CuniCoの徒然・・・岩下邦子の独り言

日々の暮らしの中で、立ち止まったり、すれ違ったり。私の中のアレコレを思いつくまま、気の向くまま。

今年最後のブログは、ボクシングで(^^)

2016-12-31 16:38:29 | お相撲(スポーツ)のこと
さぁ、どうやら今年が終わるらしい。
年越し蕎麦食べなくっちゃ。
おせちにお雑煮。
そして明日はチビの誕生日。
ケーキ屋さんが元日は休みだから、夜、閉店ギリギリに取りに行く。
いつものバースデイケーキ。
どうやら、今日は、大晦日らしい。

昨夜は、おせちの下ごしらえをしながら、ボクシング観戦。。。
の予定だったが、目が離せず、下ごしらえが進まず、
キヌサヤがしにょしにょになってしまい(^^;

ボクシングの事、一年の終わりにさらっと、書くとしましょうか・・・

まずは、村田の試合。
アマチュアからプロの転向したばかりの頃、
金メダルという大きなハンデを背負っていたのかもしれない。
私は村田のボクシングが好きになれなかった。

村田自身がKOの後の勝利者インタビューで
「判定だとぼろくそ言われる。」と言っていた。
ぼろくそ言われる・・・かぁ。
それは、まさしく、金メダルのハンデと言っていい気がする。

私もぼろくそ言っていた気がする。
プロデビュー当時の村田のボクシングは
好きじゃなかったからなぁ。

二戦くらい前から、ボクシングがひと皮むけた感じが私はする。
そして圧倒的なパンチ力を持って、日本のリングに戻ってきた。
若干、ボディにくらっていたのが気になるが、
なにしろ、村田のパンチが重たい。
もちん、その重いパンチも、相手のボディに入っていた。

アマチュアとプロの違い。

アマチュアは、勝っても負けても、そこまでの道のりを評価してもらえる。
もちろん、勝てば、ましてや、オリンピックの金メダルとなれば、
さらに大きな称賛もされ、誇り高きスポーツマンということになる。

プロは、その勝ち方さえも評価に加わるのだ。
銭を払ってくれている人たち、そしてスポンサー。
ぼろくそ言われた・・・としたら、
それはプロになったってことなんだろうな。

日本人ボクサーでミドル級の世界チャンピョンは、竹原慎二ただ一人。

来年、世界チャンピョンになりたいと言った。
その瞬間を観ることができたら、それは凄いことだと思う。

昨日の勝ち方は、凄かった。
タイミングも角度も最高だった。
ボクシングで、ヤバい倒れ方は、前に倒れる時。
右ストレートがテンプルの入り崩れ落ちるように、村田の身体に寄りかかった。

ダウンとはみなされず、
スリップとのジャッジで、
レフリーが立ち上がるように促す。

レフリーに腕を持ってもらい、立ちかけるが、崩れ落ちる。

テンカウントが始まり・・・
リングに沈んだブルーノは、立ち上がることはなかった。

格闘技好きの私には、たまらない年末なのであります(^^)

と、ここまで書いて、眠くて仕方ない睡眠不足続きの私。

大好きな八重樫と井上も書きたいが、こりゃ年が明けたら・・・ですね。

たくさんの方に立ち寄っていただいているこのブログ。
感謝とともに、来年ものぞいていただければ、幸いです(^^)

みなさま、良いお年をお迎えください*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



コメント (5)

私は、この季節の東京が好きだ。

2016-12-30 07:08:44 | お庭の記録
今年最後の休みが終わり、今日から怒涛の四連勤。
電話が鳴り止まない日々に突入。

結局、片付け、掃除は諦めた(^^;

