CuniCoの徒然・・・岩下邦子の独り言

日々の暮らしの中で、立ち止まったり、すれ違ったり。私の中のアレコレを思いつくまま、気の向くまま。

舞台とテレビ・・・様々な表現に出逢えた日(*^_^*)

2014-11-30 05:49:07 | 表現にからむ様々なこと
昨日のブロードウエイミュージカル・・・
オフオフから誕生したこの作品が、日本に来るとなんとも高価な舞台になる。

できれば、下北のザ・スズナリとかで
もっと手軽に観ることのできるお値段で
上演してくれたら、どんなに良いか・・・
でもなぁ・・・興業的にはそれでは、呼べないのかな・・・
私は商才というものを全く持ち合わせていないので、
そのあたりは良くわからないが・・・
たぶん役者たちも・・・スズナリの方が、
観客との距離も近くて、
もっと何かを起こせたのではないかしら。

13000円也のチケットは買えなくても、
3000円なら観たいって人たくさんいるはずなんだけどなぁ・・・
まぁ、ブロードウェイが3000円じゃ・・・怒られるか(^^ゞ

私が、身銭を切って、被災地に行って歌ったのは、
お金じゃなくて、心と心・・・なんて言うのかな、体温を届けたかった。
お金では買えない・・・何かを届けたかったんだと思う。

私は子どもの頃たいそう貧乏で、
『歌を聴く』『音楽に触れる』なんて機会はほとんどなかった。
印刷機の音と和文タイプの音が子守歌だった。

そんな中、小学生の頃、
『チャリティーコンサート』をよみうりホールでやると言うことを知り
貧しい人たちのためのコンサート・・・
なわけで、私も行ける!と思ったんですね。
貯金箱の小銭と、母がくれた少しのお金を握って、会場に向かいました。
ところが、受付には、とんでもない入場料が書かれていて・・・

あの頃まだ公衆電話は、赤い色でした。
その公衆電話に10円玉を入れて、
泣きながら母に電話したことを覚えています。
貧乏な人は、音楽を聞けないみたいなんだ・・・
お金のある人が、高い入場料払って、
それを貧乏な人に分けてあげる。
それが、チャリティーの意味なんだって。
そんな風に泣きながら話したのを覚えています。

音楽や芝居や絵画や・・・芸術に触れることは、
お金には変えられないものがあります。
もちろん・・・明日のお米がなければ、
生きていけないかもしれない。
でも・・・私は小学校の時のあの赤い公衆電話。
握り締めた小銭を思い出すと、今でも涙があふれます。

うん・・・もうちょっと安く観れたらいいのになぁ・・・
歌舞伎も能狂言も・・・お芝居もコンサートも・・・
良質であればある程、多くの方に観てほしい・・・そう思うんだけどなぁ。

というわけで、人生で一番高いチケット代で・・・私は払ってないのだけど(^^ゞ
とても、楽しかったです。

コロスがいて・・・歌いながら転換をしたり、
歩く方向と角度と速度で、いろんな表現をしてくれる。

デフォルメされた数々の動き。

舞台上に居ながら、役で居るときと役者でいるとき・・・

アイリッシュ音楽のリズムと、民族の抱える様々と、貧困・・・
そこから、生まれる音楽と夢。。。

なるほど、オフオフから始まってロングランとなって、
映画にもなった・・・そんな素敵な物語でした。

ただねぇ・・・昨日も忘れ物しましました。。。
昨日は、眼鏡・・・
国技館で土俵上の力士の顔が見えなくなって
そう、私は二階席ですから・・・見えなくなって、作った眼鏡。
忘れてしまい・・・舞台の役者の顔が見えない(*_*;

でも空気でわかるから・・・なんとか、最後まで楽しみました。

帰宅後は、フィギャースケート。
歌っていて思うのは、ひとつ前の音の大切さ。
それと同じで、ひとつ前の動作が、
いろんな意味で大切だと思いながら観ていました。
つまり、ジャンプに入る前の一連の動きや、
手を動かす前の一瞬のタメとでもいうのかな・・・
それが、表現を豊かにするな・・・って。

昨日は、とてもいい一日だった。
ミュージカルに誘ってくれた知人とお茶をしながら、いろいろ話した。
お互いに思いを素直に話せる、緊張しない相手だ。

邦子は邦子として、すっと立てること。
立てる状態・・・表現も精神も・・・
邦子がすっと立てる状態でいられればそれでいい。

そんな風に話してくれた。

自分と静かに向き合いながら・・・
12月のレッスン再開を迎えられるように深呼吸をしておこう・・・そう思いました。



コメント

今日は、良き日になりそうな予感!

