CuniCoの徒然・・・岩下邦子の独り言

日々の暮らしの中で、立ち止まったり、すれ違ったり。私の中のアレコレを思いつくまま、気の向くまま。

チビが帰ってくる日(^.^)

2013-03-31 07:31:30 | 日記
今日は、年度末。

昨年1月から、家を出ていたチビが今夜、帰ってくる。
なんとなく、そう、なんとなく嬉しい。
アルバイトをしながら、『今後』を考えるといっていた。
20才・・・都立高校を半年で中退し、1年半アルバイト。
単位制定時制高校に入り直し、3年で卒業。
大学受験もして、見事散り、帰ってくる。

今日は、チビ部屋掃除してから出勤かな・・・

今日も寒いみたいだ。
気温の低さもあるが、空気が冷たい。
春の空気とは思えない。
春の空気は、もう少しホンワカしている。

今日は、冬のコートを引っ張りだそう。

昨日、我が家の庭にハクビシンがやってきた。
これまでも、何度か現れていた。
昨日も庭の鳥達のための餌台に登ってパンを食べていたようだ。
家出した猫はさっぱり帰ってこないが、
我が家の庭は、鳥がやってきたり、近所の猫たちの通り道だったりする。

今日も庭には、どこからか桜の花びらが、はらはらと舞ってくることだろう。

今日は寒い・・・
PCのキーボードをたたく私の腕には、レイが寝息を立てている。

ほら、こんな感じ・・・


そろそろ、お掃除始めたいんですけど・・・
と話しかけても、どこ吹く風・・・といった感じです。

今日は、寒いんだね。


コメント

油壺マリンパークに行ってきた(^.^)

2013-03-30 11:38:29 | 日記


新聞屋さんのアンケートに応えて希望の入場券をもらう。
わりといつも第一希望のチケットをいただける。

子どもの頃、お出かけと言えば、城ヶ崎・油壺は外せない。
あの頃感じたマリンパークは、夢の世界のようだった。

3月末日が期限の招待券だったので、昨日出かけました。

往路の保土ヶ谷バイパスが事故渋滞で動かなかったことを除けば、
概ね楽しめた一日・・・だった気がする。
渋滞は、保土ヶ谷インターチェンジを先頭に町田まで続いていた。

上川井付近、追い越し車線で追突で停車中の車両2台。
ドライバーが名刺交換をしていた。
事故渋滞の中でおきた追突かぁ・・・
これから警察が来るんだろうな・・・
この渋滞じゃ、なかなかたどり着かないだろうな・・・
と思いながら、車は少しづつ進む。

二俣川付近、左路肩に警察車両と追突したらしき車両2台。
この事故が原因の渋滞かしら???
それにしては、その先も延々と続いている。
それに、掲示板ではもっと先の事故を示していた。
もしかしたら、この事故も事故渋滞中の追突事故???

しばらくゆくと・・・
警察車両と事故を起こした3台の車。
バンパーを激しく破損している1台・・・

渋滞中の事故とは比べものにならない破損状態だった。

3ヶ所での事故では、進まないのも頷ける。

保土ヶ谷インターチェンジからは、車は流れている。

京急の終点駅、三崎口駅を左に見て、一路油壺へ。

子どもの頃の憧れの地『油壺マリンパーク』に到着した。

あんなに広かったマリンパークは、大人になった私にはこじんまりとしていた。

イルカアシカショーの劇場は・・・日本最古ではないかと思わせるほどのもの。


しっかりとした劇場で、緞帳もある。
プールの奥には袖幕もある。

開演前、30分からお客たちは集まり始める。
子どもたちも見やすいようにかなり傾斜のある客席。
階段を降りるのも登るのも一苦労だ。

開演前5分。
ビニール性の緞帳が降りる。

緞帳が降りると・・・これから何が始まるのかと、ワクワクする。
緞帳ってすごいな・・・と思った。

照明も吊りものの滑車も・・・何もかもが、しっかりしていて古い(^.^)