版木を彫ることから始まって、200枚刷りあげた年賀状。
楽しかったぁ(^^)
なんとか、明日の朝投函できるかなぁ。。。

今年は伊達巻を手作りすることにした。
お煮しめと、なますと伊達巻、昆布巻担当だな。
黒豆は、家人の担当。
栗きんとんは、家人と娘。

スーパーも最近は、元日からの営業だし、
つまり、そこで働いている人がいるわけで、
年末年始に労働している人口は、増えてるんだろうなぁ。

それでもこの季節の東京は、昔の空気に戻る気がする。
のんびりした空気になる。
私は、この季節の東京が好きだ。

鎖骨骨折の家人は、総合病院への通院は早々にやめて、
我が家から徒歩2分の接骨院に通っている。
今や鎖骨骨折治療の主流のベルトでは、落ち着かないようで、
石膏で固めてもらう方が、安心みたいだ。
痛みが、あちこちに出ているようで、
かわいそうな年越しであるが、酒量は減っている、と思う。
正月にやって来る孫やひ孫も今回ばかりは、キャンセルとなり、
接骨院が休みの期間も一回受診するそうな。
自宅で家族でやっている接骨院なので、融通がきく。
ありがたいことだ。

間も無く、勤務地の駅に到着!
さぁて、モード切り替えて、頑張りますか(^-^)/
コメント

シルビ・ギエムのボレロ観て動き出すとしよう(^.^)

2016-12-28 10:33:51 | 日記
洗濯物をベランダで干しながら、
あ・・・ピザ焦げてる!と気付き、
多少、本日のスタートは・・・
つまりイマイチなスタートとなった。

洗濯機二回分の洗濯物は無事干し終わった。
寒いけど太陽と北風が今日ばかりは、
どちらの方が有益かなどと揉めなくて済みそうだ。
我が家の洗濯物のために両方役に立ってくれそうだ。

そして、もちろん、今日も寝坊してしまった私は、
本日夕方映画館へ出向くため、これからの数時間は、
なるべく『家』の役に立つ動きをしなければならない。

それは、『成果』がわかりやすい動きであるべきで・・・
あ~こんなに頑張ったんだから、
いろいろあれど、まだまだだけど、
まぁ今日は・・・映画観に行こう!とならなければならない。

なにしろ昨日家人を映画に誘ったら、
あれもこれもそれも年末にやらなければならないこと
山ほどあるのに何言ってんだってあきれられてしまったからなぁ(^^ゞ
少しは気持ちよく映画館へ向かえるように・・・『成果』を見せなくっちゃ(^.^)

ところが、焦げたピザを食べて、洗濯物干し終わったのだが、
次の行動へのパワーがわいてこない・・・これでは、いかん!

というわけで、今年最後の休日、
今日と明日のスタートを切るにあたって、
シルビ・ギエムのボレロを観る。

その鍛えられた肉体と美しさ・・・湧き上がる力と繊細さ・・・
シンプルであるがゆえにその美しさが際立つ・・・

うん!
おっし!
やる気出てきたぞぉ!!

まずは、玄関の片づけから動き出すとしましょう(^.^)
コメント

『この世界の片隅に』みんな生きてる。。。

2016-12-27 18:14:14 | 日記
昨日、空き時間、つまり自分一人の時間をどう使うか・・・
選択したのは、映画館で映画を観ること。

『この世界の片隅に』を観た。

観たあと、言葉にならない・・・
言葉でうまく表現することができない・・・
「とにかく、映画館へ行って!」
「とにかく、あなた自身が行って、観て来て!」
そう言うしかない。

言葉がとても陳腐に思える。
自分で、どう表現したらいいのかわからない。
言葉にできない・・・そういう作品なんです。

昨日、観終わってすぐに私がしたツィート。

『この世界の片隅に』観る。
呉の町に光りが戻ったその景色と、
石巻の日赤から見た石巻の光りがだぶり、
そして、今なお灯りが戻らない福島の町や村を思った。
今の私には、なにもコトバが見当たらない。。。
コトバにならない想いを抱えて・・・
電車に揺られている。