2014-11-29 12:04:13 | 日記
昨日のぼけなすを清算しに朝、川崎に立寄り、
今、六本木の美容院でまったりしています。
午後は、EXシアターでブロードウェイミュージカル。
『once ダブリンの街角で』を観る。

朝から、もわっとした変な空気。
クリスマスツリーが、似合わない、春のような空気。
雨が降るのか、降らないのか、はっきりしない。

夜は、自宅で、NHK杯を観なくっちゃ。
今年のNHK杯の視聴率高いだろうな。
グランプリシリーズ中国大会の事故で、
多くのフィギャースケートに興味のなかった人も
興味をもたれたかもしれない。

羽生選手の事故に関してのコメントに
大きく頷きながら、テレビ観戦だ。

そう、観戦です。
昔から、思っていたけれど、フィギャースケートは、スポーツです。
芸術性を求められるスポーツなんですね。

自分との戦い、心技体。
相撲でよく語られるこの言葉は、普遍の真理。
三拍子揃ったというけれど、本当に大事なことだと思う。

技を磨き、体を鍛え、心を強くする。
自信とは、自分を信じること。
自分のしてきたことを信じて、自分を信じて、滑るだけ。
自分のしてきたことを信じて、相撲を取るだけ。
それは、とても難しいことだと思うけど、
それしかないんだよね。
だから、自分を信じられるだけの練習と稽古をしないといけない。

阿武松親方が、阿武咲の十両昇進会見の時におっしゃった。
「各界の中で、一番稽古をする関取になってほしい」
それこそが、自信につながる。
怪我をしない体を作る。
技術も付いてくる。
そして、そのご褒美に、自分を信じるというところに至る。

心技体、三拍子揃った羽生選手は事故で大怪我をした。
その状況の中でも、自分を見失わず、リンクに立つ。

応援しなくっちゃ(^^)

午後の舞台も楽しみ!

今日は、なんとも、素敵なお休みになりそうです(^_-)-☆



コメント

やってしまった………ぼけなすな私(・_・;

2014-11-28 12:38:57 | 日記
やってしまった………

自宅から1時間かけて、勤務地へ。
半年に一度の乳房のチェックの日。
勤務地近くのクリニック。
職場の研修で乳腺外科のお話を聞いた。
その時の講師をされたドクターで、
その時からとても信頼している。
研修から少しして、健診の時に、乳がん疑いを指摘され、
すぐに予約して、それからずっとお世話になっている。
最初は、1年に一度。
昨年からは、半年に一度のお付き合い。

その予約の日。

昨夜、予約時間を確認しようと、
鞄からポーチを引っ張り出して、枕元に……
いつもなら、確認なんてしないのに……

駅に降り立ち、はたと気づいた。
あっ……………ポーチ。

保険証も診察券もクレジットカードも
キャッシュカードもnanacoも
スーパーのポイントカードも
すべて入っているポーチ。

お~まいごっど………
私はつぶやき、
怪しい、独り言おばさんになった。
「自費だな……あっ、月末じゃん。
後日保険証なんて、悠長なこと言ってられないじゃん。
明日、また来るわけ?
二ヶ月に一度の土日休みに………

遅番勤務の前に、取りに戻れるかもしれない………
結構、混んでいて、診察終わったのが12時前。
もう取りに戻る余裕はない。

明日は、六本木の美容院10時の予約。
午前中に……それも朝一番に来るしかないかぁ………

なにしろ、ぼけなすであることは、確かです。
マンモ・エコー・診察終わり、特に変化は見られないけど
所見があるから、半年に一度の受診。

結果はマズマズ。

明日の朝、早起きして、保険証を持ってこよう。
ランチを食べて、少し眠くなった私です(-_-)zzz

コメント

病は気からとは、よく言ったものです。。。

2014-11-27 17:31:17 | 華麗なる加齢 あるいは 身体
日に日に体調が良くなってきている。
と言っても、完全復活までは、時間掛かりそうだ。
喉がスッキリしない。
『魔女の笑い』咳と咳の間に息を吸う時に出るあの音は日に一度かなぁ……
昨日クリニックで一時間半待って、薬を一週間分いただいた。
私のかかりつけは、薬をあまり出さない。
なにしろ、今回の職場の健診結果
高脂血症・糖尿病疑い・胃炎・胃ポリープ・逆流性食道炎
ずっとお友達の両腎のう胞・両腎石灰化・子宮筋腫
子宮筋腫と乳腺のう胞、乳管内乳頭腫はかかりつけで、経過観察のために受診。
そのどれもこれも全く辛くない(笑)
ドクターは「どこか辛いところ、ありますか?」と聞く。
私が特にないと答えると「じゃ、様子みましょう」ということになる。
考えてみれば、今は沢山の検査で、いろんなことがわかって、
所謂、標準値と比べてどうか………という判断をする。
健診は、大事だけど、気にやむことはない。
そう思っている。

