面白かったよ。

C.Gardel.Le Pera: GOLONDRINAS(TANGO)

2010年03月16日 | ギター&楽器&作曲関連
アルゼンチンギター曲集にもはいってる、例の「君が僕を好きになる日」すごい直訳!いわゆる「思いの届く日」の作者。そのガルデル・リペラの「ゴロンドリーナス」というタンゴをチリのギターの巨匠ヘルナン・モラレスが今回はしっかり送ってくれた。というか、youtubeフレンドのフランス人の手を借りたらしい。さすが巨匠。(あきらめがわるい・・・?)
で、この曲、いい曲だ。とても聞きやすい。で、あまりむずかしくアレンジされてないようなので、教室でも使えそうなくらいだ。
で、記譜が怪しいところが何箇所かあったので、いま問うてるさいちゅう。

あたらしいアカウントはkpoem

2010年03月15日 | 自分の詩ポエム・お薦め本紹介
Video Poem:Luna Cafe by Kei


ビデオ詩用のチャンネルをつくるため、あたらしくyoutubeのアカウントをつくりました。その名もkpoemです。
kpoemと入れればわたしの詩に行き着くことでしょう。なんて楽しみなことでしょう。みてね。


ビデオポエム(Test version) by K

2010年03月15日 | 自分の詩ポエム・お薦め本紹介
Video Poem(Test version) by K

結局ムービーメーカーでつくりました。
作詩&写真&ギター演奏byわたくし。
曲は沖縄民謡の「てぃんさぐぬ花」です。ダイスキな曲なのだ。
でも、肝心の詩が、頭の中にはいってこないんですけどお~。。。ビデオ詩ってむずかしいわ。

子供のためのジャズギター・レッスン in 札幌市

2010年03月14日 | 教室
こんにちは!札幌市のKギタースクールでは、子供向けのジャズギターも習うことが出来ます。
ジャズは子供の時から習わせると、リズム感もアドリブ感もしっかり身に付きますよ。Kギタースクールではそのようなジュニア・ジャズ・ギタリストの育成にも力を入れています。講師は長沼タツル氏。札幌のジャズギタリストの若きホープです。
たのしく丁寧にレッスンを受けることが出来ますので、どうぞお気軽におこしください。体験レッスンも1000円で1回(約50分)受けられますので、ご利用ください。くわしくはKギタースクールまでお問い合わせください。

Kギタースクール ウェブサイト
http://k-guitar.music.coocan.jp/

ああ、ようやく終わった気がする

2010年03月07日 | ギター&楽器&作曲関連
ウクレレのソロ曲「Rain maker Hotelレインメーカー・ホテル」が先ほどようやっと完成したみたい。「やったー!」という爽快感よりも「終わった・・・」という疲労感のほうが強いかも。とても難産でした。中間部が思いつかない、つかない、、、ウクレレの曲作りは、手ごわいわあ~。ほんと、どれだけ辛抱して集中力を持続できるかが、勝負ですね。飽きっぽい人には曲作りは難しいかもしれないね。

いやー、すごい雪だ。こんな日に南国の熱帯雨林を想像しながら曲想を練るのは、楽しいことではあります。
あ、スカイソングで使ってる、「オーバーフレット奏法」をこの曲でも1箇所つかってます。
これが合うんだな、この曲には。

チリのギタリスト健在なり

2010年03月04日 | ギター&楽器&作曲関連
youtubeで知り合ったチリのクラシックギターの巨匠、ヘルナン・モラエスは大地震の後も健在だった。
メールをくれるくらいだから、電気は来てる様だ。「いまのところ大丈夫だ。」みたいな事を言ってた。でも彼から楽譜が届くようになるのはかなりあとになりそうだなー。

そういえば、話は変わるが生徒のKさんがもってきた、メキシコで買ったというクラシックギターがえらく良い。ラテンのメーカーはスペイン製もそうだが、作りは結構雑だったりする。でもそのギターはちゃんとした個人のギター工房でていねいにつくられていて、音もかなりいい。1弦の音がとくにその値段の楽器にふさわしくないくらい(といったら失礼ですが・・・)潤いがある。値段で言えばヤ○ハの最低ラインクラスと近いんだけど、音ははるかに垢抜けていい。そして、すごく弾き易い!ぼくも思わずよだれが出ました。
メキシコ製クラシックギターは意外と今後来るかもしれない。コスト・パフォーマンスが非常によさそうだ。

Adam Rafferty - Superstition by Stevie W...

2010年03月04日 | 動画&演奏動画!
Adam Rafferty - Superstition by Stevie Wonder - Solo Guitar


インドネシアのギタリスト友人、Andhika Basukiがこのアダム・ラファーティのアレンジによるスティーヴィーワンダーの「迷信」を耳コピして楽譜にして送ってくれた。アダム・ラファーティはすばらしいアコギ弾き&アレンジャーで、マイケルジャクソンの「ビリージーン」なんかは、もうこれ以上のアレンジはないんじゃないかというくらい素晴らしい。アダムはまた「迷信」をトミーエマニュエルと一緒に弾いたりしている。
というわけで、この楽譜あります。このアレンジもいいね。


懐かしの映画チコと鮫

2010年03月03日 | 動画&演奏動画!
Tiko and the Shark


1962年?ころのフランス映画。
もう一度みたいのだが、どこにもない。
タヒチを舞台とした映画で、テレビで何度か見た。ぼくの南国憧憬の礎となった作品のひとつです。ああ、もう一度みたい。


はこぶ音祭り!~in Link's~ 感想記

2010年03月02日 | ライブ・コンサート・イベント関連
2/27に開催された『Free Soul Vol.1 ”はこぶ音祭り!~in Link's~”』にWHOLE 2 GUTTで出演してきました。

■ ライブ詳細 ■
【開催日時】2010年2月27日(土) Open18:00 Start18:30
【会場】ライブハウス Link's(リンクス) 札幌市中白石区本通13丁目北1-1
【チケット】 1,000円 全席自由
【出演者】 PISTOL BOOGIE SUICIDE  KATSUO  WHOLE 2 GUTT 菊池隼人 my A din 以上5組
【主催】はこぶ音



■ 演奏曲 ■
Last Train
HAPIRA
UTORO snowscenery
May's Bossa
Summer Field


当初は思いっきり場違い?かなと思ったんだけれど、若い人だけでなくけっこう年配のお客さんもいて、真剣に聞いてくれたのがうれしかった。
たのしかったですよ、頭上でミラーボールがキラキラしたり、照明が真っ赤になったり青くなったり、このようなライブはぼくには初めての経験でした。









初めて聴いてもらえたお客さんにも、WHOLE 2 GUTTの評判が良かったのが嬉しかった。CDはないのか尋ねられたりしました。これから作ろうと思います。
リハのときから手が冷えて動かなかったので、じつはかなり緊張してましたが、曲が進むにつれて温まり、落ち着いて弾くことが出来ました。
若い人も多かったので、ちょっとだけ若返った気分に浸れた夜でした。
こういうライブもいいね。
はこぶ音のNさん、どうもありがとうございました。またよろしくお願いします。
はこぶ音のラジオ番組では、ぼくのオリジナル曲(Gnomon:ノーモン)も使っていただいてるようなので、嬉しいですね。