昨日は書かなかったけど、
チョウチョ地雷やチョコレート地雷、
ぬいぐるみ地雷を思い出した。
そして、シリアを思った。

今朝、1942年生まれの家人に聞いてみた。
「東京大空襲の時、どこにいたの?」
「世田谷」
「東京大空襲の赤い空覚えてる?」
私は神田生まれの祖母から、当時暮らしていた大田区矢口から
真っ赤な空が見えたと聞いて育っていた。
だから、聞いてみた。
「赤い空は覚えていない。」
「じゃあ、B29は?B29は見たの?」
「見たよ。駿河湾から入り、富士山で旋回し、世田谷の上を通った。」
「怖かった?」
「いや、綺麗だなぁと思った。ジュラルミンの機影が綺麗だったのを覚えてる。」

あ・・・すずも空襲の時「絵の具があったらな」と言っていた気がする。

我が家は、私がズボラな上に、
家人が鎖骨骨折していて、散らかっている。
散らかっているから、たやすく掃除もできない。
つまり、お正月を迎える状態ではないが・・・
掃除や片付けが、まっこと停滞しているが・・・

明日、家人と一緒に観に行こう!
『この世界の片隅に』を二人で観よう!
私が二度目なのは、もちろん、内緒(笑)

多分、感想を語り合うことは、できない気がする。

語り合わなくてもそれぞれに『感じる』ことが大事なんだ。

昨夜、私は自分の家に飛行機が墜ちる夢を見た。
夢の中で私が住んでいたその家は、なぜか神社の社だった。。。

明日はどんな夢見るんだろう。

『この世界の片隅に』いる私とこの映画を出会わせてくれた・・・
この映画の製作に関わった全ての人に、『ありがとう』と伝えたい。

コメント

一人でで過ごせる時間は、貴重です(^^)

2016-12-26 13:38:37 | 日記
フルタイムの正規で働き、子どもを出産し、仕事、子育てに追われていた。
そんな、ある日、一人で喫茶店に入った。
自分でもびっくりするほど、久しぶりで、景色まで違って見えた。

社会の中で、社会と関わりながら、もみクシャになりながら、
髪を振り乱して、仕事を続ける、子育てをする。
そんな日々、ほんの30分、
久しぶりに喫茶店に入ったあの瞬間を忘れられない。

今、自宅で、自分の部屋で過ごす時間がほとんどない。
つまり。PCを立ち上げることもできない。
こんな状況は、久しぶりだ。

つまり、いつも年賀状の版画係の家人が、
鎖骨骨折したため、私が彫ることになり・・・
いつも自分で車を運転して、
4リットルのペットボトルのウィスキーを買いに行く家人が、
運転もできないし、荷物も重いものは全く持てないから、
今まで、一人で行っていた買い物も、一緒に行く。

などなど・・・
当然といえば、当然だが、私が自分のために使える時間は、
限りなく少なくなり、寝るときだけ自分の部屋にいる感じだ。

今日は、早番勤務の後、職場の忘年会があるので、
昨日のうちに今日の夕食の下ごしらえ。
早朝から、最後の仕上げをして、まだ暗いうちに洗濯物を干したり・・・

本当に、バタバタな年末だ。

スッキリして新年を迎えるなんて、
分身の術を使えない私には、不可能で・・・

かなり野放図に生きてる私でさえこんな状態なんだから、
みんな、師走は、走ってるんだろうなぁ・・・

なんて、思いながら、お煮しめの材料を買い込んでしまった。
ってことは、作るってことかぁ・・・いつ作るんだろう。。。

ふと気がついた・・・忘年会までに時間があるなぁ・・・
タイミングがあえば、映画もいいなぁ・・・
ググってみるとしましょう。。。
『この世界の片隅に』の上映時間がどんぴしゃ!

『パリ、テキサス』『橋の上の娘』『道』『ミツバチのささやき』『七人の侍』
観たい映画は、いろいろあれど、
私のスケジュールに合わせて上映されるわけもなく・・・
今日は『この世界の片隅に』を観ることにしましょう。

隙間の移動時間は、自分のために、しっかり使わなくっちゃ!

この年末、一人で過ごせる時間は、限られている。
宝物のような時間だぁ(^^)
連日の睡眠不足・・・映画館で寝てしまったとしても、
それはきっと、私にとって、良い時間なんだと思うなぁ(^.^)
コメント