家人のガンマgtpとやらは、いつも三桁ですから。
それでも、ご機嫌で呑んでいる。
身体のこと考えて、
もう少し飲酒を控えたらとか、
朝はちゃんと起きなきゃとか、
運動したらとか
言いだしたらきりがないわけで、
言いだしたら喧嘩になるわけで、
あること、ないこと、口から飛び出し、
修羅場と化すわけで(笑)
残された時間をガサガサな心で過ごすなんて事は、真っ平御免。

『いのち』を決めるのは、その人だから、私は何も言わない。
冷たいという人もいるけれど、私は、そんな感じ。
穏やかな時間がなによりです。

そんな感じの私には、ピッタリのクリニック。
もちろん、家人もかかりつけ。

そのクリニックのドクターが薬を出してくれる。
私が、つらいから、薬で助けてくれる訳です。
アレルギーによる咳であろうというみたて。
あと一週間、薬を飲んでみるとします。
少し元気になって、昨日は渋谷にも行きました(^_^)v
ライブ会場の予約完了。
気持ちは、確実に上昇気流を掴みつつある(^_^)v
ディサービスのクリスマス会のために
『Silent Night』を仕込み中。
1曲歌い切るのが大変な状態。
25日までに、素敵な時間を紡げる状態に戻さなくっちゃ(^_-)-☆

病は気から・・・脳科学的にも、これって結構正しい気がします。
あと一週間で、完全復活目指すとしましょう!

コメント

本気って、大切なことですね。。。

2014-11-26 05:40:34 | 日記
不思議なものです・・・
伏せっている場合ではないと・・・って、
伏せってはいなかったけど、仕事に行っていたわけですから。
でも、体調の悪いまま暗いトンネルの中にいたわけで
それでも、どうすることもできずにいて、
昨日・・・少し体調快復したから、始動し始めた・・・
そのとたんに、歌ってくださいとの電話が入る。

不思議なもんだな・・・と思った。
頑張らなくっちゃと思い立った私の背中を押してくれた。

昨日の『To Do』本日に持ち越した課題もちらほら。
それでも、今日中に片付ける段取りを、昨日の夜中までかかって完成した(^_^)v

おっしゃ、なんとか、軌道に乗り始めるでしょう・・・私の時間。

明日は、パナ時代の・・・といっても、私はたった一年しかいなかったのだけど
そのパナ時代の先輩と久しぶりに酌み交わす・・・呑めないけど呑んじゃおうかな。。。
大好きな先輩だからなぁ・・・もちろん、家人も一緒。
家人は、『民間企業』を知らない人なんだけど、
一昨年だったかな・・・パナの工場の納涼祭で歌わせていただいた。
その時、初めて民間企業の心意気っていうか、そのパワーを垣間見たようだ。
とても、感動していた・・・というか、パナだからでしょ・・・と少し思うが・・・

つまり『幸之助魂』が見えるっていうか・・・まだ、少し残っているっていうか・・・
つまりあの時代を築いた人の精神が、どこかにある感じっていうのかな・・・
とにかく、家人は感動していた・・・
そんなわけで、打ち上げで先輩と意気投合していたので・・・
今回久しぶりに東京に出張で来るからと、呑むことになった。

いつでも本気っていうか、
人との関係も仕事もいつでも本気だった時代っていうのかな・・・
そして、関係がリアルだった・・・そんな時代だったきがする。

先日、小学校の脇を歩いていると、少年野球のコーチの声が聞こえてきた。
「練習だと思って、気を抜いて投げるな!」
「そんなことしていると、試合の時に役に立たないぞ!」

真理だと思った。
凄いな・・・少年野球の練習で、コーチが子どもたちに生き方を教えている・・・
そんな大それたことではない、野球を教えているんだろうけれど、
そこで、知らず知らずのうちに、子どもたちは真理を学んでいるんだなと思った。

歌の練習をするとき、
芝居の稽古をするとき、
発声練習をするとき、

本気じゃないといけない。

つまり、気を抜いて適当な・・・は、
10回やっても、100回やってもダメなんですね。

だったら、真剣に集中して意識的に・・・1回。
これが大切です。
だから、集中力が切れたら・・・休まないといけません。
休む・・・本気で休む・・・それもとても大事なことなんです。

ディサービスで芝居したり、歌ったりする時も、いつも、本気です。
おっしゃ、邦子モードになりつつある。
昨日から冷たい雨が降り続いているけれど
元気印の邦子の復活ももうすぐのようです(^_-)-☆

さぁ・・・今日は早番、そろそろ出かけるとしますかね・・・


コメント