ニュース斜め読み

 巷間の話題をだらだら論評。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本車、ロシアで大ヒット

2004-06-06 10:03:58 | Weblog
トヨタ車を筆頭に、日本車の新車販売台数がロシア国内で急増している。首都モスクワではサラリーマンなど中間所得者層が着実に増えており、
昨年から本格的な日本車ブームが到来している。購買層は地方にも広がっており、好調に推移するロシア経済の一端を示している。
モスクワに本社がある「ロシアトヨタ」によると、公式ディーラーを通じたトヨタ車の売り上げは、今年1-3月の第1・四半期で前年同期の約3倍となる9213台を記録した。
「カローラ」の人気が最も高く約3000台を販売したほか、「カムリ」(約1650台)、「アベンシス」(約1180台)と続いている。
同社の川島文敬副社長はセールスが好調な理由として、「耐久性や信頼性が評価されてきた」と“ジャパンブランド”の優位性を指摘する。
以前はショールームを備えた販売店を週末に訪れる客はごく少数だったが、昨年以降は家族連れが急増、中間層の購買力が急激に伸びていると分析する。
インタファクス通信によると、ランサーを主力とする三菱自動車工業も今年第1・四半期、前年同期比56%増となる約4680台のセールスを記録した。
1月にモスクワに新会社を設立した日産自動車は、同じ期間に70%増の2950台を販売したほか、3月には1カ月あたりのセールスが史上最高を突破。
昨年4月に新型「アコード」を投入したホンダの販売台数も134%増の1155台に達した。
中流家庭にも手が届くようになったことで、ロシアの日本車ブームは当分続きそうだ。

http://www.business-i.jp/news/world-page/news/art-20040409203717-PPWTXMEZCQ.nwc

 さすがの三菱ブランドもロシアでは光輝く?!
 ロシアみたいな国土の広いところなら、アメ車がヒットしてもよさそうであるが、なにせ気候が厳しいところ。品質・信頼性がものを言いそう。となれば、日本車の独擅場?韓国車あたりもそれなりに売れているだろうけど。


コメント   この記事についてブログを書く
« アブリルラヴィーン ブリト... | トップ | 日本が発信する最先端文化は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

輸出事情 (庶民的自動車評論家)
とーってもいい記事みつけました。 海外での日本車ブームは凄いですねぇー。 不況だ不況だって言っても自動車業界はどこふく風・・・ NAVI7月号にも輸出に携わるパキスタン人が取材受けてます。 でも、わがトゥープレジャーは変わらず寒い風が吹いてますね・・ みなさん