この劇場で、若いトレーナーたちと共に、イルカアシカショーが始まった。


最近の水族館は、ハイカラで、若者たちも多く訪れる。
葛西・八景島・江ノ島・・・ちゅら海も有名。

油壺マリンパークは、その研究や学術的な存在価値を持ちながら、
立地などもあるのか、商業ベースには乗り切れず
ぽつんと取り残されて、昭和のまま時間が流れているようだった。

経営的には大変なんだろうな・・・と考えながら園を後にした。
となりのホテルで、日帰り温泉を楽しみ、
17時をすぎていたが、三崎港まで車を走らせた。
まぐろ・・・探しに。
何軒か閉店の片付け中のところを押しかけて、マグロ購入。
店先のサザエに心惹かれて、購入。
久しぶりにサザエのつぼ焼きを堪能しました。

(食べるまでに勇気がいるけれど、食べると美味しい)


今度は、我が家からも近い、ズーラシアのチケット頼んでみようかな(#^.^#)
コメント

てぃばぁ、もうすぐ退院かな(^.^)

2013-03-29 06:54:53 | 日記
2月末に心不全で入院した『てぃばぁ』がもうすぐ退院できそうだ。
入院以来何度かこのブログにも登場しているが、ずいぶん元気になりました。

昨日は、看護師さんお二人と
ケースワーカー、ヘルパーさん調整をしている方との話し合いでした。

介護度認定がまだなので、介護保険を利用できる範囲がまだ確定しませんが、
それらを本人が受け入れてくれないと、独りで暮らすことは、無理。
本人の意思を尊重しなければいけないので、本人も交えての話し合いです。

私は、介護保険料を払ってはいるけれど、
一体それが何なのか・・・あまりイメージできずにいました。

知人宅の家の中の手すりが介護保険で設置されたことは知っていましたが
現実には、その程度の認識で、介護度認定やら、ヘルパーさんのことなどなど
直面していないので、考えたこともありませんでした。

てぃばぁは、以前、地域のケースワーカーの方と相談して、
要支援2と認定されて、ヘルパーさんをお願いしました。

ところが「私がして欲しいことは何もしてくれない」
と怒ってしまい、その後まったく利用しない状態でした。

要介護度により、介護保険ではできないことがあることを理解できなかったのです。

今回は、ゆっくり考える時間もあります。
入院という機会を得て、今後の自分はどうしていくのか・・・と考える時間。
実際に、体が動かなくなった時の不安。
それでも、自分でできることは、自分でするという自尊心。
85才の彼女が、向き合っている現実を、病院の方、支援してくださる方々・・・
みんなが、受け止めながら、話し合いは進みました。

退院してみないとわからないこともたくさんあります。

公団住宅のエレベーターなしの2階居住。
彼女は、そのためのリハビリも頑張っています。

デイサービスなんて絶対嫌だと行っていたのですが、
入浴のためにデイサービスに行くことも受け入れてくれました。

ヘルパーさんが、病院の送迎をしたとしても、院内までは付き添えないそうです。
これには、驚きでした。
院内は、社会保険(健康保険)の領分だから・・・とのこと。
なるほど・・・そういうことか・・・とこの一件で、
介護保険制度とはなにかを垣間見た気がしました。

何につけても、驚異の回復(^.^)
頑固なてぃばぁ、気丈なてぃばぁの『生きる意思』が
この回復につながったと、てぃばぁの頑張りに拍手です。

さぁ・・・あとはドクターの判断を待つばかり。

がんばれ!てぃばぁ!
みんな、応援しているよ!
コメント

土を耕そう

2013-03-28 10:21:10 | 日記
鳥が囀る・・・
光がさし始め朝が来た

玄関の源平桃が蕾をゆるめ開き始めた



部屋の出窓から見える山桜も美しい
いつも目の前で、私に微笑みかけている
道から見上げると、その雄大さに気がつく


ご近所さんが、私に声をかける
「ソメイヨシノも見事だよ」と。
連れ立って、恩田川へ。
1分くらいの短い道連れ。
「息子さんたちどうした?」
「ふたりとも桜咲かずです(笑)」
「そうか・・・あの二人なら、大丈夫。」
話すうちに、恩田川に。

やはり見事だ。






ご近所さんは、お散歩・・・桜の下を歩き始めた。

私は携帯で何枚か撮って、自宅に戻る。
どこを見ても美しくて、撮りきれない。

自宅前の土手に咲いていました・・・
草に囲まれてひっそりと・・・
桜を見上げてばかりでは、見落としてしまうほど、ひっそりと。


我が家の庭には、アゲハを待つサンショも新芽を出して輝いている。

サンショの向こう側の椿は、お隣の庭木。
右隣との境界にフェンスも何もなく、お互いの庭を行き来できるような状態。
(決して、侵入はしないけど(笑))
だから、南側に石垣(法面)があるけれど、狭苦しくはない。
お隣のお庭には、私の大好きなカイドウもボケも今が盛りと咲いている。

さぁ・・・土を耕そう。

今年は・・・
三春のひまわりの種をまきましょう。
今年は・・・
オクラの花を楽しみ、ネバネバパワーをいただきましょう。
いつものように
トマトの草いきれに囲まれて
きゅうりの収穫にそのツユの輝きを見つめましょう。

そのために、今日は土を耕そう。
お庭の雑草をむしりながら、スコップで、汗を流しましょう。
土の中からは、寝惚け眼???眼はないか・・・
ミミズたちが春の挨拶。
あなたたちの力も借りて、土が呼吸する・・・

さぁ・・・土を耕そう。

その前に、発声練習、そして歌の確認。
3年前にしまっておいた(唄えなかった)歌の封印を解いてみよう。
春が来たのだから・・・
コメント

こだわり

2013-03-27 05:28:43 | 日記
スッキリ晴れる日がしばらくないようだ。
今日も気温もあまり上がらず、肌寒い。

のんびり、湯船につかっていたら、
あっという間に時間は過ぎていた。

真っ暗だった空も、明るくなり始めている。

私はA型
もうずいぶん前、血液型であの人はこういう人・・・なんて事が話題になった。
飲み屋のお姉さんたちで、勉強もしない人たちの話題は、こういったことで盛り上がる(笑)

A型は・・・細かいらしいが、私は大雑把だ。
まぁ、どちらかと言えば、だらしない(^^ゞ
そんな私にも、つまらない『こだわり』がある。

私の職場の早番は、布巾の洗濯をする。
手で洗う。もちろん、ハイターなるもので消毒もする。

タオル1枚。
食器用の布巾(タオルの大きさ)1枚。
半分の大きさのタオル(台拭き用)3枚。

これを旅館やホテルでよく見るタオル干しに干す。

この干し方につまらない『こだわり』がある。

その1:タオルをきっちり半分の状態で干す
 これは、たたむときに楽なように・・・と思ってのこと。
 手洗いのタオルは、まるで『洗濯ノリ』でもつけたかのようにパリパリに乾く。
 キチンと半分で干していると、たたんむ時に楽なんです。

その2:洗濯バサミの色のバランス
 もうお分かりのように5枚の布を干すのだが洗濯バサミの色と種類。
 これをバランス良く使うことに、こだわっている。
 台ふきんは、白とピンクを1つずつ。
 食器ふきは、ピンクふたつに真ん中は黄色で3つ。
 タオルは、プラスチック製の目玉クリップ3つ。

たぶん、職場の誰も、私の『こだわり』に気づいていないだろうなぁ。

他の人が違う干し方をしていても一向に気になりません。
だから、大したこだわりではないのです。
基本、大雑把です。

自分のそんなつまらない『こだわり』を楽しみながら暮らしています。

大雑把に育ったのは、メンタルな疾患を抱える母が、
『神経質な子にならないように』と気遣ってくれたからだと思います。
感謝ですが・・・もう少し、きちんとしないといけないな・・・
私の部屋・・・春の大掃除が必要なことは明らかです(笑)

さぁ、今日も早番。布巾のお洗濯、楽しまなくっちゃ(^.^)
